« 「網走番外地北海編」感想 | トップページ | ウヨサヨ診断をやってみた »

2014/11/23

「僕1人でやりました」なんてリアルの小4でも信じる「嘘」なのか

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141122-00000148-spnannex-ent

「小4が作った」は嘘 解散問うサイト炎上でNPO団体代表が謝罪

スポニチアネックス 11月22日(土)22時37分配信    

 

 「10歳の中村」を名乗るユーザーが作った衆院解散の是非問うサイト「どうして解散するんですか?」が21日からインターネット上で注目を浴び、「小学4年生が作ったとは思えない」と炎上。関与を疑われていたNPO法人「僕らの一歩が日本を変える。」の代表・青木大和氏(20)が22日、ツイッターで「今回の一連の騒動は全て私1人が行いました」と謝罪した。

 「どうして解散するんですか?」は「10歳の中村」が、小学生になりすました視点から今回の衆院解散について疑義を提示。民主党のマスコットキャラクター・民主くんや乙武洋匡氏(38)がツイッターで拡散するなどして注目を集めた。

 だが、サイトの作りが小学生が作ったとは思えないほどの高品質だったことから疑惑の声が噴出。サイトのドメインと類似する「why-kaisan.jp」を「僕らの一歩が日本を変える。」が取得していたことから、同団体の関与も疑われていた。

 同団体は当初公式サイトで「団体としてサイトを作ったり意見を発信したりなどはしておりません」と関与を否定していたが、団体代表の青木氏が自身が単独で行ったことだと告白。「皆さんこの度はお騒がせしてしまい大変申し訳ありませんでした。今回の一連の騒動は全て私1人が行いました。全ての責任は私がとらせて頂きます。多くの皆様に多大なるご迷惑をおかけ致しました」と謝罪した。

 「どうして解散するんですか?」のサイト上で今回の解散に疑問を持ち、サイトを作ったと経緯を説明。「僕が小学4年生を自演することで面白いと皆さんに受け止められ、より多くの方を巻き込んだ形で、今回の選挙の意義を語り合うことができるのではないかと考えました」と小学校4年生に扮した理由も明かした。

 そのうえで「今回の行動は僕個人で行ったことであり、どの組織とも一切関係ありません。これだけは、誓って間違いありません」と「僕らの一歩が日本を変える。」の関与は改めて否定した。

いよいよ衆議院解散となりましたね。しかし・・・・・・・・・


今日の日経では、首相動静を見れば安部総理は午後のみマスコミ各社のインタビューに応じていたようで、特集としてはこれまでの衆議院総選挙の結果及びコメントが掲載されてましたが、民主が小泉政権時の第43回(2003年11月9日)では177議席、郵政解散だった第44回(2005年9月11日)では117議席も獲得していたのが凄い意外だったと改めて思いましたね。何せ、確かに自公連立安倍政権も良くはないです。女性・地方票狙いで改造した内閣も不祥事で女性大臣が2人も相次いで辞任して、しかも今回の選挙ではいずれも出馬を明言、中韓に対する強硬外交も中途半端(小笠原諸島付近をウロウロしている不審船への罰則強化は良いと思うけど)なもので、日中首脳会談も結局特に成果とかはなかった。経済を見れば、案の定消費増税もあって今年7~9月期もマイナス成長となってしまい、円安も止まりません。


しかし、野党もです。みんなの党は渡辺喜美があそこまで酷かったとは・・・・でしたが、解党が決定したし、生活の党も主要幹部の離党が見られる。維新も一時橋下徹はやはり出馬を考えていたようで、相手もごじゃっぺ(ただし、マトモな連中ではないという認識は変わらないけど、一部一理あると思える主張もあり、それも無視はできない)でしたが、在特会代表との喧嘩別れもその手法の限界等を露呈したようだった。自民以上に迷走しています。共産党や社民党もアベノミクスの恩恵とは関係ない人達の支持を得られるビジョンが必ずしもあるのかというと、微妙なところでしょう。そして特に民主なんかただでさえ今までも批判のブーメラン返しを何度も何度も経験してきているのにまたまた絞めなくても良かったであろう首を絞める形となってしまったのは「良い面の皮」というものなのですが・・・・・・・


このニュースを目にするまで存在自体知らなかったけど、今回のこの青木大和なりすまし炎上事件もそうした反自民勢力のダメダメさを残酷なまでに、改めて知らしめる事になってしまった事件だったと言えたでしょう。ご本人は一応言い訳もダラダラ重ねながらの上辺な謝罪もしながらも、「売名成功乙」と自己評価されているのでしょうが、そもそもNPOは政治活動しちゃダメらしいので、もうその時点でアウトだし、青木大和その人も、何か叩かれたりなどしてもブレない強い信念とかは残念ながら私には伝わりませんでしたが、副代表があの菅直人の息子で、民主自体もマスコットキャラクターを通して朝日共々関わっているようである。この時期にそうしたなりすましが問題となってしまったのには、反自民勢力だけでなく自民勢力にも関わりのある連中双方の恣意的な意図もありそうで、確かに彼は提起した問題のチョイスは間違えてはいませんでしたが、そのやり方はヤフコメでも「精神年齢は小4以下」と罵倒されるのも無理ないほど拙劣でした。ブーメラン返しにもまたまたなってしまって、今日の昼前テレビで久々に目にしましたが、もはや彼は佐村河内や小保方をも完全に超えたよ。ある意味。


(自民・民主は最初から対象外としても)白紙投票は無効扱いらしいし、ホントに何処に入れるべきか選択に苦しむのは私だけでは決してあるまいですが、これではいくら消費再増税等が確定でも、自民が自ら設定した過半数という勝敗ラインだって楽にクリアできてしまうでしょう。投票率を見ても、戦前は80~90%台だったのも全然珍しくなかったらしいですが、いい加減自分の頭でどの議員が本当に日本という国を国民の為に任せられる能力・見識を持っているのか考えなければいけない時期に来ていると思います。民主は実際やらせてみたらそれ以上にダメだったけど、従来の自民党型政治ももはや限界に来ている事も痛感せざるを得ないのですから。

|

« 「網走番外地北海編」感想 | トップページ | ウヨサヨ診断をやってみた »

国内・世界政治一般」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/58071579

この記事へのトラックバック一覧です: 「僕1人でやりました」なんてリアルの小4でも信じる「嘘」なのか:

« 「網走番外地北海編」感想 | トップページ | ウヨサヨ診断をやってみた »