« 巨人今年も新ユニフォーム発表 | トップページ | 国道6号について思う事その9-勿来バイパスの建設構想と暫定完成近い久之浜バイパス »

2014/12/25

ボンボンロックマン新装版も「ちょっと早いクリスマスプレゼント」か

http://news.mynavi.jp/news/2014/12/22/491/

池原しげと「ロックマン」が新装版に!復活ボンボンシリーズより

 

  [2014/12/22]

 

     

 

 

池原しげと「ロックマン」の新装版「ロックマン1&2編」が、本日12月22日に講談社の復活ボンボンシリーズより発売された。

ゲーム「ロックマン」のコミカライズ作品として、コミックボンボン(講談社)にて連載されていた同作。「新装版 ロックマン ロックマン1&2編」には、1992年に発売された「ロックマン」と1994年刊行の「ロックマン ―Dr.ワイリーの陰謀―」の2作品が1冊にまとめられている。

池原しげと先生は現在もゴルフ漫画を連載中らしいですが、PSSTOREでの「8」や「バトル&チェイス」、「X4」、「X5」でのPSSTORE配信同様、ちょっと早いクリスマスプレゼントみたいですね。

原作ゲームでは「2」に相当する「Dr.ワイリーの陰謀」ではです。まあニコニコ動画でのあの人達ばかりがこの有名人気アクションゲームシリーズのファンなわけでもないでしょう。(このシリーズの問題点についての認識そのものは変わらないとは言え)確かに、自分も今までそういう偏見持っていた事は自覚しなければいけないし、それはすいませんでしたですが、まあ「倒せない」ほど手ごわいわけでもなかったエアーマンのステージでの「ピピなんか怖くない!!俺にはリーフシールドがあるんだ!!」とのセリフが印象的でしたが、時に一人称が変わる時もありましたね。池原ロックマンの意匠は「5」までのアトムロックマンの方が良かったかなあで、有賀ヒトシ先生と比べると概ね原作ゲームに忠実でしたが、そんな先生のコミカライズシリーズの中では「甦るブルース」も力作でした。何せワイリーの立ち回りも後のシリーズに逆輸入されたほどだったのです。

コサック親娘もロボット達共々しっかり貢献してましたけど、そう言えばコサック博士のキャラデザモデルって絶対(?)旧ソ連・スターリン時代の国家元首(最高会議幹部会議長)だったミハイル・イヴァノヴィチ・カリーニンですよね。

https://www.google.co.jp/search?q=%D0%9C%D0%B8%D1%85%D0%B0%D0%B8%CC%81%D0%BB+%D0%98%D0%B2%CC%81%D0%B0%D0%BD%D0%BE%D0%B2%D0%B8%D1%87+%D0%9A%D0%B0%D0%BB%D0%B8%CC%81%D0%BD%D0%B8%D0%BD&biw=1280&bih=603&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=owucVPLbIIPu8gX3iYKIBg&ved=0CCUQsAQ

http://www.webmechta.com/poznay-mir/271-kalinin-mihail-ivanovich

http://dic.pixiv.net/a/Dr.%E3%82%B3%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AF


真ん中ページがカリーニン中年期の画像、下のページがピクシブでのカリンカとのツーショット画像ですが、似てますよね。そう言えば、有賀先生って、週刊少年チャンピオンでもアイアンジョーカーズという漫画を短期集中連載してましたけど、この漫画にも出てきたゴウというキャラもこのコサック(とカリーニン)に容姿が似たキャラでした

池原先生はワールドシリーズのコミカライズを手がけられてましたが、こちらは3で終わってしまったのが残念でしたね。(なお、有賀先生のロックマンギガミックスにはワールドシリーズを意識した設定も見られた)最後はワイリーにトイレに行くふりして逃げられるも、ライト博士やロール、その他森の動物達と仲良くバーベキューを楽しむ等ハッピーエンドで締められていましたが・・・・・・この頃のロールには、まあコサック博士でよくプレイしていたロックボードでもプレイヤーの1角として出ていても別に何とも思ってなかったし、悪い印象は全く無かったのだけど・・・・・・・

池原先生にはまた、息子さんはおられるようですが、孫さんは?もしおられるとすればエグゼか流星かゼクスシリーズもプレイされた事もあったかもしれませんが・・・・・・・・・・・・・・この今回のニュースも果たして今後のロックマンシリーズへの影響があるのですかね。有賀版ロックマンもアニメ化したらいい線いくのでは(時給戦隊アルバイターとかはちょっと・・・・・でそのアレンジは100パー肯定しているわけでもないですが)ですが、池原先生ももし来年スマブラでの参戦も追い風としてロックマン11が登場でもしたらまたコミカライズされる時は来るのかですね。

|

« 巨人今年も新ユニフォーム発表 | トップページ | 国道6号について思う事その9-勿来バイパスの建設構想と暫定完成近い久之浜バイパス »

ロックマン」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/58376043

この記事へのトラックバック一覧です: ボンボンロックマン新装版も「ちょっと早いクリスマスプレゼント」か:

« 巨人今年も新ユニフォーム発表 | トップページ | 国道6号について思う事その9-勿来バイパスの建設構想と暫定完成近い久之浜バイパス »