« ブラジル陸軍各階級の人数と2014年3月における将官人事異動 | トップページ | ジョジョスターダストクルセイダース第3話「DIOの呪縛」感想 »

2014/04/16

東京チカラめし、ついに事業を大幅縮小

http://route-125.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-41a3.html

(関連エントリー「東京チカラめしの焼きチーズ牛丼を食べてみたが・・・・・・・)

http://www.sankofoods.com/shop/chikara/

(東京チカラめしHP)

http://www.sankofoods.com/shop/chikara/mtei.html

(定食チカラめしメニュー一覧)

http://www.sankofoods.com/shop/chikara/mb.html

(東京チカラめしメニューB・・・・松戸店等)

http://www.sankofoods.com/shop/chikara/mo.html

(同メニューO・・・・運河店等)

http://www.sankofoods.com/shop/chikara/mgo.html

(同メニューGO・・・・野田山崎店等)

http://ryutsuu.biz/strategy/g041022.html

三光マーケティングフーズ/東京チカラめし事業の一部を分社化

/2014年04月10日

三光マーケティングフーズは4月10日、東京チカラめし事業の一部を分社化すると発表した。

88店の内、フランチャイズ店は除く68店を会社分割により、新設会社「チカラめし」に承継する。

同時に、新設会社の全株式を、マック、そのグループ会社のユウシン、マイビスに譲渡する。

分割する事業の2013年6月期の売上高は34億4100万円だった。

東京チカラめしは、2011年6月に1号店を出店して以来、積極的に出店展開してきたが、米国産牛肉などの主要食材の高騰、コンビニエンスストアなど業種を超えた競争激化、消費税増税による収益力の低下が見込まれることから、昨年から、既存店舗群の全面的見直しを行い、店舗再編を実施してきた。

再度、直近の状況と実績を踏まえ現在の経営状況を分析した結果、居酒屋事業への経営資源集中が必要と判断し、東京チカラめしは、大幅に縮小せざるを得ないと経営判断した。

会社分割により事業の一部を新設会社に承継させた上で、複数の候補先の中から、譲渡先を選択した。

同形態で飲食事業を運営しており、東京チカラめしの利用者へのサービス継続という考えが一致し、新設会社の全株式をマックグループに譲渡するに至った。

会社分割後、自社に残る20店は、引き続き東京チカラめし業態の再編を含めた見直しを実施する。

今更な記事ですが、「ついにか・・・・」ですね。野田山崎店(千葉県野田市)に来てからまだ1ヶ月少ししか経っていません。数年前の入院中に読んだ漫画だったけど、土山しげる氏作「食キング」の主人公なら、こうした悪い状況を変えられたかもしれませんが、所詮漫画の中でのお話ですしね。

関連エントリーでも述べましたが、確かに油っぽかったですが、食べられないというほど酷いわけでもなかったので、これでもう茨城県への進出もないだろうですが、残念な気持ちもあります。デスクリムゾンじゃないけど、折角だから(?)、死に水を取るというわけでもないけど、もう1度ぐらいは油淋鶏定食か焼肉カレーかガーリックネギ牛丼かどれかテイクアウトで買おうかなあという気もしないでもないです。定食チカラめしのコンビネーション定食メニュー共々。(TXが通っているから御茶ノ水までもいけないでもないですが、メニューの画像だけを見るとこれまた美味しそうですよね。もし気が向いたら、GWにでも・・・・・)

|

« ブラジル陸軍各階級の人数と2014年3月における将官人事異動 | トップページ | ジョジョスターダストクルセイダース第3話「DIOの呪縛」感想 »

国内・世界経済」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/55808071

この記事へのトラックバック一覧です: 東京チカラめし、ついに事業を大幅縮小:

« ブラジル陸軍各階級の人数と2014年3月における将官人事異動 | トップページ | ジョジョスターダストクルセイダース第3話「DIOの呪縛」感想 »