« ロシア空軍総司令官が3ツ星大将に昇進していたらしいが | トップページ | 北米版スマブラWiiUは来月発売予定らしいが »

2014/10/07

この程度の追求で終わっているようでは・・・・・・・

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141007-00000519-san-pol

松島法相、今度は“うちわ配布問題” 「法律を自分に都合良く解釈するな!」蓮舫氏が追及 参院予算委

産経新聞 10月7日(火)11時32分配信    

 

 参院予算委員会が7日午前、安倍晋三首相と全閣僚が出席のうえ始まった。この中で、民主党の蓮舫元行政刷新担当相が松島みどり法相を厳しく追及する場面があった。

 蓮舫氏は松島氏が経済産業副大臣だった今年夏に選挙区の東京都荒川区などで、うちわを配布したことが、公職選挙法が禁止する「寄付」に該当すると指摘した。

 松島氏は「討議資料として配った。有価物に値するとは考えていない。うちわのように見えるかもしれないが…」と釈明したが、蓮舫氏は「法律を自分に都合良く解釈するな!」と追及の手を緩めなかった。

 松島氏の法相の適性を問われた安倍首相は「こうした疑いを受ける以上、今後、こうした物の配布を行わないことが望ましい」と答弁した。

まあ蓮舫氏その人も、うちわ配布していた過去は1万歩譲って不問としてです。追求された松島法相、死刑制度廃止反対、夫婦別姓反対、性犯罪(もっと言えばその他悪質な犯罪全般)の刑罰見直し等賛同できる政策・主張もいくつもあるのですが、実力は未知数であると言われているようです。実際不祥事とかだって皆無ではなかったらしく、それでも、まあ小渕優子氏や高市早苗氏よりはマトモそうですが、疑われるような事はしないのが一番でしょう。蓮舫氏のこの追求は、票狙い等の人気取り、女性の社会進出等目標に固執するあまり手段になってしまっている等安倍政権に対する、「暴走ブレーキの為の警鐘・牽制」であると見る事もできます。しかし、民主党にとって重要なのは「この追求の後にさらに何が出来るのか」でありましょう。先日日経(日本経済新聞)でも、無党派層についての特集記事が掲載されていましたが、果たして民主党は彼らを取り込めるような、政策面等で自民と十分討議・実行できる能力があるのか。みんなの党も、渡辺喜美氏があそこまで酷いとは思えず、この党にも存在する限り私が票を入れる事はないかなあですが、民主もそれ自体の意味は皆無ではないながらもこういう追求とかで終わっているようでは、政権再交代なんて豊臣秀吉や鈴木雅之氏も歌った様に「夢のまた夢」でありましょう。今の流れでは地方統一選挙や衆議院総選挙だって、消費再増税を決めたって自民が勝ちます。巨人が今年も結局何とか最後は経験の差で物を言わせて阪神や広島との優勝争いを制したようにです。菅野投手は今は亡きその祖父の事も熱く語っていたと思いきや故障で、残念ながらポストシーズンでの出場は無理そうですけどね。

|

« ロシア空軍総司令官が3ツ星大将に昇進していたらしいが | トップページ | 北米版スマブラWiiUは来月発売予定らしいが »

国内・世界政治一般」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/57607140

この記事へのトラックバック一覧です: この程度の追求で終わっているようでは・・・・・・・:

« ロシア空軍総司令官が3ツ星大将に昇進していたらしいが | トップページ | 北米版スマブラWiiUは来月発売予定らしいが »