« 今年春の解放時点で・・・・・・・・(※8/27に追記しています) | トップページ | ジョジョスターダストクルセイダース第21話「審判1」感想 »

2014/08/21

今度のスマブラでもロックマンはプラントバリアやビートを使うらしいけど

http://www.inside-games.jp/article/2014/08/14/79483.html

『スマブラ for 3DS / Wii U』ロックマンの特殊武器はカスタマイズ必殺ワザとして登場

2014年8月14日(木) 18時13分

  • ツイッターよりの画像
    ツイッターより

任天堂は、ニンテンドー3DS/Wii Uソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』の新情報を公開しました。今回は、ロックマンのカスタマイズ必殺ワザが公開されています。

原作のロックマンは、さまざまなボスの特殊武器を使いこなすことができます。そのため、『スマブラ』でもカスタマイズ必殺ワザとして「プラントマン」の「プラントバリア」を使っている様子が公開されています。


また、ロックマンの仲間である「ビート」が登場しているのも確認できるほか、これ以外にも、シリーズをまたいだボスワザらしきものが存在しているとのこと。既にいくつかの特殊武器が用意されていることは判明していますが、はたしてどれだけカスタマイズ必殺ワザとして使用できるのか楽しみです。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』は2014年9月13日発売で価格は5,200円(税抜)、『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』は2014年冬発売予定です。

(c) 2014 Nintendo
Original Game: (c) Nintendo / HAL Laboratory, Inc.
Characters: (c) Nintendo / HAL Laboratory, Inc. / Poke'mon. / Creatures Inc. / GAME FREAK inc. / INTELLIGENT SYSTEMS / SEGA / CAPCOM CO., LTD. / BANDAI NAMCO Games Inc.
http://route-125.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-5af4.html

そう言えば、このブログを始めたばかりの頃、ドラマCD「ロックマン危機一髪」についての感想を述べましたが、カウントダウン5について触れてませんでしたな。全50分中、20分弱も割かれていたのにこれをスルーする形に長い間なってしまっていたのは片手落ちだったと言うか、筋が通らなかったかもしれません。この上記過去エントリーに追記する形としても良かったのですが、もう今日で丁度5年半経ちましたし、これもちょっとした感想を述べてみます。「スマブラ for 3DS/Wii」の発売記念(?)として。ネタバレになってしまうので、見るのは、前回エントリーで触れた湯川遥菜(正行)氏とかとは違って本当に自己責任という事で。

10位・・・・クリスタルマン(5)

FC版シリーズもワールド4ぐらいの難易度でも丁度良かったかも。
クリスタルマンは現在は「ワンパンマン」を連載されているらしい村田雄介先生がダストマン共々デザインしたボスキャラでしたが、まさかこの時点では当時黄金期にあった、週刊少年ジャンプという雑誌で連載を持つことになるとは思いませんでしたね・・・・・アイシールド21は、TVアニメ版は、特に声優起用の面では残念な点(ロンブーもそうだけど、セナもジョジョASBのジョルノやタクシーNY等同様朴璐美氏のままで良かった)も目立ちましたが、既に将来の大器を思わせるものが当時の村田少年にはあったという事だったのでしょう。


9位・・・・トマホークマン(6)


確か「8」のOPでも
ロックマンが歴代シリーズのボスと戦うシーンでは6代表として登場していましたが、大して強くない6ボスの面々では強い方でした。ワールドシリーズでも登場して欲しかったですね。


8位・・・・リングマン(4)


リングマンのBGMも良いですよね。ワイリー、ちゃっかり自分が製作した事にしていたけど。
中ボスのオンパレードでは高い配置センスを感じました。


7位・・・・メタルマン(2)

ワイリー、このロボットの事は半ば忘れていたのはご愛嬌といった所か。あなたが製作した初めての戦闘用ロボットですぞww

6位・・・・スカルマン(4)

PS復刻版のアレンジはどことなく、切なさや寂しさとかも伝わるメロディーだったのも印象的です。彼のステージはまた、クリスタルマンや後述するナパームマン共々FC版よりはワールドシリーズの方がステージデザイン良かったです。

5位・・・・ナイトマン(6)

ケンタウロスマンの恋仲という池原版の設定は逆輸入しても良い様な気もします。後の10のブレイドマンとも仲良くなれそうですね。

4位・・・・エレキマン(1)

1ボスキャラステージでは唯一のベスト10入りでした。そう言えば、ワイリーはキテレツ大百科の熊八でもあったけど、カレキマンとの言い間違えは彼の息子と同レベルでしたなww。

3位・・・・ジャイロマン(5)

ボスキャラ戦に特化した、「パワーバトル」及び「パワーファイターズ」では彼は特に行動パターンが良アレンジ化されていました。実現の可能性は低いでしょうが、もし「ロックマンロックマン」が5まで製作されて、彼もまたボスキャラの1人として再登場するのならこれぐらい強くして、弱点武器もグラビティーホールドは特定の状況じゃないと4ダメージを与えられないという設定にしてほしいものですね。そう言えば、このパートではまた、ワイリーは少年時代の恋まで語っちゃってましたwwけど、何で日本人っぽい名前だったんだww。日系人だったのか。ロックマンがスルーしていたのも何げに「GJ!」でしたなww。

2位・・・・ナパームマン(5)

今日も職場食堂のTVで見た、三谷幸喜氏脚本の「シャーロック・ホームズ」紹介番組(学園モノでは、余計キャラと声とのイメージ合わないような気がしますが、まあこの人が自分のお気に入りのキャストで固める事とかは分かりきった事ですからね)でも、三谷氏らと共に打合せしていたシーンも公開されてましたが、山寺宏一氏がナレーションだったCMでも採用された等5を象徴するBGMですからね。そしてここでもロックマンは「あまり強くない」とさらりと言うww。

そして1位は・・・・・・・・・・・・





1位・・・・マグネットマン(3)

ワイリーが勝手に紹介してましたけどww・・・・・・・3でのCMではスネークマンのそれが採用(ノーヘル姿のブルースも見る事が出来た)されてましたが、まさにマグネットマンキタァァァァァァァ━(゚∀゚)━!でしたね。PS復刻版って、基本前述のパワーバトルやパワーファイターズのアレンジ曲流用だったけど、これもアレンジも見たかった所?


最後、ワイリーはレゲェ共々お約束の逃亡を遂げましたが、レゲェ君、「さよ」「おなら」なんて、佐藤正氏があの「燃える!お兄さん」(Jコミでも順次公開されたようだけど、放射能の話は用務員の話共々対象外となってしまったらしいのは無理なかったでしょう。このご時世では)の次に連載した「爆発宇宙クマさんタータ・ベア&菊千代くん」の、菊千代がかましたギャグと同レベルですよww。ロックマンも慣れていたのか「まあいいか」とかなんて言ってましたけど、マグネットマンが1位だったのも意外なら、2ボスBGMのベスト10ランクインが1曲だけだったのももっと意外でしたね。この頃は、2を懐かしむ傾向等「思い出は億千万」(2のワイリーステージ1)とか、「エアーマンが倒せない」とかが登場した2007年以降ほどは酷くなかったと言うか、そういう音楽面からも、シリーズに対する「愛情」等の方向性とかまだ比較的マトモだったのでしょうね。ちなみに、私が2ボスキャラのBGMで一番良いと思うのは、フラッシュマンステージのそれですが、さあ今度のスマブラ参戦で、ロックマンシリーズはまた新しい方向性とかを築けるのでしょうか?どうせなら、SFシリーズのリュウとかも一緒に参戦させた方がなお良かったのではで、ライト博士もそうですが、もうワイリー役の青野武氏の声も聞けないのですね。OVA「星に願いを」等での緒方賢一氏も良かったけど、声優といえば、ロックマンのそれは勿論折笠愛氏や小林由美子氏等も良かったけど、やはり椎名へきる氏の印象が一番強いです。さあ、今度のスマブラではどなたが演じられるのかですが、彼女達とはまた別のロックマン像とかが確立できれば・・・・・・でしょう。スマブラシリーズのプレイ経験はゼロですが、3DS対応らしい「NEWスーパーマリオブラザーズ2」(wiiが他の2Dマリオシリーズ同様面白かったので)共々プレイしてみたいなあと改めて思います。

|

« 今年春の解放時点で・・・・・・・・(※8/27に追記しています) | トップページ | ジョジョスターダストクルセイダース第21話「審判1」感想 »

ロックマン」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/57148140

この記事へのトラックバック一覧です: 今度のスマブラでもロックマンはプラントバリアやビートを使うらしいけど:

« 今年春の解放時点で・・・・・・・・(※8/27に追記しています) | トップページ | ジョジョスターダストクルセイダース第21話「審判1」感想 »