« 元軍事委員会副主席の完全失脚と2015年上将(大将)昇進式 | トップページ | 今更ながらのストリートファイターⅤ情報その4 »

2015/08/04

新テニスの王子様第153・154・155・156話-「今度はTUBEの前田亘輝が越前王子様に挑む!!そしてアトーベ様の再会・・・・・・」

ちょっと今回はそんな気分じゃないので、細かい粗筋は割愛します。まず。

アメリカ代表はオーストラリアでのプレ本戦を挑む事になりましたが、12月でも南半球だから夏です。越前王子様以外は暑いから試合前にシャワーを浴びる事となったのですが、結果的にこの王子様の協調性の無さが幸いした感じでしたね。相手のツベ共和国(モデルはキリバスか?)の選手がシャワー室から出られないようにしたのですが、「自分達がやりました」な証拠をすぐ残すなんて間抜けでしたね。

王子様が係員でやはりテニスプレイ経験はあった運営スタッフのオリバーという頼りなさそうな兄ちゃんにリョーガを名乗らせて共にプレイする事になったのですが、もうそういうキャラなのも分かってはいながらも年上なのに生意気な態度見せたのもどーでもいい事に感じられたと言うか。相手のコンビの高三(には見えないが、それは別に今更彼に限った事ではない)の方のおじさん(苦笑)は名前と言い、風貌と言い、珍妙な言葉喋り(ストリートファイターZEROシリーズのソドム語やスターグラディエイターシリーズのゴア語みたいに法則性とかもあったわけでもなかった様だし)と言い、明らかにTUBEの前田亘輝さんがモデルでしたね。(苦笑)勿論このオリバーの活躍もそこそこ描かれてはいたし、許斐剛大先生は過去に前田さん呼びかけのチャリティーグループのメンバーとして参加した事もあったらしい。悪意とかあったわけではなかったのでしょう。もしかしたらこの「パロディ」だって前田さんは了承済みだったのでしょう。しかし、「まだまだだね」の英語喋りも確かにキタァァァーーーー(苦笑)ではあって、勿論佐々部一家とか今回に始まった事ではないけど、主人公の薄っぺらい正義を引き立てる為に相手を低劣な悪党(実力がそれなり以上だった事も示されてはいましたが)に描くなんて全く底が浅かったですね。

最後の方では、そう言えば来年の大河では敵同士な信繁(幸村)と殿(徳川)の奮闘やバルログ・アトーベ様が屈辱の敗北を自分に味あわせた部長との過去シーンを思い出しながら笑い声をあげた姿などが見られましたが、何か吹っ切れたものがあったのでしょう。アトーベ様って確かにチョーが付くほどのナルシストで、声優の諏訪部順一氏もやはりよく理解されているけど、彼なりに努力しているのも改めて伝わりましたね。王子様のこの戦いを見ても。そうそう、忘れていたけど、ストリートファイターⅤにも参戦おめでとう!!アトーベ様。何故かこの世界では犬猿の仲な樺地と今回もまた共演できるといいね!!全部で16人参戦予定らしく、EXシリーズでは今の所バイソンだけが四天王では未参戦なままだけど。

「TUBEさん30周年おめでとうございます」な煽りも見られましたけど、悪ふざけにしても今回の話はネタとして見ても笑えませんでした。そうしたギャグも交えながらも、頼通(平等院鳳凰)がミスターT(デューク渡邊)の妹を助けた話は、彼はストリートファイターシリーズで言えばサガットや豪鬼みたいに戦いに道義的な善悪を持ち込まないだけで、根は悪人じゃない、寧ろ良い奴なのかなあ、ちょっと見直したよと思ったらこの話はね・・・・・・・・・長谷見沙貴&矢吹健太朗両先生との勝負はって?勿論今回はこの両先生の圧勝ですね。今度はキョーコちゃんのエロがディープで相変わらずぶっ飛んでいましたが。(笑)まあTOLOVEるダークネスについてはまた気が向いたら別途触れますが、しっかりしてよ。許斐大先生。ネタとして笑えないテニプリなんて、炭酸の抜けたコーラ、秒針の無い時計、肉の無い吉野家の牛丼のようなもので全く価値は無いのだから。改めてハッキリ言いますが。

|

« 元軍事委員会副主席の完全失脚と2015年上将(大将)昇進式 | トップページ | 今更ながらのストリートファイターⅤ情報その4 »

テニプリ・許斐剛」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/61030284

この記事へのトラックバック一覧です: 新テニスの王子様第153・154・155・156話-「今度はTUBEの前田亘輝が越前王子様に挑む!!そしてアトーベ様の再会・・・・・・」:

« 元軍事委員会副主席の完全失脚と2015年上将(大将)昇進式 | トップページ | 今更ながらのストリートファイターⅤ情報その4 »