« 田中聖も終了なお知らせか!?下半身流出事件のこと | トップページ | ANNA4枚目のシングル「LAST DANCING」 »

2013/10/12

吉野家は本来国会議員センセイ達とは無縁だろうに

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00255625.html

国会内に「吉野家」オープン 1,200円の限定メニュー「牛重」も

 
国会議事堂内の売店などが並ぶスペースに11日、牛丼チェーン「吉野家」の店舗がオープンした。
その国会内店舗の限定メニューとして、牛丼ならぬ「牛重」が登場した。
ふたを開けると、重厚な輝きを放つ高級和牛がぎっしりと敷き詰められていて、いつもの牛丼とは明らかに異なる高級感。
甘めのタレで、上品な味付けがされていて、これは、ぜいたく料理の定番だったあの料理をイメージさせるレシピにあった。
吉野家広報担当の横尾由香さんは「すき焼き風味といいましょうか。フライパンで生肉から焼いております。国産和牛の肩ロースを使用しております」と語った。
吉野家の牛丼は、主にアメリカ産のショートプレートと呼ばれるバラ肉が使われるのに対し、この牛重は、きめ細かく軟らかな肩ロースの、しかも国産和牛を使っている。
国会内に出店が決まった際、関係者から「国会限定のメニューが欲しい」との声が上がったことから、今回の牛重が生まれたのだという。
気になる値段は、1人前1,200円。
同じ吉野家の並盛は280円なので、4つ買っても80円おつりがくる。
それでも国会限定の高級牛重を求める議員が次々と訪れた。
中には、自民党で、TPP(環太平洋経済連携協定)対策委員長を務める西川議員の姿もあった。
西川議員は「大人の味ですね。本当の和牛という感じ。本来の和牛の味を、世界に広げていきたい」と述べた。
そして、自民党の野田総務会長は「(吉野家は)学生時代から時々いただいておりますので、行ってみたいです」と述べた。
一方、街では、1,200円という高級牛重の値段に、「高すぎる。(お昼代は)800円ぐらいだね」、「値段見たら食べたくなる」、「われわれのレベルで考えると高いと思いますけれど、あの人たち(議員)の財布の量から比べたら、高いとは思いませんけど」などといった声が聞かれた。
この国会限定「牛重」を一般の人が食べるためには、国会で本会議などを傍聴するなどの必要があるという。
まあ頭の悪いパフォーマンスですね。TPPや消費増税に対しての。

私も一時期吉野家の牛丼にちょっとハマっていた時期があって、別に値段は自分の金で食べるのなら何円だろうが知ったこっちゃないですが、そもそも国会議員の先生たちの中で、普段吉野家で食べる事もある人って、どのくらいの割合なのでしょうかね?それこそ消費税率よりも全然低いのではとも思いますが、こんなパフォーマンスして、そうした政策とか国民に理解してもらえるとでも思っているのですかね?小賢しいというか、何だか凄いズレてるなあですね。

安倍政権は第一次も含めて、いくつか功績もあるし、積極的に支持するわけでもなければ、あからさまに否定するわけでもありませんが、これでは参議院選挙で自民・公明に入れなかったのは正解だったと余計思わずにはいられません。これなら開き直って、1800円のカレーどころか、料亭で毎日美味しいもの食べてますと公言してもらったほうがまだマシです。

|

« 田中聖も終了なお知らせか!?下半身流出事件のこと | トップページ | ANNA4枚目のシングル「LAST DANCING」 »

国内・世界政治一般」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/53577478

この記事へのトラックバック一覧です: 吉野家は本来国会議員センセイ達とは無縁だろうに:

« 田中聖も終了なお知らせか!?下半身流出事件のこと | トップページ | ANNA4枚目のシングル「LAST DANCING」 »