« エヴァンゲリヲン新劇場版Qについての感想 | トップページ | そう言えば「あの人」も帰国できる日はやってくるのか »

2014/09/18

体罰=全くの悪と決め付ける事はしないけど

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014091700803

小5平手打ち、教諭を書類送検=机で額切りけが、傷害容疑-大阪府警

 

 堺市立榎小学校で6月、5年生の男子児童(10)を平手打ちし、額を机に強打させたとして、大阪府警堺署は17日、男児の担任だった男性教諭(41)を傷害容疑で書類送検した。同署によると、男児は額を切るけが。教諭は「床に落ちたプリントを乱雑に取り上げたので腹が立った」などと容疑を認めている。
 市教育委員会によると、男児はその後授業を休みがちになり、2学期からは体調不良を訴え入院している。教諭は7月に担任を外れ、今月から教育指導の研修を受けている。
 送検容疑は6月23日午後3時40分ごろ、教室で男児の後頭部を平手打ちしたほか、頭を下げて謝った男児を殴打して額を机に打ち付けさせ、けがをさせた疑い。
 市教委は「体罰根絶に向けて取り組んでいたが、誠に申し訳ない。再発防止に向け人権意識の向上を図りたい」とし、教諭の処分も検討している。(2014/09/17-18:40)

2014/09/17-18:40

まあ某所(何処かって?言わなくても想像つくでしょ)では、悪い意味で相変わらずなコメントが目立ってますが、これだけではこの体罰事件が起きた詳しい背景は良く分かりませんね。まあ自分も被体罰経験ゼロではなく、どーしても口で言っても分からないのなら最後の手段として体で分からせる必要はあるとも思いますが、いくらこの生徒が普段の素行悪かったとしても、この教師の暴力の理由は「本当にそれだけの理由で?」ですね。情報量が多くないから、あまり一方的に決め付けるような言い方は出来ないですが、学校としてはいじめとかもそうですが、体裁悪いから、生徒の親と話し合って対応策として「この教師のクラス担任クビ&示談」で外に漏れないよう穏便に済まそうとしたけど、生徒の受けた心的外傷が思ったよりも大きく、結局漏れて大事になってしまった・・・・・・というのが今回のこのニュース発覚のきっかけだったのかもしれませんね。まあ所謂モンスターペアレンツへの対応等学校の教師も近年は抱えるストレスとか増加しているのもこうした「常軌を逸した(と思われる)体罰」の背景にあるのかもしれません。残念ながらこの教師はもうクビでしょう。本当に理由がこれだけなら酷な言い方させてもらえば「自業自得」ですが、生徒達等に対する人権意識の向上とかだけでなく、教師達についても業務の余分な負担軽減とか、心身面でのケアとか教育者としてもっと誇りを持って子ども達と向き合えるような環境づくりとかも求められているのかもしれません。学校の体裁とか自分の評価とかそんなのまず向こうに置いといて

|

« エヴァンゲリヲン新劇場版Qについての感想 | トップページ | そう言えば「あの人」も帰国できる日はやってくるのか »

社会」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/57413433

この記事へのトラックバック一覧です: 体罰=全くの悪と決め付ける事はしないけど:

« エヴァンゲリヲン新劇場版Qについての感想 | トップページ | そう言えば「あの人」も帰国できる日はやってくるのか »