« 今更ながらのストリートファイターⅤ情報その5 | トップページ | 国道6号について思う事番外編 »

2015/09/05

新テニスの王子様第157・158・159・160話-来年の大河主人公、信繁の異変!!そして殿の決意!!

さあドイツとのプレW杯に話は戻りますが、無表情なボルク、余計不気味さと威圧感を煽られる様です。1ゲームを奪われても全く動じません。彼の辞書には「パニック」とかは無いのでしょう。

ここでまた殿(徳川カズヤ)がブラックホールを作りましたが、もはやあの名言(あっ、迷言の間違いだったなwwww)も伝説的wwwwなマヨネーズ(QP)はその無力さを見抜き哀れんでいたかの様子。ボルクのコンビの相手はA・フランケンシュタイナーって、Aはアルベルトとかなのか?ネーミングが安直な気もしないでもないですが、彼は今後ホウキと綽名付けしましょう。ブラックホールの隙間を狙うコントロールが絶品ですが、なのにボルクには怒られてしまった!!部長(手塚)も相当鍛えられたのでしょうね。

さらに大量のブラックホールを発生させた殿でしたが、難なく避けて打ち合いが続いた。1-1に戻ってしまうも、めげずに反撃!!と思いきや、信繁(幸村)の様子がおかしい!!晴信(真田)や赤ちゃん(切原)も驚きを隠せませんでしたが、完全に五感を奪われてしまったのです!!しかし、殿はなおもブラックホールに拘り、信繁を守るつもりだ!!史実では敵同士(まあ兄貴の方は徳川に付いたが)なのに何と言う皮肉!!

当然殿には大きな負担がかかってしまったのですが、「義では世界は獲れんと言うだろうが。愚か者が・・・」とつぶやいた頼通(平等院鳳凰)に対し、ゴウキ(鬼)は怒りを隠せませんでしたが、「話は最後まで聞け」と言わんばかりにさらに頼通は「義で世界を獲れる事を証明するとW杯前に俺に言いやがった」と過去話を明らかにします。しかし、いくら何でも状況が悪すぎる!!

賢明にサーブをかけようとする信繁、その脳裏によみがえったのは越前王子様でした。果たして壁を破れるのか・・・・・・・


今まで奪ってきたはずが逆に奪われた形となってしまったのは皮肉な信繁でしたが、ここでまた「主人公絶対主義」の発動ですか・・・・・・まあテニプリがそういうものだというのももう嫌と言う程分かり切っていたつもりではありましたが・・・・・・

メガネ関西弁(忍足)もまたシングルを出すらしいですが、今度のシルバーウィークではテニプリ文化祭、さらにスペシャルトークショーも開催されるという。さらにまた、聖ルドルフとの戦いを題材としたミュージカルが今秋よりまた全国主要都市で開催されるらしく、天才くん(不二)と観月の俳優さんの姿も見られました。どっちも知らない人だけど、まあイメージ通りではありますね。さあ勝負の行方は?ですが、TUBEとか変に悪ふざけしないで、今月号ではまたまた表紙を飾ったTOLOVEるや、TVアニメ版第2期も放送決定したらしい終わりのセラフにも負けないパフォーマンスを見せて欲しい所です。これからも。

|

« 今更ながらのストリートファイターⅤ情報その5 | トップページ | 国道6号について思う事番外編 »

テニプリ・許斐剛」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/61480397

この記事へのトラックバック一覧です: 新テニスの王子様第157・158・159・160話-来年の大河主人公、信繁の異変!!そして殿の決意!!:

« 今更ながらのストリートファイターⅤ情報その5 | トップページ | 国道6号について思う事番外編 »