« ザックジャパンに不振についてついに「あの人」まで | トップページ | ウルトラストリートファイターⅣ情報その2 »

2013/10/24

ジャッキー・チェンも乱心したか

http://news.nifty.com/cs/entame/showbizwdetail/rcdc-20131024017/1.htm

ジャッキー・チェン再び大失態!「地震と津波は世界を救う」失言にブーイング―香港

 

 

 

23日、最新作「ライジング・ドラゴン」のキャンペーンで訪米中のジャッキー・チェンが、「地震と津波は世界を救う」という意味の失言をしていたことが明らかになった。写真はジャッキー・チェン。 [ 拡大 ]

2013年10月23日、最新作「ライジング・ドラゴン」のキャンペーンで訪米中のジャッキー・チェンが、「地震と津波は世界を救う」という意味の失言をしていたことが明らかになった。ニュースサイトの香港新浪網(SINA)が伝えた。

中華圏では“失言キング”としても知られる。最新の監督&主演作「ライジング・ドラゴン」のキャンペーンのため訪米中、このほどカリフォルニア州で地元メディアのインタビューに応じ、再び問題発言をしたことが明らかになった。

中国とアメリカの今後の関係について聞かれたジャッキーは、「米国人と中国人が手を結ぶだけじゃない。世界中が手を結ぶべきだ」と、自身の平和論を前置き。さらに続けて、「こう言っては何だが、世界のどこかの国で災害が起こればいいと思う。例えば、大地震や大津波のように。そういう時は、世界中が救援に立ち上がるだろう?そういうのを見ると、うれしく思うんだ」と、驚きのコメントを口にした。

さらにジャッキーは続けて、「地震や津波がなければ、みんなやることがない。そうなると政治を盾に攻撃し合うことになる。そういったものは見たくない」と発言している。

今回の発言に、ジャッキーの地元・香港では「心ない言葉」として、市民や世論が大きく反応。ネット上では、「また失言か」「香港の恥だ」「いい加減にしてくれ」といったジャッキー批判の声が殺到。ジャッキーと言えば今年1月、香港メディアのインタビューで「アメリカは世界最大の汚職国家」と発言し、世間の反感を買ったばかり。このためネットユーザーの間からは、「その大嫌いなはずのアメリカに、映画を売りに行ったのか?」との声も聞かれている。(翻訳・編集/Mathilda)
「尖閣は中国領土」の発言に対しては、「もう返還されて15年経ったけど、中国は民主主義国家じゃないからしょうがないだろう。社会的にも影響力のあるスターなのだからなおさら。」と思っていました。しかし、これはいくら何でも擁護はできません。全く。と言うか、おたくの国でも四川地震おきたばっかじゃん。彼のこうした迷走は、イギリス人を「白人にあらずは人にあらず。」と言わんばかりな憎たらしい悪党に仕立て、「ロッキー4」をなぞったかのような底の浅い展開にも興ざめだった「イップマン葉問」等共々「香港の中国化」を象徴しているみたいです。今回の彼の失言には正直ガッカリです。これ以上失望させないで!!

|

« ザックジャパンに不振についてついに「あの人」まで | トップページ | ウルトラストリートファイターⅣ情報その2 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/53709317

この記事へのトラックバック一覧です: ジャッキー・チェンも乱心したか:

« ザックジャパンに不振についてついに「あの人」まで | トップページ | ウルトラストリートファイターⅣ情報その2 »