« mugenオメガルガールの面白動画その13 | トップページ | オランダ国王の発言も過去の歴史の美化への免罪符とはちょっと違う »

2014/10/31

阪神、1勝3連敗からのドラマはならず!!ソフトバンクが日本一に

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141030-00000128-mai-base

<日本シリーズ>秋山監督有終 ソフトバンク3年ぶり日本一

毎日新聞 10月30日(木)22時4分配信    

 

 

 ◇MVPは内川

 プロ野球の日本一を決める「SMBC日本シリーズ2014」(7試合制、4戦先勝方式)は30日、福岡市のヤフオクドームで第5戦があり、パ・リーグ覇者のソフトバンクが1-0で阪神に勝ち、対戦成績を4勝1敗として3年ぶり6回目(南海、ダイエー時代の各2回を含む)のシリーズ制覇を果たした。シリーズの最高殊勲選手(MVP)にはソフトバンクの内川聖一選手が選ばれた



 今季で退任する秋山幸二監督(52)は2011年以来2回目の日本一。阪神はセ・リーグ2位からクライマックスシリーズを突破して臨んだが、29年ぶりの優勝はならなかった。

 ◇個人表彰選手

 最高殊勲選手 内川聖一外野手(ソフトバンク)▽優秀選手 柳田悠岐外野手、デニス・サファテ投手、武田翔太投手(以上、ソフトバンク)▽敢闘選手 ランディ・メッセンジャー投手(阪神)

 ◇「これ以上の喜びはない」

 ファン、選手、そして、秋山監督自身が願ってやまなかった最高のフィナーレが訪れた。勇退の決まっている秋山監督はヤフオクドームで今季、3度目となる胴上げで10回、宙を舞い、「最後に日本一。これ以上の喜びはない」と感無量の表情だった。

 八回の決勝点は、一人一人が役割を果たして生まれた。先頭の柳田は、シーズン後半から1番打者に座っても「強い打球を打つ」と自らの信念を貫く。内角球に詰まりながらも一、二塁間を破った。2番・明石は「内川さんにつなげば、何とかしてくれる」と何とかスリーバントを成功。2死一、三塁で松田。勝利のため打点に強いこだわりを持つ選手会長は、センター返しでコンパクトに振り抜く。打球が二遊間を破ると右拳をベンチに向かって突き上げた。

 9月後半の失速時も、秋山監督は「もがくよ。それを抜ければ自信になる」とあえて、選手たちに必要以上の言葉をかけなかった。選手が成長することを信じたからこそ。リーグ終盤は重圧からミスを繰り返した選手たちが、日本シリーズでは、この試合の決勝打のように勝負どころで伸び伸びプレー。成長した選手たちを見つめながら、指揮官は「素晴らしい選手たち」と満面の笑みでたたえた。

 優勝インタビュー。秋山監督はマイクを握りしめて「これからも強いホークスであってほしい。6年間、ありがとうございました」とファンに別れを告げた。指揮官の最後の試合。秋山監督が6年間で築き上げた「強いホークス」が日本一の花を咲かせた。【小林悠太】

 ◇西岡の守備妨害で幕

 やや後味は悪くなったが、最後は審判が冷静なジャッジで熱戦に幕を引いた。九回、1点を追う阪神が3四球で1死満塁とした場面で、西岡が放った打球は一塁へのゴロ。一塁手が本塁へ送球して2死とし、更に捕手が一塁へ転送したボールが、打者走者の西岡に当たってファウルグラウンドを転々。阪神が併殺を逃れたかと思われた。だが、白井一行球審が、打者走者の西岡がファウルラインの内側を走ったと判断。守備妨害でアウトとしてゲームセットを宣告した。たまらず阪神の和田監督が飛び出して抗議したが、認められなかった。白井球審は「左打者なので普通は(ラインの)中は走らない。明らかに(守備を)妨害しようという意図が見えた」と説明。「完全に両足が(ラインの内側に)入っていた。例え片足でも(守備妨害を)取る」と言い切った。

 ◇野球規則6・05(k)

 一塁に対する守備が行われているとき、本塁一塁間の後半を走るに際して、打者がスリーフットラインの外側(向かって右側)またはファウルラインの内側(向かって左側)を走って、一塁への送球を捕らえようとする野手の動作を妨げたと審判が認めた場合、打者はアウトになる。

何でもAKBのまゆゆちゃん、急性扁桃腺炎になってしまったとか。

彼女って、本業だけでなくて、声がアニメ声なのもあってか眉村卓氏原作の「ねらわれた学園」(個人的にこの人の小説は「なぞの転校生」が読んでて面白かった)でも声優としても出演されていて、歌よりはそっちの方が頑張ってたかなあでしたが、こき使われすぎですよ。この病気って、本当に実際なると辛いらしいですが、まあ一番大事なのが何なのかは言うまでもないし、ゆっくり治療に専念してください。

彼女らAKBメンバーみたいにフル酷使されているのもいるかと思いきや、この日本シリーズ最後のキーマンとなってしまった西岡剛氏は故障で24試合しか今シーズン出場していませんでしたが、あの幕切れには「ええっ?」でしたね。早速wikiでも書かれてしまいました(苦笑)けど、守備妨害という形で、ソフトバンクの初戦敗退からの4連勝・日本一に終わるとは呆気なかったですよね。ソフトバンクの方がどちらかと言えばポストシーズンに・・・・・・な印象があっただけに余計。巨人リーグ優勝や阪神日本シリーズ進出の瞬間同様、TBSラジオで聞いていたけど、これが来シーズン以降の阪神の戦いぶりに悪影響を及ぼすなんて事にならなければ・・・・・・で、西岡選手も残念ながらメジャー挑戦が悪い意味でのターニングポイントとなってしまったと言うか、特に今シリーズは「移籍2年目のジンクス」を破れず、良い所があまりなかった(プレーオフ制度故に両リーグでの日本シリーズ出場を果たしながらも)ですが、来シーズンこそはこの不完全燃焼さをバネにして、ファンの人達にも「こいつが来てくれて良かった」と思えるほど頑張らなければいけないですよね。ソフトバンクの監督・コーチ・選手の方々は、特に秋山監督は今シーズン限りで勇退されるらしいですが、選手時代に西武黄金期を支えた監督としては一番成功したのではないだろうか?(次点がナベキュウか。日本一&リーグ優勝回数は2008年だけながらもBクラスも何とか1回だけで済んだし)ですが、ちょっと締まらなかったながらも有終の美を飾ったのだから彼が丁度20年前に福岡にやって来たのは当時低迷していたホークスに対する、「野球の神様」の代え難いプレゼントだったのでしょうね。何はともあれ、日本一おめでとうございます。

|

« mugenオメガルガールの面白動画その13 | トップページ | オランダ国王の発言も過去の歴史の美化への免罪符とはちょっと違う »

NPB」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/57841061

この記事へのトラックバック一覧です: 阪神、1勝3連敗からのドラマはならず!!ソフトバンクが日本一に:

« mugenオメガルガールの面白動画その13 | トップページ | オランダ国王の発言も過去の歴史の美化への免罪符とはちょっと違う »