« 新テニスの王子様第120・121・122話-「殿、ついにハンムラビ法典を会得する!!」 | トップページ | 今更ながらのウルトラストリートファイターⅣ情報その4 »

2014/03/08

ウクライナもまた、日本の反面教師と言えるのかも

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140308/erp14030810560005-n1.htm

クリミアのウクライナ軍部隊緊張 露軍が挑発、奪取に動く

2014.3.8 10:55ロシア

 【シンフェロポリ(ウクライナ南部)=内藤泰朗】ウクライナ南部クリミア自治共和国のセバストポリ郊外にあるウクライナ軍の防空部隊が7日夜、ロシア軍とみられる武装集団に襲われ、基地を明け渡すよう求められた。ウクライナ軍部隊はこれを拒否。銃撃戦にはならなかったものの、一時緊張した。

 現場からの報道では、自動小銃などで武装した集団20人が、ロシアのナンバーをつけた大型軍用トラック2台に分乗しミサイル防空部隊2355に乗り付け、警備のウクライナ軍兵士と押し問答の末、部隊内に侵入。部隊長とのやり取りの後、基地を後にした。

 ウクライナ暫定政権は7日、クリミア自治共和国が16日にロシアへの編入の可否を問う住民投票を実施することを「憲法違反だ」として、国家主権を侵害する「犯罪者たちによるクーデター」と位置づけて徹底的に対抗する姿勢を改めて示した。

 このため、ロシア軍とみられる特殊部隊要員らは、投票日までにウクライナ軍の重要施設を奪取し、完全に掌握することを狙って今後、挑発行為を増やすものとみられる。

 ロイター通信によると、米国防総省は7日、クリミアに展開するロシア軍部隊の総数を2万と推定、ヘーゲル米国防長官はウクライナ軍が挑発に乗らず、「抑制した行動をとっている」と称賛した。

 一方、欧州安保協力機構(OSCE)がクリミアに派遣した監視要員が7日、前日に引き続き、ロシア部隊とみられる「自警団」に現地入りを阻まれた。これによって、欧州によるクリミアでの人権違反監視活動は一層困難になった。

もう他所でも散々指摘されていて、そうした地政学的心理からの行動哲学自体はソ連時代から何ら変わっていませんが、今回ばかりは欧米よりもロシアの方が大義あるでしょう。

http://blogs.yahoo.co.jp/mig_21fishhead/49686834.html

確かに、ヤヌコービッチとやらは色々私腹も肥やしていたようで政治家として問題あった人だったのは否定しません。しかし、そうした汚職等を強調していたニュース報道も見られたのも、アメリカの必死こいた対ロシア・プーチン(ヒトラーに似ているのは彼じゃなくて、習近平の方でしょう。ちなみにスターリンは金正恩で。)ネガキャン共々あざといなあと思ったけど、それでも、彼は(一応)民主的な選挙で選ばれた政治家です。彼を選んだ事に対する責任はウクライナ国民にあります。にも関わらず、政権転覆を煽って果たしてクーデターで本当に親露派だったヤヌコービッチ政権は崩壊した。そして代わりに立てられた暫定政権は正統性が弱いのです。それなのにクリミア自治共和国のロシア編入可否を問う住民投票を「クーデター」と表するなんてまさに「お前が言うな!」でしょう。そして政治家としての能力とは殆ど関係ないはずなのですが、「美しすぎる」とか容姿の面でも必要以上に話題になっていたティモシェンコもまた大統領選挙に出馬するつもりだと言う。しかし、上記のブログでも正鵠を得た指摘がなされていましたが、彼女にしたって、じゃあ田沼意次に対する松平定信(実際は賄賂を贈った事もあったのだが)みたいに清廉潔白なのかと言うと、決してそんな事はないのです。欧米に振れても、ロシアに振れても主だった政治家は俗物ばかりが目立って、本当に強い信念をもって国を導ける強いリーダーが不在である言う事なのですね。他にもチェルノブイリ原発事故という、福島以上の悲惨な事故が起きたのに、現在も原子力発電に対する依存から抜け切れていないようである事やそのクリミア自治共和国におけるロシア系住民の存在(移民を認めたら、我が国だってこのように外国人の方が人口多い地域が出てくる。移民絶対反対!!人口減少上等!!大事なのは、大和民族に酷い事もされたアイヌの人達や琉球民族の人達も含めた、「いかにその国に生まれた国民一人一人が幸せに暮らせるか。」です。)等、勿論置かれている状況は違っている点も多いですが、ウクライナもまた日本の反面教師であると思えてならないです。

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/kyodo-2014030801002038/1.htm

首相、中間貯蔵施設の建設急ぐ

 

2014年3月8日(土)18時26分配信 共同通信

 安倍晋三首相は8日、東京電力福島第1原発事故の除染廃棄物を保管する中間貯蔵施設について「除染を進めるために極めて重要だ」と指摘し、建設を急ぐ考えを強調した。東日本大震災の発生から11日で3年を迎えるのを前に「福島の復興なくして日本の再生はない。復興が前に進み始めたと実感した」と述べた。視察先の福島県田村市で記者団の質問に答えた。

 政府は、第1原発周辺を国有化して廃棄物を保管する計画で、来年1月の施設使用開始を目指している。

http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20140308-00000042-jij-pol

1~10/103件

  • |

    違反報告

    F35・・・さんのコメントが次々に削除されているので、肝心なところだけ、重複した内容のコメントを書きますね。
    福島県内で18歳以下の青年、児童に74人の甲状腺癌の患者(疑いを含む)の検診結果が公表された。
    朝日新聞以外の報道機関、新聞はおおきくは取り上げていない現状。
    通常100万人に10人未満の発症率に対して、福島県では25万人の検査を実施、そこで74人。
    つまり、約30倍の発症率であり、福島第一原発からの放射能が原因であることは明らかであるのに、誰もそのことを言わない、報道しない。
    ヤフーなどにコメントを入れると、誰かが違反報告を行い、削除されてしまう・・・これは異常だ。日本はこんなことでいいのか。

しかし、現実は我が国のマスコミはですね。何故か「~すぎる」な表現も良く使う。そう言えば、強い必然性があったわけでもないのに、何故か主人公が上半身裸で悪役共と戦っていたシーンも見られた某戦隊もの特撮番組でも「~すぎる」なタイトルがつけられた話が見られ、やはり他のそれ同様悪役の出来の悪さ(結局彼らにしても、脚本担当等スタッフの都合通りに動く「操り人形」に過ぎなかったのである。)も目立った話でしたが、もしティモシェンコが大統領選挙に当選でもしたら、2ちゃんねるばりに「美しすぎる救世主大統領誕生キタ━(゚∀゚)━!」とでも絶叫するのでしょう。しかも、まあ彼女は別にしても、そういう「~すぎる」宣伝対象に限って、本当にその通りなのかというと微妙な代物バッカですからね。もうこれは「『~すぎる』誇大宣伝症候群」とかと命名すべきと言うか、このの語彙力の貧弱さも、もうしょーもありません。そして政治家たちもです。今日安部総理は福島に視察に行ってきたらしく、「復興は進み始めた。さらに除染廃棄物の中間貯蔵施設等復興に尽力する。」というような事を言っていたようですが、それなら何故、被災者の方達にとっては現在進行形以外の何者でもないのに、3・11を記念日にしようと考える?記念というのはお祝いだけでなく、忘れないようにしようとの意味もあるようですが、それなら何故、確かにいきなりゼロにするのは無理だろうけど、原発を再稼動しようとする?このウクライナ情勢を改めて見ると、そうした「ズレ」に対する違和感が余計強く残ります。

もうこの国は良くてもクリミア自治共和国はロシアに編入、下手すれば東西に分かれてしまう可能性も無きにしもあらずなのでは?ですが、こうしたウクライナの悲劇も、日本人にとっての教訓として重く受け止めていかないと日本という国自体もますますおかしくなってしまう(もうなっているか)気もしてならないです。

|

« 新テニスの王子様第120・121・122話-「殿、ついにハンムラビ法典を会得する!!」 | トップページ | 今更ながらのウルトラストリートファイターⅣ情報その4 »

国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/55290780

この記事へのトラックバック一覧です: ウクライナもまた、日本の反面教師と言えるのかも:

« 新テニスの王子様第120・121・122話-「殿、ついにハンムラビ法典を会得する!!」 | トップページ | 今更ながらのウルトラストリートファイターⅣ情報その4 »