« 今更ながらのウルトラストリートファイターⅣ情報その6 | トップページ | いよいよ2014年シーズンも開幕したけど »

2014/03/28

ケーキの美味しさも確かにひとしおのはず

新井浩文氏や萩原聖人氏等が出演された、この袴田事件を題材とした映画も見た事あって、ギャオで配信されてましたが、そうしたギャオでの配信から見ても、もし神様が居るとすれば袴田氏を見捨ててなかったという事だったのでしょう。ケーキに限らずまずは美味しいもの何でも気の済むまま食べていただきたいものです。そしてお元気な内に、完全なる無罪を勝ち取られる事を心から願います。この48年間が無駄にならないためにも。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140327-00000173-jij-soci

姉と共に拘置所後に=再審開始に「うそだ」―感謝の言葉も・袴田さん

時事通信 3月27日(木)21時4分配信    

 再審開始が認められ、48年ぶりに釈放された袴田巌さん(78)は27日午後5時20分ごろ、東京拘置所の玄関から姉秀子さん(81)と共に姿を現した。待ち構えていた報道陣に対しては一言も発することなく、弁護団が用意した車に秀子さんと一緒に乗り込み、拘置所を後にした。
 袴田さんは黄色い半袖シャツにベージュのズボン。かつての面影はあるものの、髪は白髪交じりで、約半世紀の年月を感じさせた。
 弁護団によると、秀子さんと2人の弁護士は午後4時ごろ、袴田さんと2010年8月以来の面会を果たした。アクリル板越しに再審開始の決定文を見せると、袴田さんは最初に「うそだ」と話し、「袴田事件は終わった。もう帰ってくれ」といら立ちを見せた。
 約1時間後、刑務官に付き添われ、手に紙袋を持った袴田さんが拘置所の応接室に現れた。秀子さんは目を潤ませながら「巌」と肩をたたき、「やっと出てきたね」と声を掛けると、袴田さんは「うんうん」とうなずいたという。
 半袖シャツで寒くないかと問われると、「寒くない寒くない」と答えた。ただ、長期間の拘置による影響か、十分な意思疎通は難しいといい、表情に変化もなく、独り言が多かった。
 拘置所を出た後はほとんど話さず、車の中から外を眺めていた。途中で車に酔い、都内の駐車場で休憩を取った。外に出た袴田さんに、弁護人が「釈放されたことが分かるでしょう」と問い掛けると、「ありがとう」と話したという。 

|

« 今更ながらのウルトラストリートファイターⅣ情報その6 | トップページ | いよいよ2014年シーズンも開幕したけど »

社会」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/55555783

この記事へのトラックバック一覧です: ケーキの美味しさも確かにひとしおのはず:

« 今更ながらのウルトラストリートファイターⅣ情報その6 | トップページ | いよいよ2014年シーズンも開幕したけど »