« 鳩ポッポが心配しなくても安倍総理の靖国再参拝は無理ゲーっぽいけど | トップページ | 気まぐれに、TO LOVEるとらぶるダークネス第49話の感想 »

2014/11/04

新テニスの王子様第134話-侍のスタンド使い・越前王子様に善戦した「意外なあの人」

あのバルログ・アトーベ様のフィーバーもまだ冷めやらぬと思われますが、今年最終号のお話です。

代表候補24人皆・・・・・・越前王子様がさっさと倒しやがった!なのですが、もはやこの程度の展開で驚くテニプリファン(私も勿論全く別の意味で大ファンなのだが)などニワカもいい所!!であります。どうやら師匠のかずはじめ先生(特に「梧桐勢十郎」と「磯南風天組」が顕著だった)から受け継いでしまった点だったとも言えたようですが、「主人公絶対主義」なこのシリーズらしい展開です。そして「当たり前じゃん・・・・・・で?次は誰が相手してくれんの?」とのたまってくれたのですが、ホントカッコイイ!!いつもながらも俺達に出来ない事を平然とやってのける姿にはチョーしびれるっ!!あこがれるっ!!

こんな王子様のチョー尊大な態度には、勿論リョーガ等一部を除いて余計驚きを隠せません。ますますチョーシこいているこの王子様キコちゃん(キコ・バレンティン)がいい加減宥めにかかって、彼はやっぱこのシリーズではまともな数少ない兄ちゃんなのですが、ここでシャーマン(ドゥドゥ・オバンドゥー)が勝負に応じる事となりました。試合形式で条件を突きつけてきましたが、王子様は全く意に介さない!!「あの幼稚園児」との周りの声共々!!キコちゃん宥めたと思ったら「ドゥドゥ倒しちゃえ」って、態度はっきりしませんな。早速試合は始まったのですが、シャーマン、「OH!!強烈ぅ!!」って貴様は小川ローザか!!wwwwwしかし、確かにそのジャンプ力は他のどのテニス戦士たちにも全然負けてないというか、王子様と互角の戦いが出来るのだから凄い!!しかし、今までスタンド使いとなっていたはずの王子様も今度はここでサイヤ人に変身だ!!スライディングでシャーマンのさらに上を行く打球を放たんとする!!そして返してきたのをもう1回ロックマンも吃驚なそれで・・・・・・・と思いきや、気絶してしまいました。いくら主人公特権が与えられているとは言え、流石に24人相手に勝負した後ではちょっとキツかったか。しかし、球はしっかり返しており、シャーマンが医務室まで連れて行ったのです。


いや、シャーマンも相当な実力者ですね。多分彼もあの錦織圭氏と戦っても勝てるでしょう。王子様とかだけでなく、頼通(平等院鳳凰)やゴウキ(鬼)とも戦わせてみたいものですが、流石に先月号、アトーベ様が色々フィーバーしまくった反動(?)もあってか比較的控えめでしたね。今回はいよいよララちゃん達のお母さんが登場してしまって、私にとっては「例外中の例外なエロ」もチョー絶好調なTOLOVEるダークネスの長谷見沙貴&矢吹健太朗両先生に軍配が上がった(いい加減その絶好調さを加藤和恵先生にも分けてあげてよなぐらい。少なくとも4年前のほぼ丁度今頃に3週間強入院する事になってしまうまでは普通に読んでて面白いなあと思ったのに・・・・・・青の祓魔師)感じですが、テニプリの秋シーズンは依然終わらず、特に大ウォールステッカー跡部王国はアトーベ様ホントカッコ良すぎ!!感激ものだよ・・・・・・これは。ミュージカルも、王子様役である小越勇輝氏へのインタビューコーナーが最終回となってしまいましたが、対談相手は我らが許斐剛大先生だ!!でも、対談内容はざっと読んだ程度で、こういうのも失礼かもしれないけど、割とマトモで、最後の小越氏に対するエールは普通に熱くこみ上げてくるものがありました。私ももう何年もこのテニプリシリーズは笑いのネタとさせてもらってますが、王子様に対する好悪(いや勿論ネタとして見たらこれほど笑えるキャラもそうはいない。しかも彼1人だけでなく何人もそういう「伝説級」がいるのだから。この漫画には)とは全く別に、私も小越氏のこの経験が今後の役者人生にとって一層実りあるものになればとエールを送らずにはいられません。これからも頑張って!!

ジャンプスクエアも早いもので連載7週年を迎えたようで、西尾維新先生がそれぞれ池田晃久先生、バクマンも実写化される小畑健先生と組んだ漫画も掲載されてましたが、加藤先生が著しくパワーダウン気味なスクエア連載陣、長谷見&矢吹先生は勿論そうですが、彼らに続くライバルは助野嘉昭先生または鏡鏡也&山本ヤマト先生か。しかし、そうやって連載陣同士お互いライバルとして意識し合い、切磋琢磨する事で必ず最高のパフォーマンスを見せる事ができるはずです。そして私達テニプリファンも、応えて来月号は笑って2014年を締めくくろう!!さあ早くも楽しみ!!

|

« 鳩ポッポが心配しなくても安倍総理の靖国再参拝は無理ゲーっぽいけど | トップページ | 気まぐれに、TO LOVEるとらぶるダークネス第49話の感想 »

テニプリ・許斐剛」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/57888042

この記事へのトラックバック一覧です: 新テニスの王子様第134話-侍のスタンド使い・越前王子様に善戦した「意外なあの人」:

« 鳩ポッポが心配しなくても安倍総理の靖国再参拝は無理ゲーっぽいけど | トップページ | 気まぐれに、TO LOVEるとらぶるダークネス第49話の感想 »