« アメリカ海軍作戦部長もついに「異例」の交代 | トップページ | オ・スンファンは確かに2年12億は微妙かもしれないが »

2015/09/26

「マッドマックス」最新作は打楽器と絶叫で皆楽しめるか

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150926-00004850-cinranet-movi

マッドマックス』最新作を「絶叫上映」、打楽器持込&絶叫可

CINRA.NET 9月26日(土)16時5分配信    

 

ジョージ・ミラー監督『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の「絶叫上映」イベントが、10月11日に東京・池袋の新文芸坐で開催される。

【もっと大きな写真を見る】

今年6月に日本公開された『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は、『マッドマックス』シリーズの約30年ぶりとなる新作。石油や水も尽きかけた世界を舞台に、トム・ハーディ演じる主人公・マックスらの闘いを描いた作品だ。

今回の「絶叫上映」イベントでは、絶叫を含む上映中の声出しや拍手、打楽器や鳴り物の持ち込みをはじめ、上映中のスタンディング、コスプレでの鑑賞などが許可される。上映中の注意事項などについてはオフィシャルサイトをチェックしよう。チケットの販売は9月26日からスタートする。

2010年晩秋、入院中に改めて全27巻読んだ北斗の拳も、今度のイチゴ味ではリンの声優がうたプりや君と僕シリーズ(原作は読んでて面白かったのですけどね。最近目にしてないけど)とかでその声を聞いた事があった蒼井翔太氏で、正直「大丈夫なのかなあ」ですが・・・・・・・その元ネタであるこのマッドマックスシリーズも。同じメル・ギブソン氏主演作シリーズではリーサル・ウェポンシリーズは4作とも面白かったのですが、なかなかそういうのって稀ですね。マッドマックスは残念ながら前作までは尻すぼみになってきている感じだったけど、果たして今回は挽回できたのですかな?まあそういうのミッション・インポシブルシリーズでも例がある(ただ、先日地上波放送されたロック・オブ・エイジズはイマイチだった)し、その内地上波放送されるのだろうけど、トランスフォーマーの某新作とか共々要注目ですね。

|

« アメリカ海軍作戦部長もついに「異例」の交代 | トップページ | オ・スンファンは確かに2年12億は微妙かもしれないが »

洋画」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/61785018

この記事へのトラックバック一覧です: 「マッドマックス」最新作は打楽器と絶叫で皆楽しめるか:

« アメリカ海軍作戦部長もついに「異例」の交代 | トップページ | オ・スンファンは確かに2年12億は微妙かもしれないが »