« 羽生結弦選手の快挙に水を差さない | トップページ | 重要な岐路に立たされる直前期の首相補佐官米批判撤回事件 »

2014/02/18

松屋がキムカル丼を限定復活するようだけど(※2/23追記有り)

http://news.nifty.com/cs/item/detail/mnwoman-20140218-mw1766191/1.htm

松屋の「キムカル丼」復活販売!-リクエストに応え期間限定で登場

 

 

2014年2月18日(火)17時8分配信 マイナビウーマン

 

株式会社松屋フーズが展開する「松屋」では、「キムカル丼」を2014年2月20日(木)10時から2月27日(木)10時までの期間限定で復活販売する。

同メニューは昨年7月に販売を終了していたが、再登場の要望が多く寄せられたため、今回期間限定で復活販売することになったという。カルビにキムチがトッピングされており、化学調味料、人工甘味料、合成着色料、合成保存料が使用されていないのが特長だ。

価格は、並が450円、大盛が550円。持ち帰りも可能だが、その場合みそ汁は別途50円となる。一部店舗を除く全国の松屋で販売される。

前にも言った事があるかもしれないですが、キムカル丼は思ったほどの味じゃなかったです。チキングリル丼とかなら食べてみたいなあと思えますけどね。

牛丼業界と言えば、他のチェーン店も色々試行錯誤しているようで、すき家も吉野屋を明らかに意識したかのような某新メニューを発売したようで、「あれっ?ゼンショーホールディングスの会長が吉野家ディスってなかったっけ?」でしたが、新メニューよりも味をなんとかした方が良いでしょう。私も以前は良くすき家の牛丼はとん汁とかとのセットで外食していたけど、昔と比べるとすき家の味は落ちたなあですね。特に定食が美味しそうだなあと思ったのはなか卵で、牛丼の代わりに牛すき丼の発売を開始したようですが、これも前にも言った様に、一番近い店舗で石岡ですからね。20キロ強はありますな。家からは。歯医者に行った時にたまたま目にした、某雑誌でもなか卵の一部メニューとか取り上げられていて、確かうどんか丼メニューと一緒に唐揚げを注文していたある家族も紹介されていましたが。

東京チカラめしに至ってはもっと遠く、一番近い所でも柏か野田で、私用で東京まで行った時も、高田馬場駅付近でも店を見かけた事があります。見た目は牛丼も定食も個性的で味付け濃そうな印象がありますが、片付けや接客態度等従業員教育が何だかアバウトみたいで店舗拡大に追いついていないらしい。と思えば、ここ半年で40店舗近く閉鎖に追い込まれてしまっているらしく、他のニュースサイト記事では「アベノミクスによる景気回復の波に乗れないで」云々とか描かれていたけど、オイオイ、アベノミクスの恩恵を受けた企業や人なんて少数派だろうに。(日本経済新聞では安部総理は母方の祖父(岸信介)ではなく、52歳で亡くなった父方の祖父に性格が似ているとかの特集をたまたま目にしましたが。そうかと思えば、大雪の対応などを巡って、天ぷら会食等またバカバカしい揚げ足取りが見られたようですが。)まあアベノミクスの成果とかはともかくとして、復活できるのでしょうかね。店舗拡大と、従業員教育のバランスをもっと取れていれば、近い内に茨城県内にもまずは東京に最も近い取手、その次は守谷、牛久、筑波学園都市等拡大していたのかもしれませんが・・・・・・

【以下2月23日追記】

http://www.sankofoods.com/shop/chikara/index.html

http://www.sankofoods.com/shop/chikara/mtei.html

松屋ではなく、続いてそれぞれ吉野家・すき家となか卵を意識したのか、チゲスープ焼き牛丼とうどんセットを始めたようですね。さらに定食チカラめしなる定食専門店も出来たようですが、お茶の水ではまあまず進んでいく事はないかなあと。メニューの写真だけを見ると結構バラエティもあって美味しそうですけどね。三光マーケティングフーズは赤字決算らしいですが、まあ従業員教育や味の品質等ちゃんと原点に立ち戻って、茨城県にも進出できるよう頑張っていただきたいものです。

|

« 羽生結弦選手の快挙に水を差さない | トップページ | 重要な岐路に立たされる直前期の首相補佐官米批判撤回事件 »

国内・世界経済」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/55048806

この記事へのトラックバック一覧です: 松屋がキムカル丼を限定復活するようだけど(※2/23追記有り):

« 羽生結弦選手の快挙に水を差さない | トップページ | 重要な岐路に立たされる直前期の首相補佐官米批判撤回事件 »