« どうして自分達で新たな文化とかを創造しようとか思わないのか | トップページ | 続・ウルグアイ陸軍の組織・将官人数について »

2015/03/28

言葉狩りに血道をあげるのもズレているのだけど

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150327-00000546-san-pol

我が軍発言 安倍首相が反撃「民主党の防衛相も『軍』と答弁した」

産経新聞 3月27日(金)15時27分配信    

 

 

 安倍晋三首相は27日の参院予算委員会で、20日の参院予算委で自衛隊を「わが軍」と発言したことについて「共同訓練に関する質疑の流れの中で答えた。相手国である他国軍との対比をイメージして自衛隊を『我が軍』と述べた。それ以上でもそれ以下でもない。自衛隊は私の軍隊とは違う」と答えた。

 また、首相は平成23年10月25日の衆院安全保障委員会で、民主党政権の一川保夫防衛相が「外国から攻められれば戦うという姿勢だから軍隊という位置付けでも良い」と答弁していたことも合わせて紹介した。

 「我が軍」発言は朝日新聞などが取り上げ、民主党の枝野幸男幹事長も「憲法に陸海空軍その他の戦力を持たないと明記されている。説明がつかない」などと批判していた。

こういう言葉狩りに囚われて、もっと大事な政策議論がなされないのも確かにおかしい事です。しかし、一川保夫元防衛相の発言は安倍総理のそれとはバックホーン違うでしょとも突っ込みそうにもなりましたけど、「本音が出たな。」という感じですね。そう、必要あらばアフガンですら手こずっているのにイスラム国との「限りないテロとの戦い」にも突っ込まんとしているアメリカその他主要国にも迎合してしなくてもいい戦争をしたいという本音ですね。

確かにまた、自衛隊は実質的な軍隊だし、憲法改正も世界情勢等等現実に即したものとして改正する事は必要だと思います。しかし、憲法改正と同時にこれまでの日本国憲法が果たしてきた歴史的役割とかその意義も改めて客観的な評価をしなくてはいけません。どうも近年の日本は右傾化傾向にあるようですが、靖国参拝(これも別に1年365日毎日参拝したって、それ自体は悪い事でも何でもない)共々「大東亜戦争はアジア解放の為の聖戦だ。」とか過去を悪い事まで良い風に見せるかのような美化・正当化の拠り所としては絶対ダメなのです。しかし、安倍総理にはそのようなバランス感覚を持った上での憲法改正とか出来るのか甚だ疑問です。繰り返し言う様に憲法改正自体は必要ですが、それを安倍総理には任せられないです。だからもしその是非を問う国民投票が実施されれば自分は迷わず反対票を投じます。しかし、だからと言って・・・・・・・民主も、OVA版しか知らないけど、だから鳩ポッポも小泉元総理を主人公とした某麻雀漫画でもバカにされてたんだよですが、「日本の事を本当に考えているのならさっさと解党してください。」なほどの酷い体たらくではですね。今度の統一地方選挙も、自民と堂々と政権交代が出来るような政党の誕生のきっかけにもなればと言うか、なるようにしなければでもありますが・・・・・・・・

|

« どうして自分達で新たな文化とかを創造しようとか思わないのか | トップページ | 続・ウルグアイ陸軍の組織・将官人数について »

国内・世界政治一般」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/59435883

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉狩りに血道をあげるのもズレているのだけど:

« どうして自分達で新たな文化とかを創造しようとか思わないのか | トップページ | 続・ウルグアイ陸軍の組織・将官人数について »