« 北米版スマブラWiiUは来月発売予定らしいが | トップページ | 百田尚樹の「土井たか子=売国奴」認定は間違いではないけれど »

2014/10/11

清水健太郎、再婚レストラン再開店か

http://news.nifty.com/cs/topics/detail/141011861982/1.htm

結婚報道の清水健太郎、あす“緊急”会見へ

2014年10月11日(土)14時36分配信 ORICON STYLE

 

 一部で結婚を報じられた歌手の清水健太郎が、あす12日に都内で会見を開くことになった。清水は11日に63歳の誕生日を迎え、あす都内で誕生会と約11年ぶり発売されるミニアルバム『リスタート』(21日発売)のパーティーを予定。そのパーティーの開始前に、結婚についても説明するという。

 清水は1976年のデビュー曲「失恋レストラン」のヒット曲で知られ、俳優としても活躍。しかし、覚醒剤取締法違反違反などでこれまで6回逮捕(2回不起訴)され、芸能活動は休止状態だった。今年3月、ニューセンチュリーレコードと専属契約し、芸能活動を再開させていた。
この人がテレビ中心に活躍していた時代は全然知りませんが、1998年に出た、宝島社の「芸能人という生き方」でインタビューに応えていた記事を目にした事あります。芸能人と言えば、あの時期はフライデーに掲載された、故・尾崎豊氏死亡直前の蘇生写真も衝撃的だったけど、ほぼ同時期には日テレで放送されていた「速報!歌の大辞テン」でも代表曲の「失恋レストラン」が紹介されていて、歌っていた時の映像も目にしました。芸能界デビュー少し前には死亡事故も起こしていて、今だったらネットでネタとして余計叩かれていたでしょうが、確かにスター性はありましたよね。その映像とかを目にした限りでは。

そうした死亡事故も若気の至り程度で済むと思いきや・・・・・・いかにして栄光から転落していったかはここで今更述べる事でもないとも思うけど、前述のインタビューでは2度目の芸能界復帰までについて言及されていて、この時期は丁度「首領への道」がヒットしていた事もあったのか、それともまたまた薬に手を出していて必要以上にテンションが上がっていたのかガッツポーズしていた写真も見られたのも印象的でした。その後はどうなったのか、田代まさし氏等の転落の方に目がいってしまった為か特に強い関心はありませんが、やっぱ薬とは「失恋レストラン」を開けなかったようですね。最近は田代氏の出所以外にも、チャゲアスのASKA氏の逮捕も記憶に新しい所ですが、いかに薬物依存が恐ろしいかを改めて痛感せざるを得ないという事なのでしょう。そして62歳の誕生日を迎えた今日、結婚話を耳にしたわけですが、今度こそは相手の方との二人三脚で薬物を完全克服出来るのか。今回の結婚で、これまで彼が失った年月が戻るわけではないですが、まあお幸せにです。

|

« 北米版スマブラWiiUは来月発売予定らしいが | トップページ | 百田尚樹の「土井たか子=売国奴」認定は間違いではないけれど »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/57643760

この記事へのトラックバック一覧です: 清水健太郎、再婚レストラン再開店か:

« 北米版スマブラWiiUは来月発売予定らしいが | トップページ | 百田尚樹の「土井たか子=売国奴」認定は間違いではないけれど »