« 今更ながらのストリートファイターⅤ情報その9 | トップページ | 上川隆也の頑張りが実を結べば越した事は無いけど »

2015/10/10

南京大虐殺の世界記憶遺産登録は日本の右傾化に余計拍車がかかるか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151009-00000140-sph-soci

南京登録「中立性欠く」=記憶遺産事業の見直し要求-日本政府

2015年10月10日(土)8時45分配信 時事通信

 

 

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界記憶遺産に中国が申請した南京事件の資料が登録されたことを受け、日本政府は10日、川村泰久外務報道官の談話を発表、「中立・公平であるべき国際機関として問題であり、極めて遺憾だ」と厳しく非難した。政府は、記憶遺産事業が中国に「政治利用」されたとみており、今後、事業の見直しを求めていく方針だ。
 川村報道官は談話で、(1)南京事件をめぐっては日中間で見解の相違がある(2)中国の一方的主張に基づく申請で、資料の真正性に問題がある-と指摘。その上で、「重要なユネスコの事業が政治利用されることがないよう、本件事業の制度改革を求めていく」と表明した。
 南京事件の犠牲者数について、中国側は「30万人が殺害された」(習近平国家主席)と主張している。これに対し、日本は「諸説あり、正しい数を認定するのは困難」(外務省)との立場だ。日本政府関係者は「記憶遺産は歴史事実を認定する場ではない」とけん制しているが、「対日戦勝70周年」をアピールする中国が今回の登録を自らの主張の補強材料とし、発信を強める事態が予想される。
 外務省幹部は「日中関係を改善しようとしているときに日本の『負の歴史』にいたずらに焦点を当てるべきでない」と不快感を示した。 
南京大虐殺って、ちょっと調べれば客観的に見て「有り得ない」事なのは誰でも分かりそうだとも思うのですが。ハッキリ言って自分は否定的ですが、こうなってしまったのもまあ「しょうがなかった」のでしょう。勿論抗議だけでなく、ユネスコへの拠出金凍結もすべきですが、今までやってない事までやったと認めて、言うべき事をもっと強く言わなかったのだからこういう事になってしまったのです。しかも、靖国問題もそうだけど、寧ろ文化人やマスコミとかも余計そういう問題を大きくしてしまったのだから・・・・・・・中国の軍拡とかもそうだけど、それ以上に日本という国そのものがこれも契機に、ホントにやった事まで「アジア解放の為の聖戦だ」(勿論これも今までも何度も言ってきたようにそういう風に思いたくなる気持ちもわかるのだが。欧米が中東とかで今もやっている事を見ても)とか余計正当化して、もっともっと右傾化、一億総活躍ならぬ一億総右翼化してしまうのではないかと心配です。自衛隊を題材にした某小説のアニメ化もそんな世界の中で生きる方向性を失いつつある近年の日本及び日本人を象徴したようなアニメで、「幻想を抱きすぎ!!」だったのですが・・・・・・・まあ相変わらず批判しかできない野党には期待できないし、安倍総理がどんなに独裁的でも自民総裁は2018年で任期切れですから、その次の人がいかに行き過ぎた右傾化を修正しつつ、中国や韓国に対しても安易に譲歩とかしないで国益を守っていけるかです。小泉次男も、まあ総裁・総理になるにしてもまだまだ先の事でしょうし、最初はその素質は認めながらも冷ややかな目で見ていましたが・・・・・・・だからと言って、また自民に票を入れるかは微妙ですが、最近の言動を見ると、この人だったらホントに自民そのものの体質をもある程度以上は変えていけるんじゃないかなあとも思えてきますね。今度の内閣改造でも「人気取りには利用されないよ!!」とも言わんばかりに(?)入閣も固辞したと日経新聞に書かれてましたが、この先ホントにどうなるかまあ期待してみても良いかもしれませんね。

|

« 今更ながらのストリートファイターⅤ情報その9 | トップページ | 上川隆也の頑張りが実を結べば越した事は無いけど »

国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/61987423

この記事へのトラックバック一覧です: 南京大虐殺の世界記憶遺産登録は日本の右傾化に余計拍車がかかるか?:

« 今更ながらのストリートファイターⅤ情報その9 | トップページ | 上川隆也の頑張りが実を結べば越した事は無いけど »