« 今更ながらのストリートファイターⅤ情報その2 | トップページ | 百田尚樹も広瀬すずももはや・・・・・なのだろう »

2015/06/26

太鼓の達人シリーズについにロックマン2の「ワイリーステージ1(思い出は億千万)」が登場

http://www.famitsu.com/news/201506/25081684.html

●“ドンだークエスト”のボスたちもご紹介

 バンダイナムコエンターテインメントは、2015年7月9日発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『太鼓の達人 Vバージョン』について、早期購入キャンペーンや“ドンだークエスト ”に関する最新情報を公開した。

 以下、リリースより。


早期購入キャンペーン(3)
「太鼓の達人 Vバージョン」では、早期購入キャンペーンを実施。
2015年7月9日~8月31日までの期間限定で、アニソン、ボーカロイド(TM)曲、ゲームミュージックの各ジャンルから1曲ずつ、計3曲の楽曲を無料配信します。
既に、アニソンからは「トゥッティ!(響け!ユーフォニアム)」(6/11の9報にて)ボーカロイド(TM)曲からは「有頂天ビバーチェ(Last Note. feat.GUMI)」(6/18の10報にて)の配信を発表しましたが、最後の3曲目は、ゲームミュージックから「ロックマン2 Dr.ワイリーの謎」の名曲「Dr.WILY STAGE 1」を配信します!
『ロックマン』シリーズ屈指の名曲が、ついに『太鼓の達人』シリーズ初登場です!

太鼓の達人シリーズですね。最近のシリーズはプレイしてないけど、プリキュア初期シリーズのあのOP曲とかそこそこ遊んでましたね。プリキュアシリーズ自体、初期はもっと内容あったのですが・・・・・・それで今度はついにあの「ロックマン2」の「ワイリーステージ1」(愛称:思い出は億千万)が登場したらしいですが、良くも悪くもシリーズを代表する曲なだけに今更な感がありますね。もっと早く登場してもおかしくなかったのではですが、まあシリーズ30周年を前にした記念事業の一環な面もあるのかもですね。でも、それならそれで、やはり初代の、ブルース・ロックマン・ロールを除いたライトナンバーズでは最も番号が若いカットマン(余談ながら、ワールド1でのBGMも良アレンジであった。FC版とは打って変わって激ムズだったが。ステージは)か、ワイリーステージ1のBGMあたりを先に登場させるのが筋の通った順序じゃないの?な気もしますが・・・・・・どんなに2が史上最高傑作だとしても、やはり初代の存在なしではそうはならなかったのだから。実際あのOPだって、ロックマンがライト博士とロールの元に帰っていった初代EDのBGMとつなげていたわけじゃないですか。さらに2が、その後のシリーズに与えた良い面での影響も否定するわけではないけど。(悪い面も目立つけど)小林由美子氏や佐々木大輔氏のようにどちらにも出演されていた声優さんもいたけど、残念ながら「イレギュラーハンターX」(こちらは純粋にリメイクの良い見本だった)共々商業面では振るわなかった為に続編は未だ実現していない「ロックマンロックマン」、もし「ロックマンロックマン2」も実現していたらゲームそのものの出来だけでなく、シリーズ展開とかどうなっていたんだろうなあとも改めて一考を提起させられたこのニュースでしたね。

|

« 今更ながらのストリートファイターⅤ情報その2 | トップページ | 百田尚樹も広瀬すずももはや・・・・・なのだろう »

ロックマン」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/60526363

この記事へのトラックバック一覧です: 太鼓の達人シリーズについにロックマン2の「ワイリーステージ1(思い出は億千万)」が登場:

« 今更ながらのストリートファイターⅤ情報その2 | トップページ | 百田尚樹も広瀬すずももはや・・・・・なのだろう »