« mugenオメガルガールの面白動画その8 | トップページ | 誰が靖国参拝したのかはどうでもいいのだけど »

2013/10/19

西武・石井貴投手コーチも辞任へ

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/19/kiji/K20131019006836590.html

西武 石井貴投手コーチが急転辞任 8月投手陣不振の責任取り

 

 西武・石井貴投手コーチ(42)が、今季限りで辞任することが18日、分かった。来季も1軍コーチとして残留する方向だったが、この日までに鈴木葉留彦球団本部長に辞意を伝え、了承された。

 石井コーチは今季、ブルペンを担当。関係者によると、勝負どころの8月に投手陣が防御率5・23(10勝15敗)と崩れるなど、その不振の責任を自ら取ったという。

 93年ドラフト1位で入団。08年からのコーチ時代を含めて計20年間、西武一筋でユニホームを着続けた。現役時代はエース松坂(現メッツ)の兄貴分的存在。投手陣のリーダー格で、実直な人柄から選手に慕われていた。球団は生え抜きの貴重な人材を失うことになるが、問題はそれだけにとどまらない。

 今季限りで辞任した渡辺監督の後任には伊原春樹氏を最有力候補に調整を進めているが、いまだ発表には至らない状況。既に杉本1軍投手コーチの2軍への配置転換も決まっており、来季は、投手個々の調整法などを把握している2人の1軍投手コーチが不在になる。さらに光山作戦兼バッテリーコーチ、安部打撃コーチも退団。23日からの秋季練習を目前に控え、監督はおろか投手、打撃、バッテリーと主要ポジションのコーチが依然として未定という緊急事態となった。80~90年に圧倒的な強さで黄金時代を築いたチームが混乱に見舞われている。

 ◆石井 貴(いしい・たかし)1971年(昭46)8月25日、神奈川県生まれの42歳。藤嶺藤沢から三菱重工横浜を経て、93年ドラフト1位で西武に入団。プロ14年間の通算成績は321試合で68勝58敗13セーブ、防御率3.78。04年にはシーズン1勝も中日との日本シリーズで2勝を挙げMVP獲得。気合あふれる投球で「投げる金剛力士像」とも呼ばれた。1メートル80、85キロ、右投げ右打ち。

残念ながら今年も西武はペナントレースで燃え尽きちゃった感じでしたね。と言うか、もう伊原時代の2002年以降強いのは隔年ですからね。偶数年が比較的強く、奇数年が比較的弱いのです。「2003年と今年2013年は2位だったじゃないか?」と反論されるかもしれませんが、ところが2003年は当時どん底だった青波オリックスをカモにしていた以外は勝ったり負けたりで、当時の福岡ダイエー(現・福岡ソフトバンクホークス)には1981年以来22年ぶりに負け越したし、今年2013年もBクラスに沈んでいた時期も短くなく、帳尻合わせで3位・4位とは僅差(それぞれ1ゲーム・2ゲーム差)で、初優勝した楽天には7.5ゲーム差だったのです。

と言うかまた、ソフトバンクの陰に隠れていた感もありましたが、西武もプレーオフはもう2005・2006・2010~2013と10年間で6回も敗退しているんですね。2シーズン制だった1982年はシーズン総合では2位ながらもプレーオフで日本ハムの江夏豊投手を攻略した事で日本シリーズでも西武としては初の日本一に。そして2004年も実質2位(2006年以前はペナントレース2・3位でもプレーオフに勝って日本シリーズに出たチームがリーグ優勝チーム扱いだった。)ながらも、やはりプレーオフでは勝利し、22年前と同じ中日相手の日本シリーズでも日本一となった。この1982・2004年との落差が大きいと言うか、こんな事言ったらファンの方には失礼ですが、噛ませ犬を演じさせられている側面も目立つのはフラストレーションの溜まる現実でしょう。前述通り5年連続のV逸は実質的には今回(2009~2013年)が初めてではなく、2003~2007年に続いて2回目なのですが、後任監督が誰になるのかも注目したいところです。いずれにせよ、渡辺監督・石井コーチお疲れ様でした。

|

« mugenオメガルガールの面白動画その8 | トップページ | 誰が靖国参拝したのかはどうでもいいのだけど »

NPB」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/53653760

この記事へのトラックバック一覧です: 西武・石井貴投手コーチも辞任へ:

« mugenオメガルガールの面白動画その8 | トップページ | 誰が靖国参拝したのかはどうでもいいのだけど »