« ジョジョスターダストエジプト編「ダービー・ザ・プレイヤーその2」感想-バルログ・アトーベ様、ゲームでも自分のプレイにもますます酔うか? | トップページ | 新テニスの王子様第143・144話-「道標は自分で作るんだ!!イメチェン天才くんの決意!!そして部長は・・・・・・」 »

2015/05/03

茂木町内の名所歩き

 http://route-125.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-4cc9.html

(過去エントリー、去年GWの鎌ヶ谷名所めぐりについて)

http://www.moka-railway.co.jp/kankou01.php#no08

GWも、5/7・5/8平日の後また5/9・5/10休みの人も多いと思われ、今年のGWは広義で4/25~5/10とすれば明日でもう後半です。去年は5/2に生涯初めて東武野田線も利用して、鎌ヶ谷市の名所めぐりをしましたが、今年も自分の職場は休日でも世間一般ではGW谷間の平日であるけど、メーデーでもある一昨日5/1(もっとも、国によっては祝日だし、日本でも休日な会社はいくつか見られる)に今度は栃木県茂木町の名所めぐりをしてきました。

http://www.yamada-udon.co.jp/menu/food/new.html

まずは県内某市の山田うどんで、期間限定メニューである「あさりのかき揚げ丼」とコロッケを注文して食べました。うどんまたはそばとのセットメニューもあるのですが、炭水化物取り過ぎなので、これぐらいが丁度良かったかなあと。味はまあまあと言った所。普通のかき揚げ丼にはかなわなかったかなあと。今回の目的は、単なる名所めぐりだけでなく、やはりこれまで乗った事が無かった真岡鉄道に乗るのもそうでした。茨城県と栃木県との県境(駅及びその西側が栃木県真岡市、かっての二宮町で東側が茨城県筑西市、かっての下館市である)にある久下田駅から乗る事にしました。こんな事言うと、「下館駅からで良いじゃん。」と思うかもしれないけど、何故そうしたかと言うと、利用者の為の無料駐車場があるからです。止められる台数は4・5台しかないですが、自分が停めた時は他に1台しか車がありませんでした。

しかし、真岡鉄道は1時間に1・2回程度しか電車が来なくてまだ時間があったから、適当に駅の周りも散策して時間を潰してその後乗ったけど、真岡~市塙を走っていた間は眠っていました。真岡鉄道の沿線は車でなら今まで何度も走った事はあったけど、電車からの眺めはやはりまた印象は異なります。長閑な北関東の田舎の風景は見ていて改めて・・・・・・です。午前中だけの授業だったのか、特に真岡駅から女子高生と思われる姉ちゃん達が何人も電車に乗ってきたのも印象的でした。

さて、50分ほどして茂木駅につきました。そもそもこの名所歩き自体、その前日に考えて決めた事だったのであり、上記真岡鉄道にご丁寧に載ってある観光コースに基本的には従いましたが、茂木駅と本岡寺の間に長谷寺に行きました。覚成院は結構段差があって、勿論汗ばむ陽気の中一番上の段まで登ったけど、これだけでもそれなりの運動にはなります。次に印象的だったのは御本陣橋で、何でも藩主だった細川氏と住民の住居を結ぶ為に建設されたらしいけど、案外江戸時代の方が現代よりもそうした首長と住民の繋がりが強かったかもしれませんね。

城山公園も目立った入り口とかはなかったけど、てっぺんまで登って見える町の風景は筑波山から見るそれとは別の余韻がありました。さあ下館駅行きの時間帯に間に合う様に駅に戻ろうと思ったら、荒橿神社の案内図が見えたので、「よし、折角ここまで来たのだから行ってみよう」と思い、間に合うか微妙な時間となっていましたが、行ってみました。雑草とかも生い茂っている、特に気の利いた整備とかされてない道で「ホントにこのルートで行けるのか?」でしたが、家が何件か見える集落(余談ながら、1階建ての地元の家からテレビ番組の音声も聞こえた)に下りてきて、その後左に見えたT字路を右に曲がって坂道を上ると着きました。五重塔らしきものが部分的に復元されていて、神社は広かったけど、周りは森や民家に覆われていて、静かでしたね。お賽銭を投下して駅に戻ろうかと思ったら、茂木中学校が目にして、駅とは逆の方向を歩いていた事を確認、この歩いていた道はかっては国道123号でしたが、バイパスの開通で現在は県道27号に降格された様である。ちなみにこの県道27号も、国道294号や那珂川と並行している道を行くのであり、途中狭隘区間も珍しくないですが、一度ではないながらも全線通った事があります。一昨年2013年2月10日の事です。その時はそのまま白河まで行ったのですが、最後は駅近くの八雲神社に行って駅に戻りました。

帰りは結局予定していた時間帯には間に合わず、その次の時間帯で乗って、途中真岡駅で5分ほど止まっていましたが、最後の久下田駅まで乗っていた人は私以外には殆どいませんでした。行き同様途中の駅で乗車してきた女子高生の姉ちゃんも何人か見かけましたが、行きの時はすぐ次の寺内駅で降りた、彼女らと大して歳が違わないであろう姉ちゃんが帰りの時もその寺内駅から乗ってきました。何という偶然でしたね。最後は無事久下田駅で降りて帰りましたけど、町内を1時間半強も歩いて、良い運動になったし、来年また機会があれば、今度は鹿島臨海鉄道及びひたちなか海浜鉄道に乗ってみたいです。鹿島鉄道も廃止になってなければ尚良かったのですが・・・・・・

|

« ジョジョスターダストエジプト編「ダービー・ザ・プレイヤーその2」感想-バルログ・アトーベ様、ゲームでも自分のプレイにもますます酔うか? | トップページ | 新テニスの王子様第143・144話-「道標は自分で作るんだ!!イメチェン天才くんの決意!!そして部長は・・・・・・」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/59865826

この記事へのトラックバック一覧です: 茂木町内の名所歩き:

« ジョジョスターダストエジプト編「ダービー・ザ・プレイヤーその2」感想-バルログ・アトーベ様、ゲームでも自分のプレイにもますます酔うか? | トップページ | 新テニスの王子様第143・144話-「道標は自分で作るんだ!!イメチェン天才くんの決意!!そして部長は・・・・・・」 »