« もう行き着く所まで行き着いてもらおう | トップページ | 平家の公卿人数推移について »

2014/01/12

初代ストⅡでの四天王強制使用

https://www.youtube.com/watch?v=AnguKk6XOEo

ベガ、サガット、バイソン、バルログの順に紹介されています。

ベガ・・・・・サイコは攻撃判定発生まで間があるから連続技には出来ないっぽいですが、ダブルニー、削り能力ないながらもスキが無く、キャラによっては連発するだけでダッシュみたいに詰みそうです。あと、プレイヤーは使用しなかったようだけど、リュウが基なせいか、しゃがみ小・中キックのポーズで波動拳も撃てます。(苦笑)

サガット・・・・タイガークラッシュは実装されてないっぽいですが、タイガーショットの隙が小さい。上はダルシムとザンギエフはしゃがんでも当たってしまい、まだダルシムの方はしゃがみズームパンチで攻撃できたり、ドリルキックで避けたりと対抗手段はありますが、ザンギエフはゲーメストでのダイヤグラムでは1:9(ちなみにターボでは5:5とかなり戦えるようになった)だったダッシュ以上に詰みそうですよね。(苦笑)あとタイガーアッパーカートも、タイガーショット同様しゃがみパンチ等から連続技にも出来るようだけど、昇竜拳同様地上の相手に当ててもダウンは奪えないようです。

バルログ・・・・フライングバルセロナアタックはスペインステージ以外でも壁張り付きポーズから襲いかかります。(苦笑)ローリングクリスタルフラッシュ共々威力も高いですが、やはり全体的な火力は四天王中最下位でしょう。

バイソン・・・・ダッシュアッパーが春麗のような比較的背の低いキャラにもしゃがまれても当たるのがポイントでしょう。ターンパンチも、パンチを繰り出すタイミングをある程度ずらせるっぽいけど、まあターボやⅣシリーズみたいに無敵時間はないでしょうから、上手く利用できるかですが・・・・・・・でも、ガイルやサガットには苦戦しそうです。リュウ・ケンに対しては、他のシリーズほどは波動拳の性能が良くない分まだ彼らよりは戦えそうですが・・・・・・

と言うか、ハイパーストⅡでも特定条件とかでこの初代Ⅱ四天王も使えるようにすれば良かったのにと言うか、なお面白そうでしたけどね。対戦ダイヤグラムで彼らも加えればどうなるかですが、まあそれはまた次の機会に。

|

« もう行き着く所まで行き着いてもらおう | トップページ | 平家の公卿人数推移について »

ゲーム」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/54580702

この記事へのトラックバック一覧です: 初代ストⅡでの四天王強制使用:

« もう行き着く所まで行き着いてもらおう | トップページ | 平家の公卿人数推移について »