« 今更ながらのTO LOVEるとらぶるダークネス第50話感想 | トップページ | 第47回衆議院総選挙の自民・公明圧勝は予想通りだとは言え・・・・・・・(※12月15日追記有りです) »

2014/12/13

ドイツ連邦軍の階級と陸軍軍服その8

http://www.deutschesheer.de/portal/a/heer/!ut/p/c4/TYpLDsIwDERvZJeYmoodp4CySxurWMqnisLn-DgLJPSkN7Zm8I5G9i_dfNOSfcQbzquelzc8RCp8IElQv2gMeO3bILCWLK27SW5q3qpvpcJeaou9edZqDWjAmQ400uSEiJy5f2TJdg3_8EQn85GJmYVGN_zAPaXLF4gPbRk!/

久々だけど、このシリーズ第8弾です。ドイツ連邦軍は大きな軍政改革が行われたようで、2012年~2013年頃に陸軍・空軍指揮司令部、艦隊司令部、介入戦力作戦指揮司令部(戦略基盤軍)、救護指揮司令部が廃止されて新たに各軍の司令部が創設、その司令官・副司令官は各軍の総監が兼ねる事になりました。指揮系統の効率化を図ったわけです。我が国の自衛隊は、自民党が政権与党に返り咲いた事もあって昨2013年12月17日(某アクションゲーム26周年の日でもあったが)に中央即応部隊の廃止及び陸上総隊の創設がついに改めて明言されましたが、やろうとしている事は逆の事だと言えるかもしれません。

当然将官ポストもさらに減少したわけです。大将は連邦軍総監(自衛隊の統合幕僚長に相当する)・NATO欧州連合軍参謀長(前職は陸軍総監)・ブルンスム統連合軍司令官の3人いますが、中将も2014年11月現在で23人となりました。所属別に見ると、国防省5人・陸軍3人・海軍2人・空軍4人・救護業務軍1人・戦力基盤軍3人・NATO4人・その他1人です。

将官ポストが減ったのだから、それだけそれ相応の能力を持った高級将校を抜擢しやすくなったはずなのですが、一方で空軍が各軍種で一番多いのは、どうも新設された空軍司令部の下に作戦部隊の航空作戦司令部及び航空任務部隊司令部(この翻訳が100パー適切なのかどうかは確信を持てないが)が新設され、そこの司令官も中将ポストだからです。またドイツ連邦軍はどうやら2009年頃に将官の定年が62歳に引き上げられたようですが、ロシア連邦軍(大将が60歳、中将・少将が55歳だが、同軍の大将~少将は欧米各国軍の中将~准将に相当する事に注意が必要である)同様何か特別な事情があれば定年の延長もあるようです。

陸軍副総監も、陸軍指揮司令部の副司令官から司令官に昇格したのも束の間、新設の陸軍副司令官を兼ねていたラインハルド・カマラー中将が定年を少し延長して漸く今年6月25日にヨルグ・ヴォルマー中将にバトンタッチしましたが、今度は総監のブルーノ・カスドルフ中将が定年を今年10月に迎えてもなお、延長したままとなっています。救護業務軍総監のインゴ・バチュケ中将共々。各軍総監は我が国の各隊幕僚長(故・源田実空将が勝手に星を1つ増やして以降)と異なり、3つ星将軍の指定職となっていますが、それでも他の中将ポストから任命された例が多いのも以前述べた通りです。将官ポストが減った事で却って人事に難航する事態となってしまっているのでしょうか。そう言えば国防省所属の中将5人の内、連邦軍副総監を除く4人は国防省の局長(?)ポストにあるようですが、このポストからの各軍総監の任命例ってあまりないような気がします。

中将で一番若いのは、国防省人事局長のヨアキム・ルニエ中将と航空任務部隊司令官のマルチン・シュヘレス中将の55歳なようですが、ドイツ連邦軍はそれ以下の将官ポストも階級のデフレ化が進んでいるようです。例えば陸軍なら陸軍参謀長・第10装甲師団長等、海軍なら作戦支援課長(海軍司令部所属)、空軍なら航空作戦副司令官、作戦支援司令官等本来なら少将ポストでもおかしくないはずが、就任者が准将のままでとどまっているポストも目立ちます。少将は2013年以前は46人いたようですが、現在は40人まで減っているようです。また少将の平均年齢も2014年12月12日現在で約55.5歳と定年延長以上に高くなっている印象があります。一番若い人は欧州航空訓練司令官のクリスティアン・バディア少将の51歳です。かっては最終的に欧州連合軍最高副司令官にまでなったエーベルハルト・エイムラー大将(46歳で准将・47歳で少将・50歳で中将・57歳で大将)みたいに40代の少将の例もありましたが、今や40代の准将でもかなり出世が早い方でしょう。あまり無駄に将官のポストを増やすのも考えものでしょうが、しかるべきポストについたら、やはりそれ相応の階級にすぐ引き上げないと、今後もカスドルフ中将やバチュケ中将のような定年延長の例がますます見られると思われます。

|

« 今更ながらのTO LOVEるとらぶるダークネス第50話感想 | トップページ | 第47回衆議院総選挙の自民・公明圧勝は予想通りだとは言え・・・・・・・(※12月15日追記有りです) »

軍事」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/56711609

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ連邦軍の階級と陸軍軍服その8:

« 今更ながらのTO LOVEるとらぶるダークネス第50話感想 | トップページ | 第47回衆議院総選挙の自民・公明圧勝は予想通りだとは言え・・・・・・・(※12月15日追記有りです) »