« ベトナム人民軍の将官人数 | トップページ | 変なゴリ押しをするからこうなる »

2015/01/24

ジョジョスターダストエジプト編「クヌム神」のオインゴと「トト神」のボインゴ感想

http://jojo-animation.com/contents/story/27.html

さあ前回終盤に早くも登場しましたが、オインゴ&ボインゴ兄弟の登場です。

前々からもしアニメ化されたらこの兄弟は山口勝平&大谷育江両氏(山口氏はオールスターバトルでは重ちー、スターダスト第1期ではフォーエバーを実際演じられたが)に声優やってほしいと思ってましたが、特にボインゴはくまいもとこ氏もイメージ通りのキャスティングですね。あの奇妙な笑い声とか良く再現されていたのは流石だったでしょう。

それぞれ変身と予知の能力を持ったこの兄弟、まさに無敵のコンビかと思われました。ジョースターエジプトツアー御一行様が向かう事になっていた店に先回りして、そこの店主を撲殺してオインゴが彼になりすましたのですが、ここで早くもボインゴのトト神の弱点その1点目が露呈します。そう、あまり遠い未来までは予知自体できないのです。ポルナレフの喫煙マナーの悪さもあってか、毒入り紅茶を何とか飲ませたと思ったら、イギーに邪魔される形となってしまいました。

ここではその店主になりすましたりはしなかったオインゴ、あまり客入りの良い店ではなかったのですかな?しかし、今度は時計じかけのオレンジ承太郎先輩を爆死させようとして、ジョセフとポルナレフに見つかりやむなく・・・・・・・そう。トト神の弱点その2点目でしたが、予知自体は絶対でも、その解釈を間違えるとトンデモない事になってしまうのです。オレンジを捨てたかと思いきや、またイギーが拾ってしまいました。この承太郎先輩に成りすましたオインゴとジョセフ・ポルナレフのコミカルなやり取りですが、後者はジョセフの「オーマイゴッド!!」やポルナレフの煙草を使った特技等アヴドゥルと花京院も、特に花京院がヤバイ状態だったのにやけにノリノリ・・・・・と言うか、もっと言えばホリィの命が掛かっている緊迫した状況にあったのだから時にはそれぐらいのノリで行かないとやってけない所もあったのでしょう。しかし、正体を見抜けそうで結局見抜けなかったこの2人、鈍いねえ~と言うか。

やっとこの2人から逃げられたかと思いきや、やはり「悪い意味で予知は絶対」となってしまいました。でも、オインゴ死ななかっただけまだ悪運が強かったし、ボインゴもそんな兄の姿を見て新たなる決意をしたかと思いきやです。前述の店主殺害容疑もかけられなかったのかでしたが、途中ぶちのめした宅八郎風兄ちゃんが連れてきたいかにも怖そうなオジさん達にぶちのめされてジ・エンド・・・・・・となったはずでした。えっ?「はず」とはどういう意味だって?原作知らない人もいるだろうからそれは後のお楽しみです。あしからず!!

結局今回も彼にはその気はなくとも、イギーがジョースターエジプトツアー御一行様暗殺阻止に大きく貢献した形に結果的にはなったのですが、特別EDである「アク役協奏曲」でこの2人が独特な絵柄の漫画とノリの良いボーカルで締めていただけに、前述通りボインゴの方は・・・・・・ですが、彼らにもいくらかは救いを感じさせたものもあったでしょう。と言うか、そこまでするぐらいなら、絶版となってしまっている「オインゴとボインゴ兄弟大冒険」も是非復刻していただきたいものだが・・・・・・・・そう言えば、キン肉マンや北斗の拳が大好きだったある方もそういう所でも活動されていたらしいですが、いっそたのみこむとかで頼んでみる?次回はアヌビス神のお話ですが、こいつも結構しつこかっただけにジョセフとアヴドゥルはあまり出番はありませんが、何らかしらの補完も見られるか要注目です。

|

« ベトナム人民軍の将官人数 | トップページ | 変なゴリ押しをするからこうなる »

ジョジョ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/58688085

この記事へのトラックバック一覧です: ジョジョスターダストエジプト編「クヌム神」のオインゴと「トト神」のボインゴ感想:

« ベトナム人民軍の将官人数 | トップページ | 変なゴリ押しをするからこうなる »