« 明光商会(MSシュレッダー)CM | トップページ | 経済が好転しないロシアのモルドバとの確執及び統一教科書 »

2013/11/17

牛丼チェーン店の試行錯誤等

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131117-00000000-jct-bus_all

儲からなくなった牛丼チェーン 低価格競争が首を絞め、多角化に活路

J-CASTニュース 11月17日(日)10時0分配信   

儲からなくなった牛丼チェーン 低価格競争が首を絞め、多角化に活路

「牛丼」は儲からない?

 「牛丼」が儲からなくなっている。2013年4月に、「吉野家」が並盛280円に値下げして、チェーン店大手3社の価格は横並びになったが、客足が伸び悩んでいるうえ、コメや牛肉などの原材料費の高止まりで採算が悪化した。

 「すき家」を展開するゼンショーホールディングス(HD)と吉野家ホールディングス(HD)の中間決算は、本業のもうけを示す営業利益で大幅な減益となった。

■コメ、牛肉、電気代… 原材料費の高止まり響く

 低価格競争を繰り広げるなかで集客力を高め、増収を続けてきた牛丼チェーン店に、かつての勢いはもう残っていないようだ。

 「すき家」などを展開するゼンショーHDが11月12日に発表した2013年9月中間連結決算(4~9月期)は、営業利益が前年同期比51.3%減の43億円、最終利益が87.3%減の4億円となった。

 牛丼チェーン(すき家となか卯)の売上高は1.3%減の901億円。既存店ベースの売上高は、9月までに25か月連続で前年を下回っている。客数の減少は著しく、4~9月期は7.6%も減少した。客単価も落ち込んだ。

 吉野家HDの中間連結決算(2~8月期)は、営業利益が52.1%減の7億円、最終利益も28.7%減の2億円となり、ともに中間決算では2期連続のマイナスとなった。売上高は6.9%増の867億円だった。

 主力の「吉野家」は、4月に牛丼(並盛)を280円に値下げしたが、「期待ほど、客数も増えなかった」(河村泰貴社長)。20%程度を見込んでいた客足の伸びも既存店で13.5%にとどまった。売上高では6.7%増の467億円と増収を確保したものの、利益は27.5%減の4億円と不振だった。原材料高に加え、値下げに伴い広告宣伝費が約15億円と4割増えたことで、増収効果を打ち消してしまった。

 値下げによる集客効果も薄れてきた。

 松屋フーズの最終利益は54.9%増の1億7900万円。増収増益だったが、緑川源治社長は「出店抑制による収益改善」と分析している。4~9月期の既存店売上高は4.5%減。9月まで18か月連続で前年を下回っている。客単価は増えたが、客数は5.6%減った。

 厳しい決算の背景には、原材料費が高止まりするなかでも、低価格競争を維持しなければならないことがある。これまでのような新規出店による増収効果も期待できなくなっており、大手3社とも出店ペースを落としている。

 松屋フーズの緑川社長は、牛丼の価格について「並盛りなら340~350円が適正価格。もう余力はない」という。

牛丼、再び値下げ競争に突入か?

 そうした中で、ゼンショーHDは2013年11月15日から5日間、「すき家」で「秋の新米250円セール」を開催する。国産新米コシヒカリを使った牛丼(並盛)を250円で提供。「ねぎ玉牛丼」などのトッピング牛丼も一律30円引きで販売する。

 期間限定の値引きは7か月ぶり。値引きセールは牛肉やコメなどの原材料価格の高止まりもあって、4月以降は見送っていた。牛丼(並盛)は大手3社が280円で横並びしているが、250円にすることで、再び「安さ」で集客力を高める。

 「牛丼」をテコ入れする一方で、ゼンショーHDはスーパーの買収に積極的。北海道の直営農場で牛の飼育や農産物の栽培にも乗り出し、原材料の調達から製造・物流・小売りまで一貫したサプライチェーン(供給網)つくりに力を入れ、総合的なフード企業への脱皮が目標とされる。スーパーも牛丼チェーン店も、消費者との接点の一つというわけだ。

 また、吉野家HDは2013年3~8月期に、うどんの利益が牛丼を初めて上回った。客足が好調なうどん店「はなまる」の利益は前年同期比で約2倍の6億円。小麦粉など材料コストは増えたものの、女性客を想定したサラダうどんなど単価の高い商品の売り上げが伸びたことが奏功した。20か店を新規出店し、売上高は92億円と15.8%も増えた。

 いずれも、多角化に活路を見出そうとしている。

過去ログでも少し触れましたが、すき家の牛丼は昔(1990年代前半頃)の方が美味しかったです。近年も数回食べる機会がありましたが、普通の牛丼も、チーズ牛丼とか他の牛丼も思った程の味ではなかったです。同じゼンショーHDのなか卵は牛衣笠丼とか美味しそうで、石岡の6号沿いにありますが、食べた事はないです。距離にして20キロ以上あるし。

吉野家も、もう10年近く食べに行ってないですね。そば処も茨城県内では茨城町だけとさらに遠いからこれからも行くことはまずないかなあと。松屋もビビン丼と牛めし唐揚げのコンボ、カルビ焼牛めしはまずまず以上だけど、それ以外はまあすき家同様です。定食も600円前後も払ってまで食べたいとは正直思えないです。あとは東京チカラめしもどうなんですかね。この牛丼屋も、一番近くても店舗は柏とこれまた遠いです。この記事で書かれている事以外にも、松屋は一時その定食一部メニューを肉の量を増やして値段はそのままなサービスもやってましたが、まあ大きい効果はないかもね。いずれにせよ、値段よりも質やサービスを充実させないと厳しいでしょうね。

|

« 明光商会(MSシュレッダー)CM | トップページ | 経済が好転しないロシアのモルドバとの確執及び統一教科書 »

国内・世界経済」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/53960268

この記事へのトラックバック一覧です: 牛丼チェーン店の試行錯誤等:

« 明光商会(MSシュレッダー)CM | トップページ | 経済が好転しないロシアのモルドバとの確執及び統一教科書 »