« 「マッドマックス」最新作は打楽器と絶叫で皆楽しめるか | トップページ | これでは信頼回復はまだまだ当分先であろう »

2015/09/27

オ・スンファンは確かに2年12億は微妙かもしれないが

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150927-00000012-dal-base

阪神・呉昇桓 メジャー流出危機…複数球団が獲得調査「年俸2年12億円」の見方も

デイリースポーツ 9月27日(日)6時59分配信    

 

 阪神の呉昇桓投手(33)が26日、右内転筋の張りを訴え、出場選手登録を抹消された。10月4日に今季全日程が終了すれば、レギュラーシーズン中の復帰はない。守護神離脱の衝撃に加えて、メジャー複数球団が獲得に向けた調査を行っていることがこの日、明らかになった。リーグトップの41セーブを挙げている呉昇桓は今季で2年契約が切れる。球団は今オフ、流出阻止へ乗り出すことになる。

【写真】こんな日に…中村GM急死の日にサヨナラ打を浴びた呉昇桓はぼう然

 呉昇桓の周辺が騒がしくなってきたのは、今月初めだった。2日、甲子園での広島戦。バックネット裏に19球団、34人のMLBスカウトが勢ぞろいした。

 当初はメジャー移籍希望を公言している広島・前田の視察とみられていた。ところが、彼らにはもう一つのお目当てがあった。それが呉昇桓だった。この試合の登板はなく、肩すかしを食らった格好だが、その後も熱い視線を送り続けている。

 あるMLB球団スカウトは明かす。「今オフはリリーフのFA選手が少ない。だから日本で活躍するリリーフ投手に注目している」。メジャーが注目するのはリリーフ投手。それも各チームのストッパーだ。セ・リーグでは呉昇桓のほか、ヤクルト・バーネット、パではソフトバンク・サファテらが標的とみられる。

 中でも呉昇桓は特別な存在だ。一番の魅力は2年連続で安定した成績を残しているところ。来日1年目の昨季は64試合に登板し、2勝4敗、39セーブで最優秀救援投手に輝いた。終盤にはCSを含めて11試合連続登板をこなし、連投も可能。162試合の長丁場を戦うMLBでも十分に対応できると見ている。今季も最後に離脱したが、すでにリーグトップの41セーブを挙げ魅力は十分だ。

 阪神との2年契約は今季で切れるが、球団ではすでに契約更新で基本方針を決定している。ただ、ひとたび争奪戦となれば条件面が焦点となる。今季の推定年俸は3億円だが、MLBのあるスカウトは「年齢を考えれば2年で1000万ドル(約12億円)は出すだろう」と話す。年俸にして現在の倍だ。

 気になるのは本人の意向だ。昨オフ、韓国に帰国した際にメジャーへの夢を語り、騒然となった。そして、今月25日に更新された中央日報電子版のインタビューではメジャー進出について「選手として、挑戦は当然しなければいけない。細部のことはエージェントが進めていて、私はグラウンドで野球だけに集中している」と可能性を否定しなかった。

 阪神は和田監督が今季限りで退任。新監督で迎える来季へ向けて、強力な抑え投手はなくてはならないピースだ。流出だけは絶対阻止しなければならない。

昨年は2勝4敗、39セーブ、防御率1.76、WHIP0.81なのが今年は2勝3敗、41セーブ、防御率2.73、WHIP1.15な様ですが、ヤフコメでは良く「大事な時に打たれる」とのコメントが目立ちますね。ホントなのかどうか確証は持てませんが、プロ入り前にもトミー・ジョン手術を受けた事があったり、プロ入り後もひじの手術を受けた事があったりした等は不安要素ですね。また改めてNPBセーブ数上位20人のWHIP(2014年シーズン終了時)を調べてみましたが・・・・・・

岩瀬 1.12

高津 1.27

佐々木 1.01(MLBでは1.08)

小林雅 1.20

藤川 0.96

江夏 1.03

馬原 1.24

クルーン 1.12

武田 1.21

永川 1.29

豊田 1.12

赤堀 1.26

大野 1.18

大塚 1.01

斎藤明 1.29

鹿取 1.12

山本和 1.19

イム・チャンヨン(林昌勇) 1.03

牛島 1.32

ギャラード 1.08

基準は1.00以下が素晴らしい、1.01~1.10が非常に良い、1.11~1.25が平均以上、1.26~1.32が平均との事らしいですが、高津&牛島両氏が思ったよりは悪いのが意外かも?逆に藤川氏は1を割っていて、惜しくも・・・・・だった大魔神・佐々木氏をもしのぐ数字なのは流石と言った所ですか。中には大野氏や江夏氏みたいに先発の経験も多分にある面々もいますが・・・・・・・

オ氏はリーグが違うから単純な比較はできませんが、KBO(韓国野球委員会)では0.84でセーブ数は歴代1位の277です。メジャーで高い評価がホントにされているとしても、まあそれほどはおかしくはないでしょう。少なくとも数字だけを見れば。ただ、「イチロー選手みたいに異なる国のリーグ同士の数字を合算して、それがあたかも一方の国で成し遂げたような数字として語る」のならば、彼ももっとかなり上位に来る(KBO199・NPB128で韓日で327)のですが、現在はまた古巣の三星でプレーしているイム氏もカブスでは数える程しかメジャーのマウンドに立つ事が出来ませんでした。オ氏の通用するかも未知数ではありますが、また新たに余所の球団から大砲とかエース候補とか取るよりはまあマシなのかも?まあホントに移籍するつもりがあるのなら、阪神ファンも羨む様なプレイを見せて欲しいものですね。残念ながら「日本プロ野球史上初の得失点差マイナスでのリーグ優勝チーム」にはなれなかった等やはり「現実はそうそう甘くなかった」という事でもあったのですが・・・・・・・また、あのマサル・ハマグチェとも付き合っていた事もあるゆうこりんとも遠戚だったらしい中村勝広GMが急逝されたそうですが、最後にこの場を借りて、中村氏のご冥福をお祈りさせていただきます。数年後はまた優勝争いできるチームにしていく事こそが中村氏にとっても何よりの供養でしょう。オ氏が残留しようが移籍しようが。

|

« 「マッドマックス」最新作は打楽器と絶叫で皆楽しめるか | トップページ | これでは信頼回復はまだまだ当分先であろう »

NPB」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/61797138

この記事へのトラックバック一覧です: オ・スンファンは確かに2年12億は微妙かもしれないが:

« 「マッドマックス」最新作は打楽器と絶叫で皆楽しめるか | トップページ | これでは信頼回復はまだまだ当分先であろう »