« 続・これからのアルゼンチン軍も4ツ星将軍がいなくなるのか | トップページ | 千葉ロッテが2014年新ビジターユニを発表 »

2014/01/26

NHK新会長の慰安婦発言が問題視されるのも「この国のかたち」なのか

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140126-00000001-mai-soci

<NHK>解説 内部から疑問の声…新会長の慰安婦発言

毎日新聞 1月26日(日)1時4分配信   

就任会見をするNHKの籾井勝人会長=東京都渋谷区で2014年1月25日午後2時7分、竹内幹撮影

 NHK会長としての一歩を踏み出す晴れ舞台となるはずだった就任会見で、籾井勝人(もみい・かつと)氏は窮地に立たされた。自らの不用意な発言が進退問題にも発展しかねない状況だ。

【人物の詳細】座右の銘は「蓋棺事定」…籾井会長の経歴など

 従軍慰安婦問題について記者から質問され、籾井氏は「コメントは控えていいですか」と言いながら「戦時中はどこの国にもあった」と口を滑らせ、韓国の姿勢などについて持論をまくしたてた。

 籾井氏は昨年12月にNHK経営委員会から会長に選出されたばかり。経営委員側からは「外交問題に発展しかねない。選んだ側の責任も問われる。国際放送の役割についても事前に十分説明したのに、正しく理解していない」と失望の声がもれた。発言の真意をただし、今後の対応を検討するため、浜田健一郎委員長は週明けにも籾井氏と面会する予定だ。28日には経営委もあり、各委員から直接追及されるのは必至だ。さらに来年度予算の国会審議も間近に控え、議員の質問攻めにあって同じ過ちを繰り返すことも懸念される。

 NHK内部からは会長の資質を疑問視する声が出始めている。公共放送トップとしての自覚と説明責任が問われている。【土屋渓、有田浩子】

ミラーマンもご自分のブログで批判されているようですが、NHK経営委員会に安倍総理の関係者達で固められている事は確かに問題です。でもこの国のマスコミって、引用した毎日新聞の記事も偏向報道ですが、何処の国のマスコミだか分からないと言うか、好き勝手やらせると中韓寄りの反日報道とかに血道をあげるのだから。例えば大河ドラマも見たって、平清盛なんか在日にプロデューサーなんかやらせたから、やはり他の近年の大河モドキとは別の性質で酷い代物になってしまったのです。どっちも決して望ましい選択肢じゃないけど、日本の国益を考えると、NHK会長人事とか安倍政権の意向を受けた人事である方が相対的にマシだという事なのでしょう。まあ国益といっても、昨年12月末の靖国参拝とかは果たしてその為になったのか?は疑問ですが・・・・・・・・・(※過去ログでも繰り返し述べた通り靖国参拝自体は決して間違ったことではないです。しかし、2005年末にも日露戦争を必要以上に誇り高る百年展が開催されたらしいですが、つくづく虚しさしか感じられません。これでは中国や韓国は勿論の事、欧米の人達にも「不戦への誓いのつもりとして参拝した。」と言っても、なかなか理解してもらえないでしょう。言っときますが、私は明治維新も決して否定しているわけではありません。近代日本史における偉業だったとは思います。ただそうした偉業を過大評価して驕ってしまい、日本ならではの方向性とかを見失ってしまったのが、どちらも「百害あって一利なし」な自慰・自虐両史観等現在に至るまで悪影響を残しているのも決して無視できないのです。)

だから、手放しで褒め称えるつもりもないけど、この新会長の慰安婦発言は至極真っ当な発言だったでしょう。別に問題発言でもなんでもないです。マスコミも政治家も最初から信用はしていませんが、まあNHK内部からの追求にも負けないで、出すべき悪い膿を出していただきたいものでしょう。NHKがどう変わっていくか、お手並み拝見ですね。

|

« 続・これからのアルゼンチン軍も4ツ星将軍がいなくなるのか | トップページ | 千葉ロッテが2014年新ビジターユニを発表 »

社会」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/54750777

この記事へのトラックバック一覧です: NHK新会長の慰安婦発言が問題視されるのも「この国のかたち」なのか:

« 続・これからのアルゼンチン軍も4ツ星将軍がいなくなるのか | トップページ | 千葉ロッテが2014年新ビジターユニを発表 »