« ジョジョ8部「ジョジョリオン」第2巻感想-「あいつとも同一人物?東方定助早くもゲームオーバーの危機に立たされる!!」 | トップページ | 最近ちょっと気になっている事-変わりゆく街の風景 »

2015/12/19

ジョジョ8部「ジョジョリオン」第3巻感想-「東方家とジョースター家の明かされた血縁関係!!そして真実への道を阻む新手のスタンド使い!!」

さあ大弥という、容姿はジョジョ女性キャラでもトリッシュら共々可愛いけど、偏った価値観等どこか歪んでいる東方家の末娘に記憶を奪われかけてしまった定助、彼の味方になってくれると思われた康穂との接点までも・・・・・・・でしたが、冷蔵庫の閉じる音を・・・・・・でした。

ソフト&ウェットは、スタープラチナとかみたいな分かりやすい強さは無いながらも、応用の仕方等で発揮できるその潜在能力は無限な感もあります。まさにジョジョの醍醐味を改めて象徴したスタンドであると言えるのかもしれません。逆転勝利して、大弥を手なづけてしまった定助でしたが、4代目憲助が行くのを禁じていた上の部屋にも案外あっさり行けてしまった感じでしたね。

その間他の子女達の髭剃りシーンとかも見られましたが、常秀は女(鳩)相手に下ネタも披露した等つくづくTPOを弁えないですな。こいつの冗談に付き合った鳩も度量が広かったのかもしれませんが、それも荒川静香さんより目立っているらしい、過剰な自信故でもあったのでしょう。定助は髭剃りでもこのソフト&ウェットを利用したようですが、鳩のキン肉マンにも、同世代でもある荒木飛呂彦先生の、ゆでたまご先生に対する強いライバル心(ゆでたまご先生のデビューに強い刺激を受けたらしい。少年時代の荒木先生は)みたいなのも伺えたようですね。ゆでたまご先生の公式ツイッターにも、荒木先生とのツーショット画像が見られるらしいですが・・・・・・・・

あのマークは、初代憲助が著作として残した、スティールボールランレース全記録についていたものだった様ですが、彼は1846年生まれ、1931年、85歳没だったらしいから結構長生きだったんですね。この憲助には、2代目の他に理那という娘もいて、彼が同い年(1872年生まれ)でもあったジョニィと結婚したのです。ジョニィの子がジョージ3世、孫がジョセフですが、彼らそれぞれの奥さんの名も一巡前と同じエリザベス、スージーQでした。そしてジョセフの娘もやはりホリーと言って、吉良吉輝という日本人と結婚して、その間に吉影が生まれた。ホリーは曾祖母が日本人だから、1/8は日本人の血を引いている。という事は、残り7/8は西洋人の血だから、吉影は7/16もその血を引いている事になります。道理で純日本人らしかぬホリの深い顔立ちをしていたわけです。

しかし、前巻で約96パーの確率で定助とこの吉影は同一人物という事が判明した。という事は・・・・・・ホリーはまだ存命だった様で、彼女が真相を知る手がかりになるかと思われました。常秀とのいざこざ等を経て、またソフト&ウェットを利用して家から出たのですが、あの猫はまたキン肉マンかよと。

康穂は何とかこのホリーと接触できそうで、一方で定助に対する特別な感情も芽生えていった様ですが、定助は定助で、また敵スタンド使いに襲われ、思う様に行きたい道を進めない。しかし、彼を追跡しているのは2人もいるという。そしてナビ自体は味方である。さあこの後どうなるのだろうねですが、この感想を書いている時点で、手元にはこの3巻までしか所有していないので、明後日でも県内古本屋巡りでもして入手してきます。しかし、この時点ではまた、8部は普通に面白いとも思います。サスペンスとかその部なりの色を出しながら、ジョジョ本来の醍醐味もしっかり魅せている感じで。

|

« ジョジョ8部「ジョジョリオン」第2巻感想-「あいつとも同一人物?東方定助早くもゲームオーバーの危機に立たされる!!」 | トップページ | 最近ちょっと気になっている事-変わりゆく街の風景 »

ジョジョ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/63036269

この記事へのトラックバック一覧です: ジョジョ8部「ジョジョリオン」第3巻感想-「東方家とジョースター家の明かされた血縁関係!!そして真実への道を阻む新手のスタンド使い!!」:

« ジョジョ8部「ジョジョリオン」第2巻感想-「あいつとも同一人物?東方定助早くもゲームオーバーの危機に立たされる!!」 | トップページ | 最近ちょっと気になっている事-変わりゆく街の風景 »