« 喜多嶋舞長男の本当の父親は誰なんだ? | トップページ | 安倍総理靖国参拝騒動の余波 »

2013/12/28

安倍総理の靖国参拝は少なくとも間違っちゃいないが・・・・・・・

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131226-00000023-jij_afp-int

安倍首相の靖国参拝に「失望している」、米大使館が声明

AFP=時事 12月26日(木)16時10分配信   

【AFP=時事】安倍晋三(Shinzo Abe)首相が26日午前に靖国神社(Yasukuni Shrine)を参拝したことについて、在日米国大使館は同日午後、「米国は失望している」とする声明を発表した。

安倍首相が靖国神社を参拝、中国は批判

 安倍首相の参拝から数時間後に発表された声明文には、「日本は大切な同盟国であり友人だ。それでも米国は日本の指導者が日本の近隣諸国との緊張を悪化させる行動を取ったことに失望している」と書かれている。

 また声明文は、「米国は、日本とその近隣諸国が、関係を改善し、地域の平和と安定というわれわれの間で共有されている目標に向けた協力を促進するため、過去からのセンシティブな諸問題を処理する建設的な方法を見いだすことを希望する」「われわれは、安倍首相が過去への反省を表明し、日本が平和に関与していくと再確認したことに注目する」としている。【翻訳編集】 AFPBB News

12月26日って、毛沢東の誕生日でもあったようで、タイミング良すぎ(苦笑)でしたが、この日は私の職場でも仕事納めの日で、職場食堂のTVでこの安倍総理の靖国参拝についてのニュースは目にしました。職場のお偉いさんも、案の定怒り満々な中国の態度について「靖国参拝する事ぐらい別にいいだろう」と苦笑しながら呟いていたのが印象的でしたが、安倍総理は、少なくとも建前上は二度とこのような戦争を起こさないという決意を新たにする為に、彼ら(戦勝国からすれば悪人かもしれないが)は彼らなりに国のために一生懸命働いて死んでいった人達の魂を慰める為に参拝したわけです。間違った事はしていないと思います。

しかし、だからと言って「よくぞやってくれた!!」と積極的に賞賛する事にも正直私は躊躇いを隠せません。この国の悪い所だけど、どっちもダメなのに自慰と自虐のそれぞれ極端な史観が蔓延っているからです。特に前者は近年顕著と言うか、この靖国参拝でまたまた変に勘違いさせて、勢いづかせかねません。

http://ccce.web.fc2.com/si/yasukunig.html

某ブログで改めて認識させられ、朝鮮統治は現在の韓国・北朝鮮に恨まれる筋合いは無い。悪くない事を悪いと認めて謝る必要はないという考えに変わりはありませんが、その統治は当時としても何千万以上の大赤字でした。(今だったら億は超えているでしょう。)1930年代の東北地方の農村の惨状も、元あと言えば、そんな大赤字だった朝鮮と、台湾統治が原因(現地からの米の流入で、徳川吉宗も吃驚したであろう程価格が暴落してしまった)でした。地政学的に、満州にも近く、ロシア(ソ連)から守る為にはそうした大赤字もやむを得ないつもりだったのでしょう。しかし、いくら劣悪な、朝鮮の生活環境等を飛躍的に改善させても、肝心の日本本国がどんどん疲弊していって、単純な侵略戦争とは決して言えないですが、太平洋戦争でついに・・・・・・となってしまっては、どんなに右翼・保守主義者達がそのような朝鮮統治や太平洋戦争等をドヤ顔で全肯定しても虚しさしか感じません。だって所詮戦前の日本は台湾統治以外は朝鮮を保護国に留める程度の国力しか無かったという事なのだから。たとえ明治維新が誇るべき偉大な改革で、トルコ等お手本とした国も登場してもです。

「靖国そのものと話ずれてきてね?」と思われるかもしれませんが、実際戦勝国側であるアメリカやEUだけでなく、日本軍に「解放」(でも、1943年5月の御前会議ではハッキリジャワやスマトラ等を帝国領土と位置づけていたのですがね!!)された筈の東南アジア各国だって、今回の靖国参拝に対して積極的な支持はせず、静観の姿勢を取っているそうではないですか。(中にはミャンマーやラオス等親中の国もあるのもあるのだろうけど)繰り返し言う様に、今回の靖国参拝自体は、本当に建前通りの目的ならば何ら間違ったことではないし、諸外国の反応を一々気にして、必要以上に気を遣う必要も無いです。しかし、国内において多く跋扈している反日的なマスゴミや野党が否定的な報道や揚げ足取りに血道を上げる反動でますます右翼・保守主義者が開き直り、戦前の日本そのものの全肯定に血道をあげる事になってしまうのは危険な傾向です。世界の中での日本がますます「浮いた存在」となりかねません。私は日本がそのような存在になってしまうのを心配しているのです。だからもう2013年も終わりますが、安倍政権にとって本当に大切なのは靖国参拝自体ではなく、その後の反応に対する対応をどうしていくかだと思います。それもまた今後の「この国の行方」を決定づける大切なお仕事だからなのです。そこまでちゃんと全うする「責任」や「覚悟」が彼にはちゃんとあるのだろうか?ただ賞賛とかするだけでなく、そうした「政治家としての矜持」とか厳しい目で見続けていく事こそが今の日本国民に求められている事だとも私は強く思います。

|

« 喜多嶋舞長男の本当の父親は誰なんだ? | トップページ | 安倍総理靖国参拝騒動の余波 »

国内・世界政治一般」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/54396906

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍総理の靖国参拝は少なくとも間違っちゃいないが・・・・・・・:

« 喜多嶋舞長男の本当の父親は誰なんだ? | トップページ | 安倍総理靖国参拝騒動の余波 »