« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014/06/29

女系で初期の当主達の血を維持してきた堂上家と絶家となった清華家

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140629-00000006-jij-pol

皇籍離脱後も活動可能に=女性皇族の在り方検討―政府

時事通信 6月29日(日)2時34分配信    

 政府が女性皇族について、結婚して皇籍を離れた後も皇室活動を継続できる方向で位置付けを見直す検討に入ったことが28日、関係者の話で分かった。皇族が減少する中、皇室活動を安定的に維持するのが目的。安倍政権下で議論は停滞気味だったが、高円宮家の次女典子さまの婚約内定が契機になったとみられる。
 野田前政権では「女性宮家」創設に関する論点整理をまとめ、パブリックコメント(意見公募)を実施したが、反対意見が大多数を占めた。安倍晋三首相も昨年2月のBS番組で「皇統の継承は男系でつないでいくと皇室典範に書いてあり、女性宮家はそういう役割を担うことができない」と語るなど批判的な立場だ。
 このため今後の検討では、論点整理で併記された、国家公務員として公的立場から皇室活動に当たる案が軸になりそうだ。この場合、「皇室輔佐(ふさ)」や「皇室特使」などの新たな称号を保持することが想定されている。
 皇室典範12条は、女性皇族が民間人と結婚した場合、皇族の身分を離れることを定めている。桂宮宜仁さまが8日に亡くなられ、現在の皇室は天皇陛下と皇族方の21人となった。このうち8人が未婚女性で、結婚によりさらに人数が減る可能性があり、皇室活動に支障が出るとの懸念が増している。 

最終更新:6月29日(日)6時23分

つい最近、当時まだ22歳だった美子氏が出演されていた、樋口一葉原作の映画「にごりえ」(という題名だったが、実際は複数の話からなるオムニバス形式が採られていた)を見る機会がありましたが、wikiでの「久我家」を見たら、美子氏の兄で現当主の誠通氏までは以下のような系譜で村上天皇や鎌倉時代初期に権勢を誇った源通親(竹宮惠子先生の「吾妻鏡」でも腹黒そうな顔に描かれていた)の血を女系で維持しているらしいです。

村上天皇・・・・源通親─源通宗─源通子─後嵯峨天皇─後深草天皇・・・・後陽成天皇─清子内親王─鷹司教平─鷹司房輔─一条兼香─一条道香─一条輝良─一条忠良─久我建通・・・・久我誠通&久我美子

これを見たのをきっかけに、他の堂上家での養子(婿養子じゃない)が入る前の当主達の血が受け継がれている家があるかどうかちょっと調べてみました。まずは、実はそのwikiに自分が編集したのですが、四条家ですね。

藤原魚名・・・・藤原隆季-藤原隆房-四条隆衡-四条貞子-西園寺きつ子-後深草天皇
・・・後西天皇-益子内親王-九条幸教-二条宗基-二条治孝-二条斉信-二条斉敬-四条隆英・・・四四条隆彦

その次は以下の通りです。

大炊御門家

藤原経宗-女子-姉小路公宣-姉小路実世-女子-中山家親-中山定宗-中山親雅-中山満親-
中山定親-中山親通-中山宣親-中山康親-中山孝親-大炊御門経頼・・・・・大炊御門経昭

花山院家
藤原家忠・・・花山院忠雅・・・師継-女子-西園寺公顕-女子-今出川実尹-今出川実直-
今出川公行-今出川実富-今出川教季-今出川公興-今出川季孝-女子-庭田重保-正親町季秀-
持明院基久-女子-持明院基定-高野保春-四辻実長-裏松謙光-堀河親実-堀河康親-
堀河親賀-堀河康隆-花山院親家・・・・花山院弘匡
西園寺家
藤原通季・・・西園寺公経・・・西園寺公衝-西園寺寧子-光厳天皇・・・・東山天皇-直仁親王-
-鷹司輔平-鷹司政熙-鷹司政通-徳大寺公純-西園寺公望-西園寺新-西園寺不二男
・・・西園寺直行
今出川家(菊亭家)
今出川兼季・・・・今出川教季-女子-伏見宮貞敦親王-位子女王-鷹司信房-鷹司信尚-
鷹司教平-鷹司房輔-一条兼香-一条道香-八代姫-徳川治紀-徳川清子-鷹司輔煕-
菊亭脩季・・・・菊亭直子
徳大寺家
徳大寺実能・・・・徳大寺実淳-徳大寺維子-近衛稙家-近衛前久-近衛前子-後水尾天皇・・・・
東山天皇-直仁親王-鷹司輔平-鷹司政熙-鷹司政通-徳大寺公純・・・・徳大寺実啓
正親町三条家
三条公氏・・・・正親町三条実豊-三条西公保-三条西実隆-女子-高倉永慶-
高倉永敦-滋野井公澄-正親町三条実彦・・・・嵯峨実允
中院家
中院通方・・・・中院通秀-女子(中院通世室)-女子(園基国室)-園基継-園基任-園基音-園国子-
霊元天皇-東山天皇-閑院宮直仁親王-鷹司輔平-鷹司政熙-鷹司政通-徳大寺公純-
中院通規・・・・中院泉
持明院家
藤原頼宗・・・・持明院基家-女子-西園寺公経-西園寺倫子-二条良実-二条兼基-二条道平-
二条良基-二条師嗣-二倏持基-二条持通-二条政嗣-二条尚基-二条尹房-二条晴良-
鷹司信房-鷹司信尚-鷹司教平-鷹司房輔-西園寺実輔-西園寺致季-
飛鳥井雅香(飛鳥井家に婿養子入り)・・・・飛鳥井雅典-持明院基静-持明院基哲
(現当主は基哲から3代後の光彦氏)
水無瀬家
藤原道隆-藤原隆家・・・藤原親信-二条定輔-女子-女子(中山基雅室)-中山家親・・・・中山宣親-
庭田重親-庭田重保-中御門資胤-清閑寺共房-女子-烏丸光雄-烏丸宣定-烏丸光栄-
裏松光世-裏松恭光-裏松勲光-水無瀬忠輔・・・・水無瀬忠成

こうして見ると、他にもあるかもしれないけど、血というものは簡単に絶えるわけではなく、結構(?)ある事が分かります。大炊御門家は、経宗には姉小路家だけではなく、三条実房に嫁いだ女もいましたが、間に生まれた公氏正親町三条家の家祖となり、その直系子孫で室町時代に出た公保が三条西家に養子入りしました。さらにその後の公広が、武田晴信(信玄)の舅でもあった三条公頼が、大内氏の本拠地だった山口滞在中に陶晴賢によるクーデターで殺されたのを受けて三条家を継いだので幕末から明治にかけてでた実美等も経宗の子孫と言えます。


花山院家も、結構色んな他家に血が入っていますが、持明院基定は中御門流を称する(途中の系譜が不明なので、100パーセント信用はできない)、高家の走り的な存在でもあった大沢基宿の次男で、先代の基久が大阪夏の陣で戦死したのを受けて、婿入りという形で基久の女と結婚して持明院家を継ぎました。大阪夏の陣の時は基定は8歳で、高家とは言っても、父の基宿は徳川家臣としていくつか合戦への参加歴もあったから月代剃っていたでしょうが、基定はせいぜい元服前の武士の子みたいに前髪は残して頭頂部だけを剃っていたのでしょうね。どーでもいい事ですが・・・・・・堀河康親からは岩倉具視も出て、さらに加山雄三氏や、よくよく評判悪くなってしまった喜多嶋舞氏等も出たので、現当主の弘匡氏は彼らとも遠い親戚だという事です。ただ、大沢家自体は明治期に没落してしまったのは皮肉ですが・・・・・・・・


ちょっと変わっているのが、信長・秀吉・家康の戦国三英傑に良く絡んだ今出川家(菊亭家)です。鷹司信房は元々二条家の出でしたが、家祖だった兼平の血が絶えてしまった鷹司家を信長の意向で再興し、名前も信長から貰ったらしい。秀次事件が無ければ、秀吉の関白就任のきっかけを作った晴季の女、一の台及び彼女が前に結婚していた三条顕実との間に儲けたお宮の方いずれかは秀次との間に子供を作れて、その子とかが晴季の孫で子に恵まれなかった経季の養子となって今出川家を継いでいたかもしれません。しかし、現実は家康が戦国最後の勝利者となったのは周知の通りで、信房は実に家綱の代まで、92歳まで長生きしましたが、その家康と水戸徳川家家祖である頼房の血も入る事となります。(家康-頼房-松平頼重-松平頼侯-松平頼豊-徳川宗堯-徳川宗翰-徳川治保-治紀)そしてまた鷹司家に血が入り、江戸時代中期・後期の鷹司家は後述もしますが、東山天皇の男系子孫だったなので、しばらくは今出川から号を変えた菊亭家にもそれが続いたのですが、現当主の直子氏は女性です。まあ伏見宮・二条・徳川等勝ち組の血をいくつも介しているので、教季までの歴代当主の血を女系で継いでいる人は結構いるでしょう。その人達の中から養子でも取るのでしょうが、現徳川宗家当主の恒孝氏も直系男系子孫(ただし、その息子の家広氏がベトナム人女性と結婚された上にその間に子供を儲けた事も聞かれない)だし、特に頼房が子孫に恵まれている事を改めて認識させられました。


正親町三条家(嵯峨家)は近代にがラストエンペラー・愛親覚羅溥儀の弟、溥傑と結婚した事で有名ですが、高倉永慶は人身初の摂政となった藤原良房の兄、長良の子孫です。長良は良房やもう1人の弟・良相に官職を越され、生前は権中納言止まりだったながらも良房の権勢に与れた故だったのか、亡くなる直前でしたが大臣でも任命時は正三位も珍しくなかった(この官位と官職の相当については、過去ログでも駄文ながらも述べています)平安前期において官位は従二位まで上がりました。晩年には基経が良房の養子となり、その系統が大いに栄えたのも周知の通りですが、基経だけでなく、昌泰の変直前に甥の忠平から参議を譲られて、54歳で公卿となった清経の系統(ただし時平死後、藤氏長者となった忠平にまた越されてしまったが)もです。子の元名と孫の文範はいずれも長命だった事もあって、それぞれ参議・中納言まで出世し、特に文範は官位も長良に並ぶ従二位まで登っています。その後は公卿輩出はしばらく途絶えたようですが、同じく傍流となった真夏流同様子孫を絶やす事なく、堂上家の家格では最も格下な半家の中では格上な、権大納言を極官とする事に成功したようです。つまり現当主の実允氏はれっきとした長良・清経の男系子孫にあたるわけです。


西園寺・徳大寺・中院各家は、新井白石が大きく絡んでいて、閑院宮は、皇室も徳川将軍家に対する御三家同様血のスペアが必要という事で彼の建言で創設されて、東山天皇の皇子である直仁親王がその祖となりました。近代には西園寺公望と、近衛文麿という2人の天皇の男系子孫が総理大臣として登場(文麿は後陽成天皇の子孫で、天皇と近衛前子との間に生まれた二宮が信尋と名乗り、近衛家を継ぐ。そしてさらに文麿の外孫で、清和天皇の男系子孫でもある熊本のお殿様、細川護煕氏も自民党の55年体制を終わらせて総理大臣となったが・・・・・・)したという事にもなりますが、つまりは西園寺直行氏も、徳大寺実啓氏も、中院泉氏もいずれも東山天皇のれっきとした男系末裔なのです。男系という観念では、最近迷走が目立つ竹田恒泰氏よりも全然皇室と血統が近いのです。(竹田氏と現皇室との共通の男性先祖は、東山天皇より約300年前の南北朝~室町期に出た、伏見宮貞成親王です。)


中院家
について言えばまた、泉氏は久我誠通氏等同様息子さんはおらず、娘さんが2人おられるようですが、園家の血も介しています。この園家は頼宗流持明院家の庶流だったのですが、男系たる当主継承は持明院家や同じく頼宗流である中御門家より安定していました。この園家ですが、家祖の基氏が松殿基房の長男だった藤原隆忠の女と結婚して基顕が産まれたので、園家を介して基房・隆忠の血も入る事となったのです。つまり、隆忠の弟である忠房の系統となった松殿家自体は残念ながら戦国時代に断絶してしまいましたが、女系としてなら基房・隆忠の子孫も現在も多数いるという事です。子孫達の中でも、鷹司輔平・政煕・政通の3代は約600年ぶりに松殿家の血を引くものが摂関を務める事となったと言え、特に政通は南北朝期の二条良基を抜いて、藤原頼通(50年)、藤原忠通(37年)に次ぐ摂関歴3位となりました。3人とも名前に「通」がつきましたが、立ち回りが拙すぎて2度も失脚してしまった基房には救いになったかもしれません。水無瀬家も、その基房同様負け組となってしまった藤原隆家の血を女系で何とか維持している格好です。現当主の忠成氏は男系では、真夏流である日野勝光の子孫にあたります。


そう言えば、通親からはさらに中院家だけでなく、堀川家や土御門家も出ましたが、残念ながらこの2家は断絶してしまったようです。共に閑院流の洞院家同様清華家家格だったようですが、堀川家は16人出た公卿の内、太政大臣となったのは基具1人。内大臣も3人で都合大臣となったのは合わせて4人。土御門家も公卿になった19人中初代の定通(内大臣)と定実(太政大臣)の2人だけでした。洞院家は17人中7人(内太政大臣2人)でしたが、堀川家と土御門家は大臣昇進率が江戸時代以降に創設された広幡家と醍醐家よりも悪かったです。しかも、江戸時代の清華家大臣って、太政大臣就任は摂関経験者に限られ、左大臣以下も任命されても短期な例が多かったから、余計清華家の中でも格下だった印象ですね。

堀川家は基具の時が全盛期だったみたいで、父の具実の内大臣昇進直前に公卿に列せられた(参議)後、准大臣を経て(この経緯についてはwikiで詳しく書かれているので、そっちの方を参照してくだされ)太政大臣となったようですが、どうやら持明院統と大覚寺統の皇統分裂に巻き込まれてしまったようです。基具の次の具守は持明院統の花園朝で短期ながらも内大臣を務めたようですが、具俊がその前の、大覚寺統・後二条朝期に父・具守に先立って早世してしまい、その子の顕基が40歳でやっと公卿に列せられた(従三位)と思ったら、鎌倉幕府滅亡及び光厳天皇廃位(と言うか、この天皇は歴代に数えても良いと思う)に伴い、具親の子だった具雅共々官位を止められた。具俊の養子となった(具守の子)と思われる具親は足利尊氏による光明天皇擁立後やはり短期ながらも内大臣を務めたけど、次男の具貫が足利家の内紛等による正平一統で一時北朝が解体したのにやんなっちゃったのか27歳の若さでもう権中納言となっていたのに出家、その弟の具信も、南朝側からまた京都を奪い返した直後に参議になったと思ったら、直後に早世、その子の具言は、生年は不明ですが父の早世が1356年(延文1)秋でしたから、遅くとも翌年の1357年(延文2)には生まれていたであろう。参議となったのは1379年(康暦1)で、亡くなったのは1418年(応永25)11月だったから、早くて20代前半で上級貴族となり、少なくとも60歳前半までは生きていたという事になります。歴代当主の中では長生きだった方と思われましたが、それでも正二位権大納言が精一杯だった。その子の具世は、遅くとも1419年(応永26)には生まれている事となりますが、消息が途絶える1453年(享徳2)まで14年も参議より上の官職に上がれなかったのだから、南北朝の動乱に翻弄されて、衰退してしまっていた家を盛り返す力量は無かったのでしょう。そしてその子だった具茂の時に、今度は戦国時代に突入してしまい、彼を最後に・・・・・・・・


土御門家は後二条朝の時に定実が太政大臣となったから、少なくともその時までは大覚寺統との関係は悪くなかったのでしょうが、彼の後の雅房(定実の子)・雅長(雅房の子)・顕実(雅長の子)・通房(顕実の子)と実に4代も相次いで早世してしまったのが不運だった感じです。特に通房はまた、前述の堀川具雅・顕基共々鎌倉幕府滅亡・光厳天皇廃位に伴い、後醍醐天皇に官位を止められてしまった。雅房にはまた、親定という弟がいて、正二位権大納言となった。その子の親賢も持明院統・花園朝期の1314年(正和3)に顕実共々17歳で公卿に列せられた(従三位)のだから、嫡流じゃなかったにしては順調な出世だったはずなのですが、50過ぎまで生きながら権中納言止まり。親定系は以降公卿は出ず、雅房系に戻ると、通房の子、定具はまたまた北朝が南朝から京を奪還した直後の1362年(貞治1)に22歳で公卿に列せられ、58歳まで生きました。しかし、彼も堀川具言同様正二位権大納言までだった。そして次の定冬・定守はおそらくいずれもまた早世したのでしょうが、公卿にすらなれず、定守の子、定長は公卿に列せられた(参議)のが28歳の時と、羽林家・名家並みの昇進スピードとなってしまい、しかもまもなく出家してしまいました。その子の有通が最後の当主だったようですが、やはり早世したのでしょう。


まあここまでまたどうでもいい事をダラダラ述べましたが、丁度上記引用記事で言及されてましたが、女性皇族が皇族離脱後も皇室活動可能との案が検討されている事もあって、取り上げてみました。なかなか男系だけでその血を維持していく事って難しいという事なのでしょうが、こうした案を検討するよりは、ヤフコメでも突っ込まれてましたが、こういう堂上家の系譜も良く認識して、男子の跡継ぎの確保及び、万が一いなくなってしまった時の、前述の西園寺・徳大寺・中院各家の当主の方々等天皇の男系子孫及び旧宮家の皇族復帰とかの方を真剣に検討した方が良いのではと思いますが・・・・・・・

| | トラックバック (0)

2014/06/28

ジョジョスターダストクルセイダース第13話「運命の車輪」感想

http://jojo-animation.com/contents/story/13.html


いよいよインドも後にする事となったジョースターエジプトツアー御一行様でしたが、シンガポールでお父さんに会いに行った筈のアンが再登場しました。良く一人でシンガポールで一度別れた後もここまで来れたなあと言うか、彼女には冒険家の素質が大いにあったのかもしれません。


彼女もまた加わって、パキスタンに向かおうと思ったら、ポルナレフの運転で強引に抜いたボロ車の嫌がらせにあう・・・・・・・って、後の7部はキャノンボールが元ネタだったようですが、この「運命の車輪」のお話はスティーヴン・スピルバーグ監督の「激突」のオマージュだったようですね。やはり。「激突」は吹き替え版は穂積隆信氏はちょっと合ってなかったし、長島教信者のあの人なんかもっとアレでしたが・・・・・・・・・


途中立ち寄った店で承太郎先輩が客たちみんなぶちのめそうとしたのもそうでしたが、そのボロ車の運転手はそれをも嘲笑うかのようで、ついに正面衝突する事となります。ポルナレフは、あの韓国旅客船事故の船長も笑えない立ち回り(苦笑)も見せましたが、花京院と承太郎先輩の熱くクールなやり取りは原作同様でした。そして三部有数の迷台詞であろう「勝った!!第三部完!!」も。(もっとも、後に承太郎先輩が娘・徐倫を守る為に辿った運命を思えば、これも必ずしも笑えないのだけど・・・・・・・・)


1部のディオみたいに燃やされて承太郎先輩万事休す!!かと思いきや、最後はオラオラでしっかりぶちのめしてくれましたが、もしアヴドゥルがいればこのズィー・ズィーももっと楽に勝てたかもしれない。後の億泰やフーゴのように強いゆえに出番が与えられなかった悲劇でしたが、アヴドゥルと言えば、アンも彼について触れた様子はやはり描かれませんでしたが、まあその事についての想像とかは容易なものだったでしょう。声優のくぎゅこと釘宮理恵氏の出演もアン役としてはもう今回のお話で終わりでしょうが、その後の彼女について、折角TVアニメ化もされたのですから、出来れば何か補完が見たい所です。


そして最後は、息子の死で御一行様への憎しみにかられているエンヤが登場して、大幅に端折られたOVA版では息子やンドゥール共々中ボスの1人のような位置づけでしたが、3部のまた大きな山を迎える事となります。ポルナレフのアレ等、適度な笑いも交えて・・・・・・・・・

| | トラックバック (0)

2014/06/26

塩村文夏が俗物の塊であっても下劣な野次は許される事ではないけど

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jcast-208821/1.htm

塩村都議「選挙事務所の家賃未払いトラブル」報道を否定

2014年6月26日(木)15時41分配信 J-CASTニュース

 

-PR-

   「セクハラヤジ」を訴えた塩村文夏都議(35)が2014年6月26日、一部週刊誌に報じられた選挙事務所の家賃未払いトラブルに対し、自身のツイッターで反論した。

   塩村都議は2013年10月4日にも、週刊誌「フライデー」10月18日号に掲載された「『恋から』美人都議〈みんなの党・塩村あやか〉『選挙事務所の家賃未払い』トラブル」について、公式ホームページ上で反論していた。13年3月下旬から6月下旬まで、政治活動および選挙活動のために塩村都議が使用していた事務所の家賃が未払いなのではないかと報じられたことに対し、塩村都議はオーナーから「それ(家賃)は結構です」と言われており、オーナーとの間に賃貸借契約を締結した事実はないと主張していた。

   26日発売の「週刊文春」7月3日号では家賃未払いトラブルが訴訟に発展していたことに触れていたため、塩村都議はツイッターで「週刊誌に掲載された記事につきまして、重要な部分のみ説明をさせて頂きます」として再度説明した。

「事務所家賃未払の事実は全くありません。先立って私の方から都議選出馬時の事務所のオーナーに対して、債務不存在確認、面会強要等の差し止めを求めて提訴しています」
「なお、私は同氏から、昨年来、非公開の自宅や、都庁、街頭演説会場など、再三にわたり、面会強要、嫌がらせ、業務妨害等を受けており、平成26年2月、東京地裁は、同氏に対して、面会強要禁止等の仮処分決定を下しています」

などと投稿し、報道内容を否定している。

めちゃイケではエガちゃん、ダウンタウンガキ使ではヘイポーが出る回程度で、基本バラエティは見ない人間なんで、この塩村文夏議員の「恋のから騒ぎ」とかでの言動は知りませんでしたが・・・・・・・・・


文夏氏の人間性がどうであれ、女性の尊厳を踏みにじった(あなた達のボスの奥さんだって、子供作れなかったというのに!!)あの野次は許される事ではなく、有耶無耶にされるような事はあってはいけません。私も、2012年衆議院選挙に自民に票を入れてしまった事に対する反省(ちなみに他に自民またはその擁立候補者に票を入れたのはその前回の2009年衆議院選挙との、合わせて2回しかない。地方選挙を含めても)の意味も込めて、ヤジ犯人の処分を求める署名にサインはして、その事に対して後悔はしていませんが必要以上に騒いでおられる感も否めないでしょう。


結果、慰謝料1500万とかだけでなく、こういう家賃未払疑惑等ボロが出てきて墓穴を掘った様となってしまったのは皮肉でしたよね。だからと言って、まあみんなの党はあの某元代表からして熊手発言とかとんだヘタレ野郎だった事が判明してしまったのだから、この人の悪い面についても今更驚くべき事でもない。フィフィ氏等の批判意見も、この人は、あのジョースターエジプトツアー御一行様も目指している途中であるイスラム圏の国の人ですから、主張には一理ある所もありながらも、決して手放しで賞賛するつもりもないですが・・・・・・・しかし、単なる偶然かもしれないけど、集団的自衛権の話を自民と公明で憲法解釈の拡大等野党の批判もかわして議論したり、嵌められた感もしないでもない美濃加茂市の市長が逮捕されたりとこの騒動を逆に利用して、相対的に目立たないうちに進めようとしているような気もしますけどね。まあ、この藤井浩人氏も、もし自分が美濃加茂市市民だったら当選直後に自民に入党した時点で次回選挙の投票はないわでしたけどね。たとえ完全なるシロであったとしても。

| | トラックバック (0)

2014/06/22

MUGENオメガルガールの面白動画その11

https://www.youtube.com/watch?v=e1iabuBePNA&list=FLR_OSclZ9dFa_g6SlW7CjFA&index=3


今回のオメガルガールは、AKI氏作成の彼ですが、火力は過去シリーズで紹介した他の動画よりもアップしています。前半は副主人公&偽善者(苦笑)との4対1バトルでしたが、最初の相手のその偽善者・キムをジェノサイドカッター(オメガ風。ノーマル風も別に存在する)→ゴッドプレス2セットでKOなんて減りすぎですね。1セットだけでも6割も。次のポルナレフ、あっ間違えた(苦笑)、紅丸をKOした時はあの胸を引っ掻いた勝利ポーズを披露してくれました!!「フンッ!!うぉぉぉぉーーーーーー!!!」。

後半は、11の禍忌と組んで、同じ相手な面々との戦いでしたが、1ラウンド取った時、また胸引っ掻き勝利ポーズキタ━(゚∀゚)━!!!!12でドッド絵に移行する前にも、本当に98~11風の半裸オメガルガール見たかったですね。実際02UMとかでは、ある程度そういうキャラのグラフィックとかも設定できるようですが・・・・・・・・・・

| | トラックバック (0)

2014/06/21

ジョジョスターダストクルセイダース第12話「女帝」感想

http://jojo-animation.com/contents/story/12.html


息子のJ・ガイルが死んだのを、エンヤはかなり敏感に感じ取ったようですが、杖で頭を打たれた猫ですね。走り去っていったけど、あの後頭に障害とか残らなかったのですかね。原作同様痛そうだったけど、何げに心配に感じられた描写でした。


そんなエンヤのトチ狂いっぷり等まだ知る由もないジョースターエジプトツアー御一行様、今回たどり着いたのはバラナシなのかベナレスなのかどっちなのか良く分からなかったけど、ワーラーナシーが正式名称なようですね。まあ正式名称を知ってようが知っていまいが、それもホリィを救うための旅とはそんな関係はありませんが、いずれにせよインドという国の縮図そのもので、故・遠藤周作氏も晩年この地を舞台とした小説「深い河」を描かれてました。(もっとも、私にとってはかなり微妙な作品でしたが・・・・・・・)

そのインドをかって支配していた国の人間でもあるジョセフが、今回のお話の主人公でしたが、女帝役の声優さん誰かと思いきや、雪野五月氏だったんですね。雪野氏と言えば、ヒロイン役の印象が強いですが、キワモノ系でも新境地を開かれる事になるかもしれません。散々調子こいていたこの女帝、どんどん手がつけられなくなったと思いきや、後に原作ではDIO様にも「策士」と評された様に、「戦いの年季」が冴え渡りました。「相手が勝ち誇った時、そいつは既に敗北している。」とか「お前はそれだけは止めてと言う。」とか往年の名台詞もしっかり披露してくれて、シンプルなカタルシスを味わえた話だったと言えます。老ジョセフにもしびれるっ!!あこがれるっ!!


一方ポルナレフは猛アプローチをかけていた相手がスタンド使いと知らず、かなり凹んでいたようですが、折角前回「我が名は~」の名台詞もしっかり披露して、妹の仇を討ったのにちょっと良い所が無かったですね。しかも手配した車の鍵を頭髪でしっかりキャッチww・・・・・・・・そして次回の刺客スタンド使いは「運命の車輪」で、まあ原作知らないで見ている人(実際私の職場にもいるけど、勿論ネタバレなんて無粋な事はしない)の方が少数派でしょうが、次回予告に「あの子」まで登場させて良かったのですかな?ちょっと。あの名セリフの再現にも要注目です。

| | トラックバック (0)

2014/06/20

ワールドカップ・ギリシァ戦、日本は攻め手に欠けドローに

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jcast-208269/1.htm

日本はW杯参加32チーム中「最低レベル」 朝日新聞記者の辛辣発言に賛否両論

2014年6月20日(金)18時52分配信 J-CASTニュース

記事画像

「サムライブルー」のサポーターは奇跡を信じる[ 拡大 ]

-PR-

   サッカーワールドカップ(W杯)ブラジル大会で、日本は必勝を期したギリシャ戦が引き分けに終わり、決勝トーナメント進出が相当厳しくなった。

   この結果に「激辛」な感想をツイッターに寄せたのが、朝日新聞リオデジャネイロ特派員の柴田真宏記者だ。日本代表を「参加32チーム中、最低レベル」とこき下ろした。

思い上がりは捨てて、謙虚にやり直すしかありませんね

   柴田記者は日本-ギリシャ戦の試合中、ツイッターでしきりに熱い投稿を寄せていた。前半で相手に退場者が出て数的優位に立ちながら、なかなかゴールを割ることができない様子に、「引き分けは負けと同じ。リスクを負って攻めて欲しい」「ただ前線にボールを放り込むだけでなく、ドリブルやショートパスも交えて緩急をつけられないかな」「もう形はどうでもいいから点を取ってくれ!」と徐々にヒートアップしていった。

   だが願いもむなしく、試合終了を告げる笛が響く。結果はスコアレスドロー。柴田記者は「こんな試合内容。もう絶望しかない」と落胆を隠さない。続けて、

「残念ながら参加32チーム中、最低レベルのチームだということが分かりました。『日本はどんな強豪と当たっても十分勝てる可能性があるよ』と言いふらしていたのが恥ずかしい。思い上がりは捨てて、謙虚にやり直すしかありませんね」

とバッサリ切り捨てた。初戦でコートジボワールに敗れた際には、「負けたけど、あと2試合あります。ギリシャとコロンビアを相手にゴールラッシュを見せてもらいましょう」と前向きなツイートをしていただけに、相手がひとり少ない有利な状況でも勝ちきれなかった日本代表に、怒りが頂点に達したようだ。

   ブラジルの日本語新聞「サンパウロ新聞」電子版は1年前、柴田記者がブラジルに赴任した際にその横顔を伝えていた。2013年6月20日付の記事によると、米国大学院に留学した際に1か月ほどサンパウロとリオデジャネイロに滞在した経験を持つそうだ。朝日新聞ではスポーツ部記者として相撲やサッカー、柔道などを担当し、2008年の北京五輪、2010年のW杯南アフリカも取材している。競技としてのサッカーや日本代表への思い入れは強そうだ。

「大会前はあおったマスコミが手のひら返し」との指摘

   「最低レベルのチーム」という辛辣(しんらつ)な評価に対しては、批判が少なくない。ツイッターの利用者からは、「今は労いの言葉があってもいいのではありませんか」「かりにもメディアという中にいる人が、こういう発言するというのが腹が立つ」とのストレートな反発や、「FIFAランク12位と引き分けた日本は実質的に32チーム中でも上位ですよ」といった皮肉っぽい返答が見られた。インターネット掲示板にも、大会前はマスコミがあおるだけあおったくせに、いざ日本代表が苦境に立つと手のひらを返す、という指摘が見られた。

   一方で、柴田記者に賛同する人もいた。「朝日、正論や」「試合後のブーイングが答え」といった具合だ。

   日本代表は初戦を落としただけに、ギリシャ戦は勝利が至上命題だった。引き分けでわずかに決勝トーナメント進出の可能性を残したものの、次戦でコートジボワールが勝てば自動的に日本の敗退が決まる。しかも日本の次の相手は、グループ内で最も強豪と言われるコロンビアだ。柴田記者ならずとも、落胆と怒りの感情がつい噴き出した人はいたのではないだろうか。

   柴田記者はその後、気を取り直したのかツイッターにこう書いた。

「暑さで消耗するクイアバでの試合、コロンビアは主力の一部を外してくると予想されます。とにかく勝って、あとは祈るのみ」

   祈りは通じるだろうか。

サッカーについては全く興味ないわけではない程度で、正直基本的なルールすら良く理解しているのか自分でも怪しく思う程ですが、結果はどうなったのか、昼になるまで非常に気になりました。

TVでは恵俊彰氏を中心に、有名なサッカー解説者の他、あのDAIGO氏まで映っていましたが、何だか攻めきれない決定打不足とかが指摘されているようですね。前回エントリーで言及した、SFC版スーパーストリートファイターⅡの発売日でもあった来週25日のコロンビア戦でもう勝つしかない感じですが、この上記記事ですね。


まあ例えばイタリアのマスコミなんて、本田選手に対する酷評からも伺えるようにもっと極端だし、この朝日・柴田記者は所詮典型的なマスコミ人間に過ぎないという事でしょう。マジレスするような事ではないというか、まあ本当にこの人が掌返して酷評した通りになるかならないかはどのみちあと5日経てば分かる事ですね。

| | トラックバック (0)

2014/06/19

石原長男の「金目」失言とストⅡSFC版シリーズのバーチャルコンソール配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140619-00000079-jij-pol

野党、石原環境相問責案を提出=「金目発言は無神経」

時事通信 6月19日(木)14時4分配信    

 参院の民主党など野党7会派は19日午後、東京電力福島第1原発事故に伴う汚染土などの中間貯蔵施設建設に絡み、「最後は金目でしょ」と発言した石原伸晃環境相に対する問責決議案を提出した。野党は20日、衆院でも石原氏の不信任決議案を提出する方針。ただ、両案とも20日の衆参両院本会議で与党の反対多数で否決される見通しだ。
 問責案を共同提出したのは、民主、日本維新の会・結い、みんな、共産、社民、新党改革・無所属、生活の7会派。
 提出理由で「極めて無神経で許し難い発言。職を続ける資格はない」と非難。石原氏が中間貯蔵施設の住民説明会に一度も出ていないことや、福島原発をオウム真理教施設の「サティアン」に例えた過去の発言なども挙げ、「石原氏の使命感・責任感の欠如は明らかだ」と指摘した。
 石原氏は19日午前の参院環境委員会で発言を撤回したが、野党の追及に対して「お金で解決しようとは一言も言っていない」と声を荒らげて反論。この後の7会派の国対委員長会談では「反省の態度が見られない」「被災者の心情を理解していない」との声が相次いだ。石原氏は衆院環境委員会の20日の質疑にも出席する。 

http://www.inside-games.jp/article/2014/06/19/77878.html

Wii Uバーチャルコンソール6月25日配信タイトル ― 『ストリートファイターII』シリーズ3作品、『PC原人3』の4本

2014年6月19日(木) 15時16分
  • ストリートファイターII ザ ワールド ウォーリアー
  • 対戦格闘ゲームのブームの火付け役
  • ストリートファイターII ターボ ハイパーファイティング
  • 四天王も使用可能に
  • スーパーストリートファイターII ザ ニューチャレンジャーズ
  • 新キャラ4人が初登場
  • PC原人3
  • 頭突き健在!シリーズ第3弾

任天堂は、6月25日よりWii Uバーチャルコンソールで配信するラインナップを公開しました。

6月25日よりニンテンドーeショップにて配信開始となるWii Uバーチャルコンソールタイトルは、スーパーファミコンソフト『ストリートファイターII ザ ワールド ウォーリアー』『ストリートファイターII ターボ ハイパーファイティング』『スーパーストリートファイターII ザ ニューチャレンジャーズ』、PCエンジンソフト『PC原人3』の4作品です。

◆ストリートファイターII ザ ワールド ウォーリアー



配信予定日:2014年6月25日
価格:823円(税込)

オリジナル版ハード:スーパーファミコン
オリジナル版発売日:1992年6月10日
発売元:カプコン
ジャンル:格闘

『ストリートファイターII ザ ワールド ウォーリアー』は、1991年にアーケードゲームとして登場し、1992年にカプコンよりスーパーファミコンソフトとして発売された対戦格闘ゲームです。アーケードゲームとして爆発的なヒットを記録した本作の人気をこのスーパーファミコン版が世界中で更に牽引したと言われており、『ストリートファイター』シリーズはもちろん、現在に続く対戦格闘ゲームの原点的な作品あたります。

各国を代表する8人のキャラクターから好きなキャラクターを選択し、選択されなかった7人のファイター、強敵である「四天王」との戦いに挑みます。オプションによる難易度調整も可能です。「V.S. BATTLE」ではゲームセンターさながらの対戦プレイを実現しています。

(C)CAPCOM U.S.A., INC. 1991, 2014 ALL RIGHTS RESERVED.


◆ストリートファイターII ターボ ハイパーファイティング


配信予定日:2014年6月25日
価格:823円(税込)

オリジナル版ハード:スーパーファミコン
オリジナル版発売日:1993年7月11日
発売元:カプコン
ジャンル:格闘

『ストリートファイターII ターボ ハイパーファイティング』は、1992年にアーケードゲームとして登場し、1993年にカプコンよりスーパーファミコンソフトとして発売された対戦格闘ゲームです。ゲームスピードを自由に変更できる「TURBO」モードが用意されているほか、新必殺技の追加など、ゲームバランスも大幅に調整されています。

前作ではプレイアブルキャラクターとして使用できなかった「M.バイソン」「バルログ」「サガット」「ベガ」の4人も使用できるようになり、1Pプレイはもちろん、対戦プレイの幅も更に広がっています。『ストII』シリーズ中、本作が最もバランスの取れたタイトルであると評するファンも少なくありません。

(C)CAPCOM U.S.A., INC. 1993, 2014 ALL RIGHTS RESERVED.


◆スーパーストリートファイターII ザ ニューチャレンジャーズ


配信予定日:2014年6月25日
価格:823円(税込)

オリジナル版ハード:スーパーファミコン
オリジナル版発売日:1994年6月25日
発売元:カプコン
ジャンル:格闘

『スーパーストリートファイターII ザ ニューチャレンジャーズ』は、1993年にアーケードゲームとして登場し、1994年にカプコンよりスーパーファミコンソフトとして発売された対戦格闘ゲームです。スーパーファミコン版独自の「GROUP BATTLE」や「TOURNAMENT BATTLE」、「THE CHALLENGE」などのモードも収録されています。

これまでの『ストII』シリーズでは「四天王」を含む12人のファイターたちが頂点を競い合っていましたが、本作では4人の完全新規キャラクター「キャミィ」「フェイロン」「ディージェイ」「サンダー・ホーク」が追加されています。また、既存キャラクターにも新必殺技が登場。更に腕に磨きをかけ、CPU戦や対戦プレイを楽しみましょう。

(C)CAPCOM U.S.A., INC. 1993, 2014 ALL RIGHTS RESERVED.


◆PC原人3


配信予定日:2014年6月25日
価格:617円(税込)

オリジナル版ハード:PCエンジン
オリジナル版発売日:1990年2月23日
発売元:ハドソン(現・KONAMI)
ジャンル:アクション

『PC原人3』は、1990年にハドソン(現・KONAMI)よりPCエンジンソフトとして発売されたアクションゲームで『PC原人』シリーズの第3弾です。悪の親玉「キングタマゴドンIII世」の企みから「恐竜王国」の平和を守るため、「PC原人」が三度立ち向かいます。

ラウンド中に登場する新アイテム、赤と青の「キャンディー」は、原人のサイズを変化させ、大きさを変えることでステージの難所を突破したり、取りにくい1UPを取ったりすることが可能です。おなじみの「頭突き」などを駆使して、全7ラウンドのクリアを目指しましょう。
(C)Konami Digital Entertainment
(C)RED

(Article written by 津久井箇人 a.k.a. そそそ)

前回エントリーで、「あとは健康と、部下達やお友達の失言に気をつければ安倍政権は総裁任期満了の2018年までの長期政権になるかも。」というような事を言ったけど、そう言ったそばから石原長男がまた「金目目当て」失言しちゃいましたね。その特亜との確執に関係ない国をディスったあの人も、今度は「日教組がガン」だとか、「従軍慰安婦は存在しない」だとかネットで少し調べればすぐ分かる事(言ってる事自体は間違ってはいない)をまたまたドヤ顔で語っていたようですが、もうそういう風にディスった事なんて忘れているのでしょうね。おそらく。

普段国民目線など知った事か!!とか思っているからこそ何度もそういう失言が出るのであり、あの男尊女卑的なヤジ共々褒められた事ではないですが、野党も小物に過ぎない石原長男の問責決議案等を出す暇があるのなら、政策の議論等もっと真剣に話し合うべき問題がいくつもあるのではと思いますが、もう6月も半分以上終わりました。もうすぐで2014年も半分終わりますが、早いものです。

6月25日と言えば、印象に強く残った出来事はスーパーストリートファイターⅡ(以下スパⅡと表記)SFC版の発売でしたね。既に前作のターボで、価格は1万円超えていて、気軽に買えるものではなかったし、スパⅡ自体餓狼伝説スペシャルの影に相対的に隠れてしまった感(しかし、ストⅡシリーズ終了後に再逆転される事となる)がありましたが、画面はゲーセンのに比べれば相変わらずチープながらも、引用した記事でも言及されていたオリジナルのゲームモード等家庭用として長く遊べる作りに仕上がっていました。そしてその発売から丁度20年経つ今年2014年6月25日に、ついに無印やターボ共々バーチャルコンソールに配信される事が決定したようですが、まあ月並みですが、「名作はいつの時代でも名作である」という事なのでしょう。

http://blog.goo.ne.jp/too008rr/e/9c3984b78a9e0af793d748d44e91ebce

今回のこのストⅡSFCシリーズバーチャルコンソール配信が、現在展開中のⅣシリーズをも良い意味で後押ししてくれれば良いのですが・・・・・・・ウルトラストⅣは、ZERO2でもそこそこ使用していたロレントが初使用キャラとなりながらも、その後まだ数える程しかプレイしていない(格ゲーについてこれたのなんて、せいぜいマーヴルVSカプコン2やジョジョ3部ゲーあたりまでなので、乱入されて負けてしまうパターンばかり)ですが、たまたまこの上記ブログを目にしたら、「またかよ」と言うか、2度も調整していたんですね。家庭用は8月7日発売予定で、価格はSFC版ターボやスパⅡより全然安いですが・・・・・・・・・・・・

| | トラックバック (0)

2014/06/15

イラク情勢の悪化はオバマだけの責任ではないが・・・・・・・

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140614-00000586-san-n_ame

「何も決められない大統領」 イラク混迷、高まるオバマ批判

産経新聞 6月14日(土)20時14分配信    

【ワシントン=青木伸行】緊迫するイラク情勢をめぐるオバマ米大統領の対応の遅さと曖昧さに、米国内で批判が高まっており、11月の中間選挙をにらみ野党・共和党は攻撃を強めている。

 大統領は13日、ホワイトハウスで、地上部隊を派遣しないこと以外、具体策を何ら示さず、決定まで「数日を要する」と言い残し、ヘリコプターで遊説先のノースダコタ州へ向かった。

 共和党のベイナー下院議長は「下院と国防総省は、イラクの情勢悪化をホワイトハウスに警告してきた。だが、何もせず、イスラム過激組織が首都バグダッドへと迫っているときに、大統領は昼寝をしている」と痛烈に批判した。

 マケオン下院議員(共和党)は大統領の言葉をとらえ「ホワイトハウスには、何も決められずに、『あらゆる選択肢を検討している』と言う歴史がある」と皮肉った。

 マケイン上院議員(同)に至っては、「大統領は国家安全保障チームを一新すべきだ」とし、ライス大統領補佐官(国家安全保障問題担当)や、デンプシー統合参謀本部議長らの辞任を要求。過激派組織の脅威増大は「イラクから米軍が撤退した代償であり、大統領はアフガニスタンでも同じ破滅的な過ちを犯そうとしている」と非難した。

 一方、ウォールストリート・ジャーナル紙は「(大統領就任から)5年以上がたち、われわれはこの大統領に指導力、戦略的な望みを期待すべきではないということを知るようになった」と批判している。

 

イラク情勢の混迷は、オバマ大統領だけの責任ではなく、ブッシュ保安官の代表的な失政でしょでしたが、まあオバマ大統領がノーベル平和賞貰った時点から正直「?」とは思い始めてはいましたね。

このブログでも、テニプリ関連記事では冗談で「YES WE CAN!!」と締めていた(最近はしてないですが)けど、全然「WE CAN!!」じゃないと言うか、イラク以外にもアフガニスタン、シリア、そしてウクライナと、欧米のやってる事って却って事態を混乱させているではないですか。オバマ氏だけでなく、EUにまでノーベル平和賞なんて全然笑えないブラックジョークです。

特にウクライナ情勢については、必死に自分達の正当性を強調し、G8からもロシアを仲間はずれにしたそうですが、結局まとまりきれなかった様です。その偽善性がますます浮き彫りになってきているとも言えますが、そういうのも隠したくて必死に足掻いているのには虚しさとかしか感じられません。

冷戦に勝利し、ITバブルを謳歌したと思ったら、その冷戦末期に台頭したイスラム等テロとの泥沼の戦いにも追い込まれ、一極支配が弱まりつつあるアメリカの姿を見ると余計そうなのですが、そういう時代の転換期にジョージ・ブッシュ氏とオバマ氏がリーダーとして登場してしまったのはアメリカだけでなく、日本にとっても不幸以外の何物でもないでしょう。しかもまた、まあ中国行きに同行した奥さんが、先日日本には来なかったのは「行きたくないのならどうぞご勝手に。」なのですが、その中国の戦闘機が、自衛隊機だけでなくアメリカ軍機にも異常接近する等明らかに中国にも舐められはじめています。

民主党の次期大統領有力候補は、ヒラリー・クリントン氏らしいですが、彼女も実際大統領になって、「強いアメリカの復活」等が出来るのかその能力には正直疑問ですね。もしヒラリー氏が大統領となったら、日本への影響についても、女性管理者の割合アップ等既存の空論な政策構想が目立つ安倍政権が余計勘違いしそうです。どうも余裕ぶって、民主党の海江田万里代表を「気の毒」と上から目線で同情する等、民主からして、一応3年間は政権を握っていたのだからその経験を少しでも活かすべきなのですが、それが出来ていないですしね。

維新の分裂についても、石原慎太郎氏についてった面々が予想よりも多かったようで、私は来年の衆議院選挙では、政権を取って欲しいという意味ではなく、永久野党として一定の存在感を示し、自民をのさばらせすぎないという意味で共産党に入れるしかないのかなあと言うか、自民に入れるつもりはない(参議院、その他地方選挙全てひっくるめても自民またはその支持候補者に入れたのは2回しかない)ですが、この野党のダメっぷりでは安部総理は総裁も連続2選、本当に2018年までの長期政権になりそうですしね。あとは健康と、お友達や部下達の失言とかに気をつければ。実際、お互いの確執に何の関係もない国をディスってた人もいましたが。話は少しそれたけど、アメリカやオバマ氏がこのような体たらくでは、その安倍政権が憲法を自分達の都合の良い様にして解釈しようとしている集団的自衛権等も余計強い懸念を抱かざるを得ません。

| | トラックバック (0)

2014/06/14

ジョジョスターダストクルセイダース第11話「皇帝と吊られた男その2」感想

http://jojo-animation.com/contents/story/11.html

さあついにアヴドゥルが退場となってしまい、果たして彼はもう戻ってくる事はないのか?それとも?ですが、そんな彼にさらに鞭打つようなホル・ホースのコメントは、後に原作で彼が辿った運命を思うと、何だか皮肉にも感じられます。改めて。まあどうなったのかは、周知の通りですが・・・・・・・・


当然ポルナレフは怒り心頭ですが、彼の参謀を買って出る事となる花京院が何とか落ち着かせて、取りあえず車で逃げます。そしてあの「仲直りのしるし」だった肘打ちですが、つくづくカッコいい男です。彼は。しかし、残念ながら鏡の中の世界にスタンドはいないという事はあっさり否定されてしまいますが・・・・・・・


車で逃げたのも所詮一時しのぎに過ぎませんでしたが、J・ガイルとの戦いに巻き込まれそうになっていた現地少年役の声優さん、AKBの某有名メンバーとも同姓同名ですが、以前の話にも女生徒役という端役で出演されていて、半ば便利屋的な扱いですね。ジョナサン役の興津和幸氏のような飛躍を今後期待したいところでしょう。

このJ・ガイル、ホル・ホース共々凄い好きという程でもないですが、中途半端じゃない、心底腐ったゲス野郎なのは良かったです。8部はまだ単行本第1巻しか読んでませんが、またもっとこういう悪党も出てきていいでしょう。それでこそ、ポルナレフ&花京院の「我が名は~」の名台詞やポルナレフの怒りのとどめの処刑もよりカタルシスが感じられるというものです。まあ前者は、原作では花京院ってアヴドゥルと共に同行した期間は短い(13~15、19途中~20途中、24終盤と単行本にして4巻分強程度)のですが、それは表面的な見方に過ぎないだろうであり、原作等で描かれなかったエピソードもいくらかはあったに違いありません。


そしてホル・ホースは相棒が既に倒されたのも知らないで、また挑発してきましたが、一目置いたのが却ってあだとなったというか。凄い好きではないと言ったけど、彼の人生哲学には共感は持てます。ネーナという女性のおかげでひとまず逃げられたようですが、このネーナもまた・・・・・・・・・次回はジョセフの「戦いの年季」に期待です。そしてさらにあの娘が・・・・・・・・

| | トラックバック (0)

2014/06/08

被爆者の思想や人間性がどうであれ、暴言は暴言

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140608-00000038-mai-soci

<暴言>被爆者に「死に損ない」 長崎修学旅行で横浜の中3

毎日新聞 6月8日(日)20時5分配信

 修学旅行で5月に長崎市を訪れた横浜市立中3年の生徒が、長崎原爆の爆心地近くを案内した被爆者の森口貢(みつぎ)さん(77)=長崎市=に「死に損ない」などの暴言を吐いていたことが分かった。森口さんは「私は死に損ないではない。一生懸命生きてきた。大変悲しい」と同中学に手紙で抗議。校長が電話で謝罪した。

 森口さんは8歳の時に入市被爆し、被爆者らで作る「長崎の証言の会」の事務局長。森口さんによると、同中学3年の生徒119人が長崎を訪れ、同会は爆心地近くを案内するよう依頼を受けた。5月27日、平和公園で事前に生徒たちに会の趣旨などを説明したところ、騒いで話を聞かない生徒がいたため注意した。

 その後、約10人の班に分かれ、森口さんがうち1班を爆心地から約700メートルの山里小へ案内したところ、班外の男子生徒数人が森口さんに「死に損ないのくそじじい」と罵声を浴びせた。別の生徒たちにも「手をたたけ」とはやし立て、森口さんの説明を邪魔した。引率の教師が注意したが止められなかった。

 森口さんは「平和学習の前に、子供たちの人を思いやる気持ちを育てていただきたい」などと書いた手紙を同中学に送った。

 学校によると、森口さんが説明していた際、私語を続けていた1人の男子生徒に「聞く気がないなら出て行け」などと何度も叱る場面があり、生徒は退席させられた。暴言を吐いた男子生徒らは「そうしたやり取りに腹が立った」と話している。校長は「自分たちの発した言葉が森口さんにとってどれほどつらく悲しい言葉だったのかを伝え、反省を促していきたい」と話している。【樋口岳大、斎川瞳】

私の職場では、この暴言と比べればまだ可愛いレベルに感じられる中程度の悪戯で、「もう次の年からはおたくの学校はウチに(修学旅行に)来ないでください。」と断られてしまった学校に在学していた経験がある人がいます。

結局その学校は修学旅行が出来なくなって、遠足程度になってしまった(今はどうなのかは知らない。)ようで、確かにこの森口貢氏自身の思想も、氏が投稿されている週刊金曜日も中道左派(であると思っている)な私から見ても偏っているなあとは思います。だからネトウヨを中心にこの中学生達を擁護する意見も見られるようですが、そんなの最低限のマナーを守るべきか否かとは関係ないでしょう。学生時代、学校の図書館で被爆者の方々の写真集を見た時とかでも、「ああ絶対こういう悲惨な事は繰り返してはいけないんだなあ。」と心から強く思いましたけどね。思想の左右なんか全く置いといても。

そう言えば、たまたまNEWSの手越祐也くん主演だったドラマ版を見たことがきっかけで、現在畠中恵氏の「しゃばけ」シリーズというのを少しずつ読んでいるのですが、去年7月に出版された新しいシリーズである「たぶんねこ」ですね。作風的には大江戸妖ファンタジーもので、主人公の一太郎は長崎屋という商家の跡取り息子で祖母が妖で、父が婿養子なのですが、彼には栄吉という友人もいます。彼は菓子屋の倅ながらもその腕はイマイチで、他店に奉公に行っているのですが、ここの主人が、人間性は悪くないのだけど、人を見る目がないんです。「しゃばけ」シリーズは長編よりは短編集のシリーズが多いのですが、その中の「くたびれ砂糖」ではその主人が病に倒れてしまい、まだ菓子を作る腕が未熟が栄吉が後輩の奉公人トリオの面倒を余計見なければいけなくなったのですが、彼ら3人とも、そうした腕の未熟さ故に余計態度が悪かったのですね。実は主人の体調不良は彼ら3人の内のいずれかが原因だったのですが、その発覚後の態度等、この後輩奉公人トリオは今回森口氏に暴言を吐いたこの中学生達と重なり合うものもあるようにも思えます。と言うか、特に近年の、この栄吉に焦点を当てた話は各話の中でも微妙な話で、この「くたびれ砂糖」の話も消化不良でしたが・・・・・・・

まあ彼らは反省とかはしないでしょう。だって学校からして、対応ぶりからもそういうの見え見えですが、「面倒事なんて起きてほしくないのに森口の野郎余計な事言いやがって。」というのが校長の本心だろうし。でも、ただの暴言事件として形式的な謝罪などで終わらせるのではなく、これからますます少子化社会が進んで、将来の社会における役割も重要になっていくのですから、そうした日本の教育の問題点再確認及び改善等の新たな提起としていかなければならないとも強く思います。

| | トラックバック (0)

サントリー・アイスジンのCM動画

https://www.youtube.com/watch?v=dzq3G854Bn0

https://www.youtube.com/watch?v=6FNmnqR_cNM

もう20年近く前の事ですが、森高千里氏が出演されていた、サントリー・アイスジンのCM動画集です。上のページのクリスマスバージョンよりは、0:37からですが、下のページのGINと人をかけた、「アメリカGIN」とか「イギリスGIN」とかの言葉遊びバージョンの方が印象に残ってますね。

http://www.suntory.co.jp/wnb/products/0000000111/0000000208/0000000454.html

http://www.suntory.co.jp/wnb/products/0000000108/0000000200/0000000414.html

サントリーのCMと言えば、ビスコタクッキー&クリームのCMもこのアイスジンと同時期か少し前にオンエアされていて、記憶が正しければ「クッキーアンドクリーム~」の歌と共にヨーロッパ人の子供の男女が登場するCMでした。今も製造しているの?と思いきや、いずれも製造されているみたいですね。まあ私は酒は日常的に殆ど飲まないので、口にする機会はまずないかと・・・・・ですが・・・・・・・・・

| | トラックバック (0)

折角中東での親日度を確認しても・・・・・・・

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140607-00010001-shincho-int

なぜ日本人は中東で愛されるのか 銅像を建て称えられる日本人

Book Cafe 矢来町ぐるり 6月7日(土)22時0分配信    

■追悼集会に1000人あまり

 トルコの世界遺産カッパドキアで痛ましい事件が起こったのは記憶に新しい。日本の女子大生2人が何者かに襲われ、一人が死亡、一人が重傷を負った。事件を受け現地では地元住民約1000人が集まり、追悼行事が行われた。

 住民らは日本語とトルコ語で「ごめんなさい」「申し訳ありません」「トルコと日本の友好は永遠にありますように」「皆さまの悲しみは、私たちの悲しみです」などと書かれたプラカードを持ち、追悼行進や献花を行った。

 悲しみに暮れる日本人に対するトルコ国民の親愛の情が感じられ、曇天のなか仄かに薄日が差すような複雑な思いを感じる出来事になった。

■銅像を建て称えられる日本人

 この夏トルコと日本の間で両国の関係を象徴するような出来事がいくつもあったことをご存じだろうか。前述の悲劇、そしてオリンピック招致での決選。敗れたトルコ国民が東京開催に快く賛辞を送ってくれたことは記憶に新しい。

 また献身的な活動を恒久的に称えられる日本人もいた。2011年11月にトルコ東部で起きた地震で被災者支援をしていた宮崎淳さん。支援活動中に余震で宿泊先のホテルが倒壊し亡くなった。その功績を称えトルコ・コズル市の「ミヤザキ公園」に宮崎さんの銅像が、この夏建てられたのだ。

■トルコとの親愛のやりとり

 トルコとの友好は明治23年、和歌山県沖で沈没したオスマン帝国の軍艦の乗組員を地元住民が救出したことをきっかけにはじまる。

 イラン・イラク戦争時、イランに残された在留邦人215人をトルコ政府の命を受けたトルコ航空が救出。救援機には陸路で脱出できるトルコ人よりも日本人を優先して乗せた。

 東日本大震災でトルコの救助隊は外国の中では一番遅くまで残って支援を続けていた。その際トルコのエルドアン首相は救助隊に「死ぬまで日本に残って救助を続けろ」と檄を飛ばしたという。

■共通する「お・も・て・な・し」の心

 トルコを含めイスラム世界の人々が日本に親愛の情を抱くのはなぜか? 『イスラムの人はなぜ日本を尊敬するのか』の著者で現代イスラム政治研究の第一人者、宮田律氏はこう分析する。

「イスラムの人々が日本人を評価するのは、彼らが理想とするような心意気や感情を日本人が備えていると見ているからである。」

 日本人は嘘を言わない、約束を守る、マナーが良いと評価されているという。

 そしてオリンピック招致のプレゼンで一躍脚光を浴びた、見返りをもとめないホスピタリティーの精神「お・も・て・な・し」。この精神もトルコをはじめとするイスラム諸国と共通する姿勢だという。

 宮田氏は「概してイスラム世界の人々は人懐っこく、外来の者に親切な人が多い。イスラム世界から来た人々は他人を思いやり、面倒見が良い。酷暑の気候の中で人々が暮らしていくためには、お互いに助け合っていくしかないからだろう。」と語り、美徳とする価値観が似ているからこそ、イスラム諸国での日本の評判はとても良いとのこと。

 日本人の悲劇を共に嘆き、東京でのオリンピックの開催を称賛してくれたトルコ国民の姿勢にはそのような背景があったのだろう。

※この記事は2013年10月16日に矢来町ぐるりに掲載されたものです。

トルコと言えば、猪瀬直樹元東京都都知事の舌禍事件も「猪瀬はなんて可哀想な奴なんだろう。」な哀れむような意見も少なくなかったらしいですね。また、自国にはない横断歩道を見かけて驚いたサウジアラビアの人のエピソードが某バラエティ番組で紹介されていたのもたまたま目にしたけど、印象的でした。

まあ猪瀬氏の舌禍については、「余計そんな事言っちゃダメだったじゃん!!」と言うか、確かにそういう価値観を共有出来る人達とは仲良くやっていけそうです。しかし、コメントの方はですね・・・・・・・・・・まあもうこういうのも一々突っ込んだらキリがないですが、この中東での親日感情と何の関係もないでしょと言うか、そうして悪い点も良い風に見せようとして、時には他国人をも貶めるのって、彼らが蛇蝎のごとく嫌っている筈の大陸・半島人とやってる事大差ないじゃんですね。百田尚樹氏もそうで、別に作品と作者の人格は必ずしも関係あるわけではないけど、「永遠の0」が今度はドラマ化されるのも正直「何だかなあ・・・・・・」ですね。

そう言えば、通信用語の基礎知識というサイトも右寄りと言うか、かなり思想的に偏っているなあで、案の定彼らが嫌いな韓国とか民主党とかもうボロクソですね。韓国について言えば、祝日についても「節操がない」とか書かれてますが、我が国だって例えば2月11日が本当に建国記念の日と言えるのか?ハッピマンデー制度はその他本来の記念日の意味がなくなってしまうのでは?再来年から施行される事となりそうな山の日も果たして意味あるのか?そもそも祝日自体多いのではないか?と色々疑問が呈されていますが、他国の事よりも日本のそれについて如何思うのかなあと。少なくとも祝日に関しては日本人は韓国を一方的に笑える立場ではないような気もしますけどね。実際googleでの検索候補でも「日本 祝日 多い」とか良くあがっていますが・・・・・・・・・まあこういうサイトも話半分聞く程度に留めるのが賢明という事でしょう。

| | トラックバック (0)

2014/06/07

ジョジョスターダストクルセイダース第10話「皇帝と吊られた男その1」感想

http://jojo-animation.com/contents/story/10.html

さあついにインドまでジョースターエジプトツアー御一行様はやって来ました。一先ずレストランでゆっくり食事を楽しもうと思っていたようですが、旧宗主国の人間でもあった祖父のジョセフと違って、承太郎先輩がインドに対する偏見とかは全くなかったのは日本人からすれば外国人の血を引いていたからですか。


「ポルナレフが気に入るメニューという事は何でもいいという事」って、オイオイ花京院(苦笑)でしたが、そんなの聞こえてないポルナレフはトイレでに遭遇する災難に。後にアヴドゥルにそういう役目であると認識されたという事は、この遭遇も皆知っていたという事だったのでしょうね。勿論インド滞在時はそんな事笑い話として話す余裕なんて無かったでしょう。妹・シェリーの仇にもついに遭遇したからです。

ここがポルナレフの悪い所と言うか、猪突猛進型で、一行と別行動を取ろうとしてアヴドゥルと口論になります。その際「恐怖したから勝てると思った。逆にお前は負ける。」と言うような事もアヴドゥルは言っており、原作を補完したシーンだったとも言えましたが、原作以上に必死な、DIO様からの逃走シーンを見ると、ポルナレフは余計止められるのに我慢ならなかったであろうという事は想像に難くなかったでしょう。

一方ついにホル・ホース&Jガイルが登場!!蛇の殺害シーンはこのコンビの鮮やかな連携が光ったとも言えましたが、キャスト紹介ではホル・ホースについていた若い女性が既にネーナである事が明記されてましたね。彼女も後に・・・・・・・・・そしてついにポルナレフとホル・ホース&J・ガイルが遭遇、ポルナレフを助けようとしたアヴドゥルの悲劇は原作同様で、本当にマジで途中退場させるつもりだったのかどうかは正直半ばどうでもいい事ですが、改めて「悲しい宿命」を感じさせられたものがありました。と言うかまた、もう暫くアヴドゥルの出番はないですね。OVA版ではエンヤとの戦い途中で戦線復帰しましたが、エンヤとンドゥールとの間の話は端折られてましたからね。

この後エジプト上陸まで2クール24話で放送されるとすると、次11話までが「皇帝&吊られた男」、12話「女帝」、13話「運命の車輪」、14・15話「正義」、16・17話「恋人」、18話「太陽」、19~21話前半「死神」、21後半~22話「審判」、23・24話「女教皇」とそれぞれ割り振られると思われますが、もし本当にそうなるとすれば、アヴドゥルの復帰は22話あたりか。エジプト上陸前の出番は話数にして半分程度ですが、原作(12~19巻)でもそれぐらいなのでまあしょうがないですね。いずれにせよ、「皇帝&吊られた男」の話は3部前半の大きなターニングポイントなので、このバトルもどのように再現されるか、やはり要注目であります。

| | トラックバック (0)

2014/06/04

新テニスの王子様第125話-「衝撃!?越前王子様もスタンド使いだった!!」

アヴドゥル「ジョースターさん。お孫さんが急に姿を現しました!!」

ホリィ「まあ承太郎!!おじいちゃんよ!!おじいちゃんはきっとあなたの力になってくれるわ!!」

ジョセフ「それは見りゃわかるが、承太郎、お前血など吐いていて一体何があったんじゃ?それもまさか『悪霊』とやらの仕業か?」
承太郎「今、俺はテニスでむさいオッサンと戦ってきたんだ・・・・・・・・ニューヨークから来たおじいちゃんの横に居る、そこのブ男よりもずっとハンサムな、将来有望な男も守ってな・・・・・・・」
アヴドゥル「どうします?ジョースターさん。お孫さんは立っているのもやっとな状態ですが、もし檻から出ないと言うならば、病院送りにしてでも無理やり引きずり出しますか?」
謎の男「クレイジーダイヤモンド!!(訳がわからないけど、随分このデカイ兄ちゃんの怪我を治してやったぜ)」(謎の男はすぐ消える)
ジョセフ「何だあの変な髪型した若造は?良く分からんが、体の傷は治ったようだな!!出ろ!!わしと帰るぞ。」
承太郎「消えな。俺はそのむさいおっさんとの決着がまだついていねえんだ。ニューヨークから来たおじいちゃんとそのブ男に付き合っている暇なんてねえんだ。」
アヴドゥル「ブ男は私のイメージじゃないっっっっっっっ!!NO!!I AM NOT!!」

6月号発売日の5月4日は、徳川カズヤにも、承太郎先輩にもなられている小野大輔氏の誕生日で、おめでとうございますなのですが、新テニプリは休載でした。そして花京院になられている平川大輔氏の誕生日で、あの忌まわしい天安門事件の日でもある今日6月4日に発売された7月号でまた続きが読めるようになりましたが、「大切なことだから2度言いました。」だったのか、散々調子こいている頼通(平等院鳳凰)に越前王子様がこんなセリフ吐いた!!

「アンタ・・・・・最低だよ」

しかも大先生お得意のいつもの大ゴマ付きで!!ですが、オメーはラインバレルの城崎かよww頼通も、まあこの漫画では彼に限った事では全然ないですが、常人よりテニスが凄い出来るだけなのに、凄い尊大です。しかし、殿(徳川カズヤ)はあくまでも勝負に執念を燃やします!!ゲームは殿優勢ですが、無意識にラケットに当てた!!

「無駄な時間はここまでだ!!キサマの人生と共に砕け散れーーーーーーーっ!!」ww

いい加減見かねた王子様、加勢しようとします。しかし、ここで止めたのはあのバルログ・アトーベ様!!自分も樺地の退場を目の当たりにしてしまっただけに彼のような轍を踏ませないためにも止めたのです。アトーベ様と樺地、ストリートファイターの世界では何故かお互い険悪な仲で、なのにあの強力若本の命令でパンドラの箱の為にバイソン&バルログの美醜タッグも組ませられてしまいましたが、オーガや鉄拳王・三島平八と戦っている時のようにはいかなかったのです。(まあこれも中の人が同じなだけですが。)

しかし、王子様は「あんたまたまた見直したぜ!!」なアトーベ様の制止をも「上等・・・」と振り切ります。そして頼通をのお株も奪う、破壊力満点なサーブを!!これを食らっていたら流石の頼通もお陀仏だったで、実際は頬を掠めた程度でしたが、ここで今月最大のテニプリ語録!!

「ねえ・・・テニスをなめんなよ」ww

またまた大ゴマ!!でしたが、側に立っていたのは、総髪長身のサムライ!!実は越前王子様もスタンド使いだった!!スタープラチナやザ・ワールドとの夢の対決も実現を期待したい所ですか、カッコ良すぎる!!もはや、あの「伝説」のチョーかっこいい迷惑乗車での台詞、「いちいち騒ぎすぎなんだよ・・・・・」も超えた!!越前王子様カッコ良すぎる!!そこにしびれるっ!!あこがれるっ!!

鉄砲(種子島)國母和宏(大曲)ミスターT(デューク渡邊)も、再来年大河の主人公に内定した信繁(幸村)晴信(真田)もアトーベ様も皆皆もう声も出ない!!そして下されたのは合宿からの退去命令・・・・・・金太郎くんは「ええ加減人の名前ぐらい覚えろや!!」だけど、天才くん(不二)ピーキャ(桃城)副部長(大石)バンスネ(海堂)猫丸(菊丸)も驚いている中、王子様はただ「あっそ・・・・」・・・・って、城崎の次は昭和天皇か。さあ、どうなる!!

いやあ主人公がああいう風になっちゃってどうするのよですが、まあ本質的に、最近のジャンプ漫画ではバクマンとかがいい例ですが、主人公絶対主義ですからね。許斐剛大先生はまたまた私達読者をあっと驚かせるような展開を披露される事でしょう。

メディア進出などでの面でも絶好調!!で、続編アニメOVAの情報も要チェック!!放課後の王子様もフラッシュアニメ化されるというし、OP曲はあのアトーベ様が熱唱される!!ようですが、襲来するであろうエルニーニョ現象をも吹き飛ばすであろうミュージカルも楽しみ!!でも、田仁志こんなイケメンじゃないからww

いやあ許斐大先生には是非某ドラマでも最終回にゲスト出演されていた森田一義さんとも夢のスペシャルトークを実現していただきたいものですが、その前に、低視聴率に悩むバイキングで、あの毒舌で鳴らす坂上忍さんとトークしていただけねば!!坂上さんも忙しいだろうけど、是非最近の単行本を1・2冊読んでいただきましょう!!いつもの毒舌ができるかどうかは見てのお楽しみ!!だけど、これで低視聴率番組のレッテルからもおさらば!!見ていないらしい森田一義さんも絶対見てくれるはず!!「次回のバイキングも見てくれるかな?」「いいとも!!」で。そしてついに2枚目のシングルでミュージックステーション出演、夢のネスカフェCMに・・・・・・・今月号の表紙を飾ったのは助野嘉昭先生の双星の陰陽師だったけど、矢吹健太朗先生も、またまたララちゃんが際どいポーズを連発して、DIO様でもあるザスティンも登場!!飛田展男氏の誕生日でもある11月6日には3DS版ゲームの発売も決まったし、もう感激!!絶好調すぎて!!山本ヤマト先生も前連載より面白い漫画描かれているし、日丸屋秀丸先生の連載漫画もヘタリアよりは全然マシ!!許斐剛先生もますます頑張るっきゃない!!1/11は残念ながら連載終了してしまったけど、中村尚トシ先生(変換できず)の分まで!!

| | トラックバック (0)

2014/06/02

百人一首の歌人達(9)-71番大納言経信

夕されば門田の稲葉おとづれて葦のまろやに秋風ぞ吹く(大納言経信)

5ヶ月ぶりですが、今度は71番大納言経信です。秋の風流とかがよく伝わる名歌ですが、特に近年は残暑が長期化していると思えば、冬は普通に寒く本当の秋らしい季節が短くなっている、近年の日本をもしこの大納言経信こと源経信が見ているとすればどう思っているのでしょう。今年は早くも本番の夏まっさかりな、狂ったように暑い日が見られるようになりましたが、その分秋も早く来て欲しい・・・・・・改めてそうも思えた歌です。

彼らが凄いのは、彼と息子の源俊頼、そして孫の俊恵3代3人とも百人一首の歌人に選ばれている点です。親子2代なら子安武人氏も演じられた(「天上の虹」CDブック版)事のある天智天皇&持統天皇、陽成上皇&元良親王、藤原顕輔&清輔等いくつも組み合わせはありますが、3代はおそらく彼らだけでしょう。九条兼実も選ばれていれば、前回取り上げた藤原忠通九条良経と並んでそうなっていたのですが、選ばれたのは同母弟の慈円でした。

さてこの経信ですが、源とつくからにはやはりそれ相応以上のサラブレッドでした。経信は両親がそれぞれ宇多源氏・光孝源氏だったのです。男系では宇多天皇の玄孫(宇多天皇-敦実親王-源重信-源道方-経信)で、女系では光孝天皇の昆孫(光孝天皇-源国紀-源公忠-源信明-源国盛-女子-経信)です。光孝天皇も百人一首15番、公忠と信明も三十六歌仙には選ばれており、経信は血筋だけでなく、歌の才能も見事祖先から引き継いだわけです。

ところがいくら天皇の末裔でも、2世までなら、百人一首に選ばれた人なら源融みたいに大臣までなった人も何人かいましたが、それ以降だとしだいに藤原氏の風下に立たされる事となります。経信が生まれたのは、「この世をば~」の歌を歌ったのはもう少し先の事でしたが、道長を中心とする藤原氏全盛期の時代でした。父・道方の従姉妹にあたる源倫子は、かってこのシリーズでも取り上げた藤原定方の曾孫、朝忠の孫でもありましたが、母・ボク子(変換できず)の一押しでまだ左京大夫だった道長と結婚し、その後の道長の幸運児っぷりはもはやここで改めて言及するほどではないですが、兄達も凄い優遇されたほどではありません。時中はこの結婚の少し前に43歳で公卿となっており、最終的には従二位・大納言で、扶義も兄と同じく43歳で公卿となりましたが、その4年後に亡くなり、正四位下・参議で終わっています。もっと長生きしていればまた違ったかもしれませんが・・・・・・

重信系も、その道長が左大臣になったのも、重信も彼の兄弟たち(道隆・道兼)と同時期に亡くなったからでしたが、父・道方も44歳で公卿になった所までは時中・扶義とそう昇進速度は変わらない感じです。ただ過去ログでも述べた通り、どうも兼通政権期だった円融朝ごろから、官位が官職と比べ高くなる傾向を見せ始めました。公卿になってから僅か6年で正四位から従二位に昇り、この間に経信が生まれましたが、50歳で時中の官位に並びました。さらに2年後の1020年(寛仁4)には権中納言となりましたが、wikiにも書かれている通りそこからがちょっとパッとしなくなってしまったようです。この頃道長が表向きは出家・引退したようですが、その後を継いだ頼通から煙たがられる等反りが合わなかったのでしょうか。大宰権帥(1029年任)も、道長の義弟(もう1人の妻・源明子の弟だった源経房)の後任だったのも、もしそうだとすれば意図的に遠ざける為の人事だったのでしょう。しかし、晩年には頼通外甥でもある後朱雀天皇の大嘗祭で装束司長官を務めたあたり、全く邪険に扱われたほどでもなかったのでしょう。

経信も色々文官・事務系職も歴任しながら、その頼通がついに関白を弟の教通に譲り、藤原氏の全盛期が終わりを迎えようとしていた1067年(治暦3)に漸く51歳で公卿となり、75歳となった1091年(寛治5)には大納言と、父や兄・経信の官職を抜きました(官位も既に1077年に61歳で正二位)が、もう人生の晩年も良い所だった所に、一大(?)スキャンダルが起こります。やはりかって取り上げた藤原伊尹・義孝の末裔である大宰権帥・藤原伊房の汚職(私貿易)が発覚して、更迭となったのです。官位が正二位から従二位に降格も、数年で復する等、お役人は身内に対してとことん甘いのは今も昔も同じという事だったのでしょうが、彼の後任にこの経信が選ばれたのです。実際にかっての父同様、息子の俊頼と共に大宰府に向かったのは1095年(嘉保2)、79歳の時でした。

ここで昨今記憶に新しい所なのが、まあ誰かさん風に言うならば「想定の範囲内」でしたが、袂を分かつ事になった橋下徹氏と会談に名古屋に行っていた81歳の石原慎太郎氏と拉致被害者の集会参加の為に川崎から茨城県那珂市に行っていた81歳の横田滋さんと78歳の横田早紀江さん両夫妻です。特に石原氏はもう顔色良くないのがハッキリ分かるし、滋さんもこの季節外れなクソ暑さな中、移動途中階段の手すりにつかまりながら歩いていた姿が印象的でしたが、現代だって長距離での移動は老人には余計こたえます。しかし、経信が生きていた時代は勿論バスも電車も飛行機もありません。そんな中京都から太宰府まで向かったのです。とっくに平均寿命をオーバーしていた経信にとっては、彼らよりも余計キツく感じられたでしょう。残念ながら2年後に81歳で亡くなってしまったのです。藤原氏の全盛期から院政への移り変わりの時代に生きた経信の人生でしたが、まだこれでは終わりません。

伊尹を祖とする世尊寺流ですが、元々は晩節を汚してしまった伊房の叔母が扶義の室になり、さらにその間に生まれた経頼が母の妹、つまり伯母さんを後妻にする等雅信系との関係が深かったのです。ところが、後に経信の孫で、俊頼の姪(兄・元綱の女)がこの伊房の子、定信の室となるのです。残念ながら重信系で公卿が出たのは、元綱の代まででしたが、少なくとも戦国時代(16世紀前半)に世尊寺流が断絶するまでは経信の血も女系ながらも子孫が続く事となります。(ただし、血筋は途中で閑院流のそれとなっている)世尊寺流を介してさらに女系での子孫ももしかしたら現在もいるかもしれませんが、経信と世尊寺流、つくづく因縁の関係にあったとも言えます。

| | トラックバック (0)

2014/06/01

中越の確執も目の当たりにしている日本とその他周辺諸国

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140531-00000064-jij-pol

安倍首相の対中姿勢批判=山口公明代表

時事通信 5月31日(土)13時5分配信    

 公明党の山口那津男代表は31日のテレビ東京の番組で、安倍晋三首相の中国に対する姿勢について「軍事面で対抗するという意識が少し強く出ている」と批判した。その上で「軍事部門同士も交流をして信頼を重ねて、不測の事態を回避するような仕組みをつくることが最も重要だ」と指摘した。

予想通りというか、ヤフコメでも見られますが、右翼や保守の人達みたいに、「それ見たことか!!左翼どもはこれでもまだ憲法9条も守って、ならず者国家と平和に話し合いで解決できるとでも思っているか!!」とかドヤ顔で主張するつもりは全く無いです。

勿論日本国憲法がこれまで果たしてきた歴史的役割も決して彼らの都合の良い様に否定されてはいけないとも認識しながらも、やはり9条等一部改正は必要だとも思いますが、安倍政権の対応ですね。内政は民主以下、外交・国防はそこそこと言うのが自分の認識で、昨日のNHK19時ニュースでも繰り返し対話での歩み寄りを強調していた姿が報道されてましたが、中道左派な私から見ても、もう少しガツンと言ってやっても過ぎた対応ではないのではです。

だから余計この公明党の批判にも余計違和感を覚えるのですが、他国でも、エジプトは文民大統領が身の丈不相応な権限等を求めた結果強制的に退場させられて、結局また軍人出身の大統領が誕生しました。タイでもタクシン派と反タクシン派に分裂して、またまた軍部がクーデターを起こし、実質的な軍のナンバー1である陸軍司令官(国軍正副司令官や国防次官等陸軍司令官よりも地位的には偉い人は少なくとも7・8人はいるが、それはあくまで形式的に過ぎない)が実権を掌握しました。ウクライナも欧米よりな新大統領が「美しすぎる」(と過剰宣伝されている)あの人を破って誕生したようですが、もはやグダグダモードです。悪戯に事態を混乱させたからこそ、欧米も余計自らの正当化に躍起になるのも必然的です。インドでも政権交代となったようですが、その新与党の公約を日本経済新聞で読んでみたら・・・・・・・・・「農村にもブロードバンドを!!」もその1つとしているようですが、何だか我が国の民主と似たような匂いがしました。

これらの国の動向を見て、改めて思った事は、「やはり国民が各々変わっていかないと、政治や経済とかは絶対良くなったりはしないんだなあ。」という事ですが、日本もこれらの国を笑える立場では全くないですよね。まあ自民は公明よりも、橋下徹氏と袂を分かった石原慎太郎氏の、石原新党の方が本来の政治思想に近いでしょで、一刻も早い英断を見せていただきたいものですが、まあ別に公明と袂を分かっても、自民党の体質が変わるわけでもないですからね。確かに安倍総理や自民の代わりがいるのかと言えば、ぶっちゃけ「いない」ですが、そうした「現状」とかどう受け止めていくべきか?

そう言えば、日本経済新聞を読んだらまた、右寄りな某雑誌での広告も目にしましたが、、「日本の朝鮮統治は朝鮮人にとっては良い事だった。」というような内容の特集が紹介されていました。中華思想の悪い影響を受けてしまっている韓国・北朝鮮の人達が我慢できない心情も理解できないわけではないながらも、自分も朝鮮統治はぶっちゃけ「恨まれる筋合いはない」と思っていますが、「今ネットでも、少し調べたら分かる事を今更ドヤ顔で宣伝してどうするの?」とも突っ込みたくなりましたね。周辺諸国に対する感情とかに囚われないで、そういうの改めて考えていく方がこれからの日本および日本人にとって大切じゃないかなあと強く思います。今度は民主と結いの党も連携するつもりなようですが・・・・・・・・あのモナ男もまた出てきて・・・・・・

| | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »