« イラク情勢の悪化はオバマだけの責任ではないが・・・・・・・ | トップページ | ワールドカップ・ギリシァ戦、日本は攻め手に欠けドローに »

2014/06/19

石原長男の「金目」失言とストⅡSFC版シリーズのバーチャルコンソール配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140619-00000079-jij-pol

野党、石原環境相問責案を提出=「金目発言は無神経」

時事通信 6月19日(木)14時4分配信    

 参院の民主党など野党7会派は19日午後、東京電力福島第1原発事故に伴う汚染土などの中間貯蔵施設建設に絡み、「最後は金目でしょ」と発言した石原伸晃環境相に対する問責決議案を提出した。野党は20日、衆院でも石原氏の不信任決議案を提出する方針。ただ、両案とも20日の衆参両院本会議で与党の反対多数で否決される見通しだ。
 問責案を共同提出したのは、民主、日本維新の会・結い、みんな、共産、社民、新党改革・無所属、生活の7会派。
 提出理由で「極めて無神経で許し難い発言。職を続ける資格はない」と非難。石原氏が中間貯蔵施設の住民説明会に一度も出ていないことや、福島原発をオウム真理教施設の「サティアン」に例えた過去の発言なども挙げ、「石原氏の使命感・責任感の欠如は明らかだ」と指摘した。
 石原氏は19日午前の参院環境委員会で発言を撤回したが、野党の追及に対して「お金で解決しようとは一言も言っていない」と声を荒らげて反論。この後の7会派の国対委員長会談では「反省の態度が見られない」「被災者の心情を理解していない」との声が相次いだ。石原氏は衆院環境委員会の20日の質疑にも出席する。 

http://www.inside-games.jp/article/2014/06/19/77878.html

Wii Uバーチャルコンソール6月25日配信タイトル ― 『ストリートファイターII』シリーズ3作品、『PC原人3』の4本

2014年6月19日(木) 15時16分
  • ストリートファイターII ザ ワールド ウォーリアー
  • 対戦格闘ゲームのブームの火付け役
  • ストリートファイターII ターボ ハイパーファイティング
  • 四天王も使用可能に
  • スーパーストリートファイターII ザ ニューチャレンジャーズ
  • 新キャラ4人が初登場
  • PC原人3
  • 頭突き健在!シリーズ第3弾

任天堂は、6月25日よりWii Uバーチャルコンソールで配信するラインナップを公開しました。

6月25日よりニンテンドーeショップにて配信開始となるWii Uバーチャルコンソールタイトルは、スーパーファミコンソフト『ストリートファイターII ザ ワールド ウォーリアー』『ストリートファイターII ターボ ハイパーファイティング』『スーパーストリートファイターII ザ ニューチャレンジャーズ』、PCエンジンソフト『PC原人3』の4作品です。

◆ストリートファイターII ザ ワールド ウォーリアー



配信予定日:2014年6月25日
価格:823円(税込)

オリジナル版ハード:スーパーファミコン
オリジナル版発売日:1992年6月10日
発売元:カプコン
ジャンル:格闘

『ストリートファイターII ザ ワールド ウォーリアー』は、1991年にアーケードゲームとして登場し、1992年にカプコンよりスーパーファミコンソフトとして発売された対戦格闘ゲームです。アーケードゲームとして爆発的なヒットを記録した本作の人気をこのスーパーファミコン版が世界中で更に牽引したと言われており、『ストリートファイター』シリーズはもちろん、現在に続く対戦格闘ゲームの原点的な作品あたります。

各国を代表する8人のキャラクターから好きなキャラクターを選択し、選択されなかった7人のファイター、強敵である「四天王」との戦いに挑みます。オプションによる難易度調整も可能です。「V.S. BATTLE」ではゲームセンターさながらの対戦プレイを実現しています。

(C)CAPCOM U.S.A., INC. 1991, 2014 ALL RIGHTS RESERVED.


◆ストリートファイターII ターボ ハイパーファイティング


配信予定日:2014年6月25日
価格:823円(税込)

オリジナル版ハード:スーパーファミコン
オリジナル版発売日:1993年7月11日
発売元:カプコン
ジャンル:格闘

『ストリートファイターII ターボ ハイパーファイティング』は、1992年にアーケードゲームとして登場し、1993年にカプコンよりスーパーファミコンソフトとして発売された対戦格闘ゲームです。ゲームスピードを自由に変更できる「TURBO」モードが用意されているほか、新必殺技の追加など、ゲームバランスも大幅に調整されています。

前作ではプレイアブルキャラクターとして使用できなかった「M.バイソン」「バルログ」「サガット」「ベガ」の4人も使用できるようになり、1Pプレイはもちろん、対戦プレイの幅も更に広がっています。『ストII』シリーズ中、本作が最もバランスの取れたタイトルであると評するファンも少なくありません。

(C)CAPCOM U.S.A., INC. 1993, 2014 ALL RIGHTS RESERVED.


◆スーパーストリートファイターII ザ ニューチャレンジャーズ


配信予定日:2014年6月25日
価格:823円(税込)

オリジナル版ハード:スーパーファミコン
オリジナル版発売日:1994年6月25日
発売元:カプコン
ジャンル:格闘

『スーパーストリートファイターII ザ ニューチャレンジャーズ』は、1993年にアーケードゲームとして登場し、1994年にカプコンよりスーパーファミコンソフトとして発売された対戦格闘ゲームです。スーパーファミコン版独自の「GROUP BATTLE」や「TOURNAMENT BATTLE」、「THE CHALLENGE」などのモードも収録されています。

これまでの『ストII』シリーズでは「四天王」を含む12人のファイターたちが頂点を競い合っていましたが、本作では4人の完全新規キャラクター「キャミィ」「フェイロン」「ディージェイ」「サンダー・ホーク」が追加されています。また、既存キャラクターにも新必殺技が登場。更に腕に磨きをかけ、CPU戦や対戦プレイを楽しみましょう。

(C)CAPCOM U.S.A., INC. 1993, 2014 ALL RIGHTS RESERVED.


◆PC原人3


配信予定日:2014年6月25日
価格:617円(税込)

オリジナル版ハード:PCエンジン
オリジナル版発売日:1990年2月23日
発売元:ハドソン(現・KONAMI)
ジャンル:アクション

『PC原人3』は、1990年にハドソン(現・KONAMI)よりPCエンジンソフトとして発売されたアクションゲームで『PC原人』シリーズの第3弾です。悪の親玉「キングタマゴドンIII世」の企みから「恐竜王国」の平和を守るため、「PC原人」が三度立ち向かいます。

ラウンド中に登場する新アイテム、赤と青の「キャンディー」は、原人のサイズを変化させ、大きさを変えることでステージの難所を突破したり、取りにくい1UPを取ったりすることが可能です。おなじみの「頭突き」などを駆使して、全7ラウンドのクリアを目指しましょう。
(C)Konami Digital Entertainment
(C)RED

(Article written by 津久井箇人 a.k.a. そそそ)

前回エントリーで、「あとは健康と、部下達やお友達の失言に気をつければ安倍政権は総裁任期満了の2018年までの長期政権になるかも。」というような事を言ったけど、そう言ったそばから石原長男がまた「金目目当て」失言しちゃいましたね。その特亜との確執に関係ない国をディスったあの人も、今度は「日教組がガン」だとか、「従軍慰安婦は存在しない」だとかネットで少し調べればすぐ分かる事(言ってる事自体は間違ってはいない)をまたまたドヤ顔で語っていたようですが、もうそういう風にディスった事なんて忘れているのでしょうね。おそらく。

普段国民目線など知った事か!!とか思っているからこそ何度もそういう失言が出るのであり、あの男尊女卑的なヤジ共々褒められた事ではないですが、野党も小物に過ぎない石原長男の問責決議案等を出す暇があるのなら、政策の議論等もっと真剣に話し合うべき問題がいくつもあるのではと思いますが、もう6月も半分以上終わりました。もうすぐで2014年も半分終わりますが、早いものです。

6月25日と言えば、印象に強く残った出来事はスーパーストリートファイターⅡ(以下スパⅡと表記)SFC版の発売でしたね。既に前作のターボで、価格は1万円超えていて、気軽に買えるものではなかったし、スパⅡ自体餓狼伝説スペシャルの影に相対的に隠れてしまった感(しかし、ストⅡシリーズ終了後に再逆転される事となる)がありましたが、画面はゲーセンのに比べれば相変わらずチープながらも、引用した記事でも言及されていたオリジナルのゲームモード等家庭用として長く遊べる作りに仕上がっていました。そしてその発売から丁度20年経つ今年2014年6月25日に、ついに無印やターボ共々バーチャルコンソールに配信される事が決定したようですが、まあ月並みですが、「名作はいつの時代でも名作である」という事なのでしょう。

http://blog.goo.ne.jp/too008rr/e/9c3984b78a9e0af793d748d44e91ebce

今回のこのストⅡSFCシリーズバーチャルコンソール配信が、現在展開中のⅣシリーズをも良い意味で後押ししてくれれば良いのですが・・・・・・・ウルトラストⅣは、ZERO2でもそこそこ使用していたロレントが初使用キャラとなりながらも、その後まだ数える程しかプレイしていない(格ゲーについてこれたのなんて、せいぜいマーヴルVSカプコン2やジョジョ3部ゲーあたりまでなので、乱入されて負けてしまうパターンばかり)ですが、たまたまこの上記ブログを目にしたら、「またかよ」と言うか、2度も調整していたんですね。家庭用は8月7日発売予定で、価格はSFC版ターボやスパⅡより全然安いですが・・・・・・・・・・・・

|

« イラク情勢の悪化はオバマだけの責任ではないが・・・・・・・ | トップページ | ワールドカップ・ギリシァ戦、日本は攻め手に欠けドローに »

複合」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/56551515

この記事へのトラックバック一覧です: 石原長男の「金目」失言とストⅡSFC版シリーズのバーチャルコンソール配信:

« イラク情勢の悪化はオバマだけの責任ではないが・・・・・・・ | トップページ | ワールドカップ・ギリシァ戦、日本は攻め手に欠けドローに »