« 来年はトランスフォーマーアニメも2作も放送されるらしいが | トップページ | 綾瀬はるかも松坂桃李とのゴールインはなるのか »

2014/12/31

元中国人民解放軍ナンバー2失脚の余波

http://www.chinanews.com/mil/2014/12-31/6925854.shtml

范长龙:纠正干部任用违规违纪 肃清徐才厚案影响

 

 

2014年12月31日 08:20 来源:解放军报 参与互动(0)
0

 

 

  范长龙与国防大学毕业学员座谈时强调

  认真学习贯彻习主席重要决策指示

  推动国防和军队建设向着强军目标不断前进

  中共中央政治局委员、中央军委副主席范长龙今天(30日)与国防大学战略班和指挥员班毕业学员座谈时强调,要认真学习贯彻习近平主席重要决策指示,准确把握2015年工作总体思路,坚持问题导向,科学筹划实施新年度各项工作,把习主席和军委部署的任务完成好,推动国防和军队建设向着强军目标不断前进。

  范长龙在认真听取学员代表发言后指出,习主席围绕实现党在新形势下的强军目标,发表一系列重要讲话,提出重大战略思想,作出重大决策部署,为军队建设、改革和军事斗争准备提供了根本遵循。要深入学习贯彻习主席系列重要讲话精神特别是国防和军队建设重要论述,一方面抓好学习领会这个“上篇文章”,统一思想认识,掌握思想武器;一方面抓好贯彻落实这个“下篇文章”,明确工作思路,推动工作实践。

  范长龙强调,军队高中级领导干部平时是带兵人,战时是指挥员,要把听党指挥具体落实到行动上,做到平时听招呼,战时听命令,关键时刻不含糊,任何时候任何情况下都坚决听从党中央、中央军委和习主席指挥。要贯彻能打仗、打胜仗的战略要求,把心思和精力放在谋打仗、练打赢上,在党和人民需要的时候挺身而出,带领部队上得去、打得赢。要深化作战问题研究,探索现代战争的制胜机理,把敌情、我情、战场情况搞透,着力解决短板弱项,提高信息化体系作战能力。要持续兴起军事训练热潮,坚持从实战需要出发从难从严训练的方针,落实真难严实的要求,突出重点,科学组训,不断提高部队实战化水平。

  范长龙指出,深入推进依法治军、从严治军是全面推进依法治国总体布局的重要组成部分,是实现强军目标的必然要求。要认真学习贯彻党的十八届四中全会战略部署和习主席的重要论述,深入开展法治宣传教育,搞好军事法治体系顶层设计,按照法治要求转变治军方式,不断提高国防和军队建设法治化水平。领导干部要自觉培养法治思维,带头学法尊法守法用法,自觉做依法治军的带头人。

  范长龙强调,各级党委领导要认真落实从严治党、从严治军、从严治官的要求,带头践行习主席提出的军队好干部标准,公道正派选人用人,纠正干部任用中的违规违纪问题。要深刻吸取徐才厚案件的教训,坚决肃清恶劣影响,持续推进作风建设和反腐败斗争,探索规范约束人权、财权、事权的措施办法。要关心关爱基层官兵和职工家属,合理规范津贴补贴等福利待遇,多办暖人心、稳军心的事。要加强经常性思想工作和经常性管理工作,严防大的安全问题,下大力压减“五多”,确保部队安全稳定和高度集中统一。他勉励大家回到部队后,把学习成果转化为抓准备、搞建设的思路举措,搞好工作筹划,抓好工作落实,努力开创强军兴军新局面。

  总参、总政、国防大学和军委办公厅领导王建平、崔昌军、张仕波、刘亚洲等参加座谈。(记者安普忠、褚振江)

これ中国語の記事で、范長龍は中国人民解放軍上将(陸軍大将)にして、共産党の最高幹部たる中央政治局常務委員および人民解放軍ナンバー2で制服組としてはナンバー1である共産党および国家中央軍事委員会副主席(主席は党の総書記で国家主席でもある習近平が兼任)なのですが、彼の前に各軍事委員会副主席を務めていた徐才厚失脚がいかに衝撃的だったのかが分かる記事です。


この徐才厚、政治委員畑で活躍しており、1988年の階級制度復活時には45歳で大校(上級大佐であるが、諸外国では准将扱い)、2年後の1990年には47歳で早くも少将、その後50歳で中将、56歳で上将(陸軍大将)と特に中将昇進以降は階級制度復活後の高級将領としては昇進が早いほうでした。

彼は江沢民派であり、その早い昇進もブレジネフ政権のソ連以上の老人支配体制から江沢民が独り立ちし、権力地盤を固めていったのとほぼリンクしていましたが、元々はその共産党軍事委員会の主席及び副主席に授与されるべき階級だった一級上将(上級大将だが、1955~65年に存在した大将同様欧米各国軍の元帥に相当したのであろう)にまでなってもおかしくないほどの大物でした。それでも・・・・・・・

http://www.open.com.hk/content.php?id=1907#.VKQRDctO5dg

上記HPは今年1月20日に公に姿を現した時の画像で、右の人物は同じく各軍事委員会副主席を務め、汚職疑惑が囁かれている郭伯雄ですが、頭髪が白くなっており、憔悴している様子が伺えます。彼は昨2013年2月から既に膀胱癌を患っていて、最近も台湾について強硬発言しているタカ派の劉清華みたいな強い影響力とかはなかったようです。また江沢民以降軍歴がない党の最高首脳部と制服組の関係は決して必ずしも一枚岩ではないようですが、徐に対する軍籍除籍及び階級剥奪という処置は胡錦涛は勿論、江沢民の影響も完全にシャットアウト、自らの権力を強固なものにせんとする習近平の強い意志の現れ(日中首脳会談での安倍総理への態度もそうであろう)であり、徐はあくまでもその「元軍の最高幹部に対する厳しい処罰『最初の例』」、今後もっともっとこのような高級将領の粛清は相次いでいく事となるのでしょう。

しかし、胡錦涛も完全引退する引き換えに党や軍の主要幹部に自らの息のかかった連中を送り出す事に成功しており、権力闘争の熾烈さが伺えますが、今後ますます余談を許さないかもしれないですね。先の衆議院総選挙での「一応」な大勝を追い風としてそんな中国の脅威を必要以上に煽って、国民に注目させ、不満を逸らしながら憲法改正への鼻息を荒くする(世界情勢にあった改正は必要だが、安倍政権に改正すべき所とそうでない所の区別ができるかは甚だ疑問である。だから皆投票に行こうよだったのに・・・・・・実際は明確に自公支持を示した人より、そうした判断そのものを放棄した人の方が多いのだけど、これで民主主義が正常に機能しているとはどう見ても言い難い)等我が国への影響も全く皆無とは言えないだけに・・・・・・です。

来年2015年には中国はホントに尖閣諸島を奪いに来るのかなあで、これも実際は「領土問題は存在しない」と単純に言い切れる問題ではないみたいですが、もっと色々希望を持てる年に果たしてなるかです。このブログを始めてからもう少しで6年経ちますが、何はともあれ、最後にですが皆さん良いお年を!!

|

« 来年はトランスフォーマーアニメも2作も放送されるらしいが | トップページ | 綾瀬はるかも松坂桃李とのゴールインはなるのか »

国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/58436753

この記事へのトラックバック一覧です: 元中国人民解放軍ナンバー2失脚の余波:

« 来年はトランスフォーマーアニメも2作も放送されるらしいが | トップページ | 綾瀬はるかも松坂桃李とのゴールインはなるのか »