« カンボジア軍の将官は人数・比率ともに世界一ィィィィィ!!なのか | トップページ | 今更ながらのストリートファイターⅤ情報 »

2015/05/24

吉野家のべジ丼は外食チェーン業界に革命をもたらすか

http://news.mynavi.jp/news/2015/05/20/116/

吉野家、一日に必要な野菜の半分が取れる「ベジ丼」「ベジ牛」など3種発売!

 

  [2015/05/20]

 

 

吉野家は5月21日10時、11種類の野菜を使った新商品「ベジ丼」(税込530円)「ベジ牛」(税込650円)「ベジカレー」(税込650円)を全国の「吉野家」店舗にて発売する。

新発売のベジ丼は、「健康かつ食べ応えのある商品」をコンセプトに開発されたという丼。ゴマ油の風味豊かな特製「うま塩ダレ」で味付けした、11種類の温野菜を盛り付けている。

一日に必要とされる野菜の半分が一度に取れるため、「健康」という新しい価値を提供する商品になっているとのこと。

ベジ丼の他、小盛サイズの牛丼に温野菜を盛り付けたベジ牛、旨辛カレーに温野菜を盛り付けたベジカレーも用意されている。

外食チェーンと言えば、山田うどんもついにたぬきうどん(またはそば)を280円に引き上げて、この吉野家のべジ丼は530円と丼メニューとしては高めですが、まあそもそも外食を安い値段で楽しむという事自体が虫良すぎだったという事なのでしょう。野菜だけが載った丼は正直食べたいとは思いませんが、他にもべジ牛・べジカレー、それに具だけを食べられるべジ皿等客のニーズにある程度以上柔軟に対応してもいるのは流石と言った所ですか。1日に必要な野菜量の半分も取れるのがそもそもの確かな魅力ですし、べジカレーかべジ皿だったら食べてみたいですね。

|

« カンボジア軍の将官は人数・比率ともに世界一ィィィィィ!!なのか | トップページ | 今更ながらのストリートファイターⅤ情報 »

国内・世界経済」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/60120289

この記事へのトラックバック一覧です: 吉野家のべジ丼は外食チェーン業界に革命をもたらすか:

« カンボジア軍の将官は人数・比率ともに世界一ィィィィィ!!なのか | トップページ | 今更ながらのストリートファイターⅤ情報 »