« ゲンダイの知的レベルも果たして・・・・・・だけど | トップページ | 本当にタチが悪いのは誰だ? »

2014/02/26

確かに中共も別の意味で対日戦に勝利したと言えたのだろうけど

http://news.nifty.com/cs/world/chinadetail/sech-20140226-20140226_00097/1.htm

中国で「抗日戦争勝利記念日」「南京大虐殺犠牲者国家追悼日」の制定を歓迎する声=中国版ツイッター

 

 

2014年2月26日(水)13時0分配信 サーチナ

 

 中国の全国人民代表大会の常務委員会は25日、9月3日を「抗日戦争勝利記念日」、12月13日を「南京大虐殺犠牲者国家追悼日」とする法案について審議した。近く国家の記念日として正式に決定されるとみられる。新華社通信が伝えた。

 同法案は、中国にとっての抗日戦争は「中国人が日本帝国主義の侵略に抵抗した正義の戦争」、「近代において中国が他国からの侵略に完全に勝利した民族解放の戦争」だと説明している。

 さらに、中国国民が抗日戦争に勝利した記念日を法律で定めることは、中国国民の意思を反映させることであり、歴史や過去を銘記し、未来を切り開くうえで必要な措置だと説明した。

 中国メディアの新浪は25日、「日中の駆け引きが臨界点に達した今、同法案は民意に沿うものであり、歴史の流れに沿ったものだ」だと論じ、アナリストの分析として「日本の戦略ミスを利用して主導的立場を得る良い方法だ」と報じた。

 同法案について、中国のネットユーザーたちはどのような反応を示しているのだろうか。中国の簡易投稿サイト・微博を覗いてみると、ネットユーザーたちは歓迎の声として、「これは支持する!」、「国家の記念日にするのは良い措置だ」などのコメントが多く寄せられた。

 また、政治的な目的とは関係なく、両日が記念日に制定されて祝日となれば、中国国民にとっては休みが増えることになるためか、「この2つの日の意味は重要だ。だから休日にしてくれ」、「10日間の連休にすべきだ!」など休みを増やしてほしいという要望も寄せられ、中国国民にとっては休みになるかどうかのほうが重要であるように見受けられた。

 一方、中国政府の動きを勘ぐる声もあり、「某党がまた新たな洗脳を始めただけ」、「日本が戦略ミスをしなかったらこの記念日は制定されなかったということは、本当に必要な措置ではないということ」など、政府の対応を非難するコメントも多く、愛国感情にとらわれない中国人ユーザーもいるようだ。(編集担当:畠山栄)(写真はイメージ。「CNSPHOTO」提供。2012年8月、江蘇省南京市の「南京大虐殺記念館」で行われた追悼式典)

まあですねえ、右翼・保守を中心とした一般的(?)な他の日本人みたいに「当時は中華人民共和国なんて国家はなかった。」とか、「日本はアメリカに負けたのであって中国に負けたわけじゃないんだ!!」とか言うつもりはないです。

しかし、日中戦争も太平洋戦争も単純な侵略戦争じゃないでしょう。日本だって半ばそういう戦争をしなければいけない状況に追い込まれてしまったわけです。勿論日本軍が加害者であったことは決して否定しない。朝鮮統治だけでも何千万の赤字を抱えていた(しかも現在の韓国の態度はもはや言うまでもない)のに身の丈不相応に、そういう戦争への道に踏み込んでしまった軍部・政治家・マスコミ等を中心とした当時の日本人その人達も愚かだったのである。欧米諸国の植民地支配体制も肯定するわけではないけど、「愛国心はならず者の最後の砦」の名言も肝に銘じ、「聖戦」だとか正当化などは決してしてはいけないんだよという事もこの場を借りて改めて強調しますが。

果たして、人民解放軍の前身である八路軍は実際そんな日本相手に正面切った戦いは片指でも数えられる程度しかせず、無駄に戦力を消費しないよう温存しつつ国民党軍との漁夫の利を狙ったと言われているようですが、毛沢東のかの「持久戦論」も、彼や中国共産党が支配せんとした民への「ポーズ」な側面も少なからずあったのかなと言うか、嘘ではないのでしょう。華北においては日本軍は自由に行動できたのは都市や鉄道及びその周辺だけだったらしく、よく「点と線の支配」と言われているようですが、「適度」なゲリラ戦で温存しつつ、そこから解放区の拡大(1941年・42年には縮小していたが、43年が終わるまでには40年以前まで回復し、末期には人口が1億人を超えたと言われている。)や終戦直後の日本軍からの武器押収等に成功、ついに国共内戦を経て中国本土(に加えてウイグルとチベットも)の支配に成功したという点では確かに中国共産党も勝者と言えるでしょう。1964年の、毛沢東の佐々木更三に対する「あの弁」も、どこまでが本音で、どこまでがジョークまたは皮肉か良く分からないですが、旧日本軍及び日本こそ「良い面の皮」です。そうした手段を用いた目的って、彼らのプロパガンダと実態が一致してないじゃんとも改めてツッコミたくなりますが。(三光作戦だって、実際行っていたのは日本軍ではなく、八路軍の方だったらしいですが。)中国人も中には八路軍が日本軍に勝利したとは思ってない人も案外いるようですけどね。

去年安倍総理が毛沢東の誕生日に靖国参拝したから、中共も余計自分達の正当性を誇示したくて必死なのでしょう。対する日本も、発言自体は別に間違ったことでも何でもなかった(日本を貶める事しか考えていない毎日や朝日記者の挑発に乗ってしまった「切欠」は悔やまれるとは言え)NHK籾井会長を国会招致なんかしている場合じゃないですが、河野談話の見直しの話とか出てきたのは良いとして、集団的自衛権を憲法拡大解釈して行使可能にしようとするのは危険な兆候です。ついに自民党と連立を組んでいる公明党の漆原良夫という国会対策委員長が安部総理を批判した。公明党自体は決して支持はしないし、公明党員にとっての国民が何なのかも甚だ怪しい所ですが、この批判自体はマトモで、こういうタカ派的暴走等を抑える為の自浄作用は必要です。ネトウヨの巣窟なヤフコメ住民とか案の定罵倒しているようですが、「嫌なら政権離脱しろ!!」とかの意見には賛同できないです。

http://blog.searchina.net/node/3355

【中国BBS】鳩山氏の「強がって吠える子犬」発言に喝采               

LINEで送る

  鳩山由紀夫氏はこのほど、中国メディア・広州日報のインタビューに応じ、安倍晋三首相が中国に対して強硬姿勢を取っていることについて「安倍首相は強がって吠える子犬と同じだ」と述べた。   鳩山氏はまた、尖閣諸島(中国名:釣魚島)問題における米国の役割について問われると、「米国は日中関係が良くなりすぎることを心配しており、適度に対立してもらったほうが良いと考えている。尖閣諸島問題がその良い例だ」とも主張した。   鳩山氏は高い知名度と人気を誇る。中国寄りの発言を繰り返していることが理由だが、広州日報によるインタビューでは安倍首相を「強がって吠える子犬」とこき下ろしたことで、中国で「拍手喝采」となったようだ。   中国大手検索サイト百度の掲示板を覗いてみると、中国のネットユーザーからは鳩山氏の発言を支持するコメントが殺到しており、「鳩山さんのことが大好きだ! 支持するぞ!」 「鳩山さんこそ日本の首相になるべきだ」など、中国人からすると鳩山氏の中国寄りの発言は歓喜の対象のようだ。しかし、あまりに中国寄りの発言を繰り返しているためか、「わが政府から一体、いくらもらったんだ?」と金銭で買収されているのではないかと疑うユーザーも現れた。   中国ではこうした贈収賄が多いため中国人にとっては自然な発想なのだろう。しかし、鳩山氏が何を話しても影響力はないという主張もあり、「鳩山は評論を述べる資格がない。首相を辞めてから何を言っても意味がない」などのコメントもあった。   鳩山由紀夫元首相は、香港のフェニックステレビのインタビューに対しても、尖閣諸島について「中国側から見れば盗んだと思われても仕方がない」と発言しており、中国では称賛の声があがったものの、日本からは非難の声が殺到していた。(編集担当:畠山栄)(写真は「CNSPHOTO」提供、南京大虐殺紀念館を訪れた際の鳩山由紀夫氏)

そうかと思えば、これも過去ログで触れましたが、首相補佐官がアメリカ批判を撤回したり、内閣官房参与が総理の靖国参拝発言についてマスコミに騒がれたらオフレコ云々言い訳していると来ています。「じゃあ最初から言うなよ。」ですが、これでは鳩ポッポにも「強がって吠える子犬」と言われてしまうのも無理ないかもしれません。発言する相手と場所は間違っていて、まあ彼が空気読めないのは、今度は浅田真央ちゃん(記者会見での大人の対応は立派だった)とリード姉弟に喧嘩売った森喜朗元総理が失言する事同様今に始まったことでは全然ないのですが。(でも、年次改革要望書を廃止にした点等は普通に評価して良いと思う。)

前述の「日本軍が~」でもよく強調した通り、反省すべき点は素直に反省して未来への糧として活かしながらも、違う事は違うとハッキリ主張して、世界における日本および日本人のこれからの「生きる道」を示していかなければいけない時期にいい加減来ているのです。しかし、現在の安倍政権は中途半端でそれ故に余計危険な暴走をしかかっています。これではいけません。集団的自衛権や憲法96条の改正も結論を急がずに慎重に議論をすべきだと重々思いますが、安部総理が本当に「美しい国、日本」を取り戻せる、革命的な偉業を後世に遺せる力量を持つ政治家なのか?私たち日本国民が民主党を見限って、再び自民党を政権与党の座に返り咲かせたからこそ厳しい目でよーく見ていかなければならない極めて大事な年だとも思います。2014年は。もうあと少しでその6分の1が終わります。

|

« ゲンダイの知的レベルも果たして・・・・・・だけど | トップページ | 本当にタチが悪いのは誰だ? »

国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/55149470

この記事へのトラックバック一覧です: 確かに中共も別の意味で対日戦に勝利したと言えたのだろうけど:

« ゲンダイの知的レベルも果たして・・・・・・だけど | トップページ | 本当にタチが悪いのは誰だ? »