« モンゴル国軍の階級と軍服について | トップページ | シリーズ30周年の「お楽しみ」の序章なのか?そしてカプコンを去ったあの人の「挑戦」は・・・・・・ »

2015/03/14

ジョジョスターダストエジプト編「ダービー・ザ・ギャンブラーその1」感想-ギレン総帥にとっては弱いギャンブラーなど「あえて言おう、カスであると‼」

http://jojo-animation.com/contents/story/34.html

原作22巻では確かアレッシーを倒した後OVAでも再現された(ただし、アレが見られたのでコーラン問題が発生してしまった)あのシーンが見られた筈ですが、カット?それとも先延ばし?まあ今までもあの第1期クライマックスのミドラー戦等元々名作な原作をさらに保管しているのでまたコーラン問題にならない様に注意しながら・・・・・・ですね。

ついにカイロにも近いギザにまでやってきたジョースターエジプトツアー御一行様ですが、カフェでの聞き込み、ジョセフの「それもそうだな」セリフは本当にカットされたのは、承太郎先輩に一喝された店主らしき男がビビッて「ハイッ‼」と返事したシーン共々原作との細かい相違点でした。そこにDIOの館のありかを知っていると名乗った男が登場したのですが、ギレン総帥・・・・・・もとい銀河万丈ボイスでしたね。まずはポルナレフ、そして如何様してないか見張れと孫には指示したくせに自分も如何様やって、彼の名前もわざと間違えて挑発する等策士っぷりも若い頃から変わっていなかったジョセフを破ったダニエル・ダービーです。

OVAでの、故・内海賢二氏(内海氏はCDブック版でもジョセフの声優を担当。ただし、途中で故・納谷悟朗氏に変わっている)のダービーはギャンブル相手の心を突き刺すような鋭さがありましたが、銀河氏のダービーは何だかとぼけながらも相手を翻弄する様な掴み所の無さが感じられましたね。内海氏とはまた違った味を出せていたのは流石と言った所だったでしょう。実は結構熱いアヴドゥルは当然2人を弄んだ彼に対して怒りを隠せませんでした。それは彼を殺しても、帰ってこないのだから尚更なのですが、三宅健太氏も小林清志氏に負けない熱演を見せていました。と言うか、OVAでのアヴドゥルは、マライア戦もカットされて、次はもうDIOの館でヌケサクの代わりにされてしまった(でも、DIOに会えて死んだ分、実は私は彼のこの扱いは原作以上に評価しています)ので、この「怒り」シーンが前期ハイライトとなってしまったのですが・・・・・・・

ギャンブルシーンの駆け引きの熱さも原作やOVAにも全く引けを取りませんでしたが、特にあのチョコレートなんてまさに「コロンブスの卵」だったでしょうね。後に登場してくる「彼」からは随分過小評価されていたようですが、やはり相当の実力者です。そして次はいよいよ承太郎先輩が、それも彼の得意な分野であるポーカーでの対決を提案したのですが、どうする?もう彼が負けたら、明らかにギャンブルには向かないアヴドゥルと一行に協力する気なんてないイギーしかいなくなってしまう。花京院もまだまだ戦線復帰していないし、果たして承太郎先輩にはどのような秘策があるのか?

|

« モンゴル国軍の階級と軍服について | トップページ | シリーズ30周年の「お楽しみ」の序章なのか?そしてカプコンを去ったあの人の「挑戦」は・・・・・・ »

ジョジョ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/59264492

この記事へのトラックバック一覧です: ジョジョスターダストエジプト編「ダービー・ザ・ギャンブラーその1」感想-ギレン総帥にとっては弱いギャンブラーなど「あえて言おう、カスであると‼」:

« モンゴル国軍の階級と軍服について | トップページ | シリーズ30周年の「お楽しみ」の序章なのか?そしてカプコンを去ったあの人の「挑戦」は・・・・・・ »