« 温暖化・寒冷化どちらかを主張しあうよりも? | トップページ | これからのアルゼンチン軍も4ツ星将軍がいなくなるのかその3 »

2014/03/14

支持率に一喜一憂する必要はないけれど(※3/15加筆有ります)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140314-00000085-jij-pol

内閣支持48%に低下=景気回復、7割実感なし―時事世論調査

時事通信 3月14日(金)15時5分配信   

 時事通信が7~10日に実施した3月の世論調査によると、安倍内閣の支持率は前月比5.6ポイント減の48.1%に低下した。第2次安倍政権で支持率が5割を割り込むのは昨年12月(47.1%)に続き2回目。不支持率は同3.8ポイント増の30.6%だった。
 また、2012年12月の安倍内閣発足後、景気回復を感じるかどうか聞いたところ、「実感しない」が75.3%で、「実感する」19.2%を大きく上回った。今年の春闘では大手企業を中心にベースアップ(ベア)回答が相次いでいるが、中小企業や地方経済への波及は依然不透明。こうした実情が支持率低下に影響した可能性がある。
 内閣を支持する理由(複数回答)は、多い順に「他に適当な人がいない」16.6%、「リーダーシップがある」15.6%、「首相を信頼する」13.0%。支持しない理由(同)は「政策が駄目」13.4%、「期待が持てない」13.0%、「首相を信頼できない」10.9%が上位を占めた。
 政党支持率は、自民党26.9%(前月比2.2ポイント増)、民主党4.0%(同1.0ポイント増)でともに増加。以下、公明党3.6%、共産党1.2%、日本維新の会0.8%、みんなの党0.7%、社民党0.4%、生活の党0.2%、結いの党0.1%。支持政党なしは61.5%。
 調査は全国の成人男女2000人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は63.3%だった。 

何だか安倍政権暴走気味でもあると言うか、先週8日視察先の福島で海産物を食するパフォーマンス程度ならまだしも、消費増税してもっと支持率が下がるともっとやりくくなるから余計焦っているのか、集団的自衛権を憲法の拡大解釈で行使可能としようとしたり、欧州という反面教師(民族も宗教も違う国の人間同士みんなが同じ土俵で仲良く暮らせるのなんて幻想に過ぎない。それだったら最初から国境なんて存在するわけないのだし。)がいるのに移民政策について協議しようとしたり、女性管理者の割合を30%まで増やす(残念ながら小保方晴子氏は、黒は黒でも真っ黒な様だけど、捏造等がバレなければ追い風になっていたのでしょう。例のSTAP細胞事件も。)事も目的としたり、それよりも非正規雇用の待遇改善が重要で、あのアグリフーズの事件だってアベノミクスへの警鐘な面もあったのにごく一部の大企業のベースアップで自画自賛したり等最近の安倍政権の政策は「何だかズレてるなあ」です。国民や利権関係者等への「人気取り」があざといです。あっ、そう言えば昨年の毛沢東の誕生日に行った靖国参拝も右翼(ネトウヨも含む)や保守の人達への人気取りでしたか・・・・・・・・・・・・・・・

まあ少なくとも、本当に不戦への誓いのつもりで参拝したのなら、別に安倍総理の参拝自体は非難される事でも何でもないです。それが未来への教訓として、反省すべき事実と、「それは違う」と譲らないで押し通すべき事実をきちんと区別(当然太平洋戦争を「アジア解放のための聖戦」とか正当化等するのはダメです。だからと言って、日本だけが悪く言われ続けるのも確かに「?」だし、意見には全く賛同できないながらも、そう思いたくなる気持ちは理解は出来るのですが。)した上での戦後レジームからの脱却へのきっかけとなるのならばむしろ評価されるべきなのです。

http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20140315-00000050-jij-kr&s=lost_points&o=desc&p=2

安倍首相発言「幸いだ」=首脳会談の可能性も―韓国大統領

時事通信 3月15日(土)12時7分配信   

 【ソウル時事】韓国の朴槿恵大統領は、安倍晋三首相が河野洋平官房長官談話の見直しを否定した一連の発言に関連し、「安倍首相が村山談話と河野談話を継承する立場を発表したことは(韓国にとって)幸いだと考える」と述べた。大統領府が15日発表した。朴大統領が安倍首相の歴史認識を肯定的に評価したことで、日韓や日米韓の首脳会談に前向きな姿勢に転じる可能性が出てきた。
 朴大統領は「慰安婦被害者の傷が小さくなり、韓日関係と北東アジアの関係が強まる契機になることを願う」とも述べた。朴大統領は1月の記者会見や、3月の「三・一独立運動」記念式典での演説で、日韓関係は「河野談話と村山談話が基礎になる」との考えを強調していた。
 米国は、オバマ大統領の4月の日韓訪問前に両国が関係を改善するよう求めている。今回の朴大統領の発言は、こうした米国の意向も踏まえたものとみられる。

次は河野談話の見直しに話が行くはずで、これはもう必須事項以外の何物でもないのであり、見直ししないと明言したそうですが、まあこれは言葉のあやというやつなのかもしれません。検証の結果等を見定めているつもりなのでしょう。そうでなければ、靖国に参拝する事自体止めた方が良いし、「アメリカにこそ失望した」とか「東京大空襲は米軍の大量虐殺だ。」とかも言ってアメリカを変に刺激させない方が良いと言うか、これではアメリカよりも安部総理に対して失望ものです。韓国の顔色なんか伺ってどうすんだよ。「日本を取り戻す」決意はどこへ行ったのですか。まあ2015年の衆議院選挙では自民に票を入れないのはほぼ確定ですが、安易に安倍政権への支持または不支持に回らず、個人的にはもう少し静観してみたい所です。

|

« 温暖化・寒冷化どちらかを主張しあうよりも? | トップページ | これからのアルゼンチン軍も4ツ星将軍がいなくなるのかその3 »

国内・世界政治一般」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/55372856

この記事へのトラックバック一覧です: 支持率に一喜一憂する必要はないけれど(※3/15加筆有ります):

« 温暖化・寒冷化どちらかを主張しあうよりも? | トップページ | これからのアルゼンチン軍も4ツ星将軍がいなくなるのかその3 »