« 国道6号について思う事その6 | トップページ | 安倍総理の靖国参拝は少なくとも間違っちゃいないが・・・・・・・ »

2013/12/27

喜多嶋舞長男の本当の父親は誰なんだ?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131224-00000066-dal-ent

喜多嶋舞のコメント全文 長男めぐる報道で要望

デイリースポーツ 12月24日(火)20時3分配信   

 元光GENJIで俳優の大沢樹生(44)とタレントの喜多嶋舞(41)との間に生まれた長男が、大沢と血縁関係が「0%」と一部で報じられたことについて24日、喜多嶋が報道各社にファクスを送った。全文は以下の通り。

【写真】父親は誰?「幸せ」ウエディング姿を披露した安藤美姫

   ◆  ◆

 「このたびはこのような私的なことでお騒がせしてしまったことを大変心苦しく思っております。

 この件に関しましては16歳の少年を巻き込むものであり、なぜ今このようなことが突然書かれるのか非常に憤りを感じております。

 以前に親権を渡してしまったことを後悔しておりましたが、本年9月17日に再度調停を行い、無事親権を取り戻しました。

 アメリカで生活したいという本人の希望により、祖父母のもとで新しい生活をスタートさせたばかりであり、新天地で明るく夢と希望に燃えた生活をしています。

 これ以上、一般の未成年者に過ぎない息子を傷つけるような報道がなされないことを切に願います 喜多嶋舞」

この長男はwikiによれば、1996年12月頃の生まれと思われますので、今高校2年生ですか。保阪尚輝氏に顔が似ているらしいですが・・・・・・・・

喜多嶋舞氏って、岩倉具視から5代目の子孫に当たるらしく、岩倉家は村上源氏久我家の庶流だから本姓だと源具視ですが、元をたどると高家のはしりらしい大沢基宿にたどり着くらしい。

大沢基宿-持明院基定-高野保春-四辻実長-裏松謙光-堀河親実-堀河康親-岩倉具視・・・・喜多嶋舞-(実は大沢樹生氏が父親じゃなかった)長男

以上がその系譜ですが、基宿は戦国BASARAシリーズでも主役級な伊達政宗・真田信繁(幸村)と同年生まれらしく、本来は今川家臣の生まれだったのですが、幼少時に父・基胤が徳川家康から遠江国堀江城を攻められて、抵抗するも結局待遇面で好条件を勝ち取って降参、物心ついた時には徳川家臣の一員としてそれなり以上の活躍をしていたらしいですが、島原の乱平定も見届けて、徳川3代将軍・家光の時代まで、75歳まで生きたらしい。

ただこの基宿って、父方が藤原道長の次男・頼宗流、母方が後二条天皇系の木寺宮らしいですが、いずれも途中、不明の先祖が存在しているらしいです。特に母方は、基宿母は木寺宮師煕親王の玄孫らしいですが、1442年(嘉吉2)生まれのこの親王は実は早くも11歳だった1453年(享徳2)に出家しています。師煕というのはあくまで俗名で、静覚法親王というのが正式な名乗りだったらしいですが、このような人が子孫を儲けていたのだろうか?な疑問が残ります。宇多法皇が菅原道真をゴリ押ししすぎた(道真の娘と結婚させた)為に政変に巻き込まれて出家を余儀なくされた斉世親王は出家後に儲けた子供が何人かいて、臣籍降下したらしいですが・・・・・・・ただ、父方の方は、持明院家は頼宗流中御門家の支流で基宿の子、基定は持明院家に婿養子入りしたらしいですが、他にも堂上公家(早世か罪を犯して罰せられない限り確実に参議か従三位以上である公卿になれる家柄)は何家かあったのに、そうして養子入りして、孫の保春もまた同じく中御門家支流の高野家に養子入りしたのだから、基胤・基宿親子は頼宗(もっと遡れば中臣鎌足)の子孫だったのは少なくとも事実だったかもしれません。だって他の高家だって清和源氏な今川・吉良・品川(今川氏庶流)・武田等皆名門ですもんね。それに比べたら徳川は本当は・・・・・・・・・ただ大沢家自体は、婿養子も入れながらも代々高家職を努めて明治維新を迎えたらしいですが、基宿から数えて10代目の子孫である基寿が本当は6000石弱の石高しかなかったのに10000石以上(大名級)あると明治新政府に嘘の申請をして、堀江藩藩知事になるもまもなく嘘が発覚して士族に落とされてしまったらしいです。1899年(明治32)までの生存は確認できるようで、後継息子もいたらしいですが、この後の消息が不明らしいです。もし子孫の方がご健在ならば跡取りは基寿の曾孫か玄孫の方だと思われますが、分かりません。(※なお、花山院家も現在の当主・花山院弘匡氏及びその子息の悠生氏もこの基宿の直系子孫で、具視の兄、堀河親賀の系統です。)

喜多嶋舞氏はこの基宿から12代目、そして彼女の長男は13代目の子孫に当たるわけですが、血縁関係になかった事が判明した後の大沢樹生氏のコメントが何だか痛々しく感じられたのは私だけではあるまい。確かに「あの17年間は何だったんだ?」ですよね。と言うか、嫁さんのご先祖様と同じ苗字なのもなんだか皮肉ですよね。余計運命の悪戯だよ。これは。喜多嶋氏との離婚後もシングルファーザーとして長男を育てたり、再婚するも死産に遭遇したりと色々苦労続きだったようですが、何でもまたその再婚相手の夫人が出産間近だとか!!今度こそは正真正銘大沢氏の子供でしょう。子育ての経験が一層活かされるであろう事等を願わずにはいられません。と言うかまた、岩倉具視(大沢基宿)の子孫って、つい先日もやはり同じ子孫な加山雄三氏の異母妹(具視・基宿の血は引いていないが)が旦那の若山騎一郎氏共々覚醒剤所持で逮捕される等最近自身または周囲のトラブルが目立つのも何か見えない引力でも働いているのか?真に奇妙な2013年年末のニュースの1つです。

|

« 国道6号について思う事その6 | トップページ | 安倍総理の靖国参拝は少なくとも間違っちゃいないが・・・・・・・ »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/54392191

この記事へのトラックバック一覧です: 喜多嶋舞長男の本当の父親は誰なんだ?:

« 国道6号について思う事その6 | トップページ | 安倍総理の靖国参拝は少なくとも間違っちゃいないが・・・・・・・ »