« あさりちゃんついに連載終了へ | トップページ | 2013-14冬は北海道・九州北部以外の地域で平年を下回った冬だった »

2014/03/02

赤西仁のジャニーズ退社は前途多難の幕開けとなるのか

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140302-00000501-sanspo-ent

赤西仁ジャニーズ退社…契約更新しないことで双方が合意

サンケイスポーツ3月2日(日)5時0分配信   

 歌手、赤西仁(29)が2月末日で所属していたジャニーズ事務所を退所していたことが1日、分かった。サンケイスポーツの取材に同事務所が「契約満了に伴い、契約を更新しないことで双方が合意した」と認めた。

【写真で見る】水着キャンペーンガール、事務所とのトラブルで起用中止される

 赤西は、2010年7月に6人組(当時)グループのKAT-TUNを脱退、12年2月には女優の黒木メイサ(25)と事務所に事後報告で結婚するなど、自由奔放な言動や行動で物議を醸してきた。もともと米国を中心とした海外での活動志向が強く、国内活動を重視する事務所側と方向性の違いが大きくなったことが原因とみられる。

 06年3月にKAT-TUNのメンバーとしてデビューするも、同10月から07年4月にかけて米国に語学留学し、芸能活動を休んだこともあった。10年7月のグループ脱退は自ら「方向性の違い」と説明しており、得意の英語をいかしてソロで米ツアーを展開するなど精力的に活動してきた。

 しかし、事後報告となった黒木との“でき婚”が問題になり、12年4~5月の全国ツアーがキャンセルに。昨年は新曲2曲とアルバムを発売したが、結婚騒動の影響もあって活動は限定的で、昨秋ごろから赤西側の申し出により事務所と話し合いを重ねる中で自由な活動を選んだようだ。

 所属レコード会社のワーナーミュージック・ジャパンは、4月にライブDVDを発売する以外の活動は未定とした上で、「今後の契約については何も申し上げることができない」とコメント。KAT-TUNの同僚では、田中聖(28)が「度重なるルール違反があった」との理由で、昨年9月末に事務所との契約を解除されている。

「47RONIN」(そもそも忠臣蔵という題材自体に魅力感じないが。)とやらも何だか大コケしてしまったらしいですが・・・・・・・事務所が適当に飼い殺し(先輩の堂本光一くんも皮肉った事もあったとか)にするのかと思いきや、田中聖くんに続いてですね。「赤西側の申し出」とあるけど、事務所の方がどちらかと言えば、「もうこいつの面倒見るの面倒臭いわ。うちには他にも藤ヶ谷(大輔。「仮面ティーチャー」も記憶に新しい所?)や中島(健人。ハガレンの作者が原作の主演映画「銀の匙」ももうすぐ公開のようですが。)とかもっと売り出したいタレントいくらでもいるしー。不良債権にはここらで見切りをつけよう。」なムードだったであろうなのは想像に難くなかったでしょう。所属レコード会社のコメントにも何だか歯切れの悪さが感じられます。まあジャニーズクビになっても、モッくんみたいにバーニング系とか大きい事務所に移籍できればまだ良いのでしょうが、大物先輩の一人だったトシちゃんでさえ、何だか年相応以上に老け込まれてしまったのは悲しいですが、やっと最近バラエティ番組等で姿を見られるようになりました。篠原涼子氏と「anego」で共演していた時は良かったけど、俳優としても歌手としても頭抜けた実績を持っているのかと言うと、微妙と言うか、前途多難でしょう。10年後・20年後には「あの人は今」状態になんて事にならない様、せいぜい頑張って欲しいものですが・・・・・・・・・

|

« あさりちゃんついに連載終了へ | トップページ | 2013-14冬は北海道・九州北部以外の地域で平年を下回った冬だった »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/55199509

この記事へのトラックバック一覧です: 赤西仁のジャニーズ退社は前途多難の幕開けとなるのか:

« あさりちゃんついに連載終了へ | トップページ | 2013-14冬は北海道・九州北部以外の地域で平年を下回った冬だった »