« 新テニスの王子様第138・139・140話-「王子様はどこまでもクール‼そしていよいよ伝説の大舞台始まる‼」 | トップページ | モンゴル国軍の階級と軍服について »

2015/03/07

ジョジョスターダストエジプト編「セト神のアレッシーその2」感想-テニプリの桃城、トランスフォーマーのサムと徳川カズヤを抹殺せんとする‼

http://jojo-animation.com/contents/story/33.html

子供になってしまったポルナレフを助けてくれた地元ルクソール市民のお姉さん、家出少女同様今回のアニメ化で名前が明かされたようですが、マレーナ・・・・・・そう言えば見た事あるけど、モニカ・ベルッチ氏主演の映画でもそんなタイトルの映画がありましたが・・・・・

そんな美人の姉さんがいつの間にか変態野郎なアレッシーとなっていて、水中に顔を押し付けられてもう万事休すかと思いきやです。そう。アレをアレッシーの顔に押し付けたのですが、基本道徳どうのこうのってまさに・・・・・・・

「お前が言うな‼」

でしたな。(笑)しかし、ポルナレフ自身は取りあえず危機は免れながらも、今度はそのマレーナの方が彼以上にセト神の影に触れていた時間が長かった為に胎児にまで戻ってしまった。せめて生後すぐの乳児ならまだともかく・・・・・でしたが、ピンチ‼再び追い詰められて今度こそもう万事休す‼かと思いきやです。ジョジョのスタンドバトルの醍醐味だったとも言えましたが、子供にしても知恵比べで負けてしまうようでは本末転倒というものだった・・・・・よりもご愛嬌と言った所でしたか。窓から落ちた所をタイミング悪く承太郎先輩に遭遇、またセト神で子供にして、つい最近その能力が発動したばかりの彼では今度こそチェックメイト・・・・・・・・にはなりませんでした。ホリィの回想では幼少時は普通の子供だったらしい承太郎先輩でしたが、やる時はやる性格で、とは言えオラオラでノックアウトってアレッシーどれだけ(スタンドを使わない)ガチの喧嘩弱いんだよ。エラクない‼エラクない‼

気絶してしまって、ようやく目が覚めた時にはすでに遅し‼承太郎先輩もポルナレフも元に戻っていて、スタープラチナとチャリオッツのダブルラッシュ‼まあマライアのアレとかよりはまだマシだろうけど、これも敵スタンド使いにとってはすごーく嫌なKOパターンでしたね。そして最後はエライねえ~と口走りながら遥か彼方にふっとばされてリタリアになったけど、アレッシーもエライねえ‼だったし、声優の小野坂昌也氏も、藤村歩氏、甲斐田裕子氏、そして少年承太郎役でレギュラーTVアニメ出演作は殆ど知らないけど、高森奈津美氏皆皆エライねえ‼でありました。


しかし、事の経緯を知らないマレーナとの切ない別れ、そしてジョセフ・アヴドゥルとの再合流ではまだ終わりませんでした。レストランで食事を取った後念写でDIOの居場所を探したのですが、店員さんの反応及びアヴドゥルの対応は物語の始まり直後のあのシーンと全く同じでしたね。これまで色々ありましたが、旅の終わりは確かに近づいてきていたのです。


最後のシーンでまた原作の補完がなされていましたが、小野坂氏もその変態・クズっぷりが良く伝わるような演技でしたが、甲斐田氏もゲスト出演には惜しいキャスティングでしたね。高森氏は本作以外にも主要キャラの少年時代の役を演じられた事があるらしいですが、ジャンプ系アニメの常連でもある岡本信彦氏やあの蒼き雷霆ガンヴォルトの石川界人氏と同じ事務所所属なんですね。果たして氏も今後もっとブレイクするのかですが、次回は久々に「あの御方」と「ナンバー2にこだわるあのガンマン」も登場するだろうし、その点も要注目です。

|

« 新テニスの王子様第138・139・140話-「王子様はどこまでもクール‼そしていよいよ伝説の大舞台始まる‼」 | トップページ | モンゴル国軍の階級と軍服について »

ジョジョ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/59181034

この記事へのトラックバック一覧です: ジョジョスターダストエジプト編「セト神のアレッシーその2」感想-テニプリの桃城、トランスフォーマーのサムと徳川カズヤを抹殺せんとする‼:

« 新テニスの王子様第138・139・140話-「王子様はどこまでもクール‼そしていよいよ伝説の大舞台始まる‼」 | トップページ | モンゴル国軍の階級と軍服について »