« 確かに中共も別の意味で対日戦に勝利したと言えたのだろうけど | トップページ | あさりちゃんついに連載終了へ »

2014/02/28

本当にタチが悪いのは誰だ?

http://newskenm.blog.fc2.com/blog-entry-14449.html

どうせネットでちょっと調べればすぐ出てくるような話ばかりな気がしますが・・・・・・・・この竹田恒泰氏が出すらしい「笑えるほどタチの悪い韓国の話」の事です。韓国は嫌いですが、こういう本出したってしょうがないでしょう。マンガ嫌韓流も、新治のさんあぴおにあった古本屋(潰れてしまって、現在は別のコーナーになっていますが)で買って、今も自宅にありますが、何だか主人公(彼は幽遊白書の浦飯幽助に容姿が似ていた。まさかないとは思うけど、もしアニメ化されるとすれば声優は佐々木望氏で決まりでしょう。((苦笑)KOF2001でも再びあのAKIRAの鉄雄を演じたし。(苦笑)「草薙ぃぃぃっ!!」「さんを付けろよ。デコ助野郎!!」(苦笑))らは美男美女に描く反面、討論とかで彼らと対立する人物は醜く描く等はあざとかったなあと言うか、小林よしのり氏の「ゴーマニズム宣言」シリーズと同レベルでしたよね。確かに「ああそうなんだ。」と思わされた所もあったけど、決して全部鵜呑みにしちゃダメだなあとも強く思いました。もし現在の皇室と、彼ら旧皇族共通のご先祖様である伏見宮貞成親王が天国でも看門日記を書き続けているとすれば、天国からこの子孫の言動をどのように評すのだろうか?足利義教を「万人恐怖」、「犬死」と評していたように。何だか最近の竹田氏はちょっと迷走しているように見えると言うか、明治天皇の玄孫という事で珍しがってか勘違いさせている周囲の連中もタチが悪いように見えます。まあ私がこの本を書店で見かけても、「永遠の0」(手放しで賞賛するまではしないけど、良作レベルではあったと思う。)みたいに買う事はまずないでしょう。嫌韓流だって100円じゃなければ買わなかっただろうとも思うし。

|

« 確かに中共も別の意味で対日戦に勝利したと言えたのだろうけど | トップページ | あさりちゃんついに連載終了へ »

文化・芸術」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/55177746

この記事へのトラックバック一覧です: 本当にタチが悪いのは誰だ?:

« 確かに中共も別の意味で対日戦に勝利したと言えたのだろうけど | トップページ | あさりちゃんついに連載終了へ »