« 日本でも、漸くロックマン8ビット6作のコレクションが発売される | トップページ | 茨城県道r39旧道及びR296千葉県富里市~芝山町区間旧道走行メモ »

2015/11/11

「勝って兜の緒を締めよ」という事なのか

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151110-00050140-yom-int

「絶大人気」スー・チー氏、政治手腕は未知数

読売新聞 11月11日(水)7時41分配信    

 【ヤンゴン=児玉浩太郎】8日投開票のミャンマー総選挙は、アウン・サン・スー・チー氏(70)を擁する最大野党・国民民主連盟(NLD)が躍進し、政権交代が実現する方向となった。

 かつての民主化闘争の指導者から政権誕生の主導者へと変化したスー・チー氏。大統領にはなれないが、事実上、政権運営を担う見通しだ。カリスマ性が国民の強い支持を集めてきたが、政治手腕には未知数の部分もある。

 「おそらく75%ぐらいは獲得できるだろう。我々の政権を発足させるのに必要な割合はある」。スー・チー氏は10日、英BBCのインタビューに応じ、リラックスした表情で選挙結果の見通しを語った。NLD幹部によると、スー・チー氏は選挙後の国民間の和解を重視しており、「すべての国民と候補者を尊重するため、祝勝会を開いてはならない」と指示しているという。

 2011年の民政移管後初の総選挙が行われた同国では、スー・チー氏自身が下院で当選を果たした12年の補選以来となる「スー・チー旋風」が吹き荒れている。最大都市ヤンゴンのNLD本部前は、投票日以降も連日、シンボルカラーである赤のTシャツを着た支持者らで埋め尽くされた。

 

 

スーチー氏、女性の歳の事を言うのは失礼だけど、もう70代なんですか。長期間の軟禁を余儀なくされた事もあっても、精力的に政治活動されていただけあって(?)若いですね。昨日夜のNHKニュースでも話題になっていて、議席には100議席超の軍人枠もあるらしいけど、「いや、それ純粋な民政移管になってないだろ?」かも?台湾も、最近ミョーに中国にすり寄っている国民党・馬政権にもうそっぽを向きつつあるようですが、国民がしっかり「誰に自分の国の政治を任せていけるのか?」一人一人良く判断すれば、道は開けるという事でもあるかもしれないですね。新政権発足は、来年3月予定とまだ先の事らしいですが、祝勝会NGの指示を出した事からも、「政権獲得=ゴールではない」事も良く分かっているようですね。なのにどこかの国のあの政党ときたら・・・・・・おっと、自分の理想を実現する為の戦いはまだこれから始まっていくばかりですね。ホントに新たな民主主義国家としてミャンマーは生まれ変われるのか?日本人も改めて学ぶべき所がいくつもあるかもしれません。

|

« 日本でも、漸くロックマン8ビット6作のコレクションが発売される | トップページ | 茨城県道r39旧道及びR296千葉県富里市~芝山町区間旧道走行メモ »

国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/62468615

この記事へのトラックバック一覧です: 「勝って兜の緒を締めよ」という事なのか:

« 日本でも、漸くロックマン8ビット6作のコレクションが発売される | トップページ | 茨城県道r39旧道及びR296千葉県富里市~芝山町区間旧道走行メモ »