« 安倍総理の靖国参拝は少なくとも間違っちゃいないが・・・・・・・ | トップページ | mugenオメガルガールの面白動画番外編 »

2013/12/29

安倍総理靖国参拝騒動の余波

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131229-00000005-jct-soci

春香クリスティーン、靖国参拝に「ヒトラーの墓参り」発言 ネット鎮火せず、朝鮮日報も追随

J-CASTニュース 12月29日(日)18時5分配信   

 安倍晋三首相の靖国神社参拝をめぐる、タレント・春香クリスティーンさん(21)の発言が物議を醸している。問題となったのは、参拝当日の2013年12月26日にテレビ番組で行った「もしもドイツの首相がヒトラーのお墓に墓参りをした場合、他の国はどう思うのか?」という発言だ。

 12月28日には韓国大手紙「朝鮮日報」の日本語版でも「靖国参拝:日本のタレントの発言で物議」と報じられ、いまなお火はくすぶっている。

■抗議コメントはすべて削除

 春香さんは12月26日の「情報ライブ ミヤネ屋」(よみうりテレビ系列)にコメンテーターとして出演した。この日のトップニュースは安倍首相の靖国参拝で、近隣諸国との関係悪化を懸念する論調で番組は進められた。

 司会の宮根誠司さん(50)は「やっぱり隣国ですから、中国・韓国の歴史認識ってのは一致させたいのが理想」だとしながら、南スーダンでの内戦などを例にだし、春香さんに「隣同士で仲の良い国がどれだけあるのか」と問いかける。

 それに対して春香さんは、

  「海外でよくこの問題と比べられるのが、『もしもドイツの首相がヒトラーのお墓に墓参りをした場合、他の国はどう思うのか?』という論点で議論されるわけですけれど、まあ難しい問題ですよね」

と答えた。あくまで春香さん個人の意見ではなく、海外で「靖国参拝」と「ヒトラーの墓参り」が同列に扱われることがあると紹介したのみだったが、発言の一部がひとり歩きした結果、多くのネットユーザーから「英霊に対する侮辱」や「事実誤認がある」などと反発を浴びることとなった。

 すぐさまネット上では批判がうずまき、春香さんのブログやツイッターは「炎上」した。ブログには抗議コメントが殺到したが、そのいずれも即座に削除されたことが火に油を注いだ。26日以降、現在まで春香さんはブログ・ツイッターなどで発言をしていない。

 ネット掲示板「2ちゃんねる」では29日の現在もなお、

  「ヒトラーとか極端な例を挙げる必要ないからな」
  「『靖国参拝する日本人、外国人観光客、海外要人はヒトラーの信奉者も同然』と言ってるようなものだ」

などと、発言に対する批判が高まっている。その一方で、

  「それが自分の考えなら謝罪する必要はないが なぜそう思うのか説明する必要あるんじゃねえの?」
  「このまま逃亡してなかった事にするのであれば 今後政治キャラをやっていく上で大きなマイナス点となるだろう」

などのように、発言そのものよりも、その後の対応に疑問を持つ意見もある

特定秘密保護法にも反対

 春香さんは日本人の父親、スイス人の母親を持つ現役大学生。芸能界きっての「政治家の追っかけ」として知られ、政治的発言も多い。12月2日の「朝日新聞」朝刊では、特定秘密保護法案(6日成立)についてのインタビューに応じた。ここでは法案の条文に「あいまいな表現」が多いと指摘し、

  「あいまいなままでの法の成立には反対です。なぜこんなに成立を急ぐのでしょうか」
  「意見は押しつけませんが、この問題はみんなにしっかり考えてもらいたいのです」

などと答え、一部の保守的なネットユーザーから反感を買っていた。

 28日の「朝鮮日報」日本語版は「靖国参拝:日本のタレントの発言で物議 『独首相がヒトラーの墓を訪問したら周辺国は…』」と題して、今回の騒動を取りあげた。

  「安倍晋三首相の靖国神社参拝について『ドイツの首相がヒトラーの墓を訪れたとしたら、周辺の国々はどう思うだろうか。とても難しい問題だ』と発言した」

と、春香さん個人の意見ともとれる書き方で紹介し、ネットの反応として、

  「『国家のために命をささげた英霊が、どうしてヒトラーに例えられるのか』『謝罪しろ』などといった批判が巻き起こった」

とする一方で、

  「一部のネットユーザーは『外国から見れば同じなのではないか』として、クリスティーンさんの発言を擁護した」

と伝えている。

最初この人の名前聞いた時、一瞬「誰?この人?」と思ったが・・・・・・・・

前ログでも述べた通り、この国の特に近現代以降の歴史認識は歪なきらいもある事情から、安倍総理の靖国参拝には積極的な支持をするほどではないけど、参拝自体は間違った事ではないというのが私の認識です。

そう思っていた矢先にこの外タレらしい人の言動が物議をかもしたようで、山本太郎氏の園遊会手紙事件に対して肯定的だった外国人(日本の天皇制もかなり異質ですし。世界的に見て)同様純粋な日本人じゃない故に分からない所もあったのかもしれません。しかし、前ログでもHPリンク貼ったけど、もし本当に、靖国がヒトラーの墓と同列ならば、例えば1970年(昭和45年)正月に参拝した戦後西ドイツ軍空軍総監のヨハネス・シュタインホフ中将なんて、後のルーデルスキャンダルのヴァルター・クルピンスキー中将みたいに更迭・退役させられていたのでは?しかし、シュタインホフ中将がその後どうなったのかはwikiでも書かれている通りです。まあシュタインホフもクルピンスキーも彼女にとっては、このニュースを見たばかりの、彼女に対する私同様「えっ?誰それ?」なのでしょうが。

秘密保護法案については、制定自体は必要との意見に変わりはないながらにも、「あいまいなままでの法の成立には反対です。なぜこんなに成立を急ぐのでしょうか」には同意ですし、福沢諭吉だってすでに130年近く前に「そういうのダメ!!」って言っていたのに、今まで中国・韓国の気を遣うことばかり考えて、事勿れ主義的に誤解などを解こうとしなかった日本の政治家達の対応も悪かったです。しかし、やはり軽々しく口に出すべきではなかった。この国の悪い点だけど、右傾化が進んでいて、自虐史観の反動も手伝って、戦前・戦中の悪い点をも良い風に見せようとして、全肯定に必死な自慰史観者たちが余計跋扈してきているのだから。(自虐も自慰も百害あって一利なしなのだが。)どうやら自分自身ではなく、海外目線での意見を述べたに過ぎなかったらしいけど、まあ今度は誤解されないように気をつけましょう。

|

« 安倍総理の靖国参拝は少なくとも間違っちゃいないが・・・・・・・ | トップページ | mugenオメガルガールの面白動画番外編 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/54424985

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍総理靖国参拝騒動の余波:

« 安倍総理の靖国参拝は少なくとも間違っちゃいないが・・・・・・・ | トップページ | mugenオメガルガールの面白動画番外編 »