« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014/08/31

学研まんが NEW日本の伝記「織田信長」を目にした感想

http://hon.gakken.jp/series/%E5%AD%A6%E7%A0%94%E3%81%BE%E3%82%93%E3%81%8C%E3%80%80%EF%BC%AE%EF%BC%A5%EF%BC%B7%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E4%BC%9D%E8%A8%98


今日はゲーセンと本屋に行ってきましたが、その本屋で、学研まんが NEW日本の伝記を目にしましたが、思わず驚きましたね。


NEW日本の歴史も確か一昨年2012年の秋に刊行されて、旧版と比べると巻数が減っていて、よりその節ごとの主人公を中心にシナリオを描いていた感じでしたが、「NEW日本の伝記もついに登場か・・・・・・・」でした。第1シリーズは信長・秀吉・家康の戦国三英傑が登場したようで、今年の8月1日に発行されたようですが、中でも一番好きな信長について感想を述べてみたいと思います。


本版のポイントは、冒頭が長篠の合戦に臨まんとしたシーンだった事でしょう。信長と男色関係(知ってる人は知ってるが、この時代男色はデフォで異常でもなんでもない。秀吉みたいな女好きの方が変人だった)にあった事を羨ましがられたエピソードもあった前田利家とのやり取りを基にそれより28年前の1547年(天文16)、信長が14歳の時から話が始まります。まだ犬千代と呼ばれていた利家らを引き連れて、茶筅髷姿で柿をほうばり、平手政秀に説教される等のうつけっぷりだったと思いきや、石の投げ合いで足りない味方数を知恵でカバーした等ただのうつけでなく、早くもその非凡さが伺えました。既にこの時期、信長は初陣も経験(但し、勝敗は不明)していますが、流石と言った所だったでしょう。さらに早くも鉄砲に目を付けたり、人質にされてしまっていた竹千代(家康)と出会ったりとお腹いっぱいになりそうなドラマが待っていたのですが、彼に「人間の将来は、他人ではなく自分が決めるのだ!!」と説き、直後また一時の別れと再会の約束を交わしたシーンは熱いものがあったと言えたでしょう。


そして翌1548年(天文17)には実は親子2代の国盗りだった説が濃厚となってきているマムシ・斎藤道三の娘、濃姫と結婚したのですが、4年後に父・信秀が急死したと描かれていたあたり、本書はどうやら信秀の没年は1552年(天文21)説を採ったみたいですね。一昔前は1549年(天文18)説が有力だったっぽく、故・桑田忠親氏監修「日本の合戦」シリーズでも採用されてましたが、いずれにせよ、享年は42歳というのは一致しているようです。


葬儀で位牌に灰を投げつけたシーンも当然描かれてましたが、涙を浮かべていたのが一層痛々しかったと言うか、母の土田御前の愛情に恵まれなかったのも余計そうさせたのか。その後政秀の諌死、舅・道三との会見、藤吉郎(秀吉)の中途入社、道三の死等が描かれましたが、利家が拾阿弥を斬殺して出仕停止させられたシーンも書いて欲しかったかなあです。冒頭のシーンで登場させたのなら。そして桶狭間の合戦を迎えますが、今川義元、まあ結果的に引き立て役になったからしょうがないとは言え、公家装束を身にまとい、女を傍らに酒を飲むなんて、まるで暗愚なバカ殿みたいだったかも。「人間五十年」の幸若舞は2ページデカデカ紹介!!格好良く披露した後義元を討ち取るのですが、彼も今川氏自体は明治期に断絶しながらも孫娘(氏真の娘)が親戚筋の吉良家に嫁ぎ、さらに現在の上杉家等に血が伝わっているのは救いですか。


その後は美濃奪取、楽市・楽座政策の導入、そして天下布武を経て、ついに足利義秋(のちに義昭に改名)を奉じて上洛、その天下布武まではまだまだながらも、ここに織田政権が成立したのですが、市が浅野家に嫁いだシーンが美濃奪取の後に描かれたあたり、浅井長政と結婚したのは信長公記の1567年(永禄10)説を採ったようですね。征夷大将軍になって目出度し目出度しと思いきや、義昭もすぐ自分が信長に体良く利用されていた神輿に過ぎない事を気づくのにそうは時間はかからなかった。信長包囲網が敷かれ、信長ピンチ!!義弟の長政も信長を裏切る形になってしまった事への葛藤も描かれていましたが、朝倉義景共々敗者となってしまったのは、比叡山延暦寺焼き討ち共々さらりと描かれた程度でしたね。勿論例の髑髏杯もスルーでしたが、まあこれはそもそも創作説が濃厚なようですから・・・・・・・義昭は結局追放されてしまいましたが、朝廷から征夷大将軍の位を解任されたわけではなかったらしい。信長がその気になれば朝廷に圧力をかけて解任させる事も出来たかもしれませんが、そこまでやるメリットとかは特に見出したりとかはしなかったのでしょう。


そして冒頭の長篠の合戦シーンに戻り、実は織田・徳川方も死者が多く、どちらかと言えば、辛勝だったようですが、鉄砲を撃ち、武田の騎馬軍団を蹴散らしたコマとか結構迫力ある描き方がされていて、南蛮風の鎧に身を固めた信長もつくづくカッコ良かったですな。そして次はいよいよ安土城を建設したわけですが、ここらで高橋英樹氏が主演だった、テレビ東京正月時代劇版(原作は故・山岡荘八氏で、濃姫役は涼風真世氏だった)等同様、密かに月代を剃ってました。千利休も登場したけど、この時点でまだ58歳だった割にはちょっと老けていたような気が。まあ、前述の幸若舞通り、平均寿命が短い時代でしたから、58歳でももう既に老人の部類でしたが・・・・・・人たらしだった秀吉と、信長にやり方に不安を抱いていた光秀の姿も対照的でしたが、実は光秀って他方ではこの後の1581年(天正9)に「私は瓦礫の下に埋もれていた境遇だったのが、信長様に取り立てられ、今の様な城持ち大名になるに至った・・・・・」というような書状も残していたんですね。感謝の念もあっただけに余計複雑な葛藤を抱えていたのでしょう。


石山本願寺とのガチンコ戦争にも勝って、武田氏も滅ぼしても、織田政権はまだまだ日本の中央部の殆ど(根来・雑賀両衆はまだ健在だったが)を押さえたに過ぎませんでしたが、それでも天下布武が見えてきた事には変わりありません。まだまだ敵対していた勢力の中でも大物格だった毛利に対してももう少しでチェックメイトかと思いきや・・・・・・本能寺の変です。日本史上最大の謎と言われている光秀謀反の理由も、ハッキリわからないと書かれてましたが、まあ信長の覇業に対する不安や朝廷の暗躍等様々な理由が複雑に組み合って、実行後の事とかよく考えないで場当たり的に起こしてしまったのでしょう。信長が本能寺の炎の中に消えてしまったのは、残念ながら必然的でもあったのですが、「是非に及ばず」と蘭丸の報告を返したり、幸若舞をバックにその炎の中で自害したりと最後まで・・・・・・でしたが、実は逃げようとして助からなかったのではという説もあるとか。その後の歴史がどうなったかは、まあ周知の通りですが、織田家の天下統一がどうしても見たいのなら「信長の野望」シリーズをプレイしましょうという事でしょうな。


まあ過去ログでも述べましたが、学習漫画での信長はやけに足利義満と縁があった荘司としお先生も何回かは描いていて、一番はやはり中島利行先生で、信長を美しく描く事にかけてはこの先生を超える人はいない(異論は認めます)ですが、山田圭子氏の漫画も良かったです。この人は少女漫画家で、ドラマCD化された作品もあるらしく、そこでは横山智佐氏や日高のり子氏等一流どころの声優さんも何人か起用されたらしいですが・・・・・・・・・


今後もこの「NEW日本の伝記」はいろいろな人達が取り上げられるのでしょうが、平将門等新装版では取り上げられなかった人達以外でも、蘇我氏3代、天武天皇、大伴家持、吉備真備、桓武天皇、最澄&空海、藤原良房&基経、菅原道真、紀貫之、安倍晴明、清少納言(紫式部とのセットで)、源頼義&義家、北条政子、世阿弥、足利義政&日野富子、毛利元就、後北条氏3代(早雲は取り上げられたけど)、長宗我部元親、島津義弘、井原西鶴、徳川綱吉、近松門左衛門、杉田玄白、葛飾北斎、徳川慶喜、北里柴三郎、夏目漱石、吉田茂、川端康成、湯川秀樹、手塚治虫、王貞治(存命人物だけど)・・・・・・・彼らもいずれは取り上げてほしいですね。生年不詳な天武天皇や名君か暗君か評価が分かれる綱吉等難しい面々もいますが、いつかは見てみたいなあです。

| | トラックバック (0)

2014/08/30

自民幹事長交代は吉と出るか

http://news.nifty.com/cs/domestic/governmentdetail/kyodo-2014083001001240/1.htm

高市氏が石破幹事長をけん制

2014年8月30日(土)11時3分配信 共同通信

-PR-

 自民党の高市早苗政調会長は30日の読売テレビ番組で、安全保障政策をめぐる安倍晋三首相との隔たりを理由に、内閣改造での安保法制担当相就任を辞退した石破茂幹事長をけん制した。集団的自衛権行使を容認する7月の閣議決定などについて「党内で議論して決めた。公明党とも議論した。決めたことに従うのは鉄則だ」と述べた。

 自民党の平沢勝栄政調会長代理はTBS番組で、石破氏が安保相以外での入閣を受諾する意向であることに関し「人事権は首相の専権だから、石破氏が従うと言ったのはよかった」と評価した。

そう言えば、この高市政調会長も、原発事故に関しても舌禍事件起こしていましたけど、「噂の真相」では佐高信に「過去の歴史を直視しない高市早苗は中曽根康弘と同じだ。彼の養女にでもなって中曽根早苗と名乗れば良い。」というような批判もされてましたね。(苦笑)まあ佐高氏も左寄りだし、これら一連の批判などはいくつか差し引いて考える必要もありますが、氏から批判されていた当時から変わってないなあですね。

自民党の幹部って、副総裁がナンバー2と思いきや、空席期間も珍しくなく、経験者で総理大臣になったのは「平成おじさん」故・小渕恵三だけらしく、幹事長が実質的なナンバー2らしいですが、この幹事長も、三木武夫・福田赳夫・田中角栄、そしてやはり「噂の真相」でも売春疑惑の記事(今は亡き倅の悪行も書かれていた)も私はリアルタイムで目にしましたが、森喜朗一旦退任したあと再就任してさらに総理大臣になった例もいくつもあるのですね。

だから単純に見れば、石破茂もまだ総理就任へのチャンスはあるだろうし、取り敢えず一応妥協したのは賢明な判断だったでしょうが、周囲からは入閣するなとか言われていたらしく、その勢力は侮れない(総理にふさわしい器か否かは微妙かもしれないけど)だろうし、変に石破サイドを刺激するような事は言わない方がいいのではです。何だか、70人以上も死者が出てしまった広島土砂災害事件をめぐる安倍総理への対応(そんな拙くはなかったとも思うけど、もう夏休みももう少しで終わりだったし、自分だったらまた別荘に戻りたいとかは思わないけど)に対する批判も子供じみた揚げ足取りでしたが、野党がだらしない(共産党の支持率が伸びているとは言っても、自民の暴走を抑える圧力団体としてはともかく、政権を取って欲しいとは残念ながら思えない。それでも野党の中では一番マシなのだけど)だけについつい口が軽くなっちゃっているのですかな?「アイヌはいない」、ウケ狙い発言した某市議とかもそうだけど。(まあこの人も、右翼・保守的でも櫻井よし子や田母神俊雄のような信念とかはない人なんだと言うのは、最初顔一目見ただけで分かったから、発言撤回しようがしまいが自分にとっては半ばどーでもいい事だけど)

いずれにせよ、今回の内閣改造で私が自民及び安部総理への支持に転換する事はまずないですが、良くも悪くも注目されますね。本当の意味で、自民に政策論議等で勝てる政党が出てくれば日本はもっと良い国になっていくのですが・・・・・・・・

| | トラックバック (0)

ジョジョスターダストクルセイダース第22話「審判その2」感想-ポルナレフよ!!私は戻ってきた!!YES!!I AM!!

http://jojo-animation.com/contents/story/22.html


この審判編後編も脚本は小林靖子氏でしたが、カメオは人の切実な願いという、「心の弱さ」に付け入る、恐ろしいスタンド使いです。ポルナレフの場合は、シェリーJガイルに殺された悲しい過去と、それ故の猪突猛進故にさらにアヴドゥルを死に追いやってしまった後悔から彼の罠にハマってしまったわけですが、今回はさらに現れた偽アヴドゥルが指が崩れてしまったのを見た後、傷心のポルナレフを責め立てたシーンが補完されていたのがポイントでした。原作以上に、悔やんでも悔やみきれなかったと思われた悲劇等に対する葛藤が伝わったと言えます。


ポルナレフもそのアヴドゥルに続いて途中脱落か?と思われました。幻覚が見えてきたのか、いよいよその偽アヴドゥルが2人いるように見えてきました。しかし、それは・・・・・・・・・・・・そのもう1人の偽物だった筈のアヴドゥルが先に現れた偽アヴドゥルを攻撃したのです。これにはカメオも吃驚でしたが、そうまさに・・・・・・


アヴドゥルカムバックキタァァァァァァァァァァ━(゚∀゚)━!


でした。YES!!YOU ARE!!実は死んでなかった理由は少々苦しい感もしないでもなかったですが、「アヴドゥルが生きていたというバッドニュース」や「願いを4つにしてくれ」等も原作のノリと変わらず。しかし、立てるようになったのがつい3日前だった割にはガチでぶつかっても強いパワーですね。マジシャンズって。それ故に、後の億泰やフーゴ同様却って思った程活躍できなかったわけですが、カメオもとうとう土の中に潜り込んでしまった!!蜘蛛や葉っぱ等色々ポルナレフが嫌がらせしていたかと思いきや、アヴドゥルが呼びかけて共に連れションを!!良い意味で「これは・・・・・・」・・・・・おっと、このセリフはまだ・・・・・・・・

とうとう我慢できなくなって出てきて許しを乞うてきたカメオでしたが、アヴドゥルの4つ目の願いがそれを許しませんでした。やはりチャンチャンと締めてカメオの丸焼きがいっちょ上がりとなりましたが、まさか生きていた事に喜んで皆に報告したと思ったら、もう皆既に知っていて、いよいよエジプトに上陸する為の根回しも連携して行っていたのです。潜水艦を購入したのですが、つくづく金のかかる旅をしています。ジョースター一行って。でも、不特定多数の一般人を巻き込まない為でもありますから、それはしょうがない。

おそらく、次の女教皇との戦いで3部は一旦第1期終了となるのでしょう。しばらく期間を開けてからエジプト上陸後の後半戦は第2期として2クール放送されるのでしょうが、OVAではアニメ化されなかった、5人が戦った数少ない戦いだっただけにひとまずの有終の美を飾れるよう期待したいです。次回予告を聞く限りでは、スージーQらしき声も聞かれましたが・・・・・・

| | トラックバック (0)

「地獄先生ぬーべー」実写化も果たして成功するのか(※8/30に追記しています)

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1408/18/news063.html

主人公・ぬ~べ~(鵺野鳴介)役は関ジャニ∞の丸山隆平さん。高橋律子役には桐谷美玲さん、玉藻京介役は速水もこみちさん、葉月いずな役に山本美月さん、無限界時空役に高橋英樹さんらキャストも発表された。

 「地獄先生ぬ~べ~」は1990年代に「週刊少年ジャンプ」で連載され、テレビアニメ化もされた作品。童守高校に赴任してきた教師、鵺野鳴介(通称ぬ~べ~)は鬼の力を封印した「鬼の手」を持ち、妖怪や悪霊にとりつかれた教え子たちの身に危険が迫ると霊能力を駆使して命懸けで妖怪を退治する、日本で唯一の「霊能力教師」という設定。「妖怪」「学園」「ヒーロー」という王道ジャンルが融合し、個性的なキャラクター達が繰り広げるコメディ感も満載なドラマになるという。

「地獄先生ぬーべ」ですね。原作では転校生で、今までも学校に馴染めず転校を繰り返していた(妖怪か悪霊がその原因で主人公のぬーべに退治してもらう)が、アニメ版では得意のサッカーに講じる等既に馴染んでいた事とか印象的でした。(NEOでは見事プロサッカー選手になったらしいですが)

劇場版やOVA版も何作も目にして、前者は久美子役・緒方恵美氏の好演が、後者は、別にアレッシーに絡まれたわけではないですが、ぬーべが広達と同じぐらいの歳の少年になってしまった話とかが特に見ていて良かったなあと思えた話でした。それで次はいよいよ実写化が決定したようですが・・・・・・・・・・主役の関ジャニ∞(ちなみに、しきりに続編が宣伝されているようなので見てみましたが、「エイトレンジャー」もイマイチでした)丸山隆平氏もそうですが、律子先生役の桐谷美鈴氏もですね。彼女って身近で見たらガリガリな姉ちゃんらしいですが、どー見ても、原作者の真倉翔・岡野剛両先生が好みそうなタイプの美女とはかけ離れているでしょう。そして前述の広達生徒達は原作・アニメ版は小学生なのですが、この実写版では高校生?これって、後輩のジャニーズjr達もゴリ押しする為の設定変更?

そう言えば、松潤主演らしいジョジョ実写化の話(歴代ジョジョで一番近いのはジョナサンか)もどうなったんだ?で、いずれも未読ですが、まあ「霊媒師いづな」とか「ぬーべNEO」とかのアニメ化ならありかもでしょう。特に後者は、OPナレーションだった故・来宮良子や故・松尾銀三氏等鬼籍に入られた方はもうしょうがないにせよ、既存キャストにはなるべく再演していただく事にして。(別に懐古厨ぶるつもりはないけど、特にぬーべ役の置鮎龍太郎氏と広役の藤田淑子氏、それに美樹役の冨永みーな氏が良かった。)また岡野先生のデビュー作で打ち切りとなってしまったけど、それほど酷いわけでも無かったAT LADY!」もですね。一度限りの登場に終わるかと思いきや汚れ役として再登場した、国道みたいな名前だった怪盗408号も何気に印象残りましたが、今だったらいかにも(?)好まれそうな作風(当時からすれば、某サイトでも指摘していた人もいたけど、時代を良くも悪くも先取りしていた面もあった)だし、こちらもアニメ化してみるのも悪くはないかもしれません。しかし、凄い大好きというほどまでではないながらも確かに「近年の他のアニメとは違うな」と思わせるものがあった「進撃の巨人」も、原作の進行を待ってからアニメ版第2期を放送した方が良いのではですが、このぬーべも断片的な話を聞く限りでは既に原作クラッシャーとなる嫌な予感しかしないですね・・・・・・・・・別にジャニーズはファンでもアンチでもないけど、彼らのゴリ押しとかに利用するぐらいなら、悪い事は言いませんから、止めた方が良いでしょう。真倉・岡野両先生の折角のヒット作となったのにその漫画家人生に傷をつける事になりかねません。


【以下8月30日追記】


と思っていたら追加情報ですが、あの坂上忍氏まで出演されるんですね。しかも、態々実際のキャラ通りな毒舌系な設定なようですが、役者なのにイメージ通りの役を演じるのって、ご本人にとってもプラスにはならないと思うが・・・・・・・ヤフコメ住人達にはミョーに嫌われてもいるようだけど。(苦笑)この坂上氏って。何だか聞いていてますます不安になってきますね・・・・・・・正直。

| | トラックバック (0)

2014/08/24

「アイヌがいない」のがたとえ事実であっても・・・・・・

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140824-00000014-mai-soci

<「アイヌいない」発言>市議に撤回と謝罪促す 自民会派

毎日新聞 8月24日(日)11時9分配信

 「アイヌ民族はもういない」と金子快之(やすゆき)・札幌市議(43)がインターネットの短文投稿サイト「ツイッター」に書き込んだ問題で、同市議会の所属会派「自民党・市民会議」の役員会は23日、会合を開き、金子市議に発言の撤回と謝罪を促すことを決めた。

 書き込みをめぐり、同会派は金子市議から事情を聴いたが、「アイヌに対する見解はさまざま」として問題はないとの方針を示していた。

 しかし、市議会の主要4会派が22日、発言の撤回と謝罪を求める要望書を金子市議などに送り、アイヌ民族などでつくる団体も発言を批判する公開質問状を提出した。また会派内からも発言を疑問視する声が上がり、一転して対応を改めた。一両日中に金子市議に伝え、受け入れない場合は議員総会などを開いて処分を検討するという。

 同会派の幹部は「金子市議はアイヌへの補助制度や利権について批判しているが、制度への批判と『民族がいない』と言うのは話が違う。明らかな誤りで、個人的見解では済まされないという結論に達した」と話した。【山下智恵】

http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/153.html
(国民が知らない反日の実態内でのページ)
http://ironbonta.com/archives/1358
(アイヌ人に対する差別等についてまとめたページ)



私は、この国の右翼・左翼両思想について、部分的には賛同できる主義主張はありますが、大筋ではどちらに対しても否定的です。
しかし、例えば前者的な思想を持つ人では櫻井よし子氏や田母神俊雄氏等は「100パー同意はできないけど、彼らには彼らなりの信念とかは伝わるなあ。」とは感じます。しかし、この金子市議はですね・・・・・・・・

確かに、中には在日もいるようですが、社会的マイノリティである事を逆手に取ったこういう利権が存在するのも事実ですし、現在もアイヌ人(というよりもアイヌ系と言った方が正確か)に対する差別があったとしてもそれほど深刻なのかな疑問もあります。この人はそういう利権等に対して問題提起したつもりだったのでしょう。しかし、「ツイッターで主張だなんて軽いねえ」な気もしないでもなく、軽く断言しますが、この人にはそういう信念とかは感じられませんね。画像とか見ても。ノムさんをミョーに嫌っている広岡達朗氏風に言えば、「これは右傾化も追い風にした、右翼・保守の人達への『一時的で安っぽいウケ狙い・パフォーマンス』ですよ。」ですね。

確かにまた、この右翼系サイト「国民が知らない反日の実態」での主張、「あの頃はロシアが脅威的な仮想敵国だったのだし、あのまま北海道を野放しにしていたら日本という国自体危なかったし、アイヌだってもっと酷い目に遭っていたんだ。」も一理あります。金子市議の発言共々全否定するわけではないです。維新の元老が次々と死に絶えた後、政治も外交も立ち回りが拙劣なのもあって戦争に負けたから必要以上に悪く言われている面もあり、他の列強諸国とかなどはもっとエグい事やっていたでしょう。しかし、「あの時代はそうしないと日本も生き残れない。今の時代の感覚で見る事なんかナンセンスだ!!」で完結するのもどうかなあ?な疑問もあります。「じゃあその結果としての現実に対して、私達は一見大した事なくても何が出来るか考えていかなければいけないのではないか?」(この話題の場合はいかにアイヌの人達の歴史や文化を未来永劫に渡ってつたえていくか等)等教訓とかとして考えていかないと、結局「進歩のないただの『開き直り』」なままで自分達に都合のいい部分でしか歴史を学ばず、未来への道を閉ざすことになるのではないかとも思います。

「太平洋戦争=アジア解放のための聖戦」等の正当化が、結局は中国・韓国及びその協力者(慰安婦や靖国問題で暗躍した日本人も含む)の歴史認識押しつけに対して、真に正面切った反論ができなくなるように、残念ながら事務総長は歴代でもトップクラスの無能なお人な様ですが、国連のヘイトスピーチ勧告に対してもまた真に正面切った反論ができなくなり、日本人が日本人自身の首を締める事になってしまうのです。つい先日もまた、横浜・Fマリノスのサポーターの「パフォーマンス」が、人種差別行為にあたるとして無期限入場機新処分を受ける等問題化しているようですが、浦和レッズサポーターの「JAPANESE ONLY」もまだ記憶に新しい所なのに・・・・・・・まあこの金子市議が謝罪するつもりがあるかないかは、「三つ子の魂百まで」と言いますし、正直そんな興味はないですが、たとえそういう問題提起等ズレているとしても、ズレているなりに改めて自らの「信念」を示していただきたいものです。それが出来ないのなら、まあご自分から議員のバッジを外された方が良いのかもですね。

| | トラックバック (0)

2014/08/23

ジョジョスターダストクルセイダース第21話「審判1」感想

http://jojo-animation.com/contents/story/21.html

そう言えば、今回の話はあの話以来の小林靖子氏脚本でしたが、「見た目は赤子。頭脳は大人以上」な、光彦でもあった死神13(だからもうそのキャッチフレーズはいいよww)を「お仕置き」して、いよいよエジプト上陸となるか?でした。

ジョセフは紅海に浮かぶ小島によると言いだしたのです。一見無人島なのですが、ジョセフに言わせれば、「この旅に重要な男」がいるらしい。島についたと思ったら、誰かが一行を覗いている!!それを感づかれて逃げたと思ったら、白髪だけど、あの後ろ姿はどこかで見たような姿です。ライオネルやプリンス、マイケル等イケメン(?)ネームな鳥たちを飼っていて餌をやっていたのですが、ジョセフ達が声をかけた所、強い拒否反応を示しました。その時初めてハッキリ顔を見せましたが、カルカッタで悲劇の死を遂げたはずのあのアヴドゥルをそのまま老けさせたような風貌のおじさんだったじゃありませんか!!

ジョセフによれば、彼はあのアヴドゥルの父で、DIO様に存在を知られた場合の危険を抑える為に今まで他の3人にも黙っていたのです。いくら「君のせいじゃない」と言われても、ポルナレフに取っては、今更どのツラ下げてこの父に会える立場かだったでしょう。すっかり落ち込んでしまいましたが、その時アラジンの魔法のランプみたいなものについていたフジツボを剥がしてやったと思ったら、カメオとなのるランプの精みたいのが出てきた!!当然ポルナレフはすぐ信用するはずはなく、シルバーチャリオッツで応戦しましたが、なかなかのパワーを持っている。しかし、このカメオはあくまでランプから出してくれたお礼として3つの願いを叶えてやると言っている。疑っていたポルナレフも徐々に信用するようになったのか、大金持ちにしてもらった後は、妹・シェリーとアヴドゥルを生き返らせる事を要求します。まずシェリーが裸身ながらも姿を表したのですが、ここで在りし日の、高い高いしたり、外出するのを見送ったり等とその兄妹愛を示したシーンがまた補完されていたのも今回のお話のポイントでした。そう言えば、URは忘れたけど、某ジョジョファンサイトではDIO様との戦いが終わってから数十年以上経って、老人となっていたポルナレフが過去の回想等を語る内容等の小説が載っていて、もう10年以上も前の事(6部連載当時頃)でしたが、目にする機会がありました。しかし、今では正史とは全く・・・・・・・

ポルナレフにはシェリーの分まで長生きして欲しかった所でしたが、今はそんなセンチメンタリズムに浸っている場合ではありません。ホントに生き返ったかに見えたシェリーがポルナレフを襲ってきた!!ここでカメオが漸く自分の正体を明かす事にしたのですが、他人の心の隙間に付け入る、彼もまたある意味恐ろしいスタンド使いです。でも、ポルナレフが願ったのはシェリーではまだ終わらない。という事は・・・・・・・・・・


シェリーも、映画でも良くアン・ハサウェイ氏等の吹き替えをされている小松由佳氏でしたが、カメオもベテラン声優、有本欽隆氏が声優でした。特に有本氏は「いやだよぉーーーん!!」等やや地味ながらもその台詞回しは絶妙で面目躍如と言った所なのでしょう。そして次回はホントにいよいよ・・・・・・・・・

| | トラックバック (0)

2014/08/21

今度のスマブラでもロックマンはプラントバリアやビートを使うらしいけど

http://www.inside-games.jp/article/2014/08/14/79483.html

『スマブラ for 3DS / Wii U』ロックマンの特殊武器はカスタマイズ必殺ワザとして登場

2014年8月14日(木) 18時13分

  • ツイッターよりの画像
    ツイッターより

任天堂は、ニンテンドー3DS/Wii Uソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』の新情報を公開しました。今回は、ロックマンのカスタマイズ必殺ワザが公開されています。

原作のロックマンは、さまざまなボスの特殊武器を使いこなすことができます。そのため、『スマブラ』でもカスタマイズ必殺ワザとして「プラントマン」の「プラントバリア」を使っている様子が公開されています。


また、ロックマンの仲間である「ビート」が登場しているのも確認できるほか、これ以外にも、シリーズをまたいだボスワザらしきものが存在しているとのこと。既にいくつかの特殊武器が用意されていることは判明していますが、はたしてどれだけカスタマイズ必殺ワザとして使用できるのか楽しみです。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』は2014年9月13日発売で価格は5,200円(税抜)、『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』は2014年冬発売予定です。

(c) 2014 Nintendo
Original Game: (c) Nintendo / HAL Laboratory, Inc.
Characters: (c) Nintendo / HAL Laboratory, Inc. / Poke'mon. / Creatures Inc. / GAME FREAK inc. / INTELLIGENT SYSTEMS / SEGA / CAPCOM CO., LTD. / BANDAI NAMCO Games Inc.
http://route-125.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-5af4.html

そう言えば、このブログを始めたばかりの頃、ドラマCD「ロックマン危機一髪」についての感想を述べましたが、カウントダウン5について触れてませんでしたな。全50分中、20分弱も割かれていたのにこれをスルーする形に長い間なってしまっていたのは片手落ちだったと言うか、筋が通らなかったかもしれません。この上記過去エントリーに追記する形としても良かったのですが、もう今日で丁度5年半経ちましたし、これもちょっとした感想を述べてみます。「スマブラ for 3DS/Wii」の発売記念(?)として。ネタバレになってしまうので、見るのは、前回エントリーで触れた湯川遥菜(正行)氏とかとは違って本当に自己責任という事で。

10位・・・・クリスタルマン(5)

FC版シリーズもワールド4ぐらいの難易度でも丁度良かったかも。
クリスタルマンは現在は「ワンパンマン」を連載されているらしい村田雄介先生がダストマン共々デザインしたボスキャラでしたが、まさかこの時点では当時黄金期にあった、週刊少年ジャンプという雑誌で連載を持つことになるとは思いませんでしたね・・・・・アイシールド21は、TVアニメ版は、特に声優起用の面では残念な点(ロンブーもそうだけど、セナもジョジョASBのジョルノやタクシーNY等同様朴璐美氏のままで良かった)も目立ちましたが、既に将来の大器を思わせるものが当時の村田少年にはあったという事だったのでしょう。


9位・・・・トマホークマン(6)


確か「8」のOPでも
ロックマンが歴代シリーズのボスと戦うシーンでは6代表として登場していましたが、大して強くない6ボスの面々では強い方でした。ワールドシリーズでも登場して欲しかったですね。


8位・・・・リングマン(4)


リングマンのBGMも良いですよね。ワイリー、ちゃっかり自分が製作した事にしていたけど。
中ボスのオンパレードでは高い配置センスを感じました。


7位・・・・メタルマン(2)

ワイリー、このロボットの事は半ば忘れていたのはご愛嬌といった所か。あなたが製作した初めての戦闘用ロボットですぞww

6位・・・・スカルマン(4)

PS復刻版のアレンジはどことなく、切なさや寂しさとかも伝わるメロディーだったのも印象的です。彼のステージはまた、クリスタルマンや後述するナパームマン共々FC版よりはワールドシリーズの方がステージデザイン良かったです。

5位・・・・ナイトマン(6)

ケンタウロスマンの恋仲という池原版の設定は逆輸入しても良い様な気もします。後の10のブレイドマンとも仲良くなれそうですね。

4位・・・・エレキマン(1)

1ボスキャラステージでは唯一のベスト10入りでした。そう言えば、ワイリーはキテレツ大百科の熊八でもあったけど、カレキマンとの言い間違えは彼の息子と同レベルでしたなww。

3位・・・・ジャイロマン(5)

ボスキャラ戦に特化した、「パワーバトル」及び「パワーファイターズ」では彼は特に行動パターンが良アレンジ化されていました。実現の可能性は低いでしょうが、もし「ロックマンロックマン」が5まで製作されて、彼もまたボスキャラの1人として再登場するのならこれぐらい強くして、弱点武器もグラビティーホールドは特定の状況じゃないと4ダメージを与えられないという設定にしてほしいものですね。そう言えば、このパートではまた、ワイリーは少年時代の恋まで語っちゃってましたwwけど、何で日本人っぽい名前だったんだww。日系人だったのか。ロックマンがスルーしていたのも何げに「GJ!」でしたなww。

2位・・・・ナパームマン(5)

今日も職場食堂のTVで見た、三谷幸喜氏脚本の「シャーロック・ホームズ」紹介番組(学園モノでは、余計キャラと声とのイメージ合わないような気がしますが、まあこの人が自分のお気に入りのキャストで固める事とかは分かりきった事ですからね)でも、三谷氏らと共に打合せしていたシーンも公開されてましたが、山寺宏一氏がナレーションだったCMでも採用された等5を象徴するBGMですからね。そしてここでもロックマンは「あまり強くない」とさらりと言うww。

そして1位は・・・・・・・・・・・・





1位・・・・マグネットマン(3)

ワイリーが勝手に紹介してましたけどww・・・・・・・3でのCMではスネークマンのそれが採用(ノーヘル姿のブルースも見る事が出来た)されてましたが、まさにマグネットマンキタァァァァァァァ━(゚∀゚)━!でしたね。PS復刻版って、基本前述のパワーバトルやパワーファイターズのアレンジ曲流用だったけど、これもアレンジも見たかった所?


最後、ワイリーはレゲェ共々お約束の逃亡を遂げましたが、レゲェ君、「さよ」「おなら」なんて、佐藤正氏があの「燃える!お兄さん」(Jコミでも順次公開されたようだけど、放射能の話は用務員の話共々対象外となってしまったらしいのは無理なかったでしょう。このご時世では)の次に連載した「爆発宇宙クマさんタータ・ベア&菊千代くん」の、菊千代がかましたギャグと同レベルですよww。ロックマンも慣れていたのか「まあいいか」とかなんて言ってましたけど、マグネットマンが1位だったのも意外なら、2ボスBGMのベスト10ランクインが1曲だけだったのももっと意外でしたね。この頃は、2を懐かしむ傾向等「思い出は億千万」(2のワイリーステージ1)とか、「エアーマンが倒せない」とかが登場した2007年以降ほどは酷くなかったと言うか、そういう音楽面からも、シリーズに対する「愛情」等の方向性とかまだ比較的マトモだったのでしょうね。ちなみに、私が2ボスキャラのBGMで一番良いと思うのは、フラッシュマンステージのそれですが、さあ今度のスマブラ参戦で、ロックマンシリーズはまた新しい方向性とかを築けるのでしょうか?どうせなら、SFシリーズのリュウとかも一緒に参戦させた方がなお良かったのではで、ライト博士もそうですが、もうワイリー役の青野武氏の声も聞けないのですね。OVA「星に願いを」等での緒方賢一氏も良かったけど、声優といえば、ロックマンのそれは勿論折笠愛氏や小林由美子氏等も良かったけど、やはり椎名へきる氏の印象が一番強いです。さあ、今度のスマブラではどなたが演じられるのかですが、彼女達とはまた別のロックマン像とかが確立できれば・・・・・・でしょう。スマブラシリーズのプレイ経験はゼロですが、3DS対応らしい「NEWスーパーマリオブラザーズ2」(wiiが他の2Dマリオシリーズ同様面白かったので)共々プレイしてみたいなあと改めて思います。

| | トラックバック (0)

2014/08/19

今年春の解放時点で・・・・・・・・(※8/27に追記しています)

http://2ch.ki9.biz/archives/34403.html

http://ameblo.jp/private-military/ 

(PMCのブログ)

http://timeaxel.net/archives/1007860104.html

http://ホイミ速報.jp/geinou/%E7%94%B0%E6%AF%8D%E7%A5%9E%E4%BF%8A%E9%9B%84%E3%80%8C%E6%B9%AF%E6%B5%85%E6%98%A5%E8%8F%9C%E6%B9%AF%E5%B7%9D%E9%81%A5%E8%8F%9C%E3%81%AA%E3%82%93%E3%81%A6%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84%E3%80%82/

http://www.akb48matomemory.com/archives/1007848810.html

http://matome.naver.jp/odai/2140832654499029901

https://www.youtube.com/watch?v=bvZUTMFCCRM

http://blog.livedoor.jp/ganbare_zinrui/archives/11476167.html

(湯川遥菜氏の素性等について考察したあるブログのエントリー)

http://blog.livedoor.jp/ganbare_zinrui/archives/11506335.html

(同上その2)

「自称」(?)民間軍事会社PMC(しかし、会社としての実態は無きに等しい?)のCEO、湯川遥菜氏がシリア中部からイラク北部を実質支配しているらしい過激武装集団「イスラム国」ISISに拘束されているとの事らしいですが・・・・・・

職場食堂のテレビで流れていたTBS「ひるおび!」でも今日放送されていたのを目にしました。日本経済新聞でも、「そうした平和維持活動等に従事している人達もヨルダン等隣国で主に活動している」とか、「そういう組織に疑われる可能性が高いので普通武装とかはしない」とか書かれていましたが、どうやら湯川氏はそういう紛争地域に乗り込むにあたって必要は予備知識等殆どなく、ミリタリーオタクが高じて危ない橋を渡っちゃった(スタンド使いであるジョースターエジプトツアー御一行様だって、原作連載当時の時代設定上、まだ戦争していたイラン・イラクは避けていた)ようですが、一番上のHPですね。中にはグリーンベレー入隊経験者を名乗っていた人もいたようですが、彼らとのやり取りといい、中には片腕が切断されていた子供の姿も流したようつべでの戦場動画といい、どうりでそれらしい緊迫感とか伝わらないわけで・・・・・・・・・・

勿論、下手すれば既にこの世の人でない可能性もある湯川氏を、「自己責任だ」とか言って非難するつもりはないです。しかし、前述の「ひるおび!」でも言及されてましたが、上記3番目のHPです。ISISとは「敵の敵だから味方」と思いきや、敵対関係にある自由シリア軍にも今年春に拘束された事があったらしく、この時は「ひるおび!」でのインタビューでも応じられていた、フリージャーナリスト・後藤健二氏のとりなしで解放となったらしいですが、その時点で幸運だったと思うべきでしたよね・・・・・・・・・この人は良い人だったようですが。

ちょっと一目会った程度の面識では無かったらしい、田母神俊雄氏も歯切れ悪いよ(確かに下手に「助けましょう」とか言ったら、余計立場が悪くなる可能性もありますが)と言うか、マジで覚えてなくても安否を気遣う言葉ぐらいかけてあげようよだけど、いくらPMCのHPやFBでも晒されていたとは言え、その身元をバラしてしまった「この人」も、いやあエグいわあ・・・・・・・と言うか、朝日新聞は慰安婦報道(確かに、たとえ高級売春婦だったとしても、あの時代には必要だったんだとか正当化するつもりはないけど、もうそういう補償とかだって済んだ事でしょ?)とかと違って、こういう「トカゲの尻尾切り」は「ハヤっ!!」ですが、こういう人間もマスコミで仕事に携わっていると思うと、ゾッとしますね・・・・・・・・いや、たとえ湯川氏がアレで、「この人」がバラさなくても同じ結果になっていたとしても、その償いとかはどうすれば良いのだろうか?ISISは人1人の命を奪う事なんて何とも思っていない連中らしいですが、もし湯川氏が血税も消費する形になっても、生命は失わず日本に帰って来れたら、今度こそはそういう経験も活かして別の形で社会貢献される事を願わずにはいられません。

【以下8月27日追記】

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jcast-214157/1.htm

交渉には応じるつもりが無いんですか・・・・・・イスラム国って。CIAとか口走っちゃったらしいけど、ほぼ完全にスパイと疑っていて、拷問しても吐かせるまでは絶対手放すつもりはないのですかね。この湯川氏を。彼らはちょっとアレですが、向こうの人たちはそういう宗教とかに対する価値観が私達日本人とは全然違うんだという事を重々理解しなければいけないという事でもあるのでしょう。しかし、勝手に紹介させていただいたブログでも仰っていた方がいましたが、湯川氏はスパイでも何でもないんです。普通の人とちょっと価値観が違うだけの可哀想なおじさんに過ぎないんです。氏を拘束とかしても、あなた方イスラム国にはメリットなんてありません。もう日本に帰してあげたっていいじゃないですか。流石にまたあなた達の前に姿を現そうとかなんて思わないはずです。

| | トラックバック (0)

2014/08/16

ジョジョスターダストクルセイダース第20話「死神13その2」感想

http://jojo-animation.com/contents/story/20.html

やはりこの死神13戦も3部前半戦の中でも重要なエピソードですから、1話では終わりませんでしたが、カルカッタでアヴドゥルが倒れた時は、怒りで冷静な判断を失っていたポルナレフを「仲直り」の印として肘打ちを食らわせた筈が、このサウジアラビアの広大な砂漠では今度は逆に同行の是非まで疑問視され、当て身まで食らわされてしまったのは皮肉でした。花京院。

ポルナレフの髪が、ガイルやナッシュもビックリだったでしょうが、膨らんで柱に縛り付けられたり、ジョセフの義手が大きくなったり、承太郎先輩のスタープラチナが暴走してフライパンでその顔を自ら叩きつけ、間抜け面になったりと、原作同様さりげなくコミカルさも織り交ぜていました。中の人は少年探偵団の光彦でもあり、「見た目は赤子、頭脳は大人以上」(もうそのキャッチフレーズはいいからww)な死神13、彼も対処法がわからずいきなり襲われてしまっては厄介なスタンド使いであります。もっとも、調子に乗って慢心したか、自分でその対処法を喋ってしまったのはご愛嬌と言った所だったのでしょうが、このまま夢の世界で4人ともブチ殺せばそれもノープロブレム!!です。

ところが、実際花京院がその対処法を実行していた!!「おしおきの時間」か?と思いきや、今度は彼の方が慢心してしまったのか、死神13が胴体をその大鎌で斬る策に出た。しかし、これは別に大胆でも何でもなく、胴体は空洞なのだから痛くも痒くもないのです。ところが、ハイエロファントグリーンも胴体を紐状にして死神13の体内に侵入していたのです。DIO様じゃないけど、こうなったらもうチェックメイトですね。

結局花京院以外の3人はこの夢の世界での出来事を覚えていませんでしたが、腕の傷、「BABY」「STAND」を消してもらったのだから、そんな事は彼にとっては全くどーでもいい事です。そして例の朝食に排泄物を入れて、それを食わせたオチも原作同様でしたが、原作では茶色っぽい色だったのがこのTVアニメ版では黒っぽい色だったのは100パー勝てた筈がまさかの敗北を喫してしまったストレスの影響もあったのですかな?「太陽」の話もそうだったけど、ちゃんと「チャンチャン」で締めたのもご愛嬌といった所ですか。そして次回の話は、ついに全国5000万人(やや誇張有り)のジョジョファンが待ち望んでいた「あの人」が・・・・・・・・・

| | トラックバック (0)

2014/08/15

「アジア解放のための聖戦」とか正当化してないだけまだマシか

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/kyodo-2014081501001797/1.htm

追悼式、首相式辞に危惧広がる

2014年8月15日(金)19時28分配信 共同通信

 

 

 

 安倍晋三首相が昨年に続き、全国戦没者追悼式の式辞でアジア諸国への加害責任に言及しなかった15日、遺族や識者から「アジアとの溝が深まる」と危惧する声が上がった。7月に集団的自衛権の行使容認を閣議決定した安倍首相が、例年の「不戦の誓い」との表現を使わなかったことへの不満も広がる。

 一方で「歴代首相がずっと謝罪してきたので、もう十分」と肯定的に受け止める遺族もいた。

 叔父を亡くし、日本武道館での追悼式に出席した秋田県横手市の無職酒井喜代三さん(74)は「アジアへの加害には触れなくちゃ駄目。集団的自衛権のこともあるし、危険に感じている」と語気を強めた。

今日は終戦から丁度69年目ですが、この記事ですね。「アジアへの加害には触れなくちゃ駄目」との意見にも、「そう思う心情も理解しなければいけないなあ。」で勿論強い反対とかはせず、まあもうヤフコメとかでも耳にタコができるほど聞いてますが、右翼や保守の人達宜しく、「アジア解放の為の聖戦で、欧米各国の搾取からの救世主だった!!」とかドヤ顔で正当化とかはしてなかった分(本心はどうであれ)まだ全然マシだし、マジレスとかもするつもりはないです。と言うか、長崎平和式典のスピーチでもコピペとか報道されてますが、これもデリケートな過去の悲劇だし、どうしても同じような、当たり障りのないスピーチになるのはしょうがないのでは?ですね。残念ながら今までの政局運営、特に内政面(菊池桃子氏の登用話も、もうとっくにエイプリルフールの時期過ぎてますぞ?)を見ると、私は安部総理を支持する気にはちょっとなれないですが、こちらは明らかに下らない揚げ足取りです。

靖国参拝自体についても、自分は積極的に賞賛も批判もするつもりはなく、確かによりによって日本の新聞社である「筈の」朝日新聞の某記者がそういう問題を大きくしてしまったのは笑えないブラックジョークですが、彼に悪い意味で感化されてしまった中国・韓国だけでなく、アメリカにとっても靖国参拝は戦勝国史観に対する挑戦行為と見做しているようだから、その善し悪し以前の、そうした現実に、参拝した後日本という国なりの信念(勿論それは、右翼・保守の人達みたいに、戦前・戦中の悪い点も全て良い風に見せようとして、日本国憲法が今まで果たしてきた歴史的役割も否定し、「早く自主憲法を制定しろ」とかドヤ顔で提案する事などでは全然ないのである)を改めて示したりとか、的確な対応ができるのなら別に閣僚皆毎月でも参拝したっていいんですよ。彼らの参拝是非よりも、一々そういうのを大げさにマスコミが報道している事に対して強い違和感を覚えますが、まあ安倍総理は、例え2018年までの長期政権となっても、任期中の靖国参拝はもう無理ゲーっぽいですが。

集団的自衛権の存在自体も、そうした日本という国の平和維持とは矛盾しないとも思います(積極的に、賛成するつもりもないけど)が、それを100%明確にはできないであろう憲法解釈変更による閣議決定は将来に大きな禍根を残す可能性だって有り得るし、それについての言及は最低限必要だったとも思いますが、改めて今後日本という国のあり方はどうあるべきなのか?戦争を知らない世代が増えているからこそ、体験世代の方々がまだお元気な内にその教訓等をもっと伝えていかなければいけないのではないか?月並みだけど、改めてそう強く思った今年の終戦の日でした。

| | トラックバック (0)

2014/08/14

百人一首の歌人達(14)-63番左京大夫道雅後編

非参議に叙せられた人達の一覧
飛鳥・奈良時代(793年以前)
名前 任命日 辞任日 辞任理由 備考
長屋王 709/11/1 718/3/3 大納言昇進 最終的には正二位左大臣
巨勢麻呂 713/1/7 715/5/7 中納言昇進
石川宮麻呂 713/1/7 713/12 死去 655年(斉明天皇1)生まれ。蘇我
連子の子
多治比池守 714/1/7 718/3/3 中納言昇進 左大臣多治比嶋の子
藤原武智麻呂 718/1/7 721/1/11 中納言昇進
藤原宇合 725/1 731/8 参議昇進
藤原麻呂 729/3 731/8 参議昇進
百済王南典 737/9/13 758 死去 667年(天智天皇5)生まれ
竹野王 744/2 758 死去 672年(天武天皇1)生まれ
智努王 747/1/7 758/6 参議昇進 後名文室浄三。長親王の子。天武天皇孫
三原王 748/2/1 752/10 死去 舎人親王の子、天武天皇孫
石上乙麻呂 748/2/1 749/7/2 中納言昇進 左大臣石上麻呂の子
百済王敬福 749/4/1   766/8/8 死去 大仏建立の為の黄金献上による昇進
南典の甥
藤原乙麻呂 750/11/1 760/6/17 死去 武智麻呂4男
栗栖王 752/7/8 753/10/7 死去 長親王の子。天武天皇孫
682年(天武天皇11)生まれ
一説に758年(天平宝字5)没
藤原永手 754/1/13 756/5/19 権中納言昇進 房前2男。最終的に正一位左大臣
藤原弟貞 757/7/5 762/12/1 参議昇進 長屋王の子、不比等が母方の祖父
初名山背王
塩焼王 757/8/3 763/1 参議昇進 新田部親王の子、天武天皇孫
藤原仲麻呂の乱で処刑される
後名氷上塩焼
池田王 758/8/1 759/6/16 親王宣下 舎人親王4男
河内女王 758/8/1 769/5? 官位剥奪 760/5/3 正三位。長屋王妹
773/1 779/12/23 死去
白壁王 759/6/1 762/12/1 中納言昇進 志貴親王子、天智天皇孫。後の光仁天皇
藤原巨勢麻呂 760/1/7 764/9/11? 処刑 武智麻呂3男
藤原仲麻呂の乱で処刑される
一説に763年(天平宝字7)死去
藤原蔵下麻呂 764/9/11 774/5/5 参議昇進
高倉福神 765/1/7 789/10/8 死去 高麗氏。785年(延暦4)に致仕
文室大市 765/7/7 766/7/11 参議昇進
藤原宿奈麻呂 766/11/5 770/7/13 参議昇進 後名良継
大伴古慈悲 775/1/5 777/8/4 死去
飯高諸高 776/4 777/5/28 死去 豪族出身の采女
佐伯今毛人 782/6/15 789/2 致仕
坂上苅田麻呂 785/2/8 786/1/7 死去 田村麻呂父
多治比長野 787/1/7 789/1/7 参議昇進 嶋の孫、池守の子。葛原親王等の外祖父
706年(慶雲3)生まれ
平安時代初期・前期(794~810年・810~930年)
名前 任命日 辞任日 辞任理由 備考
大伴乙麻呂 795/2 809/5/4 死去 初の征夷大将軍
和気清麻呂 796 799/2/21 死去
坂上田村麻呂 801/11/7 805/6/23 参議昇進
藤原葛野麻呂 805/7/15 806/4/18 権参議昇進 房前曾孫。鳥養流
春原五百枝 812/1/17 819/3/1 参議昇進 志貴親王玄孫
紀百継 822/12/24 835/7 参議昇進
藤原継彦 826/1/7 828/2/26 死去 年齢57とあり、逆算すると770年(宝亀1)
生まれとなり、浜成が47歳の時に生まれた
子となってしまう。また日本後紀では
822年(弘仁13)11月とする
佐伯永継 826 828/11/12 死去
藤原継業 826/1/7 842/7/5 死去 宇合孫、緒嗣弟
藤原浄本 830/5 830/7/21 死去 蔵下麻呂子
源常 831/1/7 832/11 中納言昇進 嵯峨天皇皇子
源定 832/1/7 833/8/15
橘氏公 833/1/7 833/6 参議昇進 嵯峨天皇皇后嘉智子の弟、奈良麻呂孫
菅原清公 839/1/7 842/10/17 死去 道真祖父
百済勝義 839/2/15 855/7
平高棟 843/4/14 851/12 参議昇進 桓武天皇孫。
源融 850/1/7 856/9 参議昇進 嵯峨天皇皇子
高枝王 854/1/7 858/5/15 死去 桓武天皇孫。伊予親王子
橘永名 860或861 866/5/10 死去 奈良麻呂孫
基棟王 884/2/23 887? 死去? 葛井親王子。桓武天皇孫
藤原時平 890/11/28 891/3/19 参議昇進
藤原高藤 894/1/3 895/10/26 参議昇進 皇太子・敦仁親王(後の醍醐天皇)外祖父
子孫は勧修寺流として繁栄
平安時代中期(930~1068年)
名前 任命日 辞任日 辞任理由 備考
藤原兼家 967/11/23 969/2/7 中納言昇進
藤原済時 969/9/13 970/8/5 参議昇進
源博雅 974/11/18 980/9/28 死去
藤原国章 977/1/7 985/6/23 死去 長良流。長良曾孫
藤原季平 977/8/2 983/6/11 死去 長良流。
菅原文時 981/1/7 981/9/8 死去 道真孫
藤原公季 981/1/7 983/12/16 参議昇進 閑院流の祖
藤原道隆 984/1/7 986/7/5 参議昇進
藤原義懐 984/10/10 985/9/14 権中納言昇進 花山天皇外叔父
源時中 986/7/23 986/10/15 参議昇進 宇多天皇曾孫
藤原尹忠 986/7/23 989/8/2 死去 貞嗣流
高階成忠 986/7/23 998/7/7 死去 道隆舅。今回の主人公、道雅の曽祖父
藤原懐平 986/12/22 998/10/23       参議昇進
藤原遠度 987/7/12 989 死去 師輔7男。
藤原道長 987/9/20 988/1/19 権中納言昇進
藤原道綱 987/11/27 991/9/7 参議昇進 990/1/7に正三位。
源泰清 988/1/29 999/4/11 死去 醍醐天皇孫
藤原高遠 990/1/11 1013/5/16 死去 1005正三位
源清延 990/8/29 996/1/12 死去 光孝天皇曾孫
藤原有国 990/8/2 1000/10/3 参議昇進 996正三位。真夏流
菅原輔正 992/2/15 996/4/24 参議昇進 道真曾孫
藤原忠信 993/12/10 994/12/11 死去 魚名流
藤原隆家 994/8/20 995/4/6 権中納言昇進
源憲定 996 1017/6/2 死去 村上天皇孫、醍醐天皇は父母両方の
曽祖父(母方祖父が源高明)
平親信 1001/10/10 1015/10/28 参議昇進
藤原兼隆 1002/1/20 1008/1/28 参議昇進 道兼の子
藤原頼通 1006/3/4 1009/3/4 権中納言昇進 同年9月に正三位、1008/10/16に従二位
藤原教通 1010/11/28 1013/6/23 権中納言昇進 1011/8/11正二位
藤原頼宗 1011/8/11 1014/3/28 権中納言昇進
藤原能信 1014/5/16 1017/8/29 権中納言昇進
藤原道雅 1016 1054/7 出家
藤原兼経 1018/10/23 1023/12/15 参議昇進 道綱の子
藤原長家 1022/1/6 1023/2/12 権中納言昇進 俊成・定家は彼の子孫
藤原惟憲 1023/12/26 1033/3/26 死去 勧修寺流
源師房 1024/9/21 1026/11/6 参議昇進 村上源氏祖
藤原兼頼 1030/3/8 1031/12/26 参議昇進 頼宗の子
藤原信家 1033 1036/12/8 権中納言昇進 教通の子
大中臣輔親 1035 1038/6/2 死去 大中臣能宣の子。954年(天暦8)生まれ
藤原資業 1045/4/26 1051/2/16 出家 真夏流
藤原師経 1045 1066 死去 生年は10世紀末~11世紀初頭頃
源基平 1046/11/3 1050/11/25 参議昇進 敦明親王子。三条天皇孫
源俊房 1049/10/13 1057/3 参議昇進 師房子
藤原忠家 1051/6/13 1060/12/16 参議昇進 長家子。俊成は孫で定家は曾孫
藤原祐家 1052/11/3 1064/10/26 参議昇進 長家の子。忠家の弟
高階成章 1055/7/19 1058 死去
藤原師実 1056/2/3 1056/10/29 権中納言昇進
藤原経家 1056/1/7 1062 参議昇進 定頼子。公任孫
藤原隆佐 1059/1/7 1074 死去 勧修寺流。藤原賢子(紫式部娘)の異母兄
藤原師成 1063/2/27 1075/12/15 参議昇進 済時孫
藤原長房 1063/4/2 1083/1/16 参議昇進 隆家孫。道隆曾孫

 

次に非参議となったのは、5男の道長(4男に道義という人もいたらしいが、おそらく元服後ほどなくして早世したのであろう)が生まれた時点でもまだ公卿にすらなっていなかった藤原兼家でした。この頃丁度基本的に摂関が常置される事になって、安和の変もその過渡期に起きた、必然的な事件でしたが、短期政権に終わった長兄・藤原伊尹の死を経て、妹で村上天皇中宮だった安子の書付をタテに急速な昇進を遂げた次兄・藤原兼通政権となった頃から、平安遷都後ずっと続いていた官位デフレモードが終了、少しずつですが、約4・50年ほどかけて官位が実際の官職に比して高くなっていく事になります。

兼通・頼忠政権時も、6人誕生し、その中にはあの映画「陰陽師」シリーズでもおなじみな源博雅もいましたが、その後の、特に摂関になれそうでなれなかった藤原兼家政権だった986年(寛和2)6月~990年(永祚2)5月の約4年間ですね。道隆が従三位・春宮権大夫→正二位・内大臣・左近衛大将、道兼が正五位下・左少弁→正二位・権大納言・皇太后宮大夫、道長が従五位下・右兵衛権佐→正三位・権中納言・右衛門督、道綱が正五位下→正三位と息子達も早世したであろう道義以外皆急速な昇進を遂げてますが、非参議も、道長・道綱を除いても7人出ています。中には道隆舅の高階成忠もいます。また兼家にとっては弟の遠度もいて、彼は蜻蛉日記の登場人物として有名(?)ですが、共に最終的には太政大臣となった弟の為光や公季よりも昇進が遅れたあまり、それほど有能ではなかったのでしょう。3人いた息子達も2人は出家し、残った高頼も公卿には列せられないまま人生を終えています。

中関白家の没落も、兼家死後跡を継いだ道隆が父に倣って、調子に乗って道頼・伊周・隆家の息子達を急速に昇進させたのもその大きな理由だったようですが、兼家・道隆のそうした身内昇進人事がさらに官位インフレ化に拍車をかけた様です。最終的な勝利者となった道長を中心とした御堂流嫡流が、若年で高位高官に昇っていったのですが、頼通だけでなく、教通も14歳、頼宗は18歳、能信も19歳、長家は17歳で非参議になっていて、彼らもそこから参議を経ないで権中納言に昇進したし、嫡流を外れた一族も、道兼の子・兼隆は17歳で、道綱の子、兼経は18歳で非参議となり、また道長の五女・尊子と結婚した源師房も16歳で非参議となっています。道長の孫世代ではやはり頼宗の子・兼頼と教通の子・信家がそれぞれ16・14歳で非参議となっています。

ここまで道雅その人とはあまり関係ない話をしていますが、そういう意味では彼も、父や叔父が長徳の変で左遷された後もなお、逆風が吹きながらも頑張っていれば兼隆兼経、小野宮流の資平定頼みたいに中級以上の公家として生き残る事は可能だったのです。19歳の時に亡くなった父・伊周が、「他人に追従するぐらいなら出家しろ」との遺言を残しましたが、そうした遺言を聞きながらも、本来だったら叔母の定子が産んだ敦康親王が同時期に崩御した一条天皇の後の、三条天皇の皇太子となるはずだったのが幸運の女神は道長の方に完全に微笑んでいた。9歳年下の弟・敦成親王(後一条天皇)の春宮権亮を努め、さらに後の羽林家格の貴族が兼任する近衛中将を経て、公卿への登竜門と言われた蔵人頭になる等途中までは悪くはない出世コースをたどっていたかに見えました。

ところが、この平安中期の貴族達は、繁田信一氏著作「殴り合う貴族たち」も少し目にする機会があったのですが、貴族が直接、または従者を使って気に入らない他の貴族達等を暴行する事が多かったのです。中央公論新社の「王朝の貴族」では、酒飲んで酔っ払うあまり人前でも恥とされた無帽姿を晒していた道隆や、花山天皇を退位させたのに父から摂関を譲られなかったのにいじやけ、その死も悲しまないで宴会などを催し、道隆を妬んでいた道兼に比べて道長はまだ行儀が良い方だなんて書いてありましたが、とんでもない。

やけに駄洒落も多様していた(苦笑)、人見倫平先生が漫画担当だった学研まんが人物日本史「藤原道長」では「きまりにしたがわなかったから」と、巻末の年表でぼかされてましたが、自分の気に入りの官人を登用試験に合格させる為に試験官を連行させて、父・兼家に一時勘当されています。このシリーズの主人公達は、オリジナルの登場人物を使って、金閣を「これが美しいものだとは到底思えない。お前の目は節穴か?」等と批判させた足利義満は例外的に異端だったとも言えましたが、他には天智天皇・源頼朝・大石良雄(ちなみに自分は忠臣蔵はあまり好きではない)・伊藤博文等美化される傾向が強く、一方で隆家の従者が道長の従者に喧嘩売って乱闘となったシーンも描かれてました。まあ1000年前の、ガチガチの身分社会だった平安日本の貴族達の言動を、あまり現代的な感覚で捉えるのも表面的な見方というものなのでしょうが、残念ながらこの道雅は永井豪氏じゃないけど、そんなバイオレンスな平安貴族たちの中でも最悪な代表例となってしまったのです。

道長が父や叔父を失脚させ、娘・彰子を中宮として強引に天皇の「もう一人の皇后」として入台させ、天皇との間に敦成親王が生まれたら、(通雅にとっては)従弟でもある敦康親王にも一転冷たい態度を取るようになり、親王を皇太子にしたと思ったら今度はさっさと三条天皇を退位させたくてしょうがないと来ている。余計鬱憤とかが溜まっていたのは想像に難くないですが、どうやらその三条天皇の皇子・敦明親王の雑色長だった小野為明を暴行したのも天皇が敦成親王に譲位する直前の事と思われます。この敦明親王もやはり前々から度々暴行に及ぶ等問題行動が目立つ人だったようですが、道雅とも既に前々から何らかのトラブルを抱えていたのでしょう。その敦明親王が敦成こと後一条天皇の皇太子(後に道長の圧力で辞退)になったから、余計問題行動として発覚してしまい、しかし皇太子時代の天皇に仕えた功績も考慮しての、妥協の産物だった従三位昇進だったのでしょう。この時点でまだ24歳だったからまだまだ巻き返しのチャンスもありましたが、wikiにも書かれている通り、敦明にとっては妹にあたる当子内親王との密通や花山法皇の皇女だった上東門院女房の殺害関与疑惑と、特に冷泉上皇系皇族とのトラブルが目立ったようですが、流石に乱暴な平安貴族たちにも「殺しはまずい」な分別はあったようで、ダーティーな悪行を重ねてしまったようでは、従三位より上に昇進できなかったのもしょうがなかったでしょう。彼が生きている間に、遅れて非参議となった13人(藤原忠家まで)の公卿は、その内2人が権中納言に、7人が参議に昇進しています。(非参議を経た直後)

道雅は、平等院鳳凰堂が創建された直後に62歳の生涯を終える事となり、伊周の子女たちは頼宗の室となった娘のみが後世にその血を伝えた(頼宗流の園家が江戸時代に霊元天皇の外戚となったので、現在の皇室等にも伝わっている)ようですが、彼の人生を一言で評すると、「割り切る事ができなかった『もどかしさ』」だったのかもしれません。彼は前述の父の遺言を聞いても、直ぐ出家せず、そうした貴族たちの暴行も横行していた平安京という俗世に身を置いて、余計荒んでしまったようですが、6番の中納言家持(大伴家持)等みたいに時の権力者に安易に追従したりしない気骨があったわけでもなく、だからと言って、55番の大納言公任(藤原公任)みたいに真面目に仕えてその権勢に与るほどの世渡りの巧さがあったわけでもなく、97番の権中納言定家みたいに息子達の昇進にも力を注ぐ事も出来なかった。(定家の場合は丁度ほぼ貴族の家格が固定化されてきたというのもあったのでしょうが)右大臣まで昇った先祖もかってはいた、49番の大中臣能宣朝臣や73番の権中納言匡房(大江匡房)みたいに特定の確立された家業で生き残りを模索したわけでもなく、だからと言ってまた、17番の在原業平朝臣みたいにプレイボーイとして他の数々の女性とも浮名を流せたわけでもなく、48番の源重之みたいに地方で心機一転する事も出来ず、もっと長生きしていれば大臣になっていたであろう父に早く死別した12番の僧正遍昭や歌の願い通りその地で亡くなった86番の西行法師みたいにいっそ出家する事もなかなかせず、それはもう死の直前の事だった。何と言うか、一見イメージに合わない「今はただ~」の歌と暴行・殺害疑惑等の悪行にもそうしたもどかしさから来る心の迷い・弱さが現れているようです。息子の覚助はそんな父の姿を見た事もあってか、早く出家したようで、僧侶としてそれなり以上の出世も果たしたらしいですが、彼の方はまだ幸福な人生を送れたと言えたのかもしれません。

【以下9月14日追記】

非参議の一覧ですが、藤原基経の3男で、忠平の兄だった兼平も尊卑分脈等に拠れば従三位・宮内卿だったらしいですが、公卿補任には記載がなかったので、忘れてましたね。5男だった良平はおそらく882年(元慶6)頃生まれで、元服するかしないか、寛平末年から昌泰年間頃に早世したと思われますが、彼は60歳まで生きていて本来なら「藤原の四平」(一般的には時平・仲平・忠平の三平と呼ばれている)なのが、全く影の薄い存在ですよね。もし父がもう少し長生きして、同母姉だった温子が宇多天皇との間に皇子を儲けていれば、次は敦仁親王(醍醐天皇)ではなく、彼が清和天皇や陽成天皇みたいに幼少で即位して長兄・時平が摂政に就任。この兼平も天皇生母とは唯一同腹の外叔父としてもっと出世していたのではと思われますが、琵琶等芸術には長けていても、政治的能力はそれほどではなかったのでしょう。従三位も生前昇進による位階ではなく、摂政太政大臣たる忠平の異母兄故の没後追贈によるものだったかと思われます。まあ死んだ時点では忠平はまだ左大臣でしたが。なお、温子・兼平の生母は嵯峨天皇皇子、忠良親王の娘なのでこの2人は嵯峨天皇の曾孫という事にもありますが、温子は一人娘の均子内親王が異母兄の敦慶親王(伊勢も彼の妃である)と結婚するも、子供はできなかったようで、兼平も記録に残る子女はやはりおらずと残念ながら忠良親王は子孫を残せなかったようです。

| | トラックバック (0)

2014/08/12

どっちの意見が100%正しいわけではないけど・・・・・田上富久VS土屋正忠の事

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140811-00000070-jij-pol

長崎市長の平和宣言を批判=自民議員

時事通信 8月11日(月)18時43分配信    

 自民党の土屋正忠衆院議員は自身のブログで、田上富久長崎市長が平和宣言で集団的自衛権をめぐる議論に懸念を示したことについて、「核廃絶の祈りではなく、平和を維持するための政治的選択について語りたいなら、長崎市長を辞職して国政に出ることだ」と批判した。
 ブログは9日付。土屋氏は「長崎市長は歴史的体験を踏まえた核廃絶について語るから権威がある。集団的自衛権うんぬんという具体的政治課題に言及すれば権威が下がる」とも指摘した。 

私は過去ログでも何度か言った様に、集団的自衛権自体は必要だと思います。がっ、この田上富久長崎市長の平和宣言での発言も思想の左右とは別にです。現実は核廃絶とかはなかなか難しい問題かもしれず、確かに実際中国は脅威な、ごじゃっぺな国ですが、そうやってそういう外の驚異を必要以上に煽り、内政の不満をそらさせるのは今までの政治家達が採ってきたオーソドックスだけど、ついつい騙されてしまう手法だけに、この田上氏が懸念される気持ちも理解はできます。有無についてはともかく、発言に100%同意するわけではないですが、平和を願う気持ちは私も田上氏と同じです。

http://japanese.joins.com/article/980/171980.html

またこの田上氏は、確かにKPOPが原爆投下を揶揄するPV(でも、実写版サザエさんでも涼宮ハルヒ共々出演させてたもんねえ・・・・・・少女時代)に抗議したのは聞いた事なくとも、中央日報での、「原爆は神の懲罰」と中傷した記事には広島市の松井一実市長共々抗議されていたのですが、土屋正忠氏もですね。確かに、舛添要一東京都都知事みたいに、折角韓国に行ってきても、韓国側の分かりきっている言い分聞いてくる程度しか出来なかった人も考えものかもしれませんが、裏返せば国政に参加しなければ政治的発言全くダメという事?

この人の思想も、夫婦別姓反対とか部分的には賛同できる面もありますが、自民党議員の先生方皆さんにとっては、集団的自衛権を反対される事ってそんな凄い都合が悪いのだろうか?まあ憲法解釈変更での閣議決定をした事からもそれは察しはつきますが、手段は違えど、平和を希求する声そのものを封じようとする風潮にちょっとなってしまっているのも怖いなあと正直思います。「自民党よ、いい加減慢心するなかれ」です。政権与党に返り咲いた意味を勘違いしてはいけません。

| | トラックバック (0)

2014/08/10

百人一首の歌人達(13)-63番左京大夫道雅前編

いまはただ 思ひ絶えなむ とばかりを 人づてならで 言ふよしもがな(63番左京大夫道雅)

このシリーズ第13弾ですが、今回は左京大夫道雅ですね。本名は藤原道雅と言って、中関白家の第三代摂政または関白・・・・・・になるはずの人でした。しかし、彼はちゃんと62歳まで生きて、決してこの時代としては短命ではなかったのですが、従三位・左京大夫で終わっています。

http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/991099

先日公卿補任年表を入手したのですが、残念ながらこれは非参議と言って、従三位以上の位だけど、閣議に参加できる参議(さらに中納言・大納言・大臣といて、彼らは国政に携わる最高幹部達で、中納言・大納言は権官もいるのだけど、14世紀後半以降はほぼ専ら権官しか置かれなくなってしまった)以上に任命された事のない人達は載っていないのです。その最高幹部達である太政官のメンバーですが、道雅が2歳の時の、994年(正暦5)8月28日時点では以下のメンバーでした。

(994年8月28日時、太政官メンバー)
役職 官位 名前 年齢
関白 正二位 藤原道隆 41
左大臣 正二位 源重信 72
右大臣 正二位 藤原道兼 33
内大臣 正三位 藤原伊周 20
大納言 正二位 藤原朝光 43
大納言 正二位 藤原済時 53
権大納言 従二位 藤原道長 28
権大納言 正三位 藤原道頼 23
中納言 従二位 藤原顕光 50
中納言 正三位 源保光 70
中納言 正三位 藤原公季 38
権中納言 正三位 源時中 51
権中納言 正三位 源伊ただ 56
(変換できず)
権中納言 正三位 藤原懐忠 59
参議 正三位 藤原道綱 39
参議 正三位 藤原安親 72
参議 従三位 藤原時光 46
参議 従三位 藤原実資 37
参議 従三位 平惟仲 50
参議 正四位下 藤原公任 28
参議 正四位下 藤原誠信 30
参議 正四位下 源扶義 43


大臣はずっと定員1人だったのが、中世以降権大納言・権中納言・参議はいずれも10人超えるか超えないかの定員まで増加する事となりますが、それはまた別のお話です。道長が6年前の988年(永延2)に非参議からいきなり議政官は権中納言からスタートとなったのも、893年(寛平5)に22歳で中納言となった藤原時平(「女房」の源倫子の祖母は時平の娘なので、道長にとって時平は義理の曽祖父でもある)に迫る好スタートでしたが、道雅の父・伊周はさらにスピード出世を遂げたわけです。官位の方はまだ正三位で、中納言~大納言の公卿たちには彼よりも官位の高い人も何人かいましたが、その後の中関白家の没落はもはやここで態々述べる事ではないです。ここでちょっと古いですが、折角「国史体系公卿補任」を目にする事が出来たので、平安中期までの非参議になった人達は誰か調べてみました。


飛鳥・奈良時代(793年以前)
名前 任命日 辞任日 辞任理由 備考
長屋王 709/11/1 718/3/3 大納言昇進 最終的には正二位左大臣
巨勢麻呂 713/1/7 715/5/7 中納言昇進
石川宮麻呂 713/1/7 713/12 死去 655年(斉明天皇1)生まれ。蘇我
連子の子
多治比池守 714/1/7 718/3/3 中納言昇進 左大臣多治比嶋の子
藤原武智麻呂 718/1/7 721/1/11 中納言昇進
藤原宇合 725/1 731/8 参議昇進
藤原麻呂 729/3 731/8 参議昇進
百済王南典 737/9/13 758以降 死去 667年(天智天皇5)生まれ
竹野王 744/2 758 死去 672年(天武天皇1)生まれ
智努王 747/1/7 758/6 参議昇進 後名文室浄三。長親王の子。天武天皇孫
三原王 748/2/1 752/10 死去 舎人親王の子、天武天皇孫
石上乙麻呂 748/2/1 749/7/2 中納言昇進 左大臣石上麻呂の子
百済王敬福 749/4/1 大仏建立の為の黄金献上による昇進
南典の甥
藤原乙麻呂 750/11/1 760/6/17 死去 武智麻呂4男
栗栖王 752/7/8 753/10/7 死去 長親王の子。天武天皇孫
682年(天武天皇11)生まれ
一説に758年(天平宝字5)没
藤原永手 754/1/13 756/5/19 権中納言昇進 房前2男。最終的に正一位左大臣
藤原弟貞 757/7/5 762/12/1 参議昇進 長屋王の子、不比等が母方の祖父
初名山背王
塩焼王 757/8/3 763/1 参議昇進 新田部親王の子、天武天皇孫
藤原仲麻呂の乱で処刑される
後名氷上塩焼
池田王 758/8/1 759/6/16 親王宣下 舎人親王4男
河内女王 758/8/1 769/5? 官位剥奪 760/5/3 正三位。長屋王妹
773/1 779/12/23 死去
白壁王 759/6/1 762/12/1 中納言昇進 志貴親王子、天智天皇孫。後の光仁天皇
藤原巨勢麻呂 760/1/7 764/9/11? 処刑 武智麻呂3男
藤原仲麻呂の乱で処刑される
一説に763年(天平宝字7)死去
藤原蔵下麻呂 764/9/11 774/5/5 参議昇進
高倉福神 765/1/7 789/10/8 死去 高麗氏。
文室大市 765/7/7 766/7/11 参議昇進
藤原宿奈麻呂 766/11/5 770/7/13 参議昇進 後名良継
大伴古慈悲 775/1/5 777/8/4 死去
飯高諸高 776/4 777/5/28 死去 豪族出身の采女
佐伯今毛人 782/6/15 789/2 致仕
坂上苅田麻呂 785/2/8 786/1/7 死去 田村麻呂父
多治比長野 787/1/7 789/1/7 参議昇進 嶋の孫、池守の子。葛原親王等の外祖父
706年(慶雲3)生まれ
平安時代初期・前期(794~810年・810~930年)
名前 任命日 辞任日 辞任理由 備考
大伴乙麻呂 795/2 809/5/4 死去 初の征夷大将軍
和気清麻呂 796 799/2/21 死去
坂上田村麻呂 801/11/7 805/6/23 参議昇進
藤原葛野麻呂 805/7/15 806/4/18 権参議昇進 房前曾孫。鳥養流
春原五百枝 812/1/17 819/3/1 参議昇進 志貴親王玄孫
紀百継 822/12/24 835/7 参議昇進
藤原継彦 826/1/7 828/2/26 死去 年齢57とあり、逆算すると770年(宝亀1)
生まれとなり、浜成が46歳の時に生まれた
子となってしまう。また日本後紀では
822年(弘仁13)11月とする
佐伯永継 826 828/11/12 死去
藤原継業 826/1/7 842/7/5 死去 宇合孫、緒嗣弟
藤原浄本 830/5 830/7/21 死去 蔵下麻呂子
源常 831/1/7 832/11 中納言昇進 嵯峨天皇皇子
源定 832/1/7 833/8/15
橘氏公 833/1/7 833/6 参議昇進 嵯峨天皇皇后嘉智子の弟、奈良麻呂孫
菅原清公 839/1/7 842/10/17 死去 道真祖父
百済勝義 839/2/15 855/7
平高棟 843/4/14 851/12 参議昇進 桓武天皇孫。
源融 850/1/7 856/9 参議昇進 嵯峨天皇皇子
高枝王 854/1/7 858/5/15 死去 桓武天皇孫。伊予親王子
橘永名 860或861 866/5/10 死去 奈良麻呂孫
基棟王 884/2/23 887? 死去? 葛井親王子。桓武天皇孫
藤原時平 890/11/28 891/3/19 参議昇進
藤原高藤 894/1/3 895/10/26 参議昇進 皇太子・敦仁親王(後の醍醐天皇)外祖父
子孫は勧修寺流として繁栄
平安時代中期(930~1068年)
名前 任命日 辞任日 辞任理由 備考
藤原兼家 967/11/23 969/2/7 中納言昇進
藤原済時 969/9/13 970/8/5 参議昇進
源博雅 974/11/18 980/9/28 死去
藤原国章 977/1/7 985/6/23 死去 長良流。長良曾孫
藤原季平 977/8/2 983/6/11 死去 長良流。
菅原文時 981/1/7 981/9/8 死去 道真孫
藤原公季 981/1/7 983/12/16 参議昇進 閑院流の祖
藤原道隆 984/1/7 986/7/5 参議昇進
藤原義懐 984/10/10 985/9/14 権中納言昇進 花山天皇外叔父
源時中 986/7/23 986/10/15 参議昇進 宇多天皇曾孫
藤原尹忠 986/7/23 989/8/2 死去 貞嗣流
高階成忠 986/7/23 998/7/7 死去 道隆舅。今回の主人公、道雅の曽祖父
藤原懐平 986/12/22 998/10/23 参議昇進
藤原遠度 987/7/12 989 死去 師輔7男。
藤原道長 987/9/20 988/1/19 権中納言昇進
藤原道綱 987/11/27 991/9/7 参議昇進 990/1/7に正三位。
源泰清 988/1/29 999/4/11 死去 醍醐天皇孫
藤原高遠 990/1/11 1013/5/16 死去 1005正三位
源清延 990/8/29 996/1/12 死去 光孝天皇曾孫
藤原有国 990/8/2 1000/10/3 参議昇進 996正三位。真夏流
菅原輔正 992/2/15 996/4/24 参議昇進 道真曾孫
藤原忠信 993/12/10 994/12/11 死去 魚名流
藤原隆家 994/8/20 995/4/6 権中納言昇進
源憲定 996 1017/6/2 死去 村上天皇孫、醍醐天皇は父母両方の
曽祖父(母方祖父が源高明)
平親信 1001/10/10 1015/10/28 参議昇進
藤原兼隆 1002/1/20 1008/1/28 参議昇進 道兼の子
藤原頼通 1006/3/4 1009/3/4 権中納言昇進 同年9月に正三位、1008/10/16に従二位
藤原教通 1010/11/28 1013/6/23 権中納言昇進 1011/8/11正二位
藤原頼宗 1011/8/11 1014/3/28 権中納言昇進
藤原能信 1014/5/16 1017/8/29 権中納言昇進
藤原道雅 1016 1054/7  出家
藤原兼経 1018/10/23 1023/12/15 参議昇進 道綱の子
藤原長家 1022/1/6 1023/2/12 権中納言昇進 俊成・定家は彼の子孫
藤原惟憲 1023/12/26 1033/3/26 死去 勧修寺流
源師房 1024/9/21 1026/11/6 参議昇進 村上源氏祖
藤原兼頼 1030/3/8 1031/12/26 参議昇進 頼宗の子
藤原信家 1033 1036/12/8 権中納言昇進 教通の子
大中臣輔親 1035 1038/6/2 死去 大中臣能宣の子。954年(天暦8)生まれ
藤原資業 1045/4/26 1051/2/16 出家 真夏流
藤原師経 1045 1066 死去 生年は10世紀末~11世紀初頭頃
源基平 1046/11/3 1050/11/25 参議昇進 敦明親王子。三条天皇孫
源俊房 1049/10/13 1057/3 参議昇進 師房子
藤原忠家 1051/6/13 1060/12/16 参議昇進 長家子。俊成は孫で定家は曾孫
藤原祐家 1052/11/3 1064/10/26 参議昇進 長家の子。忠家の弟
高階成章 1055/7/19 1058 死去
藤原師実 1056/2/3 1056/10/29 権中納言昇進
藤原経家 1056/1/7 1062 参議昇進 定頼子。公任孫
藤原隆佐 1059/1/7 1074 死去 勧修寺流。藤原賢子(紫式部娘)の異母兄
藤原師成 1063/2/27 1075/12/15 参議昇進 済時孫
藤原長房 1063/4/2 1083/1/16 参議昇進 隆家孫。道隆曾孫


最初の非参議は長屋王で、彼は父母両方の祖父が天皇(天武・天智)というサラブレッドだった事もあったか、議政官は大納言スタート(さらに実は親王待遇を受けていたのではないかな説もある)したが、浅学ながら、公卿補任では「石上宮麿」と表記されていたけど、石川宮麻呂の存在を初めて知りました。天智朝で右大臣を務めていた蘇我連子の子だったようですが、若年時に父と死別してしまい、叔父の赤兄や果安と違って壬申の乱で大海人皇子(天武天皇)に味方したが、直後に兄の安麻呂とも早世した(と思われる)事もあって、甥の石川石足同様他氏族に比べ昇進に遅れを取ってしまったようです。公卿に列せられたのも束の間で間もなく亡くなってしまったのも甥同様でしたが、壬申の乱以降結局ほぼ実質的に80年近く公卿不在だったのは石川氏にとって不運で、結局非参議としても石川氏最初で最後の該当者となってしまいました。奈良時代はまだ特定の氏族が何人も高官に就くのは憚られていたようで、いち早く参議になった房前以外の藤原四兄弟もまずは非参議を経たようです。そして天皇の三世王も何人か名を連ねているのも特徴的でしたが、竹野王は他の皇族とどういう血縁関係にあったかは分かりませんでした。しかし、長屋王と関係が深かったらしく、86歳まで長生きしています。(百済王南典はもっと凄く、少なくとも91歳までは生きています。)

栗栖王も、後に吉備真備に次期天皇として擁立された文屋浄三・大市より10歳以上歳上の兄ですが、天武天皇の男系男孫ではおそらく最年長(甥の新田部親王とおそらくそんなに歳が違わない)で、父の長親王も663~667年頃の生まれで享年は48~52歳程度だったのでしょう。河内王との表記も見られますが、河内女王の間違いだったようです。彼女も兄の長屋王一族同様政争に巻き込まれてしまったらしいですが、父の高市皇子の生没年から推定するに、遅くとも697年(持統天皇10)までに生まれてないとおかしいので彼女も少なくとも80代半ば以上は生きていた事になります。天武皇統というよりは持統・草壁皇統が続いていた称徳朝までは非参議となった人がそれなり以上に見られました。後の光仁天皇こと白壁王もその1人で、最終的に天皇となったのだから、彼ら面々の中では一番出世した人だったでしょう。それも称徳天皇の異母姉・井上内親王と結婚して、その間に生まれた他戸親王が女系ながらも持統・草壁の血を引いていた事が前述の真備の擁立も退けて皇位に就いた大きな理由だったのでしょうが、結局はこれも周知の通り山部親王(桓武天皇)が藤原氏により皇太子に擁立され、天皇に即位したのです。山部親王の立太子以降は非参議授与者も減ってしまいましたが、その中でも桓武天皇と娘・真宗との間に葛原親王等を儲けさせ、桓武平氏諸一族のご先祖様にもなった多治比長野は出色の存在の一人です。

平安時代を迎えても、特に桓武朝後期は藤原氏の大臣もしばらく途絶えていましたが、非参議もデフレだった傾向はしばらく続きました。その中でもやはり桓武朝の政策に多大な貢献を果たした坂上田村麻呂と和気清麻呂の姿が見られましたが、嵯峨朝末期~淳和朝期において一時的な非参議ラッシュが見られます。嵯峨源氏や橘氏公等皇室の血縁者が何人か見られましたが、皇統の移り変わりの際に拙い立ち回り(氷上川継の変)を見せてしまい、負け組となってしまった京家の藤原継彦も昇進しています。とうとう父・浜成が太宰府から帰れないまま亡くなる前には既に赦されていたようで、桓武天皇との関係は悪くはなかったのでしょう。生年はやはり749年(天平勝宝1)の方が正しいっぽいですが、この時点で既に77歳で四兄弟の孫世代(と言うか、既に曾孫世代も出ている)では大きく遅れを取ってしまい、この時点で既に左大臣となっていた(昇進直後に亡くなるが)冬嗣等北家の優位がほぼ確定しており、それを取り戻す事は出来ませんでした。百人一首では34番の興風も結局正六位上で終わってます。しかし、皇統が嵯峨系に一本化された承和の変以降です。過去ログでも話したように、平安前期は官位が最もデフレだった時期で三位の大臣も珍しくありませんでした。非参議の輩出も激減してしまい、その中では前述の時平が19歳の若さで公卿になっていたのは出色でしたが、直後父・基経だけでなく、源融・藤原良世(時平にとっては大叔父)・源能有と年配の高位高官者が次々に死去または引退した事もあって、またまたしばらく藤原氏の大臣輩出(約700年後の秀吉の死去直後も大臣は内大臣の家康だけとなってしまったけど、この時以来の異常事態だったであろう)が途絶え、非参議も皇太子・敦仁親王(醍醐天皇)の外祖父となった藤原高藤以降間違ってなければ実に70年以上も列せられた人がいない「長い空白」(?)が続きました。続いたのですが、また長くなってしまったので一旦ここで区切ります。

| | トラックバック (0)

今度のスマブラでロックマンも参戦するらしいが

http://www.famitsu.com/news/201408/06058663.html

『ロックマン7 宿命の対決!』がWii Uバーチャルコンソールタイトルとして登場

ゲーム                 ニュース                 Wii U                
カプコンは、Wii Uバーチャルコンソール向けダウンロードタイトルとして、『ロックマン7 宿命の対決!』を配信開始した。

 

2014-08-06 19:00:00

 

   

 

 

●脱走したDr.ワイリーを追え!

 カプコンは、Wii Uバーチャルコンソール向けダウンロードタイトルとして、『ロックマン7 宿命の対決!』を配信開始した。価格は823円[税込]。


 

■ストーリー
 西暦20XX年。
 ロックマンの活躍によって、Dr.ワイリーもとうとう世界征服未遂の罪で逮捕され、再び全世界に平和な日々が訪れた。しかし、無人のはずのワイリー秘密研究所は未だ活動を続けていた。彼は万が一捕らえられた時に、自分を救出するようにプログラムしてあった4体の戦闘ロボットを研究所内に隠していたのだ。
 そして、数か月後……。
 戦闘ロボットたちはDr.ワイリーの捕まっている刑務所の襲撃と、付近一帯の都市の制圧を開始した。
 ライト博士の連絡でロックマンも街に向かったが、時すでに遅くDr.ワイリーは救出され、嘲笑とともに大空の彼方に消えていった……。急げ、ロックマン! 街に、そして世界に平和を取り戻せ!!

http://www.youtube.com/watch?v=Y2kREutnkvE

http://www.youtube.com/watch?v=bM6R2HAfzx8

ロックマンが今度の「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズにゲスト出演するのは前から知ってましたが、3DS版もWii U版も発売はいずれも今年今秋以降なんですね。もうとっくに発売されたものだと思っていました。

このシリーズでは、既に「X」でもメタルギアソリッド(アーケード版のみプレイした事がある)のスネークとソニックがやはりゲスト出演されていたようで、you tubeで改めて上記のPR動画を見ましたが、ロックマンのアクション、良く再現されてますね。中にはロックアッパーらしき技も見られましたが。ただBGMや特殊武器ですね。スマブラシリーズはプレイした事はなく、そう言えば地元の某古本屋で、クラッシュマンステージをプレイしていた小学校低学年ぐらいの女の子も見かけましたが、少なくともリアルタイムで初期シリーズをプレイした事がある世代の人達限定じゃないでしょ?このシリーズの対象年齢って。なのに「お前また文句かよ」と思われるかもしれませんが、そういう人達を意識しすぎでもあるのでは?と言うか、「最高傑作」と言われている(自分も名作なのは否定しませんが)「2」に相変わらずアピールが偏っているのは何だかなあです。他の客演キャラはどのようなアピールがなされているかは知りませんが、もう2014年です。今年で。

この動画からも伺える様に、その人気を確立した大きな意義を否定するわけではないながらも「本家」シリーズの根本的な問題点が完治されたわけではなく、その方向性の「ズレ」は見られますが、参戦自体には全く肯定的です。と言うか、現実問題リアルタイムでプレイした人達がいつまでも生きているわけでもないのだし、FCグラフィックでSFシリーズとのクロスオーバー(このゲームでもロレント出ていて、元共々最近優遇されてますな。ただ、ウルトラⅣではキャラランク的に底辺らしいけど)ものの他に「ロックマン11」、「ロックマン12」とこの後も続けていくよりはこうして他社のゲームで、その代表キャラクター達と堂々と共演させた方が全然建設的でしょう。

ロックマンに続いて、その内ブルースやフォルテ、Xやゼロ等もいつかは参戦が実現するのですかな?wii Uも3DSもどっちも持ってないけど、他には「NEWスーパーマリオブラザーズ」もそう思いますが、本体の方はいずれかなるべく安い値段で買うとして、発売されたらプレイしてみたいですね。ロックマンの声優さんが誰が演じられるのかも気になります。

| | トラックバック (0)

ジョジョスターダストクルセイダース第19話「死神13その1」感想

http://jojo-animation.com/contents/story/19.html

前回最後の最後で少し、シーンが挿入されてましたが、しっかり「太陽」のお話を、ジョセフが高級車を購入(それ故に、後半での冴えなさっぷりが余計いい意味で目立つ格好にもなってしまったけど)、ポルナレフも店員の姉ちゃんを口説いていたオリジナルシーンで尺を稼いで消化した後のこの死神13戦です。

花京院がいた異様な夢の世界からは、ポルナレフに起こされた事で醒める事ができ、彼本人は軽く「また今日も暑くなりそうだ~」とか言ってましたが、花京院にとっては一層憂鬱に感じられるであろう晴れた砂漠の風景です。もうアラビアファッツは倒したとは言え・・・・・・・

一緒にいた、黒いショールみたいなのをかけていたオバさんも実母ではなかった赤ん坊の世話をしながらセスナで砂漠を横断する事となったジョースターエジプトツアー御一行様でしたが、またまた花京院はあの異様な夢の世界に迷い込む事となってしまいます。今度はポルナレフも一緒ですが、鈍いと言うか花京院と会話がかみ合いません。この2人って、特に前半は行動を共にしていた時期も長かった割には・・・・・・・・でしたが、いよいよ姿を現した「新手のスタンド使い」にまで馬鹿にされてしまった有様です。と言うか、この死神13の中の人って、今度はあの少年探偵団の光彦でしたね。確かに江戸川コナンのお株を奪う、「見た目は赤子、頭脳は大人」な手ごわい強敵です。対策を知らない人にとっては。

それでもポルナレフは運良くジョセフに起こされ、スタンドの本体だとは知る由もないこの赤ん坊の排泄物の世話までする事になりましたが、後に自身もアレッシー(まだ先の話だろうけど、彼は是非是非千葉繁氏に演じていただきたい)にぶっかける事になっただけに何だか「皮肉なドン引き」にも思えます。そしてモノのはずみで、セスナが墜落しそうになって、ジョセフがその危機を乗り越えたかと思ったら・・・・・・・・・そう言えば私事ながら、数日前に実は私、免許の書き換えに行ってきて、その時も自動車事故の原因とか面白くもなんともない講習を聞いてきましたが、自動車にせよ、セスナにせよ、よそ見は良くないですね。残念ながら人生3度目の墜落となってしまったジョセフでしたが、彼には何か疫病神みたいなのが取り付かれているのだろうか?後に、もうこの時点で生まれていた仗助に会いに行った時はついに・・・・・・・・・

花京院の腕には「BABY STAND」の傷が残っていて、これが攻略の鍵となりそうですが、特にポルナレフはこの先一緒に旅を続けられるか疑念を隠せません。御一行様はまた大きな危機に直面してしまったわけですが、さあどうする?花京院?

| | トラックバック (0)

2014/08/07

得失点差マイナスの巨人はリーグ3連覇に黄色信号か?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140807-00000123-spnannex-base

DeNA 巨人を8年ぶり3タテ 16安打10点で番長の今季初完投勝利を後押し

スポニチアネックス 8月7日(木)20時46分配信    

 

 ◇セ・リーグ DeNA10―1巨人(2014年8月7日 横浜)

 DeNAが16安打10点で対巨人3連戦に3連勝。三浦が今季巨人から初白星を挙げた。


 初回、筒香の右前適時打で先制。2回には三浦の内野安打に巨人・坂本の一塁悪送球で加点し、3回には石川の右越え本塁打から4連打などで計3点を入れ、試合の主導権を握った。7回にもブランコ、バルディリスの適時打などで4点を加え、試合を決めた。

 先発の三浦は再三ピンチを招いたが、好守にも助けられ、完封目前まで来たが9回に失点も、今季初完投となった。DeNAとなってから、対巨人3連戦で全勝したのは初。横浜時代の06年6月以来8年ぶりのこととなった。

 巨人は4連敗。先発の宮国が3回9安打5失点でKOされたのが誤算。守備も乱れて失点を重ねた。打線もとらえた当たりが正面をつくなど不運もあり、9回に阿部のソロによる1点に終わり完敗だった。

ゲーム差も2位阪神とは1.5差、3位広島とは2.5差ですが、得失点差もマイナスになっちゃったんですね。巨人って。なんとセ・リーグ6球団中で総得点数最低です。横浜よりも少ない。日本プロ野球では今まで得失点差マイナスで2位になったチームは、1960年の巨人や1981年の阪急、そして2009年の楽天等いくつか例はありますが、優勝したチームはないです。1998年までは、1978年のヤクルトスワローズが1973年の南海ホークス(但し、当時のパ・リーグは2シーズン制で、通年では3位で「死んだフリ優勝」と揶揄されたが、早くもその2シーズン制の弊害が出てしまった)とタイで得失点差15の最小記録を保持していました。この年のヤクルトは取った点数も多かったけど、取られた点数も多かったのです。結局80年代に入って・・・・・・・・・その後1999年に福岡ダイエー(得失点差10)が、さらに2011年の中日ドラゴンズ(得失点差9)が更新しています。MLBでは地区優勝ならいくつか例はありますが、ワールドシリーズに進んだのは1987年のミネソタツインズのみなようです。投手陣の方も、何でも菅野投手が登録抹消となってしまい、彼は果たしてこの先野球人として球団の期待に見合った実績を残していく事が出来るのかですが、まあ面白くはなってきましたよね。もうそろそろ広島も、1968年には12連敗で一気に優勝争いから脱落してしまった(ただし、球団創設初のAクラス入りを果たす)事もあり、今年も交流戦で失速と思いきや、まだまだ食らいついています。久しぶりに優勝しても良い頃なのではで、広島VSオリックスの日本シリーズの組み合わせなら前進の阪急時代以来30年ぶりになるし、さらに面白くなりそうですが・・・・・・・・・

| | トラックバック (0)

ヘイトスピーチ対応するのならまずはお友達にお灸を

http://news.nifty.com/cs/domestic/governmentdetail/jiji-2014080700372/1.htm

安倍首相、日韓改善に意欲=ヘイトスピーチ対策検討

2014年8月7日(木)11時45分配信 時事通信

  •                

 安倍晋三首相は7日午前、首相官邸で東京都の舛添要一知事と会談し、日韓関係の改善に向け意見交換した。先月訪韓して朴槿恵大統領と会談した舛添知事は「大統領は日韓関係がこのままでよいとは思っていない。改善したいという意欲は強く持っている」と報告。首相も「同じ考えだ」と応じた。
 舛添知事は、街宣活動で人種や国籍などの差別をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)について、「民主主義や基本的人権に対する極めて重大な挑戦だ」と述べ、国レベルで規制への対策を検討するよう要請した。首相は「(ヘイトスピーチは)日本人の誇りを傷つける。しっかり対処しなければならない」と述べ、自民党で対応を検討する考えを伝えた。 
日本経済新聞にも、首相動静が載っていますが、安部総理は中南米訪問からの帰国翌日の今週5日は平日ながらも休んでいたみたいですね。1日のスケジュールを見ると、平日は朝9時~夜19時過ぎ頃までほぼぎっしり詰まっているようで、休日(土日祝日)も、先月の3連休は地元・山口に帰っていたらしいですが、視察とかTV番組出演、その他インタビューとかがない時はフィットネスで運動したり、ゴルフを楽しんでいる事が多いようですね。まあ政治家は激務ですからね。

http://www.hanashiyasuhiro.com/

(はなし康弘衆議院議員HP)
(去年の夏休み期間中の首相動静が明記されているブログのページ)

そう言えば、今年12月(確か第3週の日です)には財務大臣政務官を現在勤めているはなし(葉梨)康弘衆議院議員葉梨衛元衆議院議員(康弘氏の義父・信行氏のご親戚か何か?)と共に茨城県阿見町で演説会を開く予定(なお、今年4月には共産党も水戸で演説会を開いた)ですが、今度の内閣改造で康弘氏がもっと重要なポストに就いたら安倍総理も応援とかで来るのですかな?今年も、10日から2週間程度の夏休みを取る予定らしく、去年は8月10~20日の内、15日午前には閣議に出席していたらしい。内閣改造案はその期間中の重要な宿題なようですが、今年も似たような過ごし方となるのでしょうね。まあ河野談話の件等もそうで、安部総理には安倍総理なりの立場があるのでしょうし、ヘイトスピーチ対策するのは良いですが、まずは「貧乏長屋」発言した、今度は某代表作が向井理氏主演でドラマ化されるお友達の某放送作家にちょっときついお灸を据えないとね。

今度は朝日新聞の虚偽報道を批判していて、確かにこの新聞は今まで散々日本の国益を損ねる事ばかりしてきました。その中でも、慰安婦検証記事を一部でも誤りを認めただけでもいくらかは進歩したとは言え、まあこの人はもうそういう発言も忘れちゃっているのでしょうが・・・・・・・・・・まあ「噂の真相」でも佐高信氏(故・開高健氏の肥満まで批判したり、故・司馬遼太郎氏作品を「国民を騙し欺く小説」と評したりとかは正直言い過ぎだし、他にも本当に信頼できるソースがあったか疑わしかった、ミスターの被差別部落出身報道等描かれていた事全て鵜呑みにしていたわけではないですが)等からもその魚食家っぷり等何度も批判されていた舛添要一東京都都知事(ちなみに、「知ってるつもり?」ではその佐高氏と共にゲスト出演されて、しかも隣同士に座っていた事もあった)もああなる事は分かりきっていて、不当な非難等を受けない為にも、反省すべき点は反省しつつ、違う所はしっかり違うと主張するのも大事ですが、愛国心に夢中になるあまり視野が偏狭なナショナリズムに囚われてしまうのも考えものかもしれません。結果、太平洋戦争等をアジア解放のための聖戦とか、自分達にとって都合の良い要人達の発言も引用する等正当化するのもそうですが、結局は中国・韓国等の歴史認識押しつけに正面切って反論する事は出来なくなってしまい、日本人が自分自身の首を締める事になってしまうのですから。まあ自分も100パー出来ているのか不安だけど、そういう区別良く付けようという事ですよ。

| | トラックバック (0)

2014/08/06

松屋のプレミアム牛めしを食べてみたが・・・・・・・・

http://www.matsuyafoods.co.jp/menu/pre_gyuu/pre_gyu.html

http://news-act.com/archives/38881247.html

対象地域では実質3割値上がりなこの松屋のプレミアム牛めしでしたが、実際どんな味なのか気になって、食べてみました。しかし・・・・・・・・・・・まあ「380円ならこんなものかもしれない。」というのが一言感想ですね。「別次元」というほどの美味しさではなかったです。確かに、2番目のHPでも指摘されていたとおり、適度な甘味はありましたが、もう1度食べてみたいと思えたほどではなかったです。松屋の牛めしまたは牛丼のメニューでそのように思えたメニューは、ビビン丼と唐揚げコンボ牛めしぐらいですね。カルビ焼き牛めしとかもまあまあと言った所です。

http://www.k-mac.jp/chikarameshi/

そう言えば、他の牛丼大手も・・・・・・・東京チカラめしは店舗譲渡により、半数以上の旧店舗がチカラめしという別会社の運営となったようですが、かって訪れた野田山崎店(千葉県野田市)もそうみたいですね。これも、果たして味等のクオリティが良い意味で変わったのか機会あらば確かめてみたいなあと。えっ?すき家はって。行きませんね。もう。過去ログでも話したけど、かって(まだ20世紀だった頃)は牛丼とカレーまたはとん汁のセットを頼んで食べた事もしばしばあって、その時の店舗自体も現在も営業中ですが、味が落ちています。他にも、イオン・ユニクロ・ワタミ、そしてガソリンスタンドの宇佐美(社員のサービス残業なんか全然珍しくないらしい)や中国産鶏肉問題発生後のマクドナルドとかには絶対行かない事にしていて、中には正確にはちょっと違うのもありますが、そういうブラックには行ってお金を落とすような事はしないのが相対的な良薬なのですから。

最後に、プレミアム牛めしの話とは関係ありませんが、今日は広島に原爆が投下されてしまった悲劇の日であり、名優・故鈴置洋孝氏の8周忌です。またエノラ・ゲイ搭乗員最後の生き残りの方の葬儀も今日早朝のニュースで報道されていて、理研副センター長・故笹井芳樹氏の自殺も悲しい限りです。集団的自衛権の憲法解釈変更での閣議決定(集団的自衛権自体は必要だけど、結局はアメリカの走狗になってしまうのではないか?)等、アベノミクスに対する警鐘と言える事件が何例か起きているにも関わらず、必要以上に外の脅威を煽らせ、内政に対する不満そらしに右傾化している国民も利用する等戦前・戦中に似た社会情勢になってきていますが、慰安婦問題や南京大虐殺事件等違う事は違うと貫きながらも一方で太平洋戦争を正当化等する事なく、イデオロギーに囚われない歴史認識等を持ち、世界の中でも自分の立場を持ち見失わないで自分の道を進んでいく事こそが犠牲になられた方々への何よりの供養になるのではと改めて思います。この場を借りて、皆さんのご冥福をお祈りします。

| | トラックバック (0)

2014/08/04

新テニスの王子様第130・131話-「代表監督だった『世界の三船』!!そしてスタンド使い・越前王子様はアメリカへ・・・・・・」

スクエア9月号、表紙を飾ったのは「青の祓魔師」の奥村兄弟でしたが、新テニプリの今回の話の表紙を飾ったのは手塚部長でした。何を着てもカッコ良いですね。お洒落な、大人の雰囲気があります。

合宿所でエレベーターに乗ろうとしたゴウキ(鬼)、そこで目を合わせたのはあの頼通(平等院鳳凰)でしたが、しばらく沈黙ムードが続いた後、ゴウキが頼通のやり方を非難したと思ったら、実はそれは殿(徳川カズヤ)を試したが故だったと言う。「日本に固執しすぎたな」とつぶやきながら、頼通は上着を脱いで上半身裸になりましたが、勿論近年のドラマや映画に見られる、単なるBLの為ではありません。

「義では世界は獲れんのだ!!」

頼通の背中には大きな傷が!!「俺は日本テニス界を世界の頂点に導く!その為にはこのやり方は一切変えん!死ぬ気でついて来い!!」と実はその日本テニス界の為にゴウキ以上に鬼になっていた熱血漢だった事が明らかにありましたが、まあやや陳腐な真意だったかもしれません。弟たちの悪行に手を焼いていた、本物の頼通さん(あの繁田信一氏著作「殴り合う貴族たち」も少し目にしましたが、彼ら平安貴族の横暴っぷりに比べれば、ちゃんと逮捕された佐世保女子高生殺害事件の犯人や、実は赤西仁氏は制止しようとした側だった、山P・錦戸亮氏の一般人グループとのトラブルとかなんてまだ可愛い方だったであろう)とは大違いですね。つくづく。そしてトレーニングルームでは、苦しそうな表情を浮かべていた柳田國男(遠野篤京)の姿が・・・・・・・・・

そうかと思えば、U-17W杯の日本代表が発表された模様。11人目まではすぐ明らかになりました。頼通、鉄砲(種ヶ島)、ミスターT(デューク渡邊)、殿、ゴウキ、國母和宏(大曲)、キッミー(君島)、國男、月光仮面(越智)、元就(毛利)、かなぴー(入江)。彼らです。しかし、ピーキャ(桃城)は中学生しか練習に来ていない事を不審がっている。と思えば、ボールを降らせたあのセスナと共に登場したのは・・・・・・・・・・

「久し振りだなクズ(中学生)ども。ワシがU-17日本代表監督三船入道じゃい!!!」

出たあ!!「世界の三船」、敏郎です!!でも、そのセリフ、あなたは中の人がジョセフ・ジョースター(今週のSDで、人生3度目の墜落予定)でもある男塾の江田島平八塾長ですか。

しかし、皆代表監督である事が、某元プロ野球監督風に言えば「シンジラレナーイ!!!!」な様子を隠せません。坂本ちゃん(小春)はまだ後悔しただけマシでしたが、バルログ・アトーベ様や赤ちゃん(切原)は明らかに馬鹿にした態度です。敏郎も敏郎で、何で赤ちゃんだけ殴るんだよww。流石にまた後述するけど、アトーベ様のファンは敵には回すわけにはいかないか・・・・・・・

一貫性がない世界の三船、敏郎ですが、今回のW杯は特例として各国中学生チームの参加が認められ、中学生日本代表が発表されたのです。早速そのメンバーが発表されました。キャプテンはアトーベ様!!しかし、本人は「あーん当然じゃねーの」とのたまいながら指をパチンと叩いた!!相変わらずカッコ良すぎるぞ!!そして次は再来年の大河主人公にも決定した信繁(幸村)だ!!続いて幸長(白石)、晴信(真田)、チンピラ(亜久津)、金太郎、フーセンガム(丸井)、天才くん(不二周助)、詐欺師(仁王)、煩悩(石田)、副部長くん(大石)、キテレツ(木手)、赤ちゃん・・・・・・と続いて最後は我らが主人公・越前王子様だ!!

「確かにルールを守れんクズは大成しない!!しかしルールに縛られるクズも大成せんのじゃ!!」

ちょっとミョーな説得力がある敏郎の弁ですが、その頃アメリカでです。日本ハムにいた某助っ人外国人選手にも似た名前な黒人の兄ちゃん、後ろ髪を短く纏めたイケメンの兄ちゃん、そしてキャプテンの兄ちゃんがリョーガと共に越前王子様を温かく出迎えてました。しかし、越前王子様は「どーも・・・」と全くテンションが高くない・・・・・と言うか、折角代表に選抜されたのに!!さあどうする?越前王子様!!


「TOLOVEるとらぶるダークネス」も、今度はリトがヤミちゃんの乳を揉みまくる等「羨ましすぎるぞ!!」と言うか、毎回毎回のディープなエロにはもう感激するばかりで嬉し涙流しそう(とまで言うのは少々オーバーだが)ですが、テニプリもボタンの掛け違いみたいな今回の話の結末でしたね。

今年11月には兵庫県と埼玉県でコンサートも開催予定らしいけど、バレンタインチョコランキング2014が発表されたようで。1位は・・・・・・アトーベ様が堂々のランクイン!!「ハーッハッハァ!!全てにおいて俺様が王様だァ!!」いつもの決めポーズも決まっている!!流石アトーベ様!!俺達が真似できない事を平然と超カッコよくやってのけるっ!!そこに痺れるっ!!あこがれるっ!!2位が天才くん、3位がホルホースでもあるメガネ関西弁(忍足)、そして5位が我らがギャグバトルの伝道師、許斐剛大先生だ!!越前王子様はベスト5に入ってなかったのが意外でしたが、今回の話で言及しなかった主な面々では、秀吉(日吉)が11位、ブチャラティ(向日)が15位、友部(宍戸)が16位、バンス(海堂)が19位、十兵衛(柳生)が20位、タカさん(河村)が21位、龍之介(芥川)が23位、二宮(千石)が28位、データくん(乾)が31位、雅刀(伊武)が34位、バイソン(樺地)が48位でした。

また、ミュージカルで王子様を演じる事になっている、主役の小越勇輝氏というイケメンな兄ちゃんを始めとする出演俳優陣へのインタビューも掲載されていて、南次郎国王陛下役の人が彼に最後熱いエールを送っていましたが、許斐大先生もです。彼にも負けないよう、今度は夢のネスカフェCM出演に近づく為にも最近再ブレイクしている田原俊彦さんと一緒に「抱きしめてTONIGHT」や「NINJIN娘」等を歌おう!!来月号は休載なのが残念ですが、もっともっとスタンドどころなんかじゃない、読者をあっと言わせてくれる衝撃の新展開を期待したい所です。

| | トラックバック (0)

2014/08/03

MUGENオメガルガールの面白動画その12

https://www.youtube.com/watch?v=_nLauZvYZ7A&list=FLR_OSclZ9dFa_g6SlW7CjFA&index=15

第12弾ですが、同じオメガルガール同士の同キャラ対戦と思いきや、左のルガールは95半裸姿をベースとしたレッドデビルルガールです。

95時点ではまだ実装されていなかったグラビティスマッシュやディストラクションオメガ、それとカイザーウェーブの超必殺技版や瞬間移動してすれ違い様に攻撃する、バニシングラッシュの劣化版みたいな技もありますが、右のルガールも、なんとジョジョのDIO様みたいに時を止めてしまう事も出来ます!!もし本当にDIO様との夢の対決が実現したらこんなやりとりになりそう。

DIO「おっとルガール。確かグラビティスマッシュでバリアを張っていたんだったな。総合格闘術だか何だか知らんが、ザ・ワールドの前ではまったく無力なものよ。無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄!!!」

DIO「なッ!な・・・・なにィ?いまナイフが止まったぞ・・・・・こいつ・・・・バカなッ!指も動いたぞ!ま、まさか!こいつも・・・・・・チッ!!時間切れだ・・・・・」

(グラビティスマッシュでナイフを吹き飛ばす)

DIO「見えているのか?」

ルガール「・・・・・・・・」

DIO「見えているのかと聞いているのだ!!ルガール!!」

ルガール「貴様、自分だけが時を止められるとでも思っているのか?フン。そう言えば、私を『歩く格闘技事典』と通ぶって評していた小娘もいたが、私は神でさえ逆らう事の出来ない神以上の存在なのだよ!!時を止める事も私には造作もないことなのだよ!!」

DIO「まさか・・・・・『我が止まった時の世界』に入門してくるとは・・・・・・」

ルガール「それでも私に歯向かう気か!!死して名を残したいか!!良いだろう!!最高の名で刻んでやろう!!」

DIO「調子に乗りおって!!たかがごく短い時の流れでしか生きない人間がッ!!あの場所へ、あの場所へ行きさえすれば・・・・・・」


しかし、カイザーウェーブも、ギガンテックプレッシャーも当たりません。と言うか、ボイスも当時神演技を披露されていた新居利光氏のそれでは全然ありませんでしたが、そのディストラクションオメガでKOした時のセリフ、「我がフフフフフ!!死ねぃ!!」と聞こえますね。そして勝利ポーズも、片手を斜め下に振り下げながら「ワァッハッハッハッハッ!!」と哄笑するそれと、狂気の、胸を引っ掻いて「ウォォォォォォォォーーーーーー!!」と雄叫びを上げるそれと新居ボイスとはまた違った魅力があります。この2人のルガールも、以前紹介した98UM&2002UMの良い所取りしたオメガルガール共々一度使ってみたいです。

| | トラックバック (0)

2014/08/02

ジョジョスターダストクルセイダース第18話「太陽」感想

http://jojo-animation.com/contents/story/18.html

原作通りこのTVアニメ版も1987年11月~翌88年1月までのお話という事になっているようですが、当時まだイラン・イラク戦争も終わっていなかったので当然パキスタンから海路でアラビア半島に上陸した方が安全なルートです。

と思っていたら、また原作にはなかった、外資系ディーラーで高級車を買うシーンが見られましたが、流石は不動産王。羽振りがいいですね。ジョセフって。一方、ポルナレフは店員の白人の姉ちゃんを口説いていたりとこれまた相変わらずです。高級車に乗りながら豪邸ばかりの住宅が立ち並んでいた風景(例えば尾張徳川家の現当主の方も、月額100万の家に住んでいるらしいが、これらに比べたら大したことないかも)を見て驚いてもいたけど、最近目にした、某バラエティ番組で、旦那さんの仕事の都合でドバイに住んでいる某元女性タレントが買い物の為にイオンとかよりもさらにデカイスーパーマーケット内で歩き回っていたのを見ると、産油国での生活も必ずしも気軽だとは言えないかもしれません。しかし、皆が皆そんな超文明的生活を送っていたわけでなく、ジョセフが高級車を買ったのもラクダを得る為の物々交換の為だったのですが、カラチでのあのやり取り等人の心理を探るのも上手いのもまさに年季のなせる技だという事なのでしょう。

ところが、今回ジョセフが冴えていたのはここまででした。ラクダと砂漠の横断には欠かせない水を得たまでは良かったですが、映画「アラビアのロレンス」を見ただけで実際に乗った事ないくせに通ぶってラクダの乗り方をレクチャーしようとして直ぐ化けの皮がはがれたあたりは若い頃から変わってないなあと改めて感じさせられたものがありました。そしてやっとラクダに乗れたと思ったら、砂漠って1日の気温差が大きいから夜になれば一気に涼しくなると思いきや、8時を過ぎても真昼間の暑さそのままです。そうです。またまた「新手のスタンド使い」がジョースターエジプトツアー御一行様に襲いかかってきたのです。花京院のハイエロファントグリーンによる探りも功を奏さずと思いきや、ジョセフ以外の3人がいきなり笑いだした。かのレーニンも晩年は脳の病気の影響で数時間笑い続ける事もあったらしいですが、暑さにやられて乱心したか?しかし、そうではなく、仕掛けがあっさりこの3人にはバレてしまったのです。

原作同様このスタンド・太陽を操っていたアラビア・ファッツはあっけなく退場となりましたが、声優もちゃんと起用されていました。坂巻学氏と言って、端役での出演が多いようですが、このスターダストクルセイダースでの出演がその飛躍のきっかけになれば・・・・・・・・です。しかし、女帝相手には知恵比べで見事に勝利したと思ったら、この太陽の仕掛けは見破れず、しかも孫に呆れられてしまう等オリジナル描写も相まって余計前半と後半の落差が大きいジョセフの立ち回りが特徴的な今回のお話でした。そしてED曲が終わった後はついに・・・・・・・・3部前半のもう1つの山場がやってくる事になるのです。

| | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »