« ジョジョスターダストクルセイダース第11話「皇帝と吊られた男その2」感想 | トップページ | 石原長男の「金目」失言とストⅡSFC版シリーズのバーチャルコンソール配信 »

2014/06/15

イラク情勢の悪化はオバマだけの責任ではないが・・・・・・・

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140614-00000586-san-n_ame

「何も決められない大統領」 イラク混迷、高まるオバマ批判

産経新聞 6月14日(土)20時14分配信    

【ワシントン=青木伸行】緊迫するイラク情勢をめぐるオバマ米大統領の対応の遅さと曖昧さに、米国内で批判が高まっており、11月の中間選挙をにらみ野党・共和党は攻撃を強めている。

 大統領は13日、ホワイトハウスで、地上部隊を派遣しないこと以外、具体策を何ら示さず、決定まで「数日を要する」と言い残し、ヘリコプターで遊説先のノースダコタ州へ向かった。

 共和党のベイナー下院議長は「下院と国防総省は、イラクの情勢悪化をホワイトハウスに警告してきた。だが、何もせず、イスラム過激組織が首都バグダッドへと迫っているときに、大統領は昼寝をしている」と痛烈に批判した。

 マケオン下院議員(共和党)は大統領の言葉をとらえ「ホワイトハウスには、何も決められずに、『あらゆる選択肢を検討している』と言う歴史がある」と皮肉った。

 マケイン上院議員(同)に至っては、「大統領は国家安全保障チームを一新すべきだ」とし、ライス大統領補佐官(国家安全保障問題担当)や、デンプシー統合参謀本部議長らの辞任を要求。過激派組織の脅威増大は「イラクから米軍が撤退した代償であり、大統領はアフガニスタンでも同じ破滅的な過ちを犯そうとしている」と非難した。

 一方、ウォールストリート・ジャーナル紙は「(大統領就任から)5年以上がたち、われわれはこの大統領に指導力、戦略的な望みを期待すべきではないということを知るようになった」と批判している。

 

イラク情勢の混迷は、オバマ大統領だけの責任ではなく、ブッシュ保安官の代表的な失政でしょでしたが、まあオバマ大統領がノーベル平和賞貰った時点から正直「?」とは思い始めてはいましたね。

このブログでも、テニプリ関連記事では冗談で「YES WE CAN!!」と締めていた(最近はしてないですが)けど、全然「WE CAN!!」じゃないと言うか、イラク以外にもアフガニスタン、シリア、そしてウクライナと、欧米のやってる事って却って事態を混乱させているではないですか。オバマ氏だけでなく、EUにまでノーベル平和賞なんて全然笑えないブラックジョークです。

特にウクライナ情勢については、必死に自分達の正当性を強調し、G8からもロシアを仲間はずれにしたそうですが、結局まとまりきれなかった様です。その偽善性がますます浮き彫りになってきているとも言えますが、そういうのも隠したくて必死に足掻いているのには虚しさとかしか感じられません。

冷戦に勝利し、ITバブルを謳歌したと思ったら、その冷戦末期に台頭したイスラム等テロとの泥沼の戦いにも追い込まれ、一極支配が弱まりつつあるアメリカの姿を見ると余計そうなのですが、そういう時代の転換期にジョージ・ブッシュ氏とオバマ氏がリーダーとして登場してしまったのはアメリカだけでなく、日本にとっても不幸以外の何物でもないでしょう。しかもまた、まあ中国行きに同行した奥さんが、先日日本には来なかったのは「行きたくないのならどうぞご勝手に。」なのですが、その中国の戦闘機が、自衛隊機だけでなくアメリカ軍機にも異常接近する等明らかに中国にも舐められはじめています。

民主党の次期大統領有力候補は、ヒラリー・クリントン氏らしいですが、彼女も実際大統領になって、「強いアメリカの復活」等が出来るのかその能力には正直疑問ですね。もしヒラリー氏が大統領となったら、日本への影響についても、女性管理者の割合アップ等既存の空論な政策構想が目立つ安倍政権が余計勘違いしそうです。どうも余裕ぶって、民主党の海江田万里代表を「気の毒」と上から目線で同情する等、民主からして、一応3年間は政権を握っていたのだからその経験を少しでも活かすべきなのですが、それが出来ていないですしね。

維新の分裂についても、石原慎太郎氏についてった面々が予想よりも多かったようで、私は来年の衆議院選挙では、政権を取って欲しいという意味ではなく、永久野党として一定の存在感を示し、自民をのさばらせすぎないという意味で共産党に入れるしかないのかなあと言うか、自民に入れるつもりはない(参議院、その他地方選挙全てひっくるめても自民またはその支持候補者に入れたのは2回しかない)ですが、この野党のダメっぷりでは安部総理は総裁も連続2選、本当に2018年までの長期政権になりそうですしね。あとは健康と、お友達や部下達の失言とかに気をつければ。実際、お互いの確執に何の関係もない国をディスってた人もいましたが。話は少しそれたけど、アメリカやオバマ氏がこのような体たらくでは、その安倍政権が憲法を自分達の都合の良い様にして解釈しようとしている集団的自衛権等も余計強い懸念を抱かざるを得ません。

|

« ジョジョスターダストクルセイダース第11話「皇帝と吊られた男その2」感想 | トップページ | 石原長男の「金目」失言とストⅡSFC版シリーズのバーチャルコンソール配信 »

国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/56508197

この記事へのトラックバック一覧です: イラク情勢の悪化はオバマだけの責任ではないが・・・・・・・:

« ジョジョスターダストクルセイダース第11話「皇帝と吊られた男その2」感想 | トップページ | 石原長男の「金目」失言とストⅡSFC版シリーズのバーチャルコンソール配信 »