« 塩村文夏が俗物の塊であっても下劣な野次は許される事ではないけどその2 | トップページ | ジョジョスターダストクルセイダース第14話「正義その1」感想 »

2014/07/04

新テニスの王子様第126・127・128・129話-「スタンド使い越前王子様と桜乃とのLOVE LOVE SHOW!!」

スクエア8月号、表紙を飾ったのは実写映画版宣伝のつもりなのか、読み切り漫画での主役を張る事となったるろ剣の志々雄でしたが、いい加減見かねたとは言え、ルールを破ってしまった事には変わりない越前王子様です。

ピーキャ(桃城)も金太郎くんも抗議をしようとしましたが、晴信(真田)やバルログ・アトーベ様は冷静です。しかし、「テニスをナメんなよ」とまで言われてしまった頼通(平等院鳳凰)はただ退場されても面白い訳ありません。彼が放った球の破壊力は相変わらず凄い!!王子様の防止も掠め、給水塔をぶっ壊してしまった!!これにはブチャラティ(向日)やメガネ関西弁(忍足)だけじゃない!!副部長くん(大石)や信繁(幸村)、天才くん(不二兄)皆皆もう吃驚だ!!どうやら頼通は本気で王子様を殺すつもりだったようですが、つくづく外道だよ・・・・・・こいつ・・・・・・・・まあJ・ガイルの旦那に比べればタカが知れているけどね!!そして越前王子様のこの台詞!!


「次会った時アンタを倒すから待ってなよ」


待ってました!!このチョーカッコイイ台詞!!越前王子様は俺たちが真似できないセリフを平然と言ってのけるッ!!それにしびれるッ!!憧れるッ!!

一方、来週の11日には承太郎先輩だけでなく、黒執事のセバスチャン(実写映画版の出来は・・・・・・・でしたが・・・・・)にもまたまたなられる殿(徳川カズヤ)ですが、鬼おじさん達から王子様の退場を知らされます。また総髪の侍であるスタンドのイラストも見られましたが、越前王子様には似合わないという事もこの後の展開で余計痛感させられる事となります。

何を着ても似合う王子様、詰襟の学生服に身を包みながら電車を下りた所、桜乃と邂逅し、色々ゲームを楽しんでいたかと思えば、頼通の事を思い出してしまい、テニスのナンバー入りのパネルをぶっ壊した!!立派な器物損壊で、補導されてもおかしくないのに、謝罪もしないで逃げやがった!!どうした!!越前王子様!!あのチョーカッコイイ迷惑乗車もやってのけ、外道な頼通にも勝利宣言したあなたは何処へ行った!!これにはポルナレフに排泄物をかけられたアレッシーも吃驚だ!!エラくないねえ~

桜乃って、つくづくいい子で、こんな他人には厳しく、自分には甘い王子様の為にも必勝祈願のお参りやおみくじを引いてあげていたのです。やっとの事で大吉を引く事ができたようですが、流石に素直にサンキューと感謝しました。以前はおにぎりを作ってもらっても感謝の一言も言わなかった王子様でしたが、ほんの少しながらも成長したという事ですか。でも、バイソン樺地の為に誕生日パーティー(違っていたのはご愛嬌と言った所でしたが)を開いてあげたアトーベ様みたいに「少しは見直した。」とまでは思えないですね・・・・・・・・・

しかし、家に帰ってもモヤモヤ感は完全に晴れなかったようで、裏のコートで球を打っていた王子様、そうかと思えば、まだ合宿に参加していたはずのリョーガが登場!!そこでU-17W杯の、アメリカ代表選手としての参加を誘われます!!まあテニプリは本質的にバクマン等同様「主人公絶対主義」ですし、絶対退場させられて普通に復活するなんて有り得ないと思っていたから特段驚かされたわけでもない。しかし、あの「まだまだだね」をまた英語セリフで聞けるかも知れない!!そういう意味でもチョー楽しみだ!?


殿は承太郎先輩、エル・フォルテ、そしてセバスチャンと他の世界では絶好調なようで、テニプリの世界でももっともっと頑張って外道頼通を倒していただきたいものですが、メディア進出も依然絶好調な新テニプリ、今回最大のニュースはOVA「VS GENIUS 10」の1軍キャストが発表された事でしょう。

劇場版では、学校の映画鑑賞会でも見させられた事のある、「遠い海から来たCOO」でも主人公の少年の声優を演じた山崎裕太氏が声優だったリョーガを、今度は宮野真守氏が演じる事になるという。宮野氏は、個人的に桜欄高校ホスト部の環先輩の好演以来将来有望な若手声優さんとして期待していました。最近は伸び悩み気味かなあと思いきや、魔法戦争(もっとも、実際見てみたらこれがトンデモアニメで、宮野氏の演技は決して悪くはなかったのだけど、彼演ずる主人公が最後・・・・・・・・・)等を目にしましたが、主人公の兄という重要ポジションな役柄を頂いたのですから、本当に気合を入れて頑張っていただきたい・・・・・と思っていたら、頼通役は安元洋貴氏が!!ガイルですね。ついにテニプリにも、リュウ・バイソン・バルログ・火引弾・エルフォルテだけでなくガイルも参戦だ!!勿論待ちプレイなんてしないぞ!!そして柳田国男(遠野篤京)は片山裕介氏というお笑い芸人で、声優としても経験は皆無ではないらしいですが、大丈夫なのか・・・・・・・・・しかし、不安ばかり抱いてもしょうがないし、10月末に発売との事なので、テニプリファンはもう皆首を長くして待つしかない!!許斐剛大先生が、今度は残念ながら打ち切りが決まってしまった「さんまのからくりテレビ」で明石家さんまさんともスペシャルトークを実現する事も夢見て!!

|

« 塩村文夏が俗物の塊であっても下劣な野次は許される事ではないけどその2 | トップページ | ジョジョスターダストクルセイダース第14話「正義その1」感想 »

テニプリ・許斐剛」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/56693624

この記事へのトラックバック一覧です: 新テニスの王子様第126・127・128・129話-「スタンド使い越前王子様と桜乃とのLOVE LOVE SHOW!!」:

« 塩村文夏が俗物の塊であっても下劣な野次は許される事ではないけどその2 | トップページ | ジョジョスターダストクルセイダース第14話「正義その1」感想 »