« 白元は破綻からの復活はなるか | トップページ | 中越の確執も目の当たりにしている日本とその他周辺諸国 »

2014/05/31

ジョジョスターダストクルセイダース第9話「黄の節制」感想

http://jojo-animation.com/contents/story/09.html

そう言えば忘れていましたたが、季節外れの暑い日な今日で終わりな5月は、このSD声優陣の誕生日ラッシュです。4日は小野大輔氏、5日は子安武人氏、16日は石塚運昇氏、ゲストだったけど、20日は玄田哲章氏、23日はASBでも重ちー役だった山口勝平氏、そして昨日30日は家出少女・アン役である釘宮理恵氏の誕生日でした。氏は保志総一朗氏「噂の真相」にも奥さんとの結婚時の写真も載っていた(子安氏もこの「噂の真相」では・・・・・・でしたが・・・・・・・)ナベツネ、あの珍プレーの王様な宇野勝氏らと同じ誕生日でもありますが、お誕生日おめでとうございます!!

そして来週6月4日は花京院役・平川大輔氏の誕生日ですが、奇しくもその直前でもある今回のお話は花京院に焦点が当てられた話でした。出来ればもう一度あのDIO様の名言「ジョセフ・ジョースター!貴様!見ているな!」を披露していただきたく、さらに見ていた事についてエンヤとの、TVアニメ版オリジナルのやり取りも見せて欲しかったですが、今までも十分頑張っているだけにそこまで望むのはハードルが高すぎで無粋というものでしょう。

スリに対してらしかぬ汚い罵倒も浴びせながら半殺しにしかかっていたその花京院でしたが、どー見ても様子がおかしい。ほどなく正体を表し、ラバーソウルと言いましたが、確かに「ハンサム顔」と言ったのもあながち自惚れでもなく、標準よりは上の容姿です。アンは必死でジョセフとアヴドゥルに電話をかけましたが、ここでモノホンの花京院が出てくる、またまた原作を補完したシーンが見られました。常夏の国でこれまた日光浴とは、どこまでもクールな男(?)ですが、そんなの承太郎先輩は知ったこっちゃありません。

途中観覧車に乗り込み、何とか黄の節制からの呪縛を解こうとしましたが、そこでもミョーに胸がデカイオバハンになりすましていて、もうノリノリ。アイスを半ば無理やり譲らせた親子が飼っていた犬、ポッキーまで巻き添えを食らってしましたが、ダニーといい、このポッキーといい、後のイギーといい、残酷な死に方をする犬がしばしば見られます。結局最後は原作同様調子に乗っていたラバーソウルを承太郎先輩がオラオラ!!で再起不能に追い込むのですが、本当のオラオラ!!はパキスタンまで御預けです。ラバーソウルは信念とかはない、金でDIO様に雇われた小物ではありましたが、何だか憎めない所もあり、カプコン格ゲー版でプレイヤーキャラにも選ばれたのも当然な選考だったと言えたでしょう。

次はいよいよインドに向かう事となったジョースターエジプトツアー御一行様、「アンの目的って何だか嘘くさいんじゃないの?」な疑問をポルナレフは抱いていた様ですが、自身は妹という大切な肉親を失っただけに余計そう思ったのでしょう。実は「灯台下暗し」だったのですが、そのインドでついにポルナレフはあの因縁の・・・・・・・・やはり3部の重要なターニングポイントだっただけに1話では終わらないようですが、やはり原作では、最初はマジでアヴドゥルを退場させるつもりだったが、編集の方針で復活させる事にしたとか。16巻の扉絵ではホル・ホースが他のエジプトツアー御一行様共々姿が映ってましたが、アヴドゥルと入れ替わりで仲間にするつもりだったのですかな?

このTVアニメ版ではどうなるかはまだ分かりませんが、そう言えば亜空大作戦スラングルというアニメでも、OVA版では花京院役だった故・鈴置洋孝氏が中の人だったらしいスーパースターが中盤で戦死して、代わりにシュガーというキャラが新加入したらしい。同じくOVA版でのアヴドゥル役だった小林清志氏もレギュラーだったらしいですが、もしかして荒木飛呂彦先生はこのアニメもいくらかはストーリーの参考にされていたのかも?まあそれはともかく、アヴドゥル好きな私にとっては少々辛いエピソードに突入していきますが、続けて要注目であります。

|

« 白元は破綻からの復活はなるか | トップページ | 中越の確執も目の当たりにしている日本とその他周辺諸国 »

ジョジョ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/56366432

この記事へのトラックバック一覧です: ジョジョスターダストクルセイダース第9話「黄の節制」感想:

« 白元は破綻からの復活はなるか | トップページ | 中越の確執も目の当たりにしている日本とその他周辺諸国 »