« 東京チカラめし、ついに事業を大幅縮小 | トップページ | 連載再開だけでも話題になるHUNTER×HUNTER »

2014/04/19

ジョジョスターダストクルセイダース第3話「DIOの呪縛」感想

http://jojo-animation.com/contents/story/03.html

第3話は花京院に取り付いていた肉の芽を引っこ抜く所から始まりましたが、既に細かいながらもTVアニメ版とは違う点も目立ちます。本TVアニメ版は。

まずアヴドゥルがDIOに遭遇したシーンですが、さらに「さあ!!アヴドゥル!!」と呼びかけたシーンには、余計不気味な威圧感が伝わったと言えます。アヴドゥルが逃走したのも原作以上に必死っぷりが描かれていましたが、もしDIO様がザ・ワールドで時を止められた時間が原作終盤並みなら・・・・・・・・

スタープラチナで引っこ抜かれた肉の芽の後処理は、OVA版ではそのアヴドゥルがマジシャンズレッドで焼き尽くしたのに対し、原作同様ジョセフがオーバードライブで消滅させましたが、その後ホリィが花京院に泊まっていく事をすすめたシーンにも一層彼女の優しさが感じられたというものだったでしょう。

それだけに、親族と違いスタンド能力が害になってしまったのにも原作以上に痛々しいものがありましたが、愛娘の悲劇を目の当たりにしてしまったジョセフの激情っぷりもまさに迫真ものでした。(しかし、この時点で既にホリィにとっては異母弟にあたる仗助を儲けていたのだけど・・・・・・・)そして旅立ち前のアヴドゥル×花京院のやり取りですが、ホリィに迫っていた危機及び対策については前者がDIO様の写真に写っていた蠅を、わざわざ空条宅の書庫にまで行って調べる等原作よりやや手間をかけていて、その最中に語られていました。しかし、花京院のホリィに対する評はやっぱ原作同様あっさり聞き流されてしまったようですが、まあ承太郎先輩達も「優しくしてもらって感謝しているのは分かるけど、ちったあ空気を読め!!」と内心思っていたのでしょう。アヴドゥルの方はホリィの異変の原因がわかってたらすぐ服をまた着せたし。

そしていよいよ愛する娘または母を救う為にエジプトに向かう事になった「ジョースターエジプトツアー御一行様」でしたが、「行くぞ!」の煽りの元のポーズは原作同様カッコイイ!!勿論DIO様も彼ら御一行様の動きを知らない訳はありません。当初は皆のスタンド能力を使えるという設定故に、ジョセフのように念写していたDIO様、「やはり・・・おれの居場所を感づいたな・・・・くるか・・・このエジプトに・・・」は今週最後のジョジョ語録にして、数多い名言の1つですが、原作では後ろ向きだったのに対し、このTVアニメ版では前向きで筋肉美を披露していました!!流石DIO様!!流石子安!!俺達が真似できない事をカッコよくやってのける!!そこにしびれるッ!!憬れるッ!!予告によれば、来週は早くもポルナレフも登場するようですが、おそらく遭遇するところまでですかな?本格的にDIO様の刺客達との戦いの連続となっていきますから、端折っても良い所とそうでない所の区別を的確につけられるかが不安な所でありますが、来週の話も要注目であります。

|

« 東京チカラめし、ついに事業を大幅縮小 | トップページ | 連載再開だけでも話題になるHUNTER×HUNTER »

ジョジョ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/55848606

この記事へのトラックバック一覧です: ジョジョスターダストクルセイダース第3話「DIOの呪縛」感想:

« 東京チカラめし、ついに事業を大幅縮小 | トップページ | 連載再開だけでも話題になるHUNTER×HUNTER »