« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015/03/29

続・ウルグアイ陸軍の組織・将官人数について

http://www2.ejercito.mil.uy/

http://www2.ejercito.mil.uy/noticia.php?idA=2547&idC=40&idSc=49


http://route-125.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-add5.html

(関連エントリー「ウルグアイ陸軍の組織・将官人数について」)

どうやら今年3月時点での人事等更新されたようですが、上記2番目のHPに載っているリストが全てで、数え間違えてなければ大将(general de ejercito)が国軍参謀総長と陸軍総司令官(2006年以降大将ポストとして定着している)の2人、中将(teniente general)が名誉連隊長の2人、少将(general)が27人の、陸軍将官は計31人ですね。アメリカ陸軍の10分の1強、陸上自衛隊の4分の1弱です。(アメリカ陸軍の将官は300人強、陸上自衛隊の将官は130人程度)名誉連隊長はイギリス軍およびイギリスの植民地支配を受けた国の軍隊(インド等)で見られる役職で、大抵陸軍中将(パキスタン陸軍等は陸軍少将)が充てられるのですが、スペイン語圏の国の軍隊ではちょっと珍しい例かもですね。南米各国軍って、特にアルゼンチン軍やチリ軍等はちゃんとHPからも将官一覧が見れるのですが、他の南米各国陸軍にはちょっと見られないポストです。

と言うか、中南米各国軍は中将でさえ、2桁以上いる国の軍隊はメキシコ軍とブラジル軍ぐらい(それぞれ人口最大のスペイン語圏・ポルトガル語圏の国でもあるが)ですが、現役兵力が17000人として1000人当たりの将官人数は1.82人に意外と多いのも変わらず。正局長や正部長、旅団長等本来なら准将でも良い様なポストでも大佐が充てられている割にはです。(ただし、関連過去エントリーでも述べた通り、師団は旅団、旅団は連隊が実質的な規模であろう)しかしまた、現実の中南米各国軍にはメキシコ軍やニカラグア軍(中将に相当する階級がなく、准将、少将の上がいきなり大将となっている)等一部を除いて准将に相当する階級が無いようですが、今度は陸軍大佐が何人いるのかも数えてみました。これも数え間違えていなければですが、160人程度います。全現役兵力の0.9%強程度で、少将との比率は約6:1です。ちなみに自衛隊は大佐に相当する一佐が全体で2000人、陸上で1000人程度で陸軍少将に相当する将補が100人強ですから陸上自衛隊の一佐と将補の比率約10:1よりは高いのも意外に感じられます。(ただし、公務員天国な日本では意外な「改革」だと思われるかもしれないが、1986年頃に自衛隊の将官人数は、やはり将官は少将からなイギリス軍も参考にして全体で50人程度将官人数が削減され、一佐ポストの中には元々その1986年以前は将官ポストだったのもあった事も留意する必要がある)ちなみにまた、旧帝国陸軍時代は1924年(大正13)時点で大佐が376人、少将が143人、中将が46人、元帥府に列せられたのを除く大将が13人いたのですが、大佐と少将の比率は約2.6対1でした。狭い意味でのお勉強が出来れば(=陸軍大学に入学、修了。かって東条英機は長州閥を高級ポストから排除する為に無理難題な珍問・奇問の応酬でその出身者を合格できない様にしたのも有名なお話である)、ほぼ確実に将官になれる等官僚主義の弊害も伺えるようですが、平時の兵力は約40万と現在の陸上自衛隊の倍以上もいたのに、自衛隊って将官だけでなく、一佐の人数もかなり多い事も改めて分かりますね。比率が約4倍も違う。

まあ自衛隊の話にも深入りしてしまいましたが、海軍や空軍は、HPを見る限りではもっといないっぽいですね。せいぜい10数人程度なのではないだろうか?南米各国軍の将官人数はおそらくブラジル(国防省勤務者を除いても陸軍将官だけで140人強で、全体的にも実際より星が1つ多いポストも目立つ)>ベネズエラ(3つ星以上の将官はやはりそんなにはいないが、全体で150~200人程度いる)≧ペルー(陸軍は85人前後、海軍が40人強、空軍が25人前後と全体で150人程度いる)>コロンビア(陸軍は分からないけど、海軍が30人、空軍が17人)≧チリ≧アルゼンチン>その他の順かと思われますが、また分かった事があればその都度更新します。

| | トラックバック (0)

2015/03/28

言葉狩りに血道をあげるのもズレているのだけど

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150327-00000546-san-pol

我が軍発言 安倍首相が反撃「民主党の防衛相も『軍』と答弁した」

産経新聞 3月27日(金)15時27分配信    

 

 

 安倍晋三首相は27日の参院予算委員会で、20日の参院予算委で自衛隊を「わが軍」と発言したことについて「共同訓練に関する質疑の流れの中で答えた。相手国である他国軍との対比をイメージして自衛隊を『我が軍』と述べた。それ以上でもそれ以下でもない。自衛隊は私の軍隊とは違う」と答えた。

 また、首相は平成23年10月25日の衆院安全保障委員会で、民主党政権の一川保夫防衛相が「外国から攻められれば戦うという姿勢だから軍隊という位置付けでも良い」と答弁していたことも合わせて紹介した。

 「我が軍」発言は朝日新聞などが取り上げ、民主党の枝野幸男幹事長も「憲法に陸海空軍その他の戦力を持たないと明記されている。説明がつかない」などと批判していた。

こういう言葉狩りに囚われて、もっと大事な政策議論がなされないのも確かにおかしい事です。しかし、一川保夫元防衛相の発言は安倍総理のそれとはバックホーン違うでしょとも突っ込みそうにもなりましたけど、「本音が出たな。」という感じですね。そう、必要あらばアフガンですら手こずっているのにイスラム国との「限りないテロとの戦い」にも突っ込まんとしているアメリカその他主要国にも迎合してしなくてもいい戦争をしたいという本音ですね。

確かにまた、自衛隊は実質的な軍隊だし、憲法改正も世界情勢等等現実に即したものとして改正する事は必要だと思います。しかし、憲法改正と同時にこれまでの日本国憲法が果たしてきた歴史的役割とかその意義も改めて客観的な評価をしなくてはいけません。どうも近年の日本は右傾化傾向にあるようですが、靖国参拝(これも別に1年365日毎日参拝したって、それ自体は悪い事でも何でもない)共々「大東亜戦争はアジア解放の為の聖戦だ。」とか過去を悪い事まで良い風に見せるかのような美化・正当化の拠り所としては絶対ダメなのです。しかし、安倍総理にはそのようなバランス感覚を持った上での憲法改正とか出来るのか甚だ疑問です。繰り返し言う様に憲法改正自体は必要ですが、それを安倍総理には任せられないです。だからもしその是非を問う国民投票が実施されれば自分は迷わず反対票を投じます。しかし、だからと言って・・・・・・・民主も、OVA版しか知らないけど、だから鳩ポッポも小泉元総理を主人公とした某麻雀漫画でもバカにされてたんだよですが、「日本の事を本当に考えているのならさっさと解党してください。」なほどの酷い体たらくではですね。今度の統一地方選挙も、自民と堂々と政権交代が出来るような政党の誕生のきっかけにもなればと言うか、なるようにしなければでもありますが・・・・・・・・

| | トラックバック (0)

どうして自分達で新たな文化とかを創造しようとか思わないのか

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150327-00000043-xinhua-cn

ソメイヨシノの起源論争に終止符!韓国・済州島が“唯一の起源”・・韓国ネットは「学会で証明された」「日本は自分たちのものと言い張っているが…」

FOCUS-ASIA.COM 3月27日(金)21時27分配信    

 

サクラの開花とともに、韓国では今年も「ソメイヨシノ韓国起源説」がメディアを賑わせはじめた。

【その他の写真】

韓国・漢拏日報はこのほど、済州島でソメイヨシノの自生木100本が発見され、「日本との起源論争に終止符が打たれた」と報じた。

記事は「毎年3~4月に通りを華やかに彩るソメイヨシノは、日本と長い間起源論争が続いてきた」とし、伊豆大島自生説や雑種説、伊豆半島発生説、そして済州島自生説の4説があると紹介する。

済州島自生説は「複数の研究者の調査をもとに提起されたが、個体数が少ないために否定されてしまった」ものの、その後の研究によって韓国国立山林科学院が「ソメイヨシノが韓国の在来種であり、済州島原産であることを確信するに至った」という。

同科学院の暖帯亜熱帯森林研究所によると、済州島の漢拏山に自生するソメイヨシノは今までに100本余り発見されている。実際の自生木はこれよりはるかに多いと推定され、樹齢も若木から200年以上まで多様。海抜450~850メートルの天然林に均等に分布し、葉や花、種子などの変化の幅が大きいという。

植物分類学者のムン・ミョンオク博士は、植物の原産地を確定するためには「自然な状態で育っていることが基本的な必要条件」と指摘。個体数の多さや、周辺に近縁種が存在していることなどと合わせ「ソメイヨシノは済州島が起源であることが確実だ」と断言。暖帯亜熱帯森林研究所長で“ソメイヨシノ研究の世界的権威”とされるキム・チャンス博士は、「済州島が唯一のソメイヨシノの原産地であり、交雑種と呼ばれる根拠もない」と主張している。

一方で、日本については「ソメイヨシノは1901年に日本人の松村(任三)博士が発表して学名が与えられた。しかし、当時から植栽された木をもとに発表されており、自生地がない問題が提起されていた。現在も日本には確認されたソメイヨシノの自生地がないことが知られている」と紹介。日本で有力な「園芸家による人工的な品種改良説」には全く触れないまま日本起源説を否定している。

この報道に対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。

「花見シーズン。日本が改良した花でも、韓国が原形の花でも、不必要な感情の浪費はせず、花を楽しみましょう」

「地理的に近いから、どっちが元祖が闘うことは、意味がないと思う」

「韓国、日本、中国は権力者は争っても仲良くしよう」

「桜は桜。民族主義に走ってはいけない」

「必ず覚えておきます」

「私たちがいい加減な主張をしているのではなく、学会で証明されたこと」

「どちらかまだはっきりしていないんじゃないか?」

「日本は、品種を改良して自分たちのものだと言い張っているが、200年以上済州島に自生してきた」

「原産地を判断するのに、一番大切なことは自生地」

(編集 MJ)

そう言えば、ギャオで見た某韓国映画でも主人公とヒロインが寿司屋らしき所で食事していたシーンも見られて、「まさか寿司も韓国が起源だとかなんてまた言い出さないだろうな?」とも突っ込みそうになったけど・・・・・・・

そう言えば、「ピザも韓国が起源だ。」とイタリア人にも喧嘩を売るような主張していたのも、you tubeで動画見たらその根拠とか子供じみたこじつけとかでもう失笑もので、もうこういう韓国関連のニュース自体わざわざ取り上げる価値すらないのですが、「他国の文化とかを、自分達の物としたいほど羨むぐらいなら、どうしてその他国をあっと言わせるほどの、スポーツ・芸術・文学・建築その他何でもいい。自分達だけの新しい文化とかを創造して『世界の中での韓国人』として世界に認められようとか思わないのだろうか?」と激しく疑問に思う。まあ日清戦争まで殆ど中国の属国だったのから、夜郎自大とか余計そういう楽な道ばかり選びたくてしょうがないのでしょう。その国の民族性とかは容易に変わるものではないのでしょうが・・・・・・

中国については、コンビニや電気店、その他外食チェーン等でも良く中国人の店員を見かけますが、そういう人達は概して接客態度とか良かった。まあたまたま自分がごじゃっぺな人(しかし、もう数年以上前の事だったけど、病院に通院していた時なんか、おそらく診察を待っている最中にも平気でお菓子とか食べていた中国人の中年女性も見かけた)と接触していないだけかもしれませんが、中国人はまだそういうマナーとかちゃんと教育すれば改善の余地はあると思う。一党独裁や覇権主義、歴史認識の押し付け(しかし、これは日本人にも責任があるが。思想の左右関係なく)等共産党には・・・・・・・ですが、個人的には中国人にはまだそこまでの悪印象はないです。しかし、韓国人はもうこういうニュースを目にする限りでもどうしようもないなあと思う。嫉妬等に囚われて他人の方ばかりに目が行くあまり、自分達の事が見えていない。だからあのナッツ姫もあのような愚行をしでかしたのでしょうが・・・・・・・自民の某総務会長もやけにそんな韓国にすり寄っているようですが、和歌山県民の方々も次の選挙でもこの人を当選させるべきなのか考えた方が良いかもですね。まあ私は基本誰が議員だろうが、自民関係者には票は入れないし、これからももっとそれは変わらないだろうですが・・・・・・・

| | トラックバック (0)

ジョジョスターダストエジプト編「ホル・ホースとボインゴその1」感想-「悪のカリスマ」、あの御方の恐ろしいスタンド能力の片鱗も・・・・・・・・

http://jojo-animation.com/contents/story/index.html

OVAでのコーラン騒動はこのジョジョシリーズ汚点と思われ、「アラブの春」唯一の成功例だった筈のチュニジアテロ事件の次は、内乱で各勢力が複雑に絡んでいるイエメンの内乱と昨今の情勢もあって、ホルホース&DIOのあの「やり取り」は端折られるかに思われました。しかし、結局は順序をずらしただけ(確か本当はアレッシー戦~ダービー戦の間の、22巻終盤のお話だった筈である)で再現されました。良かったと言った所でしたが・・・・・・・

まだ完全には明かされない、ジョナサンの身体にも完全に馴染んでもいなかったDIO様の「恐ろしいスタンド能力」の片鱗が示されたのですが、改めてそのカリスマ性にはお腹一杯です。蜘蛛の巣もあえてその為に掃除とかしなかったのか。原作知っている身からすれば、DIO様はその気になればたとえ馴染んでいなくてもホル・ホースを始末する事ぐらい朝飯前だったと思われます。しかし、安易に殺す事無く、その悪のカリスマとしての度量を見せつけ、自分の都合の良い様に利用させるように仕向ける‼まだその能力が何なのかは示されてませんが、凡百の悪役には出来ない事です。ブログでも「DIOが最近出番ないから寂しい」というような事も言っていた子安武人氏の演技も相変わらず良い感じです。おそらく1部時代から含めて最もDIOのイメージに近い好演技なのではです。

一方でホルホースの方も、最初DIOを銃殺すればカタが着くと考えていたあたり、「館にいた『側近達』(まあこれも、実際私の職場にも本TVアニメ版は見ていても原作知らない人いるし、ネタバレは避けますが)の存在とか知らなかったの?」でしたが、「強い奴に自分の利害の為につく事はあっても魂までは売らない。」「女はブスだろうが美人だろうが尊敬する。嘘はついても暴力は振るわない。」等彼なりの信念・美学もしっかり描かれていたのも原作同様で、改めてその人気の高さが頷けたというものです。それは今度はボインゴとコンビを組む事になっても全くぶれる事なかったのですが、ホルホースは結果的に金持ちの御嬢さんらしき女性(と言うか、素肌もさらして歩いていたあたり、現地エジプト出身では無かったとも思われるが)をサソリから守ってもボインゴの予知を完全に信じていたわけでは無かったし、ボインゴもボインゴで依然オインゴ以外の人間に心を開こうとしなかった等一枚岩でもなかったのですが・・・・・・・

そしてついにDIOの館の近くまでやってきた、ジョースターエジプトツアー御一行様を尾行していたと思ったらポルナレフに・・・・・・・これも今更このブログで改めて言及する事でもないと思われ、一時はアヴドゥルに代わって仲間になるのではとも言われていたようですが、特にポルナレフは絶対許さなかっただろうなあと。DIOの館突入前の最後の大舞台かとも思われますが、さあどうなる?と思いきや・・・・・・・

最後のED曲、やっぱりと言うか、今度はホルホース&ボインゴの特別ED曲でしたね。第2期(エジプト編)は音楽面では第1期と比べるともう1歩(と言うか、第1期は特にあのOP曲はもう熱い名曲過ぎる)と言った所ですが、こういう敵スタンド使いにもっと焦点当ててもいる特別ED曲でも魅せるあたりつくづく侮れないという事でもあるのでしょう。ここでもうこの3部エジプト編も折り返し地点に来たとも思われますが、DIOも久々に登場したし、改めてますます楽しみにもなってきた今回の話でした。

| | トラックバック (0)

2015/03/22

国道50号について思う事

http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000081784.pdf


国道50号の下館バイパスですが、この再評価の時点では、まだ未開通区間だった残りの区間を先日漸くですが、走る機会がありました。まあ走りやすかったですね。r207である高田筑西線(旧高田下館線)との交点を右に曲がって、そのまま真っ直ぐ走ったら50号現道との交差点にぶつかりましたが、青地の道路標示からはおにぎりマークは消えてました。50号も水戸市でも市街地を通る現道とその南に迂回するバイパスの両方指定されてますが、近い将来指定解除して茨城県とかに移管する気満々なのが伺えましたね。結城バイパスの場合はr15結城下妻線(この県道も、下妻市内では市街地を西に迂回するバイパスが建設され、現在はそっちの方のみ指定されている)が2007年に旧現道部分まで延長指定されましたが、今回の下館バイパスの場合はr149横塚真壁線が延長指定されるものと思われます。

今後の下館バイパス事業で問題なのは、その結城バイパスとの間の現道拡張ですね。この間の区間は、渋滞が常態化していて、沿線の建物等に用が無ければ避けるのが賢明ですが、用地買収はほぼ終了していて、平成30年(2018年)までに拡幅予定らしいけど、あと3年しかないですね。果たして実現するのか。結城バイパスも残り区間が拡幅され、協和バイパスも完成すれば桐生~北関東道・桜川筑西ICまで4車線化される事になりますが、6号なら日立・土浦・牛久各市内のそれである様に特に旧下館市内の整備が急務です。さあ果たしていつになるやらですが・・・・・・・

| | トラックバック (0)

2015/03/21

1993年の人民解放軍中将昇進人事と徐才厚の死

\] http://news.searchina.net/id/1565544?page=1

中国軍制服組ナンバー2だった徐才厚容疑者が病死・・・巨額の収賄で逮捕、ネットでは「罵りの声」が次々に

 

 新華社は16日付で、巨額の収賄などの疑いがかけられていた中国・中央軍事委員会の徐才厚前副主席が末期膀胱癌に伴う多臓器不全で死亡したと報じた。起訴のための手続きが進められていた。原告側の軍事検察院は、中華人民共和国刑事訴訟用第15条にもとづくとして、不起訴を決定した。徐容疑者は2007年から12年にかけて、中国軍における「制服組ナンバー2」だった。   徐才厚氏は1943年、満州国奉天省(現:中華人民共和国遼寧省)で生まれた。中国人民解放軍の指導部である中央軍事委員会委員に就任したのは1999年。04年には同委副主席になった。07年から12年にかけての中央軍事委員会主席は胡錦濤国家主席が兼任。副主席は習近平、郭伯雄、徐才厚氏の3人だった。  同じ副主席だが名簿の順が事実上の序列で、徐容疑者は軍内では序列4位、軍制服組では2位だった。収賄の疑いで2014年6月ごろには、身柄を拘束されていたとみられる。当局が「容疑が固まった」として、起訴の方針を明らかにしたのは同年10月27日だった。ただし、同年6月ごろにはすでに、癌を患っているとの見方が強まっていた。  なお、中国軍制服組前トップだった郭伯雄氏も3月3日までに、息子の郭正鋼少将と共に当局に拘束され、汚職問題で追及を受けているとの見方がある。息子の郭正鋼少将の取り調べについては当局も「調査中」と発表した。  中国版ツイッターの微博(ウェイボー)では、徐被告の死亡について「1万年も悪臭は残る」、「死んじまったよ」、「死んだのは楽をさせすぎだ」、「ざまをみろ」などと罵る声が多く寄せられた。中国国営・中国新聞社が運営するニュースサイトの中新網では徐容疑者の死を伝える記事がアクセス・ランキングのトップになるなど、中国でも大きな関心を集めた。(編集担当:如月隼人)(写真は徐容疑者の死に関連する記事とコメントが掲載された新浪微博のページのキャプチャー)

(関連エントリー「元中国人民解放軍ナンバー2失脚の余波」)

習近平は上海閥の流れをくむだけに、書記長・国家主席・軍事委員会主席就任後も江沢民の一定の影響力も残るのかと言うと、どうやら全然そうではないようですね。


1993年に中将に昇進した人民解放軍将領一覧

                                                                                                                                                                                                                                                                                               
马驰 60
孔昭文 61
巴忠倓 63
王申 63
王永明 63
王立忠 60
王作义 61
王厚卿 59
王洪福 59
王继英 60
王福义 61
石宝源 56
兰保景 58
齐连运 60
许瑞忱 63
刘中山 64
刘伦贤 50
刘存康 63
杨正刚 59
杨英昌 59
李鼎文 63
邹永钊 58
辛殿枫 60
怀国模 61
宋文中 64
邵荣棠 61
陈超 63
陈潜 59
陈启智 68
陈显华 56
张超 63
张少松 60
张汉平 60
张宗德 62
单大德 61
赵国臣 58
宗顺留 52
郑贤斌 59
赵丛 63
赵立荣 59
侯树栋 59
姜洪泉 61
施志清 60
聂力 63
郭锡章 60
曹和庆 55
黄云桥 63
黄渐鸿 62
阎琢 60
康富泉 60
栗前明 60
谢德财 60
蔡仁山 62
潘兆民 61
糜振玉 62
杨怀庆 54
曹刚川 58
周子玉 58
徐才厚 50
王祖训 57
王茂润 57
李继耐 51
周坤仁 56
方祖岐 58
李新良 57
杜铁环 58
杨国屏 59
邢世忠 55
文国庆 58
廖锡龙 53
姜福堂 52
杨国梁 55

(参考)1993年当時の現役人民解放軍上将(大将)一覧

                                       
刘华清 77
迟浩田 64
赵南起 66
张震 79
张万年 65
于永波 62
傅全有 63
朱敦法 66
张连忠 62
曹双明 64

中には分からない人も何人もいるので、誕生日とかは完全無視の、満年齢で明記していますが、単純計算して1993年に中将に昇進した72人の人民解放軍将領の平均年齢は59.25歳です。中将は63歳が定年らしいですが、高めです。中にはもう定年年齢以上となっているはずの面々も見られますが、階級制度が復活した1988年を別にすれば、他の年は大体中将昇進者は数十人程度ですが、この1993年だけは異様に多いです。文化大革命での失脚から復権していた長老達がなかなか引退せず、ブレジネフ時代のソ連以上の老人支配体制だった中国、漸く1990年代に入り世代交代が進み、この年江沢民は総書記と軍事委員会主席に加え、国家主席も兼ねほぼ権力を確立した。それゆえの大盤振る舞いというやつだったのでしょう。

その中でも今回の主人公である徐才厚はかなり若かった事が分かります。階級制度復活後、中将に昇進した時には大抵もう50代後半になっているのですが、彼は当時まだ50歳になるかならないか。江沢民に近かったのがその早い昇進の大きな理由です。他には刘伦贤の50歳、宗顺留の52歳が目立ちます。いずれも上海・江蘇省とやはり江沢民のゆかりの地の出身者で、彼らは中将・軍区副司令員止まりでしたが、徐は1999年に56歳で上将(大将)に昇進しています。ちなみに、1993年当時の現役上将はまだわずか10人で、現在の3分の1弱程度に過ぎませんでしたが、階級制度が復活してまだ日が浅かった事、他の国の軍隊ならもう定年退役となってもおかしくなかった老将領がまだ現役だった事等が原因として挙げられると思われます。

中国共産党や人民解放軍のポストにはそれ相応の級があり、最上級の共産党または国家軍事委員会の副主席及び委員はその就任時点で既に上将となっているのですが、その次の正大軍区級、これは四総部(総参謀・総政治・総後勤・総装備)の部長・政治委員、七大軍区・海軍・空軍・第二砲兵・武装警察の司令員・政治委員、国防大学・軍事科学院の校長または院長・政治委員等少なくとも30数以上のポストが相当しますが、軍事委員会副主席または委員との兼任でない場合は就任後すぐに上将に昇進できるわけではありません。中将経験4年以上かつ、内七大軍区の司令員または政治委員を2年以上経験するのが上将昇進の基本的な条件とは以前にも話しましたが、3年でも昇進した例も見られる一方、これら軍事委員会副主席または委員を兼任しない正大軍区級のポスト就任者がそうした基本条件を満たしても全員一斉に昇進できるわけでは無いのです。その中でも、上将になれるのは多くて20人いるかいないからしい。

http://route-125.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-373f.html

(関連エントリー「モンゴル国軍の階級と軍服について」)

上記過去エントリーでも述べましたが、ソ連式の「上大・大・中・少将」(中国・朝鮮語では「大・上・中・少将」、旧北時代からのベトナムでは「大・上中・中・少将」で、上級中将・上級中佐等は1950年代末に制定された。)が欧米式の「大・中・少・准将」にはそのまま相てはめる事は出来ない。ソ連式の大・中・少将はNATOの階級符号で言えば欧米式のそれら同様ぞれぞれOF-9~OF-7であり、上級大将(またはそれに相当するソ連式階級)はOF-9または元帥級のOF-10なのではというのが個人的な結論です。それはモンゴル人民軍の存命将軍達が、共産体制放棄後のモンゴル国軍下階級を、旧東側諸国軍(ハンガリーやチェコ等)欧米式に改めても星を一つ増やした階級章の軍服を着る事を許されている事からも伺えるとも言ったのですが、中国人民解放軍も周辺国はロシア・北朝鮮・ベトナムとソ連式4つ星将軍(もっとも、ロシア連邦軍の上級大将は2015年3月初旬時点で現役で8人いるが、2013年以降ソ連時代の1974年以来39年ぶりに大型の1つ星の階級章に戻されている)がいるし、また比較的仲が良いミャンマー国軍も欧米式の元帥に相当する上級大将(ソ連式とはやや性質が異なる)や同式大将級の中でも最先任である上級大将補の階級が民政移管後も存在するのに3つ星将軍の上将(大将)が最高階級では位負けしている印象もあります。

まあ勝手に星の数を一つ増やしてしまった、どこかの国の某幕僚長みたいに気にはしていないでしょうが、軍事委員会副主席及び委員は実際1988~94年まで存在していた一級上将、正大軍区級のポスト及び、副総参謀長・海軍・空軍・第二砲兵・武装警察の副司令員は就任後すぐ上将としても良いような気がします。実際1988年式一級上将は当初は軍事委員会副主席用の階級だった筈で、また長々と階級の話に逸れてしまいましたが、徐才厚も本来なら1992年11月に49歳で中将(総政治部主任助理)、1996年に53歳で上将(済南軍区政治委員)、1999年9月に56歳で一級上将(軍事委員会委員、2004年に副主席)になってもおかしくなかったと思われます。しかしです。

亡くなったのもそうでしたが、膀胱癌が発覚(2013年2月)したのも共産党中央軍事委員会副主席の退任直後で、国家中央軍事委員会(なお、時期が少しずれているだけで構成員はほぼ同じである)副主席の退任直前だったのはタイミング良すぎなのでは?です。まさかケネディ大統領暗殺事件の鉄砲玉だったオズワルドを射殺したジャック・ルビーみたいに癌細胞を注射された(実際の死因は毒殺だったらしいが)とかではなかったのでしょうが、発病時以降の経緯からして何だかきな臭いものも感じられます。亡くなったのも、汚職等結局不起訴となったようですが、実際は2015年3月15日が死亡日ではなく、習近平とその周りの高級幹部達にも関係する汚職等国民に知られては都合が悪い事実とかを隠す為に、何らかの取引で意図的に粛清された可能性もあるのではです。実際文化大革命時だって、時には毛沢東に諌言する事も辞さなかった彭徳懐や後任の国家主席となった劉少奇、そして賀竜等は全く治療等されず虐待死させられた(彭徳懐や劉少奇も悲惨な最期だったらしいが、賀竜も糖尿病だったのにブドウ糖を注射され、死亡時は腹が鉄のように硬くなっていたという)ようなものだったし、最後まで毛沢東への忠誠を崩さなかったはずの周恩来だって早く手術すれば治っていたであろう膀胱癌の手術すらなかなか許されずでした。元々政治家は健康な事も信頼されるのに重要なポイントながらも、これではオチオチ病気にもなっていられない。反プーチン勢力の有力者が暗殺されたロシアもそうなのでしょうが、中国も中華思想の下、中華皇帝が絶対的な権力を振るい、たとえ功臣でも邪魔者と見做されれば粛清されるのは大昔から全く変わっていないという事ですね。引用した記事にも、そうした国の内情の「ヤバさ」の裏返しとも言える、習近平中華共産帝国第5代皇帝の恐怖政治はだ。自分達とも無関係だとは決して言えないのに、徐才厚の死を喜び、罵倒しているコメントも珍しくない様である。それは死んだばかりの人にはよほどの悪人ではない限り鞭打つ事はその美徳に反するとする日本人との死生観の違いも勿論あるのでしょうが、減速する経済、周辺諸国との軋轢、環境問題等色々ヤバい、なのにかってのソ連みたいに国防費も年々増やし、軍事大国化にますます血道をあげている。そんな余裕があるのなら、もっと国民を幸福にできる政策をいくつも実行できるのにです。まあ日本人もあまり笑える立場ではないとも思えますが、これで中国は本当に大丈夫なのだろうか?その行きつく先は、やはり過去の歴史の繰り返しみたいになってしまうのだろうか?であります。

| | トラックバック (0)

ジョジョスターダストエジプト編「ダービー・ザ・ギャンブラーその2」感想

http://jojo-animation.com/contents/story/35.html

さあ、ギレン総帥でもあるダービーとまともに戦えるのが実質承太郎先輩1人しかいなくなってしまったわけですが・・・・・・・・

承太郎先輩は、今までの戦いぶりからもある程度以上伺える様に、武闘派一辺倒だったのかと言うと、決してそうではありませんでした。確かに前も話した事で、私の知人にも「承太郎のスタープラチナって、ぶっちゃけ反則的な性能だよね。」と言っていた人がいましたが、確かにその凄い正確な精密さとスピードは一見関係ないかに思えたこのポーカー勝負でも活かされてました。ダービーがやろうとしたあの如何様は、実際ポーカー経験がある人でもそうそう見きれないだろと思えるほどの高等テクニックでしたが、流石でしたね。ダービーにとっては、「祖父のジョセフと比べたら大した事ないだろうと思っていたけど、全力を持って・・・・・・」な気にさせられたでしょう。実際DIOへの忠誠心よりもギャンブラーとしての誇りを大切なものとしていたようですが、数年前に戦った真山某って、バブルで羽振りが良かった、典型的な当時の日本人みたいで、彼と戦って勝った時なんか余計イケイケムードでもあったでしょうね。

今度は近くで遊んでいた少年にカードを切らせた彼、それも全く想定内の事で、やはり結局はダービーの思うが儘になるかと思いきやです。コインにしたジョセフとポルナレフの魂を複数に分けたのが、結果的には勝負の分かれ目となったのでしょう。今頃はもう既に自分達を追っているであろう花京院だけでなく、(異母弟・仗助共々)命の灯が尽きようとしていたホリィの魂まで賭けると承太郎先輩は大胆な策に出た。当然ダービーもギャンブラーを名乗るからにはそれに釣り合う賭けを自分もしなければいけなかったのですが、結局・・・・・・・・スタープラチナのスピードをまたまた活かした揺さぶり(喫煙やジュース飲み等)も大きいものがありましたが、それだけDIOのスタンド能力が恐ろしいという事だったのでしょう。やっぱりブタのカードだった事にアヴドゥルは、「やっぱマトモに戦っていれば勝てなかったとは言え、ハッタリでそこまでするなんて・・・・・」と驚きを隠せなかったようですが、怒ってつかみかかったり、冷静になって自分の魂も賭ける事に同意したり、かと思えばまた動揺して、先輩の意図が分かったら・・・・・・・・つくづく忙しい奴でしたな。(苦笑)でも、これも彼その人のイメージというやつだったのでしょう。やっぱそんなアヴドゥルも自分は好きなキャラの一人です。小林清志氏三宅健太氏もつくづく良い仕事されている。大塚明夫氏はまあ、もうワムウの方の印象が強いですが・・・・・・・

単行本22巻、今ちょっと紛失しちゃっているので、間違えていたら申し訳ないなのですが、ホルホース&DIOのあのシーン、確かこのダービー戦の前だったよね?OVAでのあのコーラン問題が大事になったし、世界情勢的にもアラブの春の唯一の成功例だったはずのチュニジアまでテロ事件で日本人の死者も出てしまった。そう言えば同じWJ原作な暗殺教室だって、イスラム国の湯川遥菜&後藤健二両氏殺害事件等で放送自粛に追い込まれた話もあった。もしかして、このままカットか・・・・・・・・と思われたら、次回予告見る限りではやっぱこのTVアニメ版でも再現されるようですね。子安武人氏も、公式ブログを見る限りでは、ムーミンのスナフキンに対する思い入れとか語られていたのも印象的でしたが、ジョジョについても、「改めてジョジョの人気の凄さを認識させられた」とか「最近DIOの出番がないから寂しい」とかというような事を言及されていたようである。ここで漸く久々の出番ですね。このシーンも、名言がいくつも見られますが、DIOの悪のカリスマっぷりと、ホルホースの、今度はあの人と・・・・・・としての再挑戦等ますますヒートアップしていく事は間違いありません。

| | トラックバック (0)

2015/03/15

遅刻しちゃって大丈夫?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150314-00000257-sph-base

ソフトB】松坂、遅刻罰金18万円也「裏から入ればよかった」

スポーツ報知 3月15日(日)7時4分配信    

 

 

◆オープン戦 ソフトバンク5―0中日(14日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンク・松坂大輔投手(34)が14日、遅刻の失態を犯した。チームの規定により、罰金18万円が科された。

 試合前練習が始まっても、背番号18の姿が見当たらない。慌てるチームスタッフ。アクシデントかと周囲がざわつくなか、野手陣の練習が始まって50分が経過した午前9時50分、待ち受けたカメラマンのフラッシュを浴びながら「裏から入ればよかった」と、申し訳なさそうにロッカーへと駆け込んでいった。

 同9時20分の投手練習開始直前、右腕を探し回っていた吉井理人投手コーチ(49)は「眠りの呪文にかけられていたらしい」と説明した。松坂はマネジャーからの電話で目覚めたという。ソフトバンク入団後初の遅刻。朝が苦手で、西武時代にも“前科”があるという。チームメートから散々冷やかされ、「部屋に(呪文をかける)誰かいたのかな…。みんなにからかわれましたよ…」と頭をかいた。

 松坂がグラウンドへ飛び出たのは同9時56分。チーム投手会の決まりでは、遅刻は1分につき罰金5000円。36分の遅刻で、くしくも背番号と同じ18万円の罰金となる。「罰金を払えば、済む話。本人が反省すりゃいい」と佐藤義則投手コーチ(60)。これとは別に、チームへの罰金も科されるという。失態でも“怪物”ぶりを発揮した右腕は、キャッチボールなどで次回登板の17日ロッテ戦(ヤフオクD)に向け、ただ一人遅れて練習した。この汚名は、マウンドで返上するしかない。(福谷 佑介)

「裏から入れば良かった」って、まるで漫画みたいなノリですな。松坂投手も、メジャーでは故障しちゃって完全燃焼したとは言い難かったですが、日米合わせて164勝だから、あと36勝で200勝だけど、黒田博樹投手の方が・・・・・・・ですね。ちょっと微妙かもしれません。まあ日本ハムの大谷選手にも今度は文句言っていた、「喝!」が口癖のあの人(「5年でダメになる」とまで言い切っていたようですが、まあ仮に外れても何か責任問われるわけでもないですからね)の発言は右から左に流しても差し支えないでしょうが、今年の松坂投手はまあ打線の援護があっても7・8勝すればまあ、まあまあの働きはした、もっと勝てばラッキーと評価するのが妥当かなあと思います。全盛期は確かにすごかったけど、あまり過度の期待をするのも・・・・・・でしょうね。まあ外れたら笑ってもらって結構ですが、「大谷=年でダメになる」よりは少なくとも確率は高いのではと。と言うか、あと2週間弱で開幕ですか。巨人も戦力がなかなかそろわないまたは調整が順調ではないようですが、大丈夫なのか・・・・・・・

| | トラックバック (0)

シリーズ30周年の「お楽しみ」の序章なのか?そしてカプコンを去ったあの人の「挑戦」は・・・・・・

http://www.famitsu.com/news/201502/23072335.html

『ロックマン』が総柄プリントされたスニーカーが登場 東京発のスニーカーレーベル“UBIQ”とコラボ

ムービックは、カプコンの『ロックマン』と、東京発のスニーカーレーベル“UBIQ”のスペシャルコラボレーションスニーカーの予約を2015年2月20日より開始した。8ビットの『ロックマン』が総柄プリントされている。希望小売価格は9800円[税抜]、予約期間は3月15日まで。

●E缶もアクセントに

 ムービックは、カプコンの『ロックマン』と、東京発のスニーカーレーベル“UBIQ”のスペシャルコラボレーションスニーカーの予約を開始した。こちらは、8ビットの『ロックマン』が総柄プリントされているスニーカーで、希望小売価格は9800円[税抜]となっている。予約期間は3月15日まで。

https://game8.jp/matome/21728

『ロックマン』がモチーフのマスキングテープと刺繍ブレスレットを2月26日(木)より発売!

ニュース

カプコンが、人気アクションゲーム『ロックマン』をモチーフにしたマスキングテープと刺繍ブレスレットを、2月26日(木)より発売する。

カプコンが、人気アクションゲーム『ロックマン』をモチーフにしたマスキングテープと刺繍ブレスレットを、2月26日(木)より発売する。

【カプコン 刺繍ブレスレット シリーズ】 ロックマン 刺繍ブレスレット(ドットキャラクター/E缶)

『ロックマン』と『E缶』を、刺繍の技法で編み上げたブレスレット。手首や足首巻いたり、バッグなどのアクセサリーとしても使うことができる。

何だか最近、「ロックマン&フォルテ」もWiiUバーチャルコンソール配信始まりましたが、それとほぼ同時期にこれらですね。確かにこういうコラボ自体は決して悪い事ではないです。しかしですねえ・・・・・・・まああと2年でシリーズ30周年迎えるし、その記念大企画の前の「お楽しみ」のつもりとかならまた話は別ですが、それだけ昔のFC時代(1987~94年)がよっぽど忘れられなかったという事?まあスーパーマリオとかも度々8ビット姿のマリオのコラボTシャツとか発売された事はあった。もう今までも・・・・・・・・・ですが、次世代ハードへの適応にも失敗したままもう20年も経っているシリーズの現状をもう少し何とかできないのかです。「ロックマン9」もあくまで一時的な中興に過ぎなかったし、確かにゲーム自体はまあプレイしていて普通に面白かったなあと思った。しかし、同じゲスト参戦枠でもパックマンやソニックとは異質だったのも否めなかったと言うか、スマブラでの参戦も未来のロックマンシリーズの新たな方向性を築いていかんとする流れになりうる「線」ではなく、一時的な「点」になりかけてしまっています。

戦後70周年の今年、中国が「過去の歴史を直視しろ」とかなんて日本をけん制(確かに、「安倍総理は戦争でもしたいのか?」と邪推せずにはいられない政策も目立ちますが、まあ民主もまた・・・・・ですからね)しているのに対し、外務省は「過去の歴史にばかりに囚われない未来志向を」と反論したらしいですが、そのようなコラボも積極的に行うぐらいなら、いい加減「ロックマン」シリーズもまた別の意味で「未来志向」を打ち出していかなければいけない時期に来ているとも思います。過去の歴史も踏まえながらも、そのような「未来志向」があってこそ、シリーズ30周年の2017年は、カプコンにとっても、ファンの人達にとっても心から誇る事も出来る真に実り多き1年になるはずです。あと2年と9か月です。

http://otapol.jp/2015/03/post-2622.html

 


 まずはちょっと残念なニュース。かねてより開発が続けられていたニンテンドー3DS用新タイトル『海王』の開発を中断することが、株式会社マーベラスより発表された。同タイトルは、かつて株式会社カプコンにて『ロックマン』シリーズのキャラクターデザインや、『バイオハザード2』、『鬼武者』、『デッドライジング』など数々のヒットタイトルを手掛けた稲船敬二氏による最新作ということで、ゲームファンから大きな注目を集めていた。さらに、ゲーム以外にもメディアミックス展開を見越していた模様だが、「市場環境の急激な変化と、当初計画しておりましたメディアミックス展開における編成が困難な状況にあること等から」、開発を中断することになった。どうも明るいニュースを聞くことが少ないコンシューマゲーム市場だが、その厳しい現状が改めて浮き彫りとなったと言える。

 次にグリー株式会社(以下、グリー)は本日、「GREE Platform Award 2014」受賞アプリを発表した。このアワードは、昨年の年始から年末までの期間にデベロッパー(GREEパートナー)が提供したアプリの中から、ユーザー数やアプリの利用状況などを総合的に判断して、優れているアプリを表彰するというもの。第8回となる今回は、新たに2賞が追加され合計で9賞となり、24タイトルが受賞した。栄えある総合大賞を受賞したのは、株式会社バンダイナムコゲームスの『アイドルマスター ミリオンライブ!』だ。本作は『アイドルマスター』シリーズが原作のソーシャルゲームで、本家とも勝るとも劣らないゲーム性で多くのファンから人気を集めている。なおプレスリリースの最後は、「今後もデベロッパーと協力して良質なコンテンツをさらに拡充し、世界中の人々が利用するナンバーワンコミュニティサービスを目指す」という頼もしいコメントで締めくくられていた。

 最後は懐かしのカルトゲームの話題。株式会社シティコネクション(以下、シティコネクション)は本日、『クーロンズ・ゲート』関連のティザーサイトをオープンした。『クーロンズ・ゲート』といえば、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントが1997年にリリースしたアドベンチャーゲームで、かつて中国に存在していた九龍城を舞台にしているなど、独特な世界観でコアな人気を博した作品だ。ティザーサイトによると、シティコネクションが来週20日にニコニコ動画で放送する番組「Rom Cassete TV」で、何かしらの発表が行なわれるようだ。余談となるが、同社が運営する「九龍風水傳サウンドコレクション公式」Twitter(@kg_sound_offici)から、たびたび設定資料集の発売を匂わせるつぶやきが投稿されていた。そこから察するに、放送では設定資料集に関する発表が期待できそうだが、はたして……?

■今回紹介したゲーム情報関連の公式サイトなどは以下より。
・株式会社マーベラス公式サイト
http://www.marv.jp/
・グリー株式会社 公式サイト
http://corp.gree.net/jp/ja/
・『アイドルマスター ミリオンライブ!』公式サイト
http://www.bandainamcogames.co.jp/cs/list/idolmaster/million_live/
・『クーロンズ・ゲート』公式サイト
http://www.sonymusic.co.jp/Amusement/kowloonet/
・『クーロンズ・ゲート』関連のティザーサイト
http://claricedisc.com/kg2015

しかし、いずれにせよ稲船敬二氏はもうカプコンにはいないのですが、下方修正及び特別損失の計上等業績の悪化で、手がけられた新作ゲームが開発中止になってしまったらしいですね。まあどんなゲームなのか気になるものもありはしましたが、まあ自分、まだガンヴォルトもプレイすらしていないですからね。主人公役の人は、「終わりのセラフ」でも出演されるらしいですが・・・・・・・・まあ稲船氏はこれぐらいの事でへこたれないだろうし、「ロックマン」シリーズの行く末同様、氏の今後の動向も改めて要注目でしょう。

| | トラックバック (0)

2015/03/14

ジョジョスターダストエジプト編「ダービー・ザ・ギャンブラーその1」感想-ギレン総帥にとっては弱いギャンブラーなど「あえて言おう、カスであると‼」

http://jojo-animation.com/contents/story/34.html

原作22巻では確かアレッシーを倒した後OVAでも再現された(ただし、アレが見られたのでコーラン問題が発生してしまった)あのシーンが見られた筈ですが、カット?それとも先延ばし?まあ今までもあの第1期クライマックスのミドラー戦等元々名作な原作をさらに保管しているのでまたコーラン問題にならない様に注意しながら・・・・・・ですね。

ついにカイロにも近いギザにまでやってきたジョースターエジプトツアー御一行様ですが、カフェでの聞き込み、ジョセフの「それもそうだな」セリフは本当にカットされたのは、承太郎先輩に一喝された店主らしき男がビビッて「ハイッ‼」と返事したシーン共々原作との細かい相違点でした。そこにDIOの館のありかを知っていると名乗った男が登場したのですが、ギレン総帥・・・・・・もとい銀河万丈ボイスでしたね。まずはポルナレフ、そして如何様してないか見張れと孫には指示したくせに自分も如何様やって、彼の名前もわざと間違えて挑発する等策士っぷりも若い頃から変わっていなかったジョセフを破ったダニエル・ダービーです。

OVAでの、故・内海賢二氏(内海氏はCDブック版でもジョセフの声優を担当。ただし、途中で故・納谷悟朗氏に変わっている)のダービーはギャンブル相手の心を突き刺すような鋭さがありましたが、銀河氏のダービーは何だかとぼけながらも相手を翻弄する様な掴み所の無さが感じられましたね。内海氏とはまた違った味を出せていたのは流石と言った所だったでしょう。実は結構熱いアヴドゥルは当然2人を弄んだ彼に対して怒りを隠せませんでした。それは彼を殺しても、帰ってこないのだから尚更なのですが、三宅健太氏も小林清志氏に負けない熱演を見せていました。と言うか、OVAでのアヴドゥルは、マライア戦もカットされて、次はもうDIOの館でヌケサクの代わりにされてしまった(でも、DIOに会えて死んだ分、実は私は彼のこの扱いは原作以上に評価しています)ので、この「怒り」シーンが前期ハイライトとなってしまったのですが・・・・・・・

ギャンブルシーンの駆け引きの熱さも原作やOVAにも全く引けを取りませんでしたが、特にあのチョコレートなんてまさに「コロンブスの卵」だったでしょうね。後に登場してくる「彼」からは随分過小評価されていたようですが、やはり相当の実力者です。そして次はいよいよ承太郎先輩が、それも彼の得意な分野であるポーカーでの対決を提案したのですが、どうする?もう彼が負けたら、明らかにギャンブルには向かないアヴドゥルと一行に協力する気なんてないイギーしかいなくなってしまう。花京院もまだまだ戦線復帰していないし、果たして承太郎先輩にはどのような秘策があるのか?

| | トラックバック (0)

2015/03/08

モンゴル国軍の階級と軍服について

現在上級大将の階級が制定されている国はロシア、ウクライナ、グルジア等一部除く中央アジア各国、北朝鮮、キューバ、アンゴラ等ですが、前にも述べた通り、これらの国の上大・大・中・少がそのまま欧米各国軍の大・中・少・准に当てはめる事が出来るのかは必ずしも言い切れないかもしれません。

と言うのも、ソ連軍の前身だった赤軍は例えば陸軍なら軍司令官(1・2等)、軍団長、師団長、旅団長と銀河英雄伝説における銀河帝国軍みたいに実質上級大将と准将が並存していたのです。1940年に将官の階級呼称が元に復された時も、旅団長に相当する准将の階級は現在に至るまで制定されず、この時点ではそれは保留のつもりだったらしいですが、星の数は2~5つでした。1943年にそれぞれ1つずつ減らされ、テヘラン会談が開催された影響もあったのでしょうが、あのソ連がアメリカ軍やイギリス軍との階級兼ね合いとか気にしていたとは考えにくいです。

http://paper.wenweipo.com/2009/03/15/CH0903150038.htm

第二次世界大戦後、共産革命は「輸出」される事となり、軍の階級もソ連軍に似たものとなりましたが、中国人民解放軍での大校や朝鮮人民軍の大佐(中佐との間に上佐がある)は1940年以降のソ連軍には相当する階級はないです。中国人民解放軍については当初は上・準上・中・少の将官階級を構想していたのが、少将と上校(大佐)との間に大校(海外では准将扱い)を設けた方が実情に合っていると見て1955年2月8日に将官・校官(佐官)階級は大・上・中・少の4階級と定められました。実際北京の中南海で授与されたのはその7か月後の9月27日の事でしたが、10年後に階級が一旦廃止されて1988年に復活した後もそれぞれソ連邦元帥・上級大将をモデルとした人民共和国元帥・大将は再設置されませんでした。厳密にはその1955~65年の大将に相当する一級上将が代わりに設置されて、共産党及び国家中央軍事委員会副主席(制服組最高位、制服組の定員は数名)に充てられる筈だったのですが、「戦時での高級指揮を執った高級将校のみの階級」と見做され、授与された人が1988年以降もそれを名乗る(ただし、この時点での存命者は元帥・大将それぞれ2名の20名中計4名であった)事は有効ながらも平時においては実質上将が最高階級とされ、一級上将も本来なら楊尚昆等授与される資格はあったのですが、結局該当者なしのまま廃止となりました。またその他各国軍も、ロシアやウクライナは準軍事組織のトップにも近年も充てられているようですが、中央アジア各国は大統領か国防相の他はせいぜい参謀総長ぐらいな様です。元々社会主義・共産主義国の軍隊は階級インフレよりかは階級デフレ傾向で実際よりも星の数が少ない(ただし、ソ連軍なんかは師団の数が300以上もありながらも実際は旅団に毛が生えた程度の規模だったという)この事からも、これらの国の大将~少将もやはり欧米各国軍のそれと同等(NATOの階級符号なら、OF7~9でOF-6に相当する階級は無し。ただし、ロシア海軍の大佐階級章はアメリカ海軍等の准将に似た階級章で、これは元々1940年以前は准将相当だった名残のようである)で、上級大将は朝鮮人民軍の次帥共々大将と元帥の中間あたりに相当する階級と見做すのが妥当かもしれません。

実際またです。ソ連16番目の共和国と揶揄されたほどだったモンゴルも、共産主義体制が放棄された後もモンゴル人民軍時代のソ連式階級はそのままかと思いきや、どうやら1990年代後半頃に新生モンゴル国軍の階級は東欧各国軍同様欧米式階級(大・中・少・准)に変更されたようです。

http://www.inet.mn/?vfile=28&vmet_id=51836&vmet_main=1016

そもそもモンゴル人民軍においても、上級大将ですら授与されたのは約70年間の中でたったの2人。しかも、その内ユムジャーギィン・ツェデンバルは職業軍人ではなく、政治家で、1940年から44年もの長きにわたって人民革命党の党書記長(1952~74年までは首相、それ以降は国家元首に相当したであろう人民大会議議長を兼任)を務めていた等スターリンや毛沢東以上の長期政権だったらしいですが、1976年に上級大将、さらに1979年に元帥に昇進したのはブレジネフに倣っての事だったのでしょう。もう1人のБатын Дорж は30歳で少将(翌年の1945年4月に少将となった、ソ連軍前身の赤軍のイワン・ヤクボフスキーよりも若かった。第二次世界大戦時の各国将軍の中でも最年少の方だったであろう)、42歳で中将、55歳で大将となった後1971年に57歳で昇進したのですが、大将(ヒュラーンダゲネラル?)ですら戦前は0人。その後も僅か8人しか出ませんでした。上記HPは、その最後の授与者だったソノムン・デュフサンゴムボ(?)大将の近影ですが、藤村俊二氏に似てますね。今年で91歳と高齢ですが、ここで注目すべきなのは共済主義国の国軍大将の階級章は3つ星の筈なのにこの時のデュサンゴムボ大将の階級章は4つ星となっている事です。モンゴル国軍の大将を改めて授与されたのかと思いきや、このHPではヒュラーンダゲネラルと明記されています。


http://mongoliangeneral.blogspot.jp/p/blog-page_7.html

今度は最後のモンゴル人民軍中将(デスレグチェゲネラル?)授与者(これも全員で15人しかいなかった)だったデュフサンゴムン・モロハムツェー(?)近影のページですが、彼も階級章が3つ星となっています。

http://www.bolod.mn/News/59385.html
http://baharhal.mn/news/3/2/171#.VPwq2-kcTIU

そしてこの人は日本語版wikiにも項目がありますが、1984年に空軍少将(ホシューチェゲネラル?)を授与されたジェクテルデミット・グラグチャは人民共和国時代は1つ星だったのが、やはり近年では2つ星が階級章の空軍軍服を着ています。どうやらご存命のモンゴル人民軍の将軍達は階級システム変更に当たって皆星を1つ増やしてもらっているようです。それは第二次世界大戦後、戦後ドイツ連邦軍創立にあたって、国防軍兵科大将が中将として、同中将が少将として、同少将が准将として参加した事等とは全く異なります。ただ、人民軍大佐が国軍准将として扱われているかまでは確認出来ずでした。

http://sonin.mn/news/politics-economy/25699

上記HP画像での、背広着た白髪交じりの要人(と思われる)男性と握手している人は国軍参謀総長であるチェレェンジェヒィディン・ビャムバハフ(?)ですが、国軍大将(ゲネラル)は実質名誉階級で、実質的な最高階級は中将(デスレグチェゲネラル?)な様です。

http://gsmaf.gov.mn/?id=260

勿論准将将軍も実際存在し、上記HPはD・イェンフバータル(?)准将(ブリガディーンゲネラル?)の画像が載っているページです。

http://www.news.mn/content/109287.shtml

このHPは別の陸軍少将(ホシューチェゲネラル?)の画像が載っているページで、地色は深緑(ただし、写り方で緑がかった灰色にも見える)ですが、モンゴル国軍の軍服は常服・礼服共にソ連軍の影響も依然強く残っていますが、階級章は独特ですね。

http://www.wikimon.mn/content/59840.shtml

空軍の場合は、デザインは同じで、地色は青色とこのあたりは欧米各国軍風で、モンゴル国軍の将官、おそらくそんなにはいないだろうであり、参謀総長の他にどのような役職が将官ポストなのかも、モンゴル語の基礎知識がない(もっとも、第二外国語はロシア語を選択していたのでキリル文字はある程度以上はピンとくる。前述した色々な階級名や人名が100パーセント正確だと言い切れる自信はないですが)ので全く分かりませんが、またいくつか明らかになったら続編をアップします。いつの事となるやらですが・・・・・・・・

【以下2017年4月15日追記】

ツェデンバルは1954~58年の4年間は一旦書記長を他者に譲っていたみたいですね。チョイバルサンやスターリン死後の雪解けとかが影響していたのか。

| | トラックバック (0)

2015/03/07

ジョジョスターダストエジプト編「セト神のアレッシーその2」感想-テニプリの桃城、トランスフォーマーのサムと徳川カズヤを抹殺せんとする‼

http://jojo-animation.com/contents/story/33.html

子供になってしまったポルナレフを助けてくれた地元ルクソール市民のお姉さん、家出少女同様今回のアニメ化で名前が明かされたようですが、マレーナ・・・・・・そう言えば見た事あるけど、モニカ・ベルッチ氏主演の映画でもそんなタイトルの映画がありましたが・・・・・

そんな美人の姉さんがいつの間にか変態野郎なアレッシーとなっていて、水中に顔を押し付けられてもう万事休すかと思いきやです。そう。アレをアレッシーの顔に押し付けたのですが、基本道徳どうのこうのってまさに・・・・・・・

「お前が言うな‼」

でしたな。(笑)しかし、ポルナレフ自身は取りあえず危機は免れながらも、今度はそのマレーナの方が彼以上にセト神の影に触れていた時間が長かった為に胎児にまで戻ってしまった。せめて生後すぐの乳児ならまだともかく・・・・・でしたが、ピンチ‼再び追い詰められて今度こそもう万事休す‼かと思いきやです。ジョジョのスタンドバトルの醍醐味だったとも言えましたが、子供にしても知恵比べで負けてしまうようでは本末転倒というものだった・・・・・よりもご愛嬌と言った所でしたか。窓から落ちた所をタイミング悪く承太郎先輩に遭遇、またセト神で子供にして、つい最近その能力が発動したばかりの彼では今度こそチェックメイト・・・・・・・・にはなりませんでした。ホリィの回想では幼少時は普通の子供だったらしい承太郎先輩でしたが、やる時はやる性格で、とは言えオラオラでノックアウトってアレッシーどれだけ(スタンドを使わない)ガチの喧嘩弱いんだよ。エラクない‼エラクない‼

気絶してしまって、ようやく目が覚めた時にはすでに遅し‼承太郎先輩もポルナレフも元に戻っていて、スタープラチナとチャリオッツのダブルラッシュ‼まあマライアのアレとかよりはまだマシだろうけど、これも敵スタンド使いにとってはすごーく嫌なKOパターンでしたね。そして最後はエライねえ~と口走りながら遥か彼方にふっとばされてリタリアになったけど、アレッシーもエライねえ‼だったし、声優の小野坂昌也氏も、藤村歩氏、甲斐田裕子氏、そして少年承太郎役でレギュラーTVアニメ出演作は殆ど知らないけど、高森奈津美氏皆皆エライねえ‼でありました。


しかし、事の経緯を知らないマレーナとの切ない別れ、そしてジョセフ・アヴドゥルとの再合流ではまだ終わりませんでした。レストランで食事を取った後念写でDIOの居場所を探したのですが、店員さんの反応及びアヴドゥルの対応は物語の始まり直後のあのシーンと全く同じでしたね。これまで色々ありましたが、旅の終わりは確かに近づいてきていたのです。


最後のシーンでまた原作の補完がなされていましたが、小野坂氏もその変態・クズっぷりが良く伝わるような演技でしたが、甲斐田氏もゲスト出演には惜しいキャスティングでしたね。高森氏は本作以外にも主要キャラの少年時代の役を演じられた事があるらしいですが、ジャンプ系アニメの常連でもある岡本信彦氏やあの蒼き雷霆ガンヴォルトの石川界人氏と同じ事務所所属なんですね。果たして氏も今後もっとブレイクするのかですが、次回は久々に「あの御方」と「ナンバー2にこだわるあのガンマン」も登場するだろうし、その点も要注目です。

| | トラックバック (0)

2015/03/04

新テニスの王子様第138・139・140話-「王子様はどこまでもクール‼そしていよいよ伝説の大舞台始まる‼」

リョーガが表紙を飾っているらしい第14巻、皆はもう買ったかな?えっ?お前はって?まあ、それはどーでもいいじゃないですか。

毎月4日の日がもう楽しみで楽しみでしょうがないのですが、頼通(平等院鳳凰)がトラブルメーカーとなった所為でグダグダ気味となってしまったナンパ大会、しかし、運命はまことに奇妙なもので、ここで彼らは越前王子様と再会、しかも彼は合宿退去取り消し&日本代表に演出されたらしい‼主人公絶対主義なテニプリらしい温情措置ですが、ここで今月のテニプリ語録。

「悪いっスけど、俺アメリカ代表なんで」ww

まさか王子様も一緒に戦ったメンバーだっているし、全く情とかないわけではなく、素直になれないだけなのでしょうが、副部長くん(大石)らは驚きを隠せません。ホテルでの他の面々の反応も様々ですが、キテレツ(木手)、「生意気ですね」って、もうそんなの全く分かり切った事だろうよww。生意気じゃない王子様なんて、秒針の無いシチズン時計、肉がない吉野家の牛丼、炭酸の抜けたコカ・コーラみたいなものです。DQN(亜久津)は敵としてぶっ倒せる事にやりがいを感じたみたいだし、信繁(幸村)は再戦を望む、金太郎くんは、こいつは一体いつになったら他人の名前をマトモに覚えるんだ?まあこれも分かり切った事だけど・・・・・・・一方で天才くん(不二)は「彼には国境なんてない」、バルログ・アトーベ様は「返り討ちにしてやんぜ‼」と意気満々です。

そして高校生面々もこれは知っていて、ミスターT(デューク渡邊)は「よほどお頭と戦いたかったんですなあ」とあくまで微笑を浮かべながら冷静でしたが、それも軽く聞き流しながら頼通は「世界を獲るぞ鬼」とついさっきの事なんておそらく忘れてwwカッコつけて宣言したわけです。

そして舞台はオーストラリア、プレW杯の抽選会を行うとの事らしいですが、頼通、副部長くんの事はハゲ坊主じゃなくて大石と呼べよ( ゚皿゚)。そこで部長(手塚)とも会ったようですが、無事ドイツ代表に選出されたようで。「油断せず」に頑張った結果ですね。抽選ではすっかり緊張していた副部長くん、人間臭いと言うか、やはり彼はこの漫画のテニス星人としてはマトモである数少ない兄ちゃんなのですが、いきなりドイツと当たってしまった‼ただ罵倒されたわけでもなく、勿論ちゃんとフォローもしていましたが、いよいよプレW杯開幕です。バスで向かう面々の中にはいない人もいますが・・・・・・・・

鉄砲(種ケ島)もその一人なようですが、船で向かっているらしい。何でも中学生と高校生がダブルスで組むらしいですが、奏多くんはアトーベ様にあっさり結成拒否られる等最近扱い悪くないか?國母和宏(大曲)はDQNに結成を持ち掛けるも、DQNは相変わらず態度悪い。そして柳田国男(遠野)はいい加減ウザいwwww。赤ちゃん(切原)は君様(君島)に持ち掛けるも相手にされず・・・・・・・・と、色々やり取りが見られましたが、その間に会場にとうとう着きました。娘さんも離婚してしまった世界の三船の訓示はシンプルで、「勝て!以上じゃ」でしたが、一同はそれだけでも盛り上がります。色々無茶な言動も目立つ世界の三船ですが、何だかんだ言っても一定以上の求心力はあるのでしょう。そして今月最後のテニプリ語録。

「世界相手の切り込み隊長いやはや緊張しますなぁ・・・・・」

「世界を感じに行きましょう。」

もういい加減前者の方も他の面々とは別の性質でウザいwwwですが、ミスターTと天才くんの「意外な組み合わせ」‼さあ、彼らは一体どんな戦いを見せるのか?


いやあいよいよ「新たなる伝説」の幕開けですね。いきなり意外な組み合わせで攻めてきたわれらが許斐剛大先生ですが・・・・・・・・・

関連情報で目を引いたのはミュージカルでの稽古の様子でしたね。今年2月13日から公開が始まったようですが、既に前年の12月から稽古の為の合宿でゆっくり年も越せなかった模様。まあ役者には土日・GW・お盆・年末年始なんて元から関係ないですが、特に舞台俳優は拘束時間の割には割が合わない事なんて珍しくないでしょうから、大変ですね。

しかし、テニプリは皆にもう長年愛されている、不朽のギャグバトル漫画なのだからファンは皆皆愛すべきイケメンテニス戦士達の姿を見に来てくれるはず‼香港・台湾の次はニューヨーク、ロンドン、モスクワ等もっともっと世界の大都市で公開だ‼今月号の表紙を飾ったのは終わりのセラフの優一郎で、入野自由氏の演技にも期待だけど、大先生のライバルは今回もお●●いや闇のツンデレ、リトの際どすぎるラッキースケベ等エロが花盛りな長谷見沙貴&矢吹健太朗両先生コンビしかいない‼2大レジェンド(伝説)が送る漫画を読めるジャンプスクエア読者はつくづく幸福者である‼これは間違いない‼YES!!THEY CAN!!

| | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »