« ヘイトスピーチ対応するのならまずはお友達にお灸を | トップページ | ジョジョスターダストクルセイダース第19話「死神13その1」感想 »

2014/08/07

得失点差マイナスの巨人はリーグ3連覇に黄色信号か?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140807-00000123-spnannex-base

DeNA 巨人を8年ぶり3タテ 16安打10点で番長の今季初完投勝利を後押し

スポニチアネックス 8月7日(木)20時46分配信    

 

 ◇セ・リーグ DeNA10―1巨人(2014年8月7日 横浜)

 DeNAが16安打10点で対巨人3連戦に3連勝。三浦が今季巨人から初白星を挙げた。


 初回、筒香の右前適時打で先制。2回には三浦の内野安打に巨人・坂本の一塁悪送球で加点し、3回には石川の右越え本塁打から4連打などで計3点を入れ、試合の主導権を握った。7回にもブランコ、バルディリスの適時打などで4点を加え、試合を決めた。

 先発の三浦は再三ピンチを招いたが、好守にも助けられ、完封目前まで来たが9回に失点も、今季初完投となった。DeNAとなってから、対巨人3連戦で全勝したのは初。横浜時代の06年6月以来8年ぶりのこととなった。

 巨人は4連敗。先発の宮国が3回9安打5失点でKOされたのが誤算。守備も乱れて失点を重ねた。打線もとらえた当たりが正面をつくなど不運もあり、9回に阿部のソロによる1点に終わり完敗だった。

ゲーム差も2位阪神とは1.5差、3位広島とは2.5差ですが、得失点差もマイナスになっちゃったんですね。巨人って。なんとセ・リーグ6球団中で総得点数最低です。横浜よりも少ない。日本プロ野球では今まで得失点差マイナスで2位になったチームは、1960年の巨人や1981年の阪急、そして2009年の楽天等いくつか例はありますが、優勝したチームはないです。1998年までは、1978年のヤクルトスワローズが1973年の南海ホークス(但し、当時のパ・リーグは2シーズン制で、通年では3位で「死んだフリ優勝」と揶揄されたが、早くもその2シーズン制の弊害が出てしまった)とタイで得失点差15の最小記録を保持していました。この年のヤクルトは取った点数も多かったけど、取られた点数も多かったのです。結局80年代に入って・・・・・・・・・その後1999年に福岡ダイエー(得失点差10)が、さらに2011年の中日ドラゴンズ(得失点差9)が更新しています。MLBでは地区優勝ならいくつか例はありますが、ワールドシリーズに進んだのは1987年のミネソタツインズのみなようです。投手陣の方も、何でも菅野投手が登録抹消となってしまい、彼は果たしてこの先野球人として球団の期待に見合った実績を残していく事が出来るのかですが、まあ面白くはなってきましたよね。もうそろそろ広島も、1968年には12連敗で一気に優勝争いから脱落してしまった(ただし、球団創設初のAクラス入りを果たす)事もあり、今年も交流戦で失速と思いきや、まだまだ食らいついています。久しぶりに優勝しても良い頃なのではで、広島VSオリックスの日本シリーズの組み合わせなら前進の阪急時代以来30年ぶりになるし、さらに面白くなりそうですが・・・・・・・・・

|

« ヘイトスピーチ対応するのならまずはお友達にお灸を | トップページ | ジョジョスターダストクルセイダース第19話「死神13その1」感想 »

NPB」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/57020412

この記事へのトラックバック一覧です: 得失点差マイナスの巨人はリーグ3連覇に黄色信号か?:

« ヘイトスピーチ対応するのならまずはお友達にお灸を | トップページ | ジョジョスターダストクルセイダース第19話「死神13その1」感想 »